ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

冷却グッズ 売り上げランキング(2011/6/23)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


昨日は、各地で今年初の『真夏日』となりました。
「この夏は暑さ対策グッズ、やっぱり必要かな?」と思った方も多いんじゃないでしょうか?

そこで今日は、地下2階のヒント・スペースで、暑さ対策グッズをプッシュしている
東急ハンズ 渋谷店の『冷却グッズ 売り上げベスト3』
ぜひ、参考にしてください。
今回、お話を伺ったのは、東急ハンズ 渋谷店 大山綾子さんです。


第3位 (株)ユニバーサルテクノロジーズ「フレッシーノ Hyper」2,980円

冷凍庫、冷蔵庫に冷やして、首回りに巻いて冷やす商品です。
中にジェルが入っており、冷やしても固くならない素材。首回りにしっかりと馴染んで冷やしてくれます。
濡らさないで済むし、繰り返し使えるので、水で襟元が濡れてしまうのが嫌という人にもオススメ。


第2位 大作商事(株)「MAGICOOL(マジクール)」699円

給水ポリマーが入っていますので、水に浸すと、ポリマーが水を含んで膨らみ、その状態で首に巻く商品です。
水が蒸発する時に肌の表面の温度を奪って、首回りの温度を下げます。
繰り返し使えるのと、水があれば、涼感を感じることが出来るので、アウトドアでの使用もオススメ。
一昨年、昨年とかなり売れた商品で、今年、これからも期待できる商品。


第1位 (株)ビッグウィング「しろくまのきもち Organic」1,280円

こちらも、まず水に浸して、首に捲くことで、水が蒸発するときの気化熱の効果で、首回りの肌表面の温度を下げます。
オーガニックコットン100%使用。2位のマジクールに比べると、良い生地を使っているので、
ファッション性にも高い冷却グッズになっています。


東急ハンズ 渋谷店の『冷却グッズ 売り上げベスト3』をご紹介しました。

2011年上半期 カラオケリクエストランキング(2011/6/22)

カテゴリー:1112

水曜日は、「音楽」。


今日、ピックアップするのは、
第一興商 通信カラオケDAMが、今年の1月1日〜6月11日の期間で集計した、
カラオケで人気のあった曲ランキング!


『2011年上半期 カラオケリクエストランキング』

第3位「ありがとう」いきものがかり

昨年5月リリースのシングルで、ドラマ「ゲゲゲの女房」の主題歌でした。
このシングルCDは、自身のメジャーデビュー5年目とドラマ「ゲゲゲ」のタイトルをかけて、
555円で販売されました。業界用語で、5を「ゲー」と言うことがあるからだそうです。“ゲー百ゲー十ゲー円”


第2位「ミスター」KARA

上半期トップ3に、K−POPが入ってきました!
昨年8月リリースの日本第1弾シングル。この曲で日本デビューしました。
“お尻ダンス”がかなり話題となりましたよね。
今年はドラマ「URAKARA」で初のドラマ主演を果たしました。
かと思えば、分裂騒動が起きたりと、上半期色々あったKARAですが、下半期はどんな活躍を見せてくれるんでしょうか?


第1位「ヘビーローテーション」AKB48

昨年8月リリース、第2回総選挙の結果を受けて、大島優子さんがセンターのナンバーです。
AKB48、今週土曜日に開催されます『MTV VIDEO MUCIS AID JAPAN』で、MCとして出演します。
レディー・ガガ、安室奈美恵さん、EXILE、MONKEY MAJIK、少女時代などが、LIVE出演する中、
どんなMCを見せてくれるのか、どうなるんでしょうか?!


TOP10までを見てみると、
AKB48は、4位に「会いたかった」、6位に「ポニーテールとシュシュ」がランクイン。
韓国のアイドルグループもKARAの他に、5位に少女時代の「Gee」がランクインしています。
世間的な流行と、カラオケの人気楽曲は、やはり大きく関係しているようですね。

東京・五反田“とあるバー”の人気フードメニューランキング(2011/6/21)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今日は、いま東京で話題になっている、とあるお店をフィーチャーしたランキングです。
『東京・五反田にある“とあるバー”の人気フードメニュー トップ3』
何故ここが話題なのかは、トップ3を発表すれば分かります!


第3位「フォアグラのテリーヌ」

だいたい大きさ10cm角のフォアグラの定番テリーヌ。お値段は420円!


第2位「つぶ貝のガーリックバター」

大ぶりのツブ貝が8つ盛られています。自家製の風味豊かなガーリックバターで頂くメニュー。
お値段、210円!


第1位「自家製ローストビーフ」

8インチのお皿に、どっさり山盛りになった自家製のローストビーフ。こちらのお値段が、300円!?


安いですよね!実はこれ、東京五反田で今話題のバー、その名も『原価バー』のフードメニューです。
“原価バー”、意味はそのまんま。ドリンク、フード、すべてのメニューのお値段が“原価”で注文できます。
例えば、ビール。ハーフパイント150円、1パイント300円。
国産ウィスキー、シングルモルトはだいたい1ショット120円。中には、1ショット60円のものもあるそうです!
スコッチは120円、高級ブランデー600円…などなど。


フードメニューは、自家製ピクルス90円から、最も高いイベリコ豚の「イベリコ丼」500円まで全24種類。
24種類全部頼んでもお値段は5990円。
これはどういう仕組みかと言いますと、お客さんは入場料として『1500円』を最初払います。
これでお店はちゃんと儲けが出る仕組みになっています。
逆にお客さんは、沢山飲み食いすればするほど割安感が出ます。
また、価格を安くするために、できるだけフードメニューは自家製・手作りを心がけています。


原価バーの店長に伺ったところ、「ネットカフェからヒントを得た」そうで、
「安かろう悪かろうのお店ではない。美味しいお酒と食事をいっぱい楽しむシステムとして導入した」とのことです。


五反田という土地柄、オープンと同時に、席はビジネスマンですぐいっぱいになるとのことです。
ウィスキーを5種類くらい注文して、「飲み比べ」を楽しんだり、
上司が部下の成績をお祝いするときに使ったりと、ビジネスマンが様々な形で上手に利用しています。
また、お客さんは大体、まずメニューの値段を見て笑って、さらにお会計の時に、もう一回笑うそうです。
ちなみに原価バーでは、日替わりで“原価割れセール”もやっているそうです。


価格競争の最後の砦「原価」、このお店が飲酒業界にどんな影響を与えるのでしょうか?


今日は、東京五反田の話題のお店、『原価バー』をご紹介しました。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 563 | 564 | 565 |...| 582 | 583 | 584 || Next»