ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

夏を乗り越えるためのオススメ食材は!?(2018/7/5)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


7月は全国的にも高温が続くと言われています。
夏の初めの暑さはきついもの、まずは“日常の食生活”で、心と体のコンディションを整えていきたいものです。
そこで今回は、フードコーディネーターで国際中医薬膳師・大友育美さんがオススメする【 夏の初めに摂りたい食材 トップ3 】をお送りします!



第3位 『 キュウリ 』

第2位 『 イカ 』

第1位 『 冬瓜 』

中西:トレンドアイズお馴染みの国際中医薬膳師・大友育美さんに『夏の初めに摂りたい食材 トップ3』と伺いました。大友さん、おはようございます、よろしくお願いします。
前回、梅雨の時期に摂ったら良いもので、薬味系をね、ネギとかショウガとかミョウガみたいなものを摂った方が良いよといわれて、すごい食べまくったんですけど、すごい調子が良く、今回もすごく楽しみにしてて、今の時期に何を食べたらいいのか伺っていきます。まず、おさらいしていきますと、3位のキュウリはどういう良さが出るんですか?


大友さん:夏は自然の陽のエネルギーがどんどん盛んになってくるんですけど、私たちの身体の中のエネルギーも活発になって外へ外へと向かっていきます。で、汗をかいたり、身体を動かすことで、このエネルギーを発散できれば良いのですが、冷房の効いた場所で1日過ごすことが多くなると、うまく発散できない熱が内側にこもってしまいますので、その熱を取ると共に湿気も取ってくれて、たっぷり水分を補いながらも余分なものは出してくれます。夏バテ予防にオススメです。


中西:優等生ですね。学校や会社など中に居てばかりで汗をかけない人はキュウリを摂るのは良いですね。何と一緒に摂ると良いんですか?


大友さん:レタスや豆腐などとサラダにして頂くとか、あとはバナナやマンゴーといったフルーツもオススメです。


中西:サラダですか。フルーツとも良いんですね、バナナはよく売ってますから、この時期はぴったりですね。そして2位のイカなんですけど、気になっています。イカはどういった良さがあるんですか?


大友さん:夏の養生ポイントが、適度に汗をかいて、汗で失われた、気・血・水分を補うことです。
その血をたくさん補ってくれると考えてイカをオススメしています。
疲労回復、老化防止の効果、他にも、目眩、火照り、不眠、息切れにも効果があります。
高タンパク質、低カロリーでコレステロール値を下げるタウリンもいっぱい入っています。


中西:汗が出たら、気と血と水分が足りなくなっていくと?その血をイカで補えるんですか!?イカはどうやって食べたら良いんですか?


大友さん:サッと湯引きしていただいて、ショウガ醤油で食べていただくのがオススメです。あとは、コトコト煮ていただいてトマトで味付けして召し上がっていただくのもいいですね。


中西:お寿司やお刺身などの生で食べるというのはどうですか?


大友さん:もちろん良いと思います!


中西:その他に同じような効果を期待できるものってありますか?


大友さん:タコ、カツオ、人参やほうれん草などがオススメになります。


中西:なるほど、ありがとうございます!
そして1位の冬瓜なんですけど、関東だとあまり食べないところもありますけど、最近は食べるようになってきましたね。


大友さん:そうですね、あまり食べたことのがない方も多いかもしれないですけど、すごくオススメでして、消化とかエネルギーとか全て全般に活動している脾というところがあるんですけど、これは胃腸をイメージしてください。こちらの働きが湿気ですごく弱ってしまうんですね、その湿気を取ってくれると共に、消化吸収しきれなかった老廃物を出してくれるので、夏太りの原因を軽減してくれたり、あとは熱をしずめて、火照り、むくみ、イライラを改善してくれます。


中西:イライラは改善して欲しい…(笑)。簡単に美味しく食べられる方法ってなんですか?


大友さん:種を取って、スプーンで薄く削ぐようにして、お好きなドレッシングで食べていただくという方法です。


中西:あっ、それだけでいいんですか!?それは良いですね!!
あとは、梅雨明けと同時にいきなり暑くなってきたんですが、こんな時にオススメの朝ご飯ってありますか?


大友さん:朝は、エネルギーを作りだしてくれる、米・とうもろこし・鰯などと、
エネルギーを巡らせてくれる、ピーマン・タマネギ・柑橘類を召し上がっていただくのがオススメです。
例えば、とうもろこしご飯、ピーマンとジャコのきんぴら、タマネギのお味噌汁なんていうのはいかがでしょうか?


中西:あぁ、すごく食べたいイメージが沸いてきました!!!
ということで、国際中医薬膳師・大友育美さんに伺いました【 夏の初めに摂りたい食材 トップ3 】をお送りしました。
今日もいろいろな話ありがとうございました。


大友さん:ありがとうございました。

スマホアプリでいち早く音楽トレンドをゲット!(2018/7/4)

カテゴリー:1112
null

水曜日は「音楽」


ケリー 今日は、ケリーアン presents 音楽コラム【 音楽アプリからのヒットトレンド 】をお届けします。
ところで、中西さんはスマートフォンで音楽を聴きますか?


