ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

男子ゴルフ・ツアー初優勝の年少ランキング(2011/11/14)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は『男子ゴルフ・ツアー初優勝の年少ランキング』をご紹介!



第3位「松山英樹」…19歳8ヶ月と19日

第2位「ハン・ジュンゴン」…19歳1ヶ月と10日

第1位「石川遼」…15歳8ヶ月と3日


きのう最終日だった国内男子ゴルフの三井住友VISA太平洋マスターズで、
19歳のアマチュア・松山英樹選手が優勝し、初優勝年少ランキングで3位に入りました。
アマチュアでの国内ツアー優勝は、1980年の倉本昌弘選手、2007年の石川遼選手に次いで3人目です。


松山英樹選手は愛媛県出身。高知の明徳義塾高校から東北福祉大学に進み、現在2年生。
その名前が一気に注目されるようになったのは、今年の春。
ゴルフの祭典、マスターズに日本人のアマチュアとして初めて出場し、見事予選を突破。
ローアマチュア…つまり、最優秀アマチュアを獲得しています。
彼が通学している東北福祉大学は宮城県の学校ということで、
東日本大震災から時間が経っていない中、素晴らしい結果を見せてくれました。


そしてついに、ツアーでの初優勝!
昨日、ホールインワンを見せた石川遼選手とは同じ年で
「遼と一緒にツアーを盛り上げられれば」と語っていた松山選手。将来については、
「良いときも悪いときも、ファンを連れて歩けるプレイヤーになりたいと思います。」
とコメントしています。


プロ転向も気になるところですが、まずは大学を卒業してから…ということで、
今すぐのプロへの転向はなさそうです。
松山英樹選手、日本男子ゴルフ界の新たなヒーローとなりそうですね。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/11/11)

カテゴリー:1114
null

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、"感動"や"驚き"を与えた人物に注目します。


今週は、この4組をピックアップしました。
■世界ランキング1位のジョコビッチを破り、日本人歴代最高の24位に躍進!錦織圭!
■女性アスリートで初めて「anan」の表紙を飾った、なでしこジャパン、川澄奈穂美!
■マラソン選手としてロンドン五輪出場を目指し、カンボジア国籍を取得!猫ひろし!
■アメリカ、iTunes Danceチャート1位を獲得した、元KAT-TUNの赤西仁!


Facebookページの皆さんの投票では、1位はダントツで錦織圭選手です。
中西哲生が今週注目したのは!


錦織圭!

5日、スイスのバーゼルで行われた男子テニス「スイス室内」シングルスの準決勝で、
錦織は今季、「全豪」「全英」「全米」を制し、
現在、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチと対戦。
第1セットは2−6で落としたものの、第2セットからは粘り強いプレーで次第に追い詰め、
世界ランク1位のジョコビッチに逆転勝ちしました。


これはまさに、日本男子テニス界の歴史的な勝利で、
1992年に、松岡修造が当時世界ランク2位だったステファン・エドベリを下していますが、
現役の世界1位のキングを撃破するのは、日本人プレーヤーとしては史上初の偉業です。


■錦織は、2007年、17歳でプロデビュー。
デビューからたった4ヶ月でツアー初優勝を果たすと、
同じ年の全米オープンでは、日本男子として71年ぶりにベスト16入り。


■ところが、2009年の春、右ひじの軟骨を損傷し、休養。
激痛と長引くリハビリに苦しむ息子を見て、父親の清志さんは、
「テニスだけが人生ではない」と、一時は引退させることも考えたといいます。


■そんな大ケガから復帰して1年半、21歳になった錦織は、
世界ランキング1位を破るまでに大きく成長しました。


ジョコビッチを下したあとの決勝では、憧れのフェデラーと対戦。
残念ながら敗れたものの、準優勝。


そして、月曜日に発表された男子テニスの世界ランキングで、24位にランキングされました。
もちろんこれは、日本人プレーヤー歴代最高ランキングです。
これによって、来シーズン、4大トーナメントすべてにシードされる可能性も高まり、
大会初戦で強い相手と戦うこともなくなるということで、
さらに上位にランキングされる可能性も出てきました。


この大会のあと、彼はブログでこうコメントしています。
「20位台…もう、言い訳はできない。」


過去、日本の男子テニスプレーヤーの誰もが踏み切れなかった領域に進んだ錦織圭。
4大大会で優勝することも、夢ではないかもしれません!

日本の幸せな県民ランキング・ベスト5(2011/11/10)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


昨日、法政大学大学院政策創造研究科の坂本教授が発表したのが
『日本の幸せな県民ランキング』
これはGDPやGNPなど、物的・経済的な尺度ではなく、
地域住民の幸福度というものさしで47都道府県の実態を分析評価。
今後の地域づくりに役立てる目的で行われた調査の結果です。
順位は、国が行っている様々な社会経済統計から、
幸福度と関係が深いと考えられる40の指標を選択。
それぞれの数値に基づいて各都道府県の評点を10点満点でつけ、合計評点で決まりました。
また評価のため、40の指標は4つの部門“生活・家族部門”“労働・企業部門”
“安全・安心部門”“医療・健康部門”に分類されています。


第5位「熊本県」「佐賀県」

九州の2県が同ポイントで並びました。熊本県は全国1位の“安全・安心部門”
佐賀県は全国2位の“労働・企業部門”が目立っています。



第4位「鳥取県」

鳥取県は部門別に見ると、最高が“安全・安心部門”の6位ですが、
他の3つの部門で突出して悪いところがなく、4位となっています。



第3位「石川県」

“医療・健康部門”が全国2位。
他の3部門もすべて10位以内に入っている石川県が3位です。



第2位「富山県」

全国1位を獲得した部門はないものの、富山県は“生活・家族部門”“労働・企業部門”
“安全・安心部門”“医療・健康部門”4部門全てが5位以内という「幸せ度」高水準。



第1位「福井県」

福井県は“労働・企業部門”が単独1位、“安心・安全部門”も熊本県と並んで1位。
“生活・家族部門”が3位、“医療・健康部門”が9位という結果で、日本で一番幸せな県に選ばれました。
今後の課題は“医療・健康部門”の向上に努めることでしょうか。



ちなみに「幸せ度」が低かった都道府県はというと、ワースト1から大阪・高知・兵庫の順。
坂本教授は「取り上げた40の指標は、努力すれば人間の力で改善できる。各都道府県の課題が
明らかになったので、行政と住民の力でよりよい地域づくりを推進して欲しい。」としています。
今回の調査研究結果は、PHP出版から『日本でいちばん幸せな県民』として、今週末に出版されます。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 573 | 574 | 575 |...| 626 | 627 | 628 || Next»