ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

クリスマスデートはここで決まり!?イルミネーションスポット トップ3(2017/11/21)

カテゴリー:1111
null

火曜日は「ビジネストレンド」。



クリスマスに向けて各地でイルミネーションの点灯がスタートしています!
そこで、今回は、ぜひ抑えておきたい、こちらのランキング!
『 夜景評論家 丸々もとおさんに聞いた この冬行きたいイルミネーションスポット トップ3 』
日本で唯一無二の『夜景評論家』、そして全国各地のイルミネーションのプロデュースもされている、丸々もとおさんに聞いたランキングです。
これでクリスマスデートはバッチリ!



第3位 【 ハウステンボス「光の王国」 】

日本三大イルミネーションに認定された、長崎・ハウステンボス「光の王国」。
今年は、日本最大となるプロジェクションマッピングが登場!
さらに、光の滝エリアにはガラス張りのカフェも登場し、イルミネーションの中に浮かんでいるような感覚を味わえます。ガラス張りということは、周りがイルミネーションなのかな。
さらに、一度に数カ所のマッピングが楽しめるのはハウステンボスだけとなっています!ハウステンボスのイルミネーションに行ってみたい!!



第2位 【 あしかがフラワーパーク「光の花の庭」 】

栃木県、あしかがフラワーパークのイルミネーション。
ん〜、ここも有名どころ!
今年は「フラワーキャッスル」など、新たな演出も登場。
実際の花の質感や色にこだわったイルミネーションで、
照明ひとつひとつを手塗りするほどの凝りようとなっています。
藤棚や水上、大壁画など様々なイルミネーションがあって見どころも満載!
こちらも日本三大イルミネーションに認定されています。



第1位 【 さがみ湖プレジャーフォレスト「さがみ湖イルミリオン」 】

映像とイルミネーションの中をペダルをこいで進むスカイサイクルや、
光のトンネルの窓を覗きながら動物を探すアトラクションなど、体験できる演出を豊富にそろえた、さがみ湖プレジャーフォレスト「さがみ湖イルミリオン」!
鑑賞型から体験型に生まれ変わった今年は体験スポットは21カ所もあり、これは日本一!
都心からも電車で1時間でいけるのもオススメの要因です!
神奈川県ですからね、小旅行的な感じで良いのではないでしょうか。


ということで、『 夜景評論家 丸々もとおさんに聞いた この冬行きたいイルミネーションスポット トップ3 』でした。
丸々もとおさんによると、
今年のイルミネーションのトレンドは大きく3つ!
一つめは、体験型の進化!
1位のさがみ湖プレジャーフォレスト「さがみ湖イルミリオン」がまさにそれ!
東京ドイツ村でもカートで楽しめるイルミネーションが登場!東京ドイツ村も綺麗だよねぇ。

二つめは、リアリティの追求!
あしかがフラワーパークのように花がテーマのイルミネーションは、よりリアルの花を目指した演出になっています!

三つめは、インスタ映え・フォトジェニック!
う〜ん、これね。今年の流行語大賞は、インスタ映えじゃないの?(笑)


ランキング以外のオススメのイルミネーションスポットも伺いましたよ!
【 西武園ゆうえんち「イルミージュ」 】
世界のイルミネーションがテーマで、光の世界を「世界一周」で出来ます!
さらにインスタ映えがテーマの、女子のみによる女子のためのイルミネーションも登場!

そして、丸々もとおさんが手掛けたプロジェクションマッピングイベントが12月8日から、長崎の出島で開催!
回遊型のプロジェクションマッピングとしては日本初の仕掛けがあるそうです!
どんな仕掛けなんでしょうかね、気になりますね。

冬のエンタテインメントとしてすっかり定着したイルミネーション、
最近では、海外からの来場者も増えているそうなんですよね、
夜景やイルミネーション、日本の観光コンテンツとして外国人の方々に認知され始めている事の証かも知れませんね。



今回は『 夜景評論家 丸々もとおさんに聞いた この冬行きたいイルミネーションスポット トップ3 』をご紹介しました。

サッカーJ2 昇格争いも佳境に!(2017/11/20)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 松山英樹、ホールインワン達成! 】

第2位【 小平奈緒、500メートルで20連勝! 】

第1位【 J2昇格プレーオフ、出場チームが確定! 】


今日は、すでに昇格を決めている首位・ベルマーレ、2位・Vファーレン長崎に続いて、残る1つの昇格枠を争うプレーオフへの出場チームが決まった、サッカーJ2 最終節を中西さんが振り返りました。


J1への昇格枠を争うプレーオフは、3位の名古屋グランパス、4位のアビスパ福岡、5位の東京ヴェルディ、6位のジェフユナイテッド千葉の4チームで争われます。
まず、東京と徳島が直接対決だったんですけれど、このゲームにヴェルディが勝って出場を決めました。で、もう1チームは松本山雅が勝てば(プレーオフに)行けるはずだったんですけれど、ホームで京都に0-1で負けてプレーオフ進出を逃しています。
一方、千葉は8位だったんですけれど、6位に滑り込みました。しかも千葉は、前半はじまって1分もたたないうちに1点を取られたんですが、そこから逆転ということで。しかも、後半のアディショナルタイムに決勝ゴール!さすがですね。ジェフはクラブ記録の7連勝、と最高の状態でプレーオフに進みます。