中西 はい。昔はカセット、CD、MDだったんですけど、今はもうスマホでしか聴かないですね。


ケリー 最近は多くの人がスマートフォンで何かしらの音楽を聴いていると思います、そこで、今日は、音楽アプリでのヒット曲のトレンドを紹介します。
まずは、音楽検索アプリ『Shazam』の日本ランキングを紹介します。



第3位 清水翔太『 Dream 』

2014年リリースのこの曲は、ドラマの主題歌として起用され、作詞作曲も本人が手掛けています。
ちなみに、清水翔太さんは、先週6月27日にニューアルバム『WHITE』をリリースしています。



第2位 ONE OK ROCK『 Change 』

今年2月にダウンロードとストリーミングでリリースされたワンオクの新曲。CMソングに使われています。



第1位 RADWIMPS『 カタルシスト 』

2018年フジテレビ系サッカー テーマ曲として熱く盛り上げてくれています。
RADWIMPSは来週からアジアツアーがスタートします。



ケリー 以上、音楽検索アプリ『Shazam』の日本ランキング トップ3でした。
さて、冒頭でもお伝えしました、音楽アプリですが、最近、主に10代〜20代はスマートフォンアプリでお気に入りの音楽を見つけるのが主流となっています。昔だと、着メロやストリーミングで、今は音楽アプリが主流となっているんですね。
例えば、日本で話題になっているアプリは『Tik Tok』。
このTik Tokから人気になっている曲は、倖田來未さんがカヴァーした『め組のひと』。
歌詞に出てくる「め」の部分を可愛く決める動画が拡散され、注目が集まっています。

そして、アメリカでもこのショートビデオアプリは話題となっていて、アメリカで使われているのは『musical.ly』、ミュージカリーと言います。
そこで話題になっている曲は、Baby Arielの『Perf』。
現在17歳の彼女は、アメリカの雑誌『TIME』が選ぶ、「ネット上で最も影響力のある人々25」にも選ばれています。
元musical.lyのユーザーで、有名になったBaby Arielは、歌手としても活躍しています。

さらに、韓国、中国、台湾で人気を集めているアプリは『SNOW』。
日本では写真加工アプリとして人気ですが、ショートビデオアプリとしても使われています。
このSNOWで注目されている曲は、noovy『LION DANCE』。
この曲の振り付け、通称・獅子舞ダンスをみんながSNOWにアップすることで、CD発売前にも関わらず、注目を集めています。
台湾出身の彼らの中国語の曲もオススメですよ!

いち早く音楽のトレンドを知りたい人は、スマホアプリから見つけるのが良いかもしれませんね。


今日は、ケリーアン presents 音楽コラム【 音楽アプリからのヒットトレンド 】をピックアップしました。

いま売れているビジネス本はこれ!(2018/7/3)

カテゴリー:1111
null

火曜日は「ビジネストレンド」。


月初めの火曜日は、ビジネスマンがおさえておきたい一冊をご紹介!
…ということで、今日はこちらのランキング。
【 ジュンク堂書店池袋本店に聞いた、ビジネス書の売れ筋トップ3 】
池袋駅東口から徒歩4分、日本最大級150万冊の在庫を誇る
ジュンク堂書店池袋本店に聞いた、6月のビジネス書の売れ筋です。



第3位 『読書という荒野』

幻冬舎の名物社長・見城徹さんによる読書論。熱い編集者として有名だった見城さんによる熱い読書論が展開されています。人生に本があるのとないのでは大違い!そんなことを感じさせてくれる一冊です。お値段は税込1,512円。


第2位 『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』

著者の西岡壱誠さんは、偏差値35から東大に合格したという方。そんな経験から、東大合格を目指す中で必死に身につけた本の読み方を、書籍を例に挙げながら解説します。質問読み、装丁読み、追求読みなど、気になる読み方が盛りだくさん!長実践的な読書術を教えてくれます。東洋経済新報社から出版されていて、お値段は税込1,512円。


第1位 『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』

著者は伊藤羊一さんで、5月に続いて1位をキープしています。孫正義社長を唸らせたという著者が、単なる話し方にとどまらず、相手を動かすためにどうしたら良いかをしっかりと教えてくれる一冊です。月を追うごとに売り上げを伸ばしている珍しい
本で、ソフトバンククリエイティブから出版されています。お値段は税込1,512円。



以上、ジュンク堂書店池袋本店に聞いた、6月のビジネス書の売れ筋トップ3でした。
ジュンク堂書店池袋本店によると…


・6月は「東大式」のビジネス書の人気が再燃!2位の「東大読書」のほか、同じ著者の書いた、タスクをゲーム化して進めていく「東大式習慣」などが人気。一時期のハーバードやスタンフォードなどのビジネススクール本の流行が落ち着いて、東大生の頭の良さが再注目されているようです。


・さらに、6月はワールドカップが開幕したということで、サッカー関連の本も好調でした。特に売れているのが「モダンサッカーの教科書」。セリエAのコーチ、レナート・バルディが、現在のサッカーの戦術を解説しています。これを片手に観戦すれば、より楽しめること間違いなし!です。

そして、日本代表の快進撃とともに、西野監督がJリーグ監督時代の2014年に書いた「勝利のルーティーン」も再び売れ行きを伸ばしているとのことです。


今後、注目の新刊としては…徳間書店『これからを稼ごう』
ホリエモンこと、堀江貴文さんによる仮想通貨とこれからのお金の本。仮想通貨の現状やこれからの展望など、これからの経済を学ぶのに最適な一冊です!


いまのあなたにピッタリの一冊は見つかりそうでしょうか。
今日は「6月のビジネス書売れ筋トップ3」をご紹介しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 631 | 632 | 633 || Next»