ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

6/6付オリコン・シングルランキング(2011/6/8)

カテゴリー:1112

水曜日は、「音楽」。


今日、ピックアップするのは、『オリコン・シングルランキング』
6月6日付けのBEST3をご紹介します


第3位「マル・マル・モリ・モリ」薫と友樹、たまにムック

ドラマ『マルモのおきて』のエンディングテーマ。
人気急上昇中の子役・芦田愛菜ちゃんと、鈴木福くんの2人が歌っているのですが、
平均年齢6歳!これがオリコン史上最年少でのTOP10入りだそうです。
ちなみに、「ムック」というのは、ガチャピンの相方ではなく、このドラマの中に出てくる犬の名前です。


第2位「Let's try again」チーム・アミューズ!!

大手芸能事務所・アミューズに所属する、桑田佳祐さんや福山雅治さんら、37組54人で結成された
「チーム・アミューズ!!」
東日本大震災復興チャリティーソングとして、4月20日から配信されていましたが、
ファンからの熱い要望に応えて、CD化、2位にランクインしました。


第1位「Everday、カチューシャ」AKB48

8月、次の新曲の選抜メンバーを選ぶ、第3回総選挙を控えるAKB48が、今年初のミリオンヒットで1位に輝きました。


来週13日付けのランキングでは、B’zの新曲「Don't Wanna Lie」が逆転するのでは?と言われていますが、
6月6日付けのシングルランキングでは、AKB48の「Everday、カチューシャ」が1位をゲットしました。


AKB48と言えば、第3回総選挙が、日本武道館で明日の夜6時、いよいよ開票されます。
投票開始の翌日、5月25日に中間発表がありましたが、この時の順位は、1位大島優子、2位前田敦子…。
年に一度の総選挙、大島優子さんの連覇なるか?前田敦子さんのリベンジか?
それとも新たなヒロインの誕生なるか!?と注目されています。


また、“神7”と呼ばれる、第1回、第2回ともに上位7位だった7人、
大島優子、前田敦子、篠田麻里子、板野友美、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜
鉄板のこの7人に変動はあるのか!?


投票期限は、今日の15時までです。


今日は、『オリコン・シングルランキング』と、明日総選挙が行われるAKB48に注目しました。

今人気の「冷却グッズ」ランキング(2011/6/7)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


節電の夏…今年は、例年になく、様々な冷却グッズがヒットしています。
そこで今日は、楽天市場のランキングコーナーから、
『今人気の「冷却グッズ」トップ3』をご紹介します!


第3位【 充電式扇風機 】

「ハイパワーファン 40」という商品が人気です。
その名の通り、充電できる扇風機。夜に充電して、お昼に使うことでピーク時の節電ができます。


第2位【 アテックス エアコンマット SOYO(そよ) 】

足元にファンがついていて、マットの中を“空気が通り、熱を放出する”。寝苦しい夏を解消してくれるアイテムです。


第1位【 クールビット 冷タオル 】

真ん中部分が水を吸収する素材でできていて、水を吸わせて首に巻くと、首筋がヒンヤリ保てるハイテクタオル。


…以上が、昨日時点の楽天市場の「冷却グッズ」トップ3でした。


今、薬局や日用雑貨のお店をチェックすると、本当に色んな冷却グッズが販売されています。
いくつか、気になる商品をご紹介します。


大作商事から出ています『ドリンクミスト』

ドリンクボトルだけど、ミスト(霧)を発生させられるグッズ。
中に水を入れて、顔や首筋に「プシュ」っと霧吹きすれば、あぁ涼しい。
喉が渇いたら、このボトルの水を飲むこともできます。お値段987円


スーパーの西友が販売しています『首にかける超小型ファン』

長いストラップがついていて、首にかけることができる超ミニタイプの扇風機。
これを首から提げてジャケットで隠します。周りからバレず、ふとろこは風は流れてあぁ涼しい!
というグッズ。単三電池で動きます。お値段970円


ちなみに、様々なメーカーから出ている「おでこに貼るタイプの冷却シート」も、
4月から5月の出荷が、昨年に比べて1.5倍。夏に向けて3倍の増産体制をとるメーカーもあるそうです。


夏に向けて売れ行きを伸ばす、冷却グッズのあれこれをご紹介しました。

車いすテニス・男子シングルス部門世界ランキング(2011/6/6)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、先ほど全仏オープンが終わったばかりのテニスにまつわるランキングです。


第3位「ステファン・ウデ」(フランス)
第2位「マイケル・シェフーアス」(オランダ)
第1位「国枝慎吾」(日本)

こちらは、ITF・世界テニス連盟が発表しています、『車いすテニス、男子シングルス部門の最新世界ランキング』。
堂々の第1位は、日本人選手です。
国枝慎吾選手、今回の全仏オープンの車いす部門で、シングルスでは、準決勝で敗退したものの、
ダブルスでは、フランスのパイファーと組んで、優勝、昨年に続いての連覇を果たしました。


国枝選手は、1984年生まれの27歳。
脊椎の病気のため9歳から車いすに乗り、11歳の時から、車いすテニスを始めました。
高校時代、海外遠征を経験し、本格的に競技に打ち込むようになります。
2007年には、史上初となる、世界4大大会で優勝というグランドスラムを達成しました。
さらに、昨年11月までのおよそ3年間、シングルスでは107連勝という、すごい記録を持っています。
世界ランキングでも、これまでの4年間、1位の座を譲ったことはありません。
車いすテニスは、球筋を読みながら、ラケットを持った反対の手で、車いすをコントロールし続けないといけません。
国枝選手は、このコントロールのセンスが、抜群に優れていると言われています。


オフィシャルブログには、“全仏オープンのコートは、赤土のクレーのため、
ハードコートに比べ3倍疲れる”と書いていましたが、ダブルスでは見事、連覇となっています。


これまで、アテネ・パラリンピックでは、男子ダブルスで金メダル、
北京パラリンピックでは、シングルスで金メダルを獲得した国枝選手。
今の最大の目標は、来年のロンドンのパラリンピックで、シングル・ダブルスともに、二つ金を獲ることです。
その目標は十分、叶えられる強さだと思います。今後の活躍に期待しましょう。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 532 | 533 | 534 |...| 547 | 548 | 549 || Next»