ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

ビルボード ジャパン ホット アルバムス トップ5(2018/1/31)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は【 ビルボード ジャパン ホット アルバムス 】をピックアップ!
今、注目を集めているアルバムはなんでしょうか?5位からご紹介!




第5位 米津玄師『 BOOTLEG 』

ロングエントリーしているこのアルバムですが、早くも新曲が発表されています。
新曲は、TBS系金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として流れている「Lemon」。
CDの発売は3月14日を予定しています。



第4位 CRAZYBOY『 NEOTOKYO EP 』

三代目 J Soul Brothersのパフォーマー、ELLYのラッパー活動時の名義が「CRAZYBOY」。
3枚目となる今回のデジタルEPはコラボレーション楽曲3曲を含めたヒップホップ愛の感じられる作品となっています。



第3位 安室奈美恵『 Finally 』

今年の9月で引退を発表している安室奈美恵。
ベストアルバムもロングヒットが続いていて、先日200万枚を突破しました!
CDの売り上げが200万枚を超えるのは、ビートルズのベストアルバム「ザ・ビートルズ1」以来でおよそ6年ぶりの快挙です。



第2位 Little Glee Monster『 juice 』

先々週リリースされた“リトグリ”の3rdアルバム。紅白出場も果たし、さらに人気が高まっている彼女たち、今週末には横浜アリーナでのライブが控えています。



第1位 WANIMA『 Everybody!!(エビバデ!!) 』

先々週リリースされたばかりのWANIMAのメジャー1stアルバム「Everybody!!(エビバデ!!)」。
明日、2月1日から神奈川県 川崎「クラブチッタ」から全国ツアーがスタート!
ゴールデンウィークの福岡公演まで、19公演が控えているということですが、楽しみですね。。



今日は【 ビルボード ジャパン ホット アルバムス 】をピックアップしました。


今、日本全国のラジオ番組で注目されている曲をチェック!(2018/1/24)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は【 ビルボードジャパン ラジオソングスチャート トップ5 】をピックアップ!
今、日本全国のラジオ番組で注目されている楽曲は何でしょうか?


第5位 Camila Cabello『 Havana ft. Young Thug 』

フィフス・ハーモニーの元メンバーのカミラ・カベロ。12日にリリースされたファースト・ソロ・アルバム「カミラ」は世界99ヶ国のiTunesにてアルバムチャート1位を獲得しています。
そんな彼女、近々、ファンイベント開催のため来日することが決定!
ツイッターでは来日に向けたビデオメッセージが公開されています。



第4位 androp『 Joker 』

先々週リリースされたandrop9枚目のシングルは、映画「伊藤くん A to E」の主題歌になっています。
ちなみに、初回限定版には昨年夏の日比谷野外音楽堂でのライブのダイジェストムービーが収録。andropのライブ風景をチェックしたい人はこちらも注目です!



第3位 雨のパレード『 What’s your name? 』

配信限定の新曲であるこの曲は、日本テレビ系ドラマ「漫画みたいにはいかない。」の主題歌となっています。
そんな、“雨パレ”、3月14日にNEWアルバムの発売を発表!
この曲も含め、全12曲収録予定です。初回限定版には昨年9月に行われたライブ映像が付いてきます。



第2位 Justin Timberlake『 Filthy 』

来月2日にリリースされるNEWアルバム「マン・オブ・ザ・ウッズ」からのファーストシングル。およそ5年ぶりとなる今回のアルバムは、プロデューサーにファレル・ウィリアムスとティンバランド、ゲストにアリシア・キーズを迎えるなど、豪華な内容になっています。



第1位 Bruno Mars『 Finesse(Remix)feat.Cardi B 』

元々は2016年発売の「24K・マジック」収録の1曲ですが、新人女性ラッパーのカーディー・Bをフィーチャリングして大胆にリミックスしています。
第60回グラミー賞に7部門ノミネートされているブルーノ・マーズ、何部門受賞するのか、こちらも注目です!


今日は【 ビルボードジャパン ラジオソングスチャート トップ5 】をピックアップしました。

【 Billboard アルバムチャートTOP5 】(2018/1/17)

カテゴリー:1112
null

水曜日は「音楽」。


今日は、Billboardのアルバムチャートをピックアップ!
いま、全米で注目を集めているアルバムはなんでしょう?



第5位 Kendrick Lamar『 Damn 』

昨年発売された、ケンドリック・ラマーの大ヒットアルバム。今月末に発表される「第60回グラミー賞」でも5部門にエントリーされています。


第4位 G-Eazy『 The Beautiful & Damned 』

映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」の主題歌「Good Life」を歌うなど注目を集めているラッパー、ジー・イージー。彼の2年ぶりとなるこのアルバムは、話題のラッパーやアーティストを迎えた豪華な1枚となっています。


第3位 Taylor Swift『 Reputation 』

12月のチャート初登場以来、トップ3をキープし続けているこのアルバム。彼女のファンならぜひチェックしたいのがテイラーのアプリ!インスタグラムやツイッターなどには投稿されない、限定画像や動画をチェックできるそうですよ。


第2位 Ed Sheeran『 ÷(divide) 』

44週にわたってランクインしているこのアルバム。ロングセールスを記録しています。先日、エド・シーランに激似の一般の方がテレビに登場し、話題となっています。気になる方はニュースサイトなどでチェックしてください!


