ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

夏の甲子園・奪三振ランキング(2011/8/8)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、開幕後2日間で印象的な試合が続出しています
夏の甲子園、高校野球にまつわるランキングです。


第3位「定岡正二」18
第2位「辻内崇伸・坂本弥太郎」ともに 19
第1位「工藤公康」21

これは、夏の甲子園で1試合で獲得した三振の数が多いピッチャーのランキングです。
ちなみに、金属バットに変わった1974年以降の記録なんですが、
ランクインした選手は、その後にいずれもプロ選手になっています。
こうした記録に並び、そして破るかもしれない勢いのあるピッチャーが、今大会もいます!


福島県代表 聖光学院の歳内宏明投手です。
初日、土曜日に行われた宮崎県代表・日南学園との試合では、16奪三振という記録を挙げました。
これは4シーズンぶりの記録です。
そして、この記録はドラマチックな形で生まれました。
9回表、あと一人で勝利というところで、追いつかれてしまったんですが、
しかし延長10回、自らのサヨナラヒットで再び引き離し、勝利となりました。


歳内投手は、182cm、82kg、右投げ右打ちの3年生です。
持ち味は、スプリット・フィンガード・ファストボール。
これは高速フォークボールともいわれる球で、バッターの直前で小さく揺れ動くのが特徴です。
今回の16奪三振のうち、13はこのボールでとっています。


そして注目なのは、聖光学院の次の試合、12日(金)に行われる2回戦、石川県代表の金沢高校と対戦します。
金沢高校には、今大会最速152キロという速球を持つ、釜田佳直投手がいます。
今大会屈指といわれるピッチャー対決、楽しみですね!

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/8/5)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!
今週は、この4人をピックアップしました。


■芸能生活50周年の今年、45歳年下!23歳女性と再婚した…加藤茶
■被災地を励ますため引退撤回して出場した鈴鹿8冠で涙の優勝…伊藤真一
■デビューから足掛け23年でシングル・アルバム総売上8000万枚突破…B'z
■176試合目で100勝達成!人望でチームをまとめる…ヤクルト小川監督


Facebookの皆さんの投票では、B'zが1位で、続いて伊藤さんと続いていますが、
今週、中西哲生さんが注目したのは…


2輪ライダー・伊藤真一

先週日曜日、三重県の鈴鹿サーキットで、「鈴鹿8時間耐久ロードレース=鈴鹿8耐」が開催されました。
島田紳助さんが16年ぶりに参戦したことでも話題になりましたが、
この日、最大の感動をもたらしたのが、伊藤真一さんです。


秋吉耕佑、清成龍一と組んだ伊藤のチームが見事優勝。伊藤にとっては、5年ぶり2度目の優勝でした。


伊藤は、昨年10月、44歳という年齢を考え、引退を表明。
「ふるさと宮城にあるバイクショップで、好きなバイクをいじりながら、後進の指導をしていきたい」
…そんな考えを持っていました。
ところが、3月11日に起きた大震災で、伊藤のバイクショップも被災。
変わり果てた故郷の風景に愕然…「自分にできることは何なんだ?」と考えた末、引退を撤回、
再びサーキットへ戻ってきました。


そして、「8耐」の行われる鈴鹿サーキットのスタンドに、被災地の子どもたちを招待。
彼らが見守る中、激走を見せ、堂々のトップでチェッカーを受けました。


感動の復活優勝、44歳の「最年長優勝記録」も更新。
「宮城で生まれ、宮城から世界を転戦した。そのお礼を故郷に返したい」
復帰の時に語った約束が、しっかり実を結んだ瞬間でした。


伊藤は今でも、故郷宮城県岩沼のバイクショップで、メーカーやレーサー仲間から送られる
支援物資を被災地へ届けるなど、ボランティアに奔走しています。
そして、復帰の理由を聞かれるとこんな風にも語ります。
「いい年をしたおじさんでも、頑張っている姿をまた被災地の人に見て貰いたい」


今週の「ウィークリーパーソン」、被災地を応援するため、引退を撤回して出場した鈴鹿8時間耐久レースで、
涙の優勝を遂げた、2輪ライダー・伊藤真一さんに注目しました。

2011年夏休みに行きたい!海外旅行都市別ランキング(2011/8/4)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


夏休みシーズン、そして今の円高。海外旅行を考えている方が多いと思います。
そこで、今日のランキングは、『地球の歩き方』の
「2011年夏休みに行きたい!海外旅行ランキング」“都市別ベスト3”


第3位「フランス パリ」

フランスは、ここ数年、モン・サン=ミシェルが人気です。
今年6月にフランス食文化がユネスコの無形文化遺産に登録され、それにちなんだイベントもいろいろと行われています。


第2位「ハワイ」

昨年、羽田にハワイアン航空が就航し、この7月には関西国際空港にも就航。
これまでより行きやすくなりました。夏のハワイは、比較的空いていてオススメです。


第1位「韓国 ソウル」

『地球の歩き方』編集長・石谷一成さんに、この夏オススメのソウル、伺いました。
「もともとここ数年、ソウルが人気です。K−POPや韓国コスメなどいろいろありますが、
一番は全国各地の空港からソウルまで直行便で行けるので、本当、国内感覚で行けるのが大きいです。
やはり韓国ドラマもいろいろとやっているので、ロケ地巡りや、K−POPも現地でTVの収録場面を見られたりします。
普通に観覧できる番組としては、KBS『ミュージックバンク』や、
現地に行って先着200名に並ぶと見られる『Mカウントダウン』は、頑張って早めに行けば確実です。
そのほか、ラジオ番組は公開放送をしているので、これもオススメの一つです。
後は、イデという女子大の街がありますが、すごく雰囲気の良いところで、人気があります。
また、イデの隣にホンデという芸術大の街があるが、かなり注目の的になっています。
韓国ドラマのロケ地ということもあるが、いろいろなカフェがあったり、芸術大の学生が住んでいるので、
公園も非常にオシャレだったりします。
アップジョンドクというカンナムの方がすごく人気があったが、今、ホンデに流れつつあります。
また、ちょっと裏通りを歩くと、非常に韓国そのものが見えたりするので、
ミョンドンの北の辺りやキョンボックンの辺りには、伝統のお茶屋さんがあったりなど、
都会のソウルとは、違うソウルが見られたりしますので、そういう歩き方も楽しいと思います。
最近の傾向として、夏休みはあんまり長く行かないで、短い夏休みを身近にとったりする人たちもいるので、
そういう意味では、ソウルは2泊3日で行けるところなので、ソウルに一回行って、国内もどこかへ行くという、
そういう人たちが多いのではないかなと思います。」

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 532 | 533 | 534 |...| 561 | 562 | 563 || Next»