ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

「陸上女子100m」世界記録ランキング(2011/6/13)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、世界最速の女性ランキングです。


第3位「マリオン・ジョーンズ」(アメリカ) 10秒65
第2位「カルメリタ・ジーター」(アメリカ) 10秒64
第1位「フローレンス・ジョイナー」(アメリカ) 10秒49

陸上女子100m、世界記録のベスト3です。

1位のジョイナー選手、懐かしい名前ですが、この記録はなんと、23年間も破られていません。
100m10秒台ということは、時速に換算すると、およそ35km。
これが二本足で移動する人間女性の今の最高速度です。
(比べるのも何ですが、地上最速の動物、チーターは最高時速110km!4本足だから速いのは速いんですが…)


この記録に挑もうとしているのが、日本の福島千里選手です。
福島選手は、週末に行われた陸上の日本選手権で、女子100m、200mともに優勝、二冠を達成しています。
これにより、8月から韓国で行われる、世界陸上への出場権を手にしています。


競技後に、「私も世界を目指す挑戦者の一人だと思っている。世界陸上に向けて、もう一度鍛え直して、
今季最高と、あやよくば、自己最高を出したい」とコメントしています。会見の時の笑顔が印象的でした。


ちなみに、その自己最高記録は、今の日本記録でもあります。タイムは11秒21。
世界記録は10秒49ですから、正直、まだ世界とは差があります。
ただ、福島選手は昨年、中国で行われたアジア大会の女子100mで、44年ぶりに日本に金メダルをもたらしています。
まさに大舞台に強い福島選手、今年の前半は不調が続いたんですが、日本選手権という大きな舞台で復活を遂げました。


これからさらに、記録というプレッシャーとの戦いが厳しくなると思いますが、
8月の世界陸上、そして来年のロンドン・オリンピックでも、あの笑顔を見せて欲しいと思います。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/6/10)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!


今週は、番組がピックアップしたのは、この5人。


■宇宙船ソユーズ打ち上げに成功!12年越しの夢ようやく実現!宇宙飛行士の古川聡。
■ドラマの主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」の大ヒットで人気急上昇!「薫と友樹」の鈴木福。
■話題沸騰!昨日行われた第3回「AKB総選挙」で、晴れて首位奪還、栄冠を手にした、AKB48の前田敦子。
■向かうところ敵なし!3戦連続完封44イニング無失点!日本ハムのダルビッシュ有。
■植毛手術を受けたことをツイッターで告白、サポーターのみならず、全世界の男性に勇気を与えた、
 サッカー・イングランド代表のウェイン・ルーニー。


今週、中西哲生さんが注目したのは、この方です!


宇宙飛行士 古川聡さん

今週の火曜日の夜、ロシアの宇宙船「ソユーズ」が打ち上げられ、これに搭乗しているのが、
日本人宇宙飛行士、古川聡さん。
古川さんは、9人目の日本人宇宙飛行士として、この後、国際宇宙ステーションに半年間滞在して、
様々なミッションをこなすわけですが、ここまでの道のりは、平坦ではありませんでした。


古川さんは1999年に宇宙飛行士の候補に選ばれながら、実に、12年4ヶ月も待ち続けていました。
こんなに長く待っていた日本人飛行士は、もちろん古川さんが最長。
しかも、47歳での宇宙初飛行も、日本人として最年長になります。


これまで、宇宙飛行士の同僚や後輩に先を越されたこともありました。
それでも、古川さんは焦らず、「貴重な訓練を積む期間」と前向きに捉えて、じっと耐えてきました。
「もう宇宙へは行けないかも」内心ではそんな葛藤もあったはず…と、これまで見守ってきた家族や友人も、
辛抱強い古川さんに拍手を贈ります。
とにかく、子どもの頃から宇宙への夢を抱き続けてきた古川さんは、外科医としてハードな日々を送りながらも、
その夢を捨てずにやって来た結果、ついに大きな夢が実現したのです。


古川さんの趣味は野球。高校時代はキャッチャーでした。
こんな古川さんが、これまでずっと待っていた感想を訊かれ、こんな風に答えています。
「ベンチ裏で出番を待ちながら、素振りをしていました」。


47歳、優しい古川さんならではの言葉です。


今週の「ウィークリーパーソン」は、
火曜日に、念願の宇宙に旅立った日本人宇宙飛行士、古川聡さんに注目しました。

『世界のロックスターの名言ランキング』(2011/6/9)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


今日は6月9日。「6」と「9」の語呂あわせで、『ロックの日』ですが、
先日、ロックにまつわる、ある順位が発表されました。


『世界のロックスターの名言ランキング』

発表したのは、gooランキング。
ロックスターは、説得力ある言葉を残していそうですよね。


第3位「一流のプレーヤーは一流のリスナーでもある」/エディ・ヴァン・ヘイレン

以前、アメリカの大衆紙USA TODAYが行った“史上最も偉大なアメリカン・ロックバンド”の3位に入った
Van Halenの中心、ギターのエディ・ヴァン・ヘイレンの名言。


“本物は本物を知り”、“素晴らしい音楽の本当の素晴らしさが聞いて分かる”ということなのでしょう。
そうやって感受性を刺激されて、自分自身のクリエイティヴィティも影響を受けて広がっていくということですね。


第2位「音楽は女性と似ている。理解しようとしたら楽しめない」/フレディ・マーキュリー

今は亡きQUEENのボーカリスト。2年前、アメリカの音楽誌Rolling Stoneが選んだ
「史上最も偉大なシンガー 100人」で18位に入ったフレディ・マーキュリーの名言。


これはつまり、“Don't Think Feel(頭で考えず、感じろ)”ということなんでしょう。
言ってみれば、それが50年代に誕生したロックンロールなんですかね。
ティーンエイジャーが熱狂する一方で、大人は眉をひそめるという。



第1位「音楽はいつだって世界中の人々の心に訴える、最も強力な言語の1つだ」/ジミー・ペイジ

ハードロックを世界に広めたLed Zeppelinのリーダーでギタリスト、ジミー・ペイジの名言。


まさにその通りですよね。
3月11日以降、改めてラジオというメディアが評価されたのも、音楽の持つ魔法の力があったからこそだと思います。
誰もが自分の人生の大きな影響を与えた音楽があるのではないでしょうか。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 531 | 532 | 533 |...| 547 | 548 | 549 || Next»