第1位 The Greatest Showman Ensemble『 The Greatest Showman OST 』

映画「グレイテスト・ショーマン」は昨年末からアメリカで公開され、先日発表された「ゴールデングローブ賞」では主題歌賞を獲得。3月に発表されるアカデミー賞でもノミネート候補に挙がっています。2月16日の日本公開が楽しみですね!


今日は【 Billboard アルバムチャートTOP5 】をピックアップしました。


みんながShazam(シャザム)で検索している曲は?(2018/1/10)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は、音楽検索サービス「Shazam(シャザム)」の
日本における検索チャートTOP5をご紹介します。
「Shazam(シャザム)」とは、スマートフォン向けのアプリ。
街中やラジオから流れてくる音源をこのアプリに聴かせると
その曲のタイトルが分かる、かもしれません。
今日はここ1週間、日本で検索された楽曲の上位5曲をご紹介します。



第5位 Sam Smith『 Palace 』

最新アルバム「The Thrill of It All」からのシングルカットで、アップル社のCMでも使われていた1曲です。ちなみにサム・スミスは今月下旬に来日予定だそうです。


第4位 Zedd, Alessia Cara『 Stay 』

先月末に、日本限定のニューアルバム「STAY+」がリリースされたゼッド。この曲をはじめ、日本では聞きなじみのある楽曲が詰まったベストアルバム的な内容となっています。ゼッド初心者にオススメ!


第3位 Ed Sheeran『 Shape Of You 』

昨年、日本各地でよく聴かれたこの曲。4月には来日公演も控え、ますます注目されますが、現在レーベルサイトなどでは、エド・シーランオフィシャルのテディ・ベア「テッド・シーラン」が発売中。どんなクマなのかは、販売サイトをチェック!


第2位 倉木麻衣『 Reach for the sky 』

2000年リリースの6枚目のシングル。NHK朝の連続テレビ小説「オードリー」の主題歌に起用された1曲です。倉木麻衣さんは昨年、アニメ「名探偵コナン」のテーマソングを、シリーズ上最も歌ったアーティストとしてギネス記録に認定されましたが、今年はどんな話題を届けてくれるのでしょうか。


第1位 BIG BOI『 ALL NIGHT 』

全米で大人気のヒップホップ・デュオ「アウトキャスト」のメンバーとしても知られているビッグボーイ。これまでグラミー賞に16回ノミネートされ、そのうち6回受賞しています。そんな彼の最新アルバム「Boomiverse」には、ボーカロイドの「初音ミク」をサンプリングした楽曲も収録されています。



今日は【 シャザムの検索チャート トップ5 】をピックアップしました。


COUNTDOWN JAPAN 最新チャート トップ5(2018/1/3)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は【 COUNTDOWN JAPAN 最新チャート トップ5 】
をご紹介します!



第5位 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE『 J.S.B. HAPPINESS 』

年末年始も紅白や年越しライブ番組など大忙しだった三代目。2018年はソロ活動や別ユニットなどから活動をスタートするそうです。


第4位 荻野目洋子『 ダンシング・ヒーロー (Eat You Up) 』

昨年夏の大阪府立登美丘高校ダンス部の映像からリバイバルヒットし、ついに4位にランクイン。昨年末には、いろいろなリミックスバージョンが収録されたシングルも発売されました。荻野目洋子さんは来月、安比高原で行われるスペシャルイベントへの参加が予定されています。


第3位 宇多田ヒカル『 あなた 』

昨年末に配信限定でリリースされたこの曲。今年はデビュー20周年イヤーということで、その記念企画第1弾として、デビューから最新曲「あなた」まで全部の日本語詞を集めた歌詞集「宇多田ヒカルの言葉」が発売されています。音楽も素敵ですが、宇多田さんが紡ぎ出す歌詞の世界を「活字」でも注目してみては?


第2位 東方神起『 Reboot 』

活動再開後第1弾となるこちらのシングルは、東方神起の真骨頂とも言えるダンスナンバーに仕上がっています。来週末には、昨年から続くライブツアーのラスト3デイズがナゴヤドームで予定されています。


第1位 back number『 瞬き 』

久々のリリースとなったシングルは、佐藤健さんと土屋太凰さん主演の映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の主題歌となっています。今月末からは、全国各地のライブハウスを巡る「ファンクラブツアー」、そして夏には東京・大阪・名古屋で初のドームツアーが決まっています。



今日は【 COUNT DOWN JAPAN 最新チャート トップ5 】をピックアップしました。