ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

サンキュー!次の目標は幕内1000勝!!(2017/7/24)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 水泳のシンクロナイズドスイミング、アーティスティックスイミングに名称変更決定! 】

第2位【 ゴルフ・全英オープン、松山英樹は2アンダー14位! 】

第1位【 大相撲名古屋場所、横綱・白鵬が2場所連続39度目の優勝! 】


そして今日、中西さんが注目したのは大相撲の横綱・白鵬!
大相撲夏場所は、横綱・白鵬が千秋楽の横綱対決で日馬富士に勝ち、14勝1敗で優勝。先場所に次いで2場所連続・39度目の優勝を果たしました。


自身の持つ史上最多優勝記録を更新し、優勝インタビューでは39回目ということで「サンキュー!」と叫んだ白鵬関。さらに「幕内1000勝を目指して頑張ります!」ともコメントしていました。
幕内勝利数は956勝でダントツトップの白鵬関。幕内に限らない勝利数で言うと、今回の名古屋場所で、元大関・魁皇が持つ最多記録1047勝を抜いて、最終的には1050勝で終えています。


この白鵬関、週末の場所終盤戦では、複数のメディアで日本への帰化について報道されました。引退後、親方になるためには日本国籍の取得が条件となっています。
ただ、白鵬関はいまから3年後の東京オリンピックで、現役の横綱として土俵入りを世界に見せたいという意向も示しており、親方になるのはまだ先のことになりそうです。(ちなみに白鵬関は現在32歳)


昨年5月の夏場所以来、今年の夏場所まで優勝から遠ざかっていた白鵬関。2場所連続の優勝でその強さは完全復活と見られていますが、いったい、白鵬関はどんなことを取り入れていたのか?中西さんによると…「断食」だそうです。中西さんはこうおっしゃっていました。


ちょっと逆な気がしません?普通、大相撲の方はたくさん食べるのも仕事のうちと思われますが、あえて断食を行ったそうです。3日間、水と特別なドリンクだけで過ごしたそうで、それをサポートした方によると「私たちが物を食べていないときに、身体の細胞が体内の不要なものを食べるので身体が若返る」ということなんです。年齢を重ねると、消化するのにもエネルギーを使うので、内臓に負担をかけないことも必要だと思うので、今後は「食べない」ということも取り入れつつ、良いタイミングで身体に栄養を取り込む、というのが新しいスポーツ栄養学になっていくのではないでしょうか。


さらに進化を遂げた横綱・白鵬関の今後の活躍に注目しましょう!今日は、2場所連続・通算39度目の優勝を果たした白鵬に注目しました。


速水氏のアツい解説“カーズ/クロスロード”(2017/7/21)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2017年7月21日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。


第3位【 地震 】

この1週間、15日に鹿児島湾で震度3が2回、19日に有明海で震度3、20日に福島県沖で震度4などの地震が発生しました。



第2位【 停電 】

今週、雷の影響で各地で停電があり、その情報ソースとしてツイッターが活用されました。



第1位【 コード・ブルー 】

2008年にフジテレビ系列で放送し大ヒットした人気ドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜」、スペシャルやセカンドシーズンを経て、待望の新シーズンが月9として帰ってきました。






この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、8位にランクした【 カーズ 】です。待望の新作映画『カーズ/クロスロード』の公開を前に、1作目、2作目がテレビで放映。『カーズ/クロスロード』も全国の動員ランキングで4位と好調です。
僕、速水も見てきましたよ!






◆街の声

「先日テレビで放送して多のを見て、子供から大人まで楽しめる作品なんじゃないかと思いました。さすがディズニーだと思いました。新作の映画も公開と言うことなので、機会があれば見に行きたいなと思います」(男性)


「マンガというか、絵が可愛らしい」(女性)


「見ました。頑張ろうっていう気持ちになりました」(男性)


「車がカッコイイ、車が好きなので新作見てみたい」(男性)


「ストーリーも毎回クオリティーが高いっすね」(男性)




