ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

2017年ベストセラーランキング(2017/12/7)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今日は書籍・雑誌の流通業、日本出版販売が発表した
【 2017年ベストセラーランキング 】のトップ5をご紹介!



第5位『 騎士団長殺し 』村上春樹(新潮社)

第4位『 日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 』(文響社)

第3位『 蜜蜂と遠雷 』恩田陸(幻冬舎)

第2位『 ざんねんないきもの事典 』今泉忠明 監修(高橋書店)

第1位『 九十歳。何がめでたい 』佐藤愛子(小学館)


こちらのランキングは、昨年11月26日から今年11月25日までの集計です。
そして今日取り上げるのは、8月24日発売の作品で、今回の年間ランキングでも18位にランクインしている『 漫画 君たちはどう生きるか 』
最新の週間ベストセラーランキングで1位にランクインしているこちらの作品について、この作品を企画した、マガジンハウス書籍編集部・編集長の鉄尾周一さんにお話を伺いました。


僕が読んだのは大学生のときなので、30年以上前。父から勧められて「たまにはこういういい本を読んでみろ」ということで読んだんですけれど、すごく心に染みるところもありつつ、ちょっと説教くさいな…というところもあり、素晴らしい本であるということは自分でも分かっていたんですけれど、そのあとに宮崎駿さんや前書きを書いて下さった池上彰さんとかが、この本は素晴らしい歴史的な名著である、ということをインタビューでおっしゃっているのを聞いて、その思いは強くなっていました。で、自分でも時々読み返したり、というような本ではあったんです。
ただ、すごくクラシックな名著なので、旧仮名遣いで読みにくかったり、時代設定も戦前だったりするので、今の若い人たちは多分読まないだろうな、という風には思っていたんです。それが、自分の編集部にいる若い人たちが、「僕はこの本が大好きです」と発言するのを聞いて、こういう若い人たちにもこの良さは伝わるんだ…ということがひとつのヒントになり、昔は手紙を書いていたのが電話になり、それが今はメールが普通で、電話することすら事件だったりすると思うんですけど、そういう風に時代によって伝わりやすい伝え方というのは変わってくるものかなと思っていて、日本だったら小説をマンガにするのが、もしかすると一番伝わりやすい伝え方なんじゃないかと思って、マンガ化に挑戦しました。

舞台は昭和のはじめ。中学生の主人公・潤一は、父親を亡くしてお母さんと二人暮らし。その近所に、お母さんの弟で勤務先の出版社が倒産した、元編集者の叔父さんが引っ越してきます。
あるとき、叔父さんと銀座のデパートの屋上にのぼった潤一は、雨粒ほどに見えるたくさんの人を見ているうちに、人間はちっぽけな存在だと気づいて怖くなります。
ひとりひとりの人間は“分子”のように小さな存在。自分もそう。世の中はその集まりで成り立っていることを「発見」するのです。
そのことを話すと、叔父さんは地動説を唱えたコペルニクスの発見になぞらえて、潤一に「コペル君」というあだ名をつけました。子どもから大人への階段を上り始めたコペル君。叔父さんをメンターとして「生きる」ことについて、たくさんの“気づき”を得ていきます。


このマンガを読んだ万里恵さんは「私もこの本を読ませていただいて、やっぱりコペル君に自分を投影して本を読み進めていったんですが、コペル君がいろんな悩みや壁にぶつかって、そこを乗り越えていく姿を見ていると、人間は自分で決定をして苦しむことも出来るし、そこから立ち直ることも出来るし、過ちを正せるところが人間の良いところだと。年を重ねると失敗が怖くなったり、出来るだけ傷つかないように行動しがちになっている自分がいたんですが、そうではない。正しい姿を子どもたちにも見せたいな、という感じがしました。」とおっしゃっていました。


マガジンハウスの鉄尾周一さんは、2017年のいま再注目された理由のひとつに「時代の共通性」を挙げました。


この本書かれた80年前は、戦前の軍部が強くなっていて不安を感じていた時代だと思うんです。それと同じように、今も世界的な不安もありつつ、日本の中でも生活が豊かになったという実感はあんまりないし、少子高齢化で地方は住む人がいなくなるとか、「不安な時代」というのが同じようにあって、そういう時代にはストレートで真っ当なことが心に響くんじゃないかと思っていて、そういう名作が輝く時代が“いま”なんじゃないか
というのがひとつあります。
ちょっと前までは働き方の時代だったと思うんです。どんな風に働いて、どんな風にお金を儲けるか、みたいな本が売れていたんですけれど、いまはどちらかというと、生き方をどうやって模索するかという時代にだんだんシフトしてきていて、そういうことを探している方にはこの本を読んでいただくと、ヒントみたいなものが隠されていると思うので、若い方はもちろんですが、いくつになってもそういうことを考え続けていらっしゃる全ての方に読んでいただきたいと思っています。

