ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

梅雨時期のいや〜な洗濯問題はこれで解決!(2017/6/20)

カテゴリー:1111
null

火曜日は「ビジネストレンド」。



今日の関東地方は晴れるようですが、明日以降は梅雨空が続くようですね。
このランキングを参考にして欲しいと思います!
『 洗濯王子 中村祐一さんに聞いた 梅雨にオススメの洗濯グッズ トップ3 』
梅雨の時期、お洗濯には苦労しますよね、なかなか乾かなかったり、部屋干しのニオイが気になったり…。
ということで、今回は、プロの洗濯ノウハウ伝え続ける元祖家庭洗濯アドバイザー「洗濯王子」こと、中村祐一さんに梅雨時のオススメ洗濯グッズ・ベスト3を伺いました。
僕も、洗濯王子に対抗して洗濯おじさんとして非常に気になるランキングです!



第3位 【 YAMAZEN 「DC ファンサーキュレーター」 】

お部屋の空気を循環させて、部屋干しの洗濯物を効率よく乾かせるのがサーキュレーター。
僕は、扇風機ですけど、洗濯物を乾かす時に使ってます、非常に良いんですよね。
首振りの角度の広さ、申し分ない風の量で部屋干しに大活躍!
中村さんも愛用しているようです。ということは、間違いないですね!
乾燥機や除湿器を使うのに比べ、コストも安くスッキリ乾く部屋干しの強い味方です。
生産終了品ですが、ネット上ではまだ買えるということです。
お値段は、9000円台。



第2位 【 除菌スプレー 「ASS(アース)」 】

従来の殺菌方法ではなく、“菌を無酸素状態にして死滅させる”という除菌スプレー!
人やペットなどに対して害がなく、700種類の菌に対して効果を発揮するという、優れもの!
実際に、1000店以上のクリーニング屋さんのでも採用されていて、洋服の嫌なニオイ対策以外にも、革靴の内側の嫌なニオイ対策などにも使うことが出来ます!
お値段は、50ml入り税込み800円から!



第1位 【 花王 「アタックNeo抗菌EXパワー」 】

生乾きの嫌なニオイを発生させる原因とされる「モラクセラ菌」を除去しやすく作られたのがこちら。
雨が続いて洗濯物をため込んだり、週末しか洗濯できない人は、洗濯かごや洗濯機の中ですでに菌が繁殖している可能性があるそうですが、こちらはそんな状況でも除菌・抗菌の効果が出やすくなっています。


ということで、『 洗濯王子 中村祐一さんに聞いた 梅雨にオススメの洗濯グッズ トップ3 』でした。
洗濯王子・中村さんによると、
今、液体洗剤を使う人はおよそ7割、粉末洗剤が2割、ジェルボール派が1割とのこと。
目に見える汚れを落とすというよりは、菌やニオイなどの目に見えない汚れを落とすための洗剤が増えてきているそうです。
第三の洗剤といわれ話題になったジェルボールは、計量などの手間がいらない。
一粒入れるだけでお手軽などの理由から、洗濯が楽になると人気だそうです。

そして、部屋干しのコツとしては
1.洗う前に菌を増やさない。こまめに洗う。
2.汚れや菌が落ちやすい洗い方をする。
効果的なのが「お湯」を使うこと。入浴直後の温かいお湯がオススメ。
ですが、お湯が明らかに汚れている時は使わないように!
3.速く乾きやすいように、干し方を工夫する。
大事なのは服の表面積を広げること!
パーカーは逆さ干しをしたり、パンツは筒状にしたり裏返すと風に当たりやすくなるということです



今回は『 洗濯王子 中村祐一さんに聞いた 梅雨にオススメの洗濯グッズ トップ3 』をご紹介しました。

松山英樹選手、全米オープンの結果は??(2017/6/19)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 クリスティアーノ・ロナウド、レアル・マドリード退団の報道! 】

第2位【 プロ野球セ・パ交流戦、最高勝率は3年連続でソフトバンク! 】

第1位【 松山英樹、全米オープン現在3位! 】※番組オンエア時の記録


ゴルフの男子メジャー第2戦の全米オープン。日本の松山英樹選手は今大会、初日は2オーバーの82位タイと大幅に出遅れましたが、2日目は一気に巻き返し、トップの2打差の8位タイにジャンプアップしました。そして続く3日目はスコアをひとつ伸ばしたものの、14位タイに順位を落として最終日に臨みました。


そして迎えた最終日。前半を3バーディー1ボギー、2アンダーでまわった松山選手は、後半を「10番パー」「11番・12番連続バーディー」「13番パー」「14番バーディー」と、後半5ホールで3つ記録を伸ばし、11アンダーで首位のケプカと2打差の3位まで順位をあげています。(※番組オンエア時の記録)