で、プレーオフの組み合わせです。試合は今週末、11月26日の日曜日。まず午後1時に「アビスパ福岡 対 東京ヴェルディ」こちらはアビスパのホームで行われます。そして、「名古屋グランパス 対 ジェフ千葉」は午後4時に名古屋でキックオフ。
冷静に考えると、名古屋が一番力があると思います。これは間違いない。ただ、彼らのサッカーは“ゴールをたくさん奪う”というサッカーですし、“ボールをしっかり回して崩す”というサッカーなんですけれど、こういうしびれる試合になったときにどうかなぁ、と予想不可なところもあるので、どこが上がってくるかはこの昇格プレーオフだけは分からないですね、うーん。まぁ、ヴェルディもグランパスもジェフも「オリジナル10」のチームなので、サポーターの残りたいという気持ちは強いでしょうね。


さ。そしてJ1なんですが、こちらもフロンターレが勝ちました!フロンターレはこれで勝ち点「66」、鹿島が勝ち点「70」です。勝ち点差「4」で残り2試合ということで、ひとつポイントはですね、実はフロンターレは今週末試合がないんです。何故かというと、浦和がいまACL決勝を戦っていますから。
まず、26日に鹿島が柏と対戦します。ここで鹿島が勝てば優勝、引き分けや負けることがあれば、という話なんですけれど、柏はまだACLの出場権も争っていますので、こちらがひとつ大きなポイントかな、と。もしここで、鹿島が引き分けや負けることがあれば、そのあとの浦和戦が水曜日にあるんですけれど、ここがポイントになるかな、と思います。


J1もJ2も最後まで目の離せない熱戦が続きそうですね。今日はサッカーJリーグの話題をご紹介しました。


家を壊されてうらやましい?“シン・ゴジラ”(2017/11/17)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2017年11月17日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





今週は、12日にテレビ朝日系列でテレビ放映された『シン・ゴジラ』のワードがトップ3を独占!





第3位【 蒲田くん 】

シン・ゴジラの進化の過程にある第2形態のことで、出現した場所にちなんで、twitterなどでは「蒲田くん」と呼ばれ、かわいいと話題を集めました。



第2位【 シンゴジラ(シン・ゴジラ) 】

映画『シン・ゴジラ』のタイトルがランクイン!



第1位【 ゴジラ 】

シン・ゴジラをきっかけに、「ゴジラ」がこの1週間で最もつぶやかれたワードとなりました。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、急上昇ワード上位を独占した【 蒲田くん 】含めた【 シン・ゴジラ 】についてです。もともとは昨年の7月に劇場公開された映画で、12日にテレビ放映もされました。






◆街の声

「怖すぎ。出たらマジでやばいなと思っています」(女性)


「地上波で初放送でしたので、映画館でも見たんですけど、テレビでも見ました。劇場では気が付かなかった細かい部分まで見られたので良かったです。(番組スタッフ:会議シーンが多かったのでは?)あれはあれで、スピード感があって良いのではないかと思います。会話とかもすごいリアルで、日本の政治の各省庁の縦の指揮系統とかすごい描写されていて、日本人が見たらすごくリアルに感じるんじゃないかなと思います」(男性)





◆取材に裏打ちされたリアルさ

速水 マジで出たらやばい。なんて言っていましたね(笑)。


高橋 (笑)。かわいい。


速水 『シン・ゴジラ』のテレビ放映が初めてありました。そこで初めて見たという方もいたようですね。この映画を作るにあたって、庵野秀明監督は、実際に政治家に取材しているんですよ。小池百合子 元 希望の党 党首、当時は防衛大臣でした。劇中の役者さんも女性の防衛大臣として小池百合子さんの様な感じで演じられています。いざというときに防衛に関する会議はどのように行われるんですか?という質問したり、庵野さんは電柱マニアなので、小池さんの電柱を地中に埋めてしまおうとする政策は止めてください。と冗談を交えながら取材していたらしいです(笑)。劇中に“電線越しのゴジラ”のシーンが何度も出てきます、あれはこだわりのシーンです。他にも、立憲民主党の枝野幸男 党首にも取材しています。枝野さんの場合はおそらく、震災の時の危機感についてだと思います。震災の時に、寝ずに作業着を着てテレビ対応している姿が印象深いと思います。今回の有事というのは怪獣が出てきてしまったことですが、あの時の危機管理が作品の中に活かされていると思います。
政治家が右往左往するのではなく一丸となって対処していくのをリズム良く描いているのが特徴的で、ちゃんと取材もしているというところに僕は非常に感心しました。
ただね、小池さん、枝野さんが大活躍していた1ヶ月前、ここで放送されていたらもっと盛り上がったんじゃないかなと思いました。


高橋 確かに!時期的にそうですね。


速水 その後の2人の行く末なんかも見据えながら考えて、クレジット(エンドロール)に載っている2人の名前を見ていたら感慨深かったかなと思って見てましたし、そう思って見てた方も多かったのではないでしょうか。


地上波で放送された時には万里恵さんは日本には居なかったでんすよね。


高橋 そうですね。でも、劇場版を見た時に友人の実家が壊されていて、ちょっとうらやましいなと思いました。


速水 うらやましいんだ(笑)



◆みんな大好き蒲田くん
















◆蒲田×ゴジラ?



«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 576 | 577 | 578 || Next»