『 漫画 君たちはどう生きるか 』は、本体価格1,300円でマガジンハウスから発売中です。


イギリスでいま売れているアルバムはこれ!(2017/12/6)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は【 ジ オフィシャル UK アルバム チャート 】をピックアップ!
今、イギリスで注目を集めているアルバムはなんでしょうか?トップ5をご紹介♪



第5位 Michael Ball & Alfie Boe『 Together Again 』

ミュージカル界のスーパースターふたりが共演したアルバム第2弾。来年2月には東京で来日公演も予定されています。


第4位 Ed Sheeran『 ÷(DIVIDE) 』

昨日、音楽ストリーミングサービス「Spotify」が発表した、2017年の世界の再生回数ランキングで、エド・シーランはアーティスト総合、そして全世界の楽曲・アルバム再生数で1位を獲得。ストリーミング、売り上げ共に今年を代表するアルバムとなりました。


第3位 Little Mix『 Glory Days 』

こちらは昨年発売された2ndアルバムですが、今年5月から行ってきたワールドツアーが先日ロンドンで千秋楽を迎え、その熱もあり、前週の46位から大きくランクアップしました。Little Mixは来年3月に大阪と神戸で行われる「POPSPRING 2018」への出演が決定!チケットは争奪戦になりそうですね。


第2位 Sam Smith『 The Thrill of It All 』

アルバムセールスが好調なサム・スミス。来年1月に2年ぶりの来日が決定しました。今回の来日について、サムは「今度は一緒に歌う番だ。日本に行くのが待ち遠しいよ!」とコメントしています。


第1位 Noel Gallagher's High Flying Birds『 Who Built The Moon? 』

全英チャートで通算10回目の1位を獲得した、世界初のアーティストとなったノエル。この快挙を記念して、オフィシャルサイトではアルバムのメイキング映像が公開されています。



今日は【 ジ オフィシャル UK アルバム チャート 】をピックアップしました。


今年はどんなビジネス書が売れたかな?2017年の売れ筋 トップ3(2017/12/5)

カテゴリー:1111
null

火曜日は「ビジネストレンド」。



さて今年も残すところあと1ヶ月を切りました。
今年いちばん売れた本は何だったのでしょうか?
ということで、こちらのランキング!
『 ジュンク堂書店 池袋本店に聞いた 2017年のビジネス書の売れ筋 トップ3 』
池袋駅東口から徒歩4分、日本最大級約150万冊の在庫を誇る、
ジュンク堂書店 池袋本店に聞いた、今年1月から11月までのビジネス書の売れ筋です。



第3位 【 金持ち父さん 貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 】ロバート・キヨサキ(筑摩書房)

2000年から売れ続けているロングセラー!
今、日本もバブル以来の株高が続いていますしね。
投資や運用、お金の知識を学びたい方が増えているのかもしれません。
お値段は、税込み1728円!



第2位 【 やり抜く力 GRIT 】アンジェラ・ダックワース(ダイヤモンド社)

昨年9月発売の世界的ベストセラー!
成功のために必要なのは、運や才能よりも『GRIT』…つまり、やり抜く力だと検証した一冊です。
自分のためにはもちろん、教育にも生かせる本として売れて続けています。
僕は、この本を何度も読み返しています。
ことあるごとに読み返すと、その時その時で新しい発見があります。
お値段は、税込み1728円!



第1位 【 多動力 】堀江貴文(幻冬舎)

やっぱりこの本は、今年、人気でしたね。
今年5月に発売された堀江貴文さんの本がダントツ一位だそうです!
月間ランキングでも、連続1位になっていました。
一つの仕事・会社で生きていく今までの生き方が崩れていくなか、
堀江さんのような新しい生き方を求める若い人中心に支持されています。
お値段は、税込み1512円!


ということで、『 ジュンク堂書店 池袋本店に聞いた 2017年のビジネス書の売れ筋 トップ3 』でした。
ジュンク堂書店 池袋本店によると、
今年はなんと言っても、『働き方改革』や『生産性』の関連本が多く出版され、
早く仕事を終わらせるために、集中力や時間術の本が人気を集めています。
【 神・時間術 】、【 仕事が早いのにミスしない人は、何をしているのか? 】や【 チームの生産性をあげる 】など、多数のヒット作が出版されました。
学術的な裏付けのある本が多いのが最近の特色。

さらに、北朝鮮のミサイルなど、不安定な国際情勢を反映して、『地政学』に関する本がよく売れた今年。
【 経済は地理から学べ! 】や【 海の地政学 】など、読みやすいものから本格的なものまで、幅広い年代に読まれています。

あとは、最近、話題のビットコインをはじめとする仮想通貨!
完全にバブルが起きています。そんな中、昨年末に出た【 ブロックチェーン・レボリューション 】など、仮想通貨の仕組みや指南本が続々と発売されました。
ビットコインが、ドンッ!と高値を付けたニュースのあとに、関連本も爆発的に売れるそうです。
みんな考えることは一緒ですね。(笑)



今回は『 ジュンク堂書店 池袋本店に聞いた 2017年のビジネス書の売れ筋 トップ3 』をご紹介しました。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 581 | 582 | 583 || Next»