◆グッときて熱く語る速水氏の『カーズ/クロスロード』への思い



速水 街の声で「頑張ろうっていう気持ちになりました」とありましたけど、そうですよね、ネタバレ出来ないからそういう感じになりますよね、その気持ち、非常にわかります(笑)。ネタバレにならないように『カーズ/クロスロード』の概要をお伝えすると、レースで連戦連勝の自信満々のマックィーンが、テクノロジーとか統計を身につけている新人レーサー達に勝てなくなってさあどうする?という話なわけです。新しいテクノロジーを導入したトレーニングをしてみたり色々試します、古き良きアメリカ、いわば、かつての自分に戻りたい、「メイク アメリカ グレイト アゲイン」というね。トランプ大統領の標語と非常に重なる部分があります。一度ダメになった、しかし、そこを認めて、けど、過去には良い時代があったよねというような、非常にこのテーマが映画の中で貫いている。ちょっと違うかも知れないですけど、アメリカの今の状況が反映されていると思う部分もあります。帰るべきアメリカがあるというのは、非常にアメリカらしいんです。


僕がこの映画で、なるほどと思わせられた部分があって、ジョン・ラセターというピクサーの立役者で『トイ・ストーリー』や『カーズ』シリーズの監督をしてきた中心人物がいます、僕は現存するアニメーション監督の中では宮崎駿とジョン・ラセターが2大監督だと思っています。そのジョン・ラセター、今回は監督ではなく制作総指揮です。取り戻すという話の時「メイク アメリカ グレイト アゲイン」、年老いたジョン・ラセターが自ら、自分をなぞらえてるかわかりませんけど、僕はどうしてもなぞらえてしまう。「何が出来るの俺?元々、自信満々でやってきたけど、今はそうじゃない…。」という状態って、ジョン・ラセターの今の状況なんじゃないかな?と思いました。その瞬間に僕は7カ所くらいで涙を流しました。万里恵さんも見ましたよね?


高橋 速水さん、だいぶ泣きましたね〜。私も見ましたよ、歳を取ると出てくる悩みや葛藤を描いていて、子供より大人の方がグッとくるんじゃないかなという場面がたくさんありましたね。


速水 おそらく、これは…、例えば、人ってどこに立ち帰るかというときに、過去を振り返ったり、先輩に助言を仰いだりと、いろいろあるとおもいます。作品中には立ち帰るアメリカとを感じるところが数カ所あって、この世代の人にはわからないだろうな、西部劇知らないとわからないだろうなといったシーンや、スプリングスティーンをわかる人が見たらこのシーンはまた違った意味を持つだろうなとか、子供が楽しいと思えるのを作るのがディズニー、ピクサーだと思うんだけど、今作は60代70代がみても相当いけるだろうなと思える内容になっていて、さすがだな!と思いました。これは本当にオススメですので、機会があったらみなさん是非見に行ってください!







◆速水氏のご明察、大人にささる『カーズ/クロスロード』











◆カーズファン感涙のテーマ「世代交代」(微ネタバレ注意)









よしひろさんオススメの夏休み映画情報(2017/7/20)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


まずは、7月15日(土)16日(日)の
全国映画動員ランキングトップ5をご紹介!



第5位『 メアリと魔女の花 』(公開2週目)

第4位『 カーズ/クロスロード 』(公開1週目)

第3位『 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 』(公開3週目)

第2位『 銀魂 』(公開1週目)

第1位『 劇場版ポケットモンスター キミにきめた! 』(公開1週目)


以上、先週末の全国映画動員ランキングトップ5でした。
そして、スタジオにはおなじみの映画ライター・よしひろまさみちさんをお迎えして、よしひろさんオススメの夏休み映画情報を伺いました。
今日ピックアップしたのは、4位にランクインした『 カーズ/クロスロード 』と、明日から公開の『 怪盗グルーのミニオン大脱走 』のアニメ2作品。


高橋:よしひろさん、おっはー♪ 今日は夏休み向けのアニメーション映画を2本紹介してくれるそうですが、まずは公開中のピクサー制作のディズニー映画『 カーズ/クロスロード 』から!


よしひろ:はい!!


高橋:2006年『 カーズ 』、2011年『 カーズ2 』に続くシリーズ3作目。主人公は(クルマですが)ライトニング・マックィーン。かつては“勝つことがすべて”という自己中心的なルーキーだったマックィーンも、今やベテランレーサーとなり、新世代の台頭や大クラッシュなどに見舞われ、今作では人生の決断に迫られます。この作品のよしひろさんオススメの3つのポイントは…?