ここまでの結果を受け、中西さんは「これは分からないですよねぇ。本人も“諦める順位じゃない”と3日目を終了した時点で言っていたのですが、どうやらこのまま行けば、優勝するチャンスは十二分にあるのではないか、いうところに来ていますね。本人も“この大会にはそんなに期待していないけれど、期待しない訳でもない”と話していましたので、このあとどうなるのか気になりますね。」とおっしゃっていました。


松山選手は結局、8バーディー2ボギー、この日のベストスコアとなる66で最終日を終え、通算12アンダーの276でメジャー自己最高の2位タイとなりました。この順位は、1980年の全米オープンでの青木功さんに並ぶ日本男子最高位だそうです。


松山選手はこのあと、7月20日から今季メジャー3戦目となる全英オープンに挑みます。松山選手の活躍に引き続き注目していきましょう!
今日は、全米オープンで自身最高の2位となった松山英樹選手に注目しました。


オタ芸を踊れる速水氏の“コール禁止”への思い(2017/6/16)

カテゴリー:1114

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2017年6月16日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 巨人 】

9日、巨人(読売ジャイアンツ)は球団ワーストとなった13連敗を止め。14日には、NPB史上4度目、セ・リーグでは初めての継投によるノーヒット・ノーランを達成。野球ファンならずとも注目を集めました。






第2位【 メンテ 】

6日から本サービスを開始した人気ゲームアプリ「シノアリス」が相次ぐメンテナンスでプレイヤーを中心にツイッターがざわつきました。



第1位【 地震 】

14日、高知県中部で震度3を観測する地震がありました。他にも、この1週間も各地で地震を観測しました。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、9位にランクした【 コール禁止 】です。これは、毎年恒例となったアニソンのライブイベント「アニサマ」こと「Animelo Summer Live(アニメロサマーライブ)」で注意事項が公開され、禁止事項に「コール」が追加されたことでネットが騒然となりました。その後、運営会社は訂正し「周囲の迷惑となるコールを禁止」としました。




◆街の声

「過激な人がいるので、一部のそういう層がそのように見られてるのかと思いますね」(男性)


「はい、何度か行ったことあります。最初の発表の時は驚いたんですけど、迷惑じゃない範囲なら良いっぽいので良かったです、安心しました。なんか、ゴキブリとかまかれたりしたらしいので、そういう人たちがいるのは怖いなと思いますね。angela(アンジェラ)さんですかね、特にコールが楽しいので今年も期待しています」(男性)


「アニサマ行きます!コール禁止って出た時、嘘だろ?と思いましたね。演者さんから何か振られても黙っておけばいいのかなと、コールが必要な曲でも黙ってシーンとなっていればいいのかなと思ってました。訂正された事に関しては、特に驚きはないですね。今年の注目、推しは三森すずこです、イェッタイガーとかしちゃいますけど」(男性)






すぐに訂正される↓







◆両方の気持ちをおもんぱかる速水氏

速水 今日の街の声、秘めた怒りみたいなものが伝わってきました。演者から振られても、返さなきゃいいんですか?という感じで。


高橋 訂正した事も納得と言っていましたし。


速水 禁止された要項に、分からない単語・用語がありますが。例えば、咲きクラップ、MIX、コールなど、いわゆるオタ芸全般となっていますが、わかります?


高橋 ん〜、わからないです…。


速水 咲きクラップは、頭の上で手拍子をして、そのまま手を開いてチューリップ状態といいますか、そんな感じで盛り上げたりする動きです。いわゆるオタ芸というのは、ラジオ体操みたいに手を振り回したり体を大きく使ったりするのをイメージすると思います、あれは僕もやります、今やりましょうか?という感じなんですけどね(笑)。


今どきのアニソンのライブに行く人たちは、見て楽しむよりも、参加して楽しむのが当たり前のように感じます。アイドルのコンサートでも、コール&レスポンスみたいなもので楽しむのは分かります。去年、話題になった、応援上映・声だし上映、映画って、こっちがコールしたところで絶対にレスポンスがない、でも、お客さんが楽しめる、これは進化だと思います、ファン達が好きだからこそ楽しみたいという思いの進化。


そういう中で、一方的に開催側から禁止ですと通達されれば、そりゃカチンと来るのはわかります。黙ってみてるよ、俺たち!という怒りが非常に伝わってきます。でも、開催側としては、もちろん安全第一というのがあるし、ひょっとしたらオタ芸など嫌いな人もいるんじゃないかと、歌を純粋に楽しみたいという人たちもいるんじゃないかという、おもんぱかっての事なので、その気持ちも分からなくもないです。


今までにない大規模で、世界最大級のアニソンイベントですので、みなさんには楽しんできて欲しいです。




◆コール禁止に理解を示すファン














◆怒るファン








◆クロノスのこと?









«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 540 | 541 | 542 || Next»