ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

松山英樹選手、全米オープンの結果は??(2017/6/19)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 クリスティアーノ・ロナウド、レアル・マドリード退団の報道! 】

第2位【 プロ野球セ・パ交流戦、最高勝率は3年連続でソフトバンク! 】

第1位【 松山英樹、全米オープン現在3位! 】※番組オンエア時の記録


ゴルフの男子メジャー第2戦の全米オープン。日本の松山英樹選手は今大会、初日は2オーバーの82位タイと大幅に出遅れましたが、2日目は一気に巻き返し、トップの2打差の8位タイにジャンプアップしました。そして続く3日目はスコアをひとつ伸ばしたものの、14位タイに順位を落として最終日に臨みました。


そして迎えた最終日。前半を3バーディー1ボギー、2アンダーでまわった松山選手は、後半を「10番パー」「11番・12番連続バーディー」「13番パー」「14番バーディー」と、後半5ホールで3つ記録を伸ばし、11アンダーで首位のケプカと2打差の3位まで順位をあげています。(※番組オンエア時の記録)


ここまでの結果を受け、中西さんは「これは分からないですよねぇ。本人も“諦める順位じゃない”と3日目を終了した時点で言っていたのですが、どうやらこのまま行けば、優勝するチャンスは十二分にあるのではないか、いうところに来ていますね。本人も“この大会にはそんなに期待していないけれど、期待しない訳でもない”と話していましたので、このあとどうなるのか気になりますね。」とおっしゃっていました。


松山選手は結局、8バーディー2ボギー、この日のベストスコアとなる66で最終日を終え、通算12アンダーの276でメジャー自己最高の2位タイとなりました。この順位は、1980年の全米オープンでの青木功さんに並ぶ日本男子最高位だそうです。


松山選手はこのあと、7月20日から今季メジャー3戦目となる全英オープンに挑みます。松山選手の活躍に引き続き注目していきましょう!
今日は、全米オープンで自身最高の2位となった松山英樹選手に注目しました。


オタ芸を踊れる速水氏の“コール禁止”への思い(2017/6/16)

カテゴリー:1114

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2017年6月16日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 巨人 】

9日、巨人(読売ジャイアンツ)は球団ワーストとなった13連敗を止め。14日には、NPB史上4度目、セ・リーグでは初めての継投によるノーヒット・ノーランを達成。野球ファンならずとも注目を集めました。






第2位【 メンテ 】

6日から本サービスを開始した人気ゲームアプリ「シノアリス」が相次ぐメンテナンスでプレイヤーを中心にツイッターがざわつきました。



第1位【 地震 】

14日、高知県中部で震度3を観測する地震がありました。他にも、この1週間も各地で地震を観測しました。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、9位にランクした【 コール禁止 】です。これは、毎年恒例となったアニソンのライブイベント「アニサマ」こと「Animelo Summer Live(アニメロサマーライブ)」で注意事項が公開され、禁止事項に「コール」が追加されたことでネットが騒然となりました。その後、運営会社は訂正し「周囲の迷惑となるコールを禁止」としました。




◆街の声

「過激な人がいるので、一部のそういう層がそのように見られてるのかと思いますね」(男性)


「はい、何度か行ったことあります。最初の発表の時は驚いたんですけど、迷惑じゃない範囲なら良いっぽいので良かったです、安心しました。なんか、ゴキブリとかまかれたりしたらしいので、そういう人たちがいるのは怖いなと思いますね。angela(アンジェラ)さんですかね、特にコールが楽しいので今年も期待しています」(男性)


「アニサマ行きます!コール禁止って出た時、嘘だろ?と思いましたね。演者さんから何か振られても黙っておけばいいのかなと、コールが必要な曲でも黙ってシーンとなっていればいいのかなと思ってました。訂正された事に関しては、特に驚きはないですね。今年の注目、推しは三森すずこです、イェッタイガーとかしちゃいますけど」(男性)






すぐに訂正される↓







◆両方の気持ちをおもんぱかる速水氏

速水 今日の街の声、秘めた怒りみたいなものが伝わってきました。演者から振られても、返さなきゃいいんですか?という感じで。


高橋 訂正した事も納得と言っていましたし。


速水 禁止された要項に、分からない単語・用語がありますが。例えば、咲きクラップ、MIX、コールなど、いわゆるオタ芸全般となっていますが、わかります?


高橋 ん〜、わからないです…。


速水 咲きクラップは、頭の上で手拍子をして、そのまま手を開いてチューリップ状態といいますか、そんな感じで盛り上げたりする動きです。いわゆるオタ芸というのは、ラジオ体操みたいに手を振り回したり体を大きく使ったりするのをイメージすると思います、あれは僕もやります、今やりましょうか?という感じなんですけどね(笑)。


今どきのアニソンのライブに行く人たちは、見て楽しむよりも、参加して楽しむのが当たり前のように感じます。アイドルのコンサートでも、コール&レスポンスみたいなもので楽しむのは分かります。去年、話題になった、応援上映・声だし上映、映画って、こっちがコールしたところで絶対にレスポンスがない、でも、お客さんが楽しめる、これは進化だと思います、ファン達が好きだからこそ楽しみたいという思いの進化。


そういう中で、一方的に開催側から禁止ですと通達されれば、そりゃカチンと来るのはわかります。黙ってみてるよ、俺たち!という怒りが非常に伝わってきます。でも、開催側としては、もちろん安全第一というのがあるし、ひょっとしたらオタ芸など嫌いな人もいるんじゃないかと、歌を純粋に楽しみたいという人たちもいるんじゃないかという、おもんぱかっての事なので、その気持ちも分からなくもないです。


今までにない大規模で、世界最大級のアニソンイベントですので、みなさんには楽しんできて欲しいです。




◆コール禁止に理解を示すファン














◆怒るファン








◆クロノスのこと?