高橋:その1【 中年ほど感動する!?ベテランならではの苦悩 】


よしひろ:はい。中年というと言葉が悪いんですが、この劇中でマックィーンが悩むのは「ハイテクカーの登場」なんです。それってもう、ド根性ではどうにもならないくらいの差がついているということで、そういう壁にぶち当たったとき、才能のある若者に出会ってしまったときに、ベテランはどうするべきか?ということを描いているんですが…そういうとすごい大人向きじゃないですか??大人が見てもすっごい泣けるんです!!


高橋:その2【 クルマ好き熱狂の映像とサウンド 】


よしひろ:これは1作目からずっとやっているんですけれど、「NASCAR」っていう向こうのモータースポーツを徹底的にリサーチしているので、エンジン音から砂埃まで臨場感がハンパないものが見られます。で、クラシックカーもたくさん出てきますし、今回は50年代に活躍していたレーシングカーたちも出てくるという設定があるんですけれど、そこは古い車がお好きな方にはたまらないシーンなのではないでしょうか。


高橋:その3【 前作を見ていなくてもOK! 見ていたら号泣必至 】


よしひろ:ぶっちゃけ、見ていなくても全然大丈夫です!ここから乗れます!それに、男の子がいる親御さんだと、「カーズ」をDVDでご覧になっている方は結構たくさんいらっしゃるんです。お子さんを泣きやませるために「カーズ」を見せるんですって。2時間は黙っていてくれるそうです(笑)。でも、それを見ていなかったとして、ぜひともやっていただきたいのが、この3作目を見た後でも前でも良いので、1作目をぜひ見ていただきたいんです。そうすると、1作目で出てきたキャラクターがこの作品でまた出てきたり、いろんな伏線が張られているのが分かると思うんです。それを見たときに、私も後から見たんですけれど、「えーっ!こことここが繋がっているの!?」と大盛り上がりでしたから!


高橋:さ。そしてもう1本は、明日から公開の『 怪盗グルーのミニオン大脱走 』。こちらはイルミネーション・エンターテイメント制作のユニバーサル映画。
こちらもシリーズ3作目。怪盗をやめて反悪党同盟の相棒・ルーシーと結婚した主人公・グルーの前に新たな敵が現れます。80年代の子役スターで、その後落ちぶれたバルタザール。社会への復讐のため犯罪を繰り返すバルタザールに、グルーは反悪党同盟を追い出されます。そんなとき、グルーには生き別れになっていた双子の弟・ドルーがいることが判明。ドルーは父親の意志を継ぎ、天下の大悪党になることを夢見ています。
この作品のよしひろさんオススメの3つのポイントは…?


高橋:その1【 80年代ポップスてんこ盛り 】


よしひろ:そうなんですよ。ほぼほぼ「ベストヒットUSA」状態!懐かしいでしょ。マドンナの「イントゥ・ザ・グルーヴ」とか、アーハの「テイク・オン・ミー」、ジェネシスとかネーナとかもあるんですよ。すごい懐かしいでしょ?この年代を知っている人にはグググっと来る!で、敵役のバルタザールも見た目は完全にMCハマーという(笑)、かなり“おダサい”感じになってるんです。


高橋:その2【 ルーシー、母になる 】


よしひろ:前作でグルーのパートナーになった女性なんですが、グルーには施設から引き取った3人娘がいるんですね。で、母になるためその娘たちとの関係に苦悩するんですが、ついに1歩近づくんです!いい話ですよね、これ。


高橋:その3【 みんな大好きミニオン 】


よしひろ:はい。文句なし!みんなミニオン大好きですからね。いたずら大好きなので、ミニオンたちがまたいたずらをしまくるんですが、今回はそのいたずらが過ぎまして、囚人になってしまうんです。で、刑務所で番を張りますから、あいつら(笑)。


よしひろさんオススメの2作、あなたはどちらを劇場の大スクリーンで観てみたいでしょうか?
今日は先週末の全国映画動員ランキングトップ3と、よしひろさんオススメの夏休みアニメ2作品をご紹介しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 548 | 549 | 550 || Next»