万里恵さんもハマる「キングダム」の魅力とは??(2017/6/15)

カテゴリー:1113
null

木曜日は「カルチャー」。


今日は「楽天ブックス」6月5日〜11日の
コミック週間ランキングをご紹介します。



第3位 『 7SEEDS/34巻 』田村由美(フラワーコミックス)

第2位 『 MIX/11巻 』あだち充(ゲッサン少年サンデーコミックス)

第1位 『 キングダム/47巻(予約) 』原泰久(ヤングジャンプコミックス)


以上、「楽天ブックス」6月5日〜11日のコミック週間ランキングTOP3でした。
2006年から週刊ヤングジャンプ誌上で連載が続いている『キングダム』。昨年の連載10周年を経て、現在ものすごい人気です。先ほどご紹介したランキングでも、来月19日頃に発売される47巻が、発売1ヶ月前にも関わらず予約で1位でした。2017年上半期、高橋さんもかぶりつくように読んだという『キングダム』。そのヒットの秘密に迫ります。
お話は宝島社が年末に刊行している『このマンガがすごい!』の薗田編集長に伺いました。


薗田:『キングダム』は紀元前の春秋戦国時代、三国志よりずっと前の時代に信(しん)という少年が大将軍になって、その名を国中に売るみたいなことを夢見て戦う、というお話です。彼が使えている仲間・政(せい)はのちに秦の始皇帝となる人物なのですが、信が成り上がっていくにつれ、政も一緒に皇帝として中国をまとめていく…みたいなバトル漫画ですね。

高橋:秦の始皇帝が中国を統一するまでの春秋戦国時代を舞台に、戦争孤児の少年・信が天下の大将軍になることを目指す物語『キングダム』は、2015、16年の2年連続で青年コミックの売り上げ1位。そして今年上半期、完全にブレイクしました。
単行本は46巻まで出ていて、累計発行部数は3千万部以上。サバンナの高橋さん、平成ノブシコブシの吉村さんなど、キングダムファンのお笑いタレントは「キングダム芸人」として番組に出演。小島瑠璃子さん、広瀬アリスさんなど夢中になる女性タレントも続出しています。同じ集英社から出ている女性誌『MORE』6月号では、専属モデルたちが「キングダムを初めて読んでみた!」という企画を展開。20代、30代のOLにこれからもっと広がるかもしれませんね。


中西:なるほど!では、何が大きなヒットにつながったのか?薗田編集長に伺ってみましょう。


薗田:ヒットの理由ですが、3つ挙げるとするなら「時代の設定」「成り上がりストーリーの快感」「山場がちょこちょこある」というところです。
時代設定が絶妙で、日本人は秦の始皇帝が万里の長城を作った人物であることは知っていますので、この先どうなるか?という史実をほとんどの人が知らないんです。だから、少し調べると王翦というキャラクターが信の最後のライバルなのか?とか、昌平君というのがラスボスか?みたいな感じが少し見えてくるのですが、どういう経緯でそこに至るか…ということが分からないというのも魅力のひとつ。
2つめの「成り上がりストーリー」というところですが、ドラゴンボールしかり、みんな成り上がりストーリーが好きだよね、と。失敗しても、それを糧に強くなって、仲間が増えて、少年漫画的な成長物語になるところに心惹かれて、楽しいよね、って。これも凄くシンプルです。
あと「ちょこちょこある山場」ですが、普通『このマンガがすごい!』のランキングに1度入ってしまうと、もうみんなが面白いと知っているものはなかなかランクインしないんです。キングダムには、王騎将軍という凄くかっこいいキャラが出てくるのですが、王騎が死んだとかいうと、また票が入ったりするんです。なので、また盛り上がりの瞬間がバン!とあると、再びランクインするのではないか、と思っています。

高橋:私が思う『キングダム』大ヒットの3つの理由は、「歴史に基づいた話が面白い!」「将軍たちの多彩なキャラクターに惹かれる!」「主人公の信が、田舎から出て大将軍を目指す成り上がりストーリーが熱い!」ですね!!


薗田:いま、46巻まで発売されていまして、政は大王になり、信もかなり名声を築き、将軍の一歩手前まで来ているのです。で、今度は趙という大きな国とガッツリ戦うのかな?というところなのですが、このあとまだ楚という国も登場しますので、何が起こるか正直分からないので、まだまだ続く作品だな、という感じはしています。

万里恵さんと薗田編集長の熱い“キングダム愛”に触れた中西さんは、「僕も読んでみようかな。」とおっしゃっていましたよ。まだ『キングダム』の世界にふれていない皆さんもぜひ!


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 540 | 541 | 542 || Next»