ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

東京・五反田“とあるバー”の人気フードメニューランキング(2011/6/21)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今日は、いま東京で話題になっている、とあるお店をフィーチャーしたランキングです。
『東京・五反田にある“とあるバー”の人気フードメニュー トップ3』
何故ここが話題なのかは、トップ3を発表すれば分かります!


第3位「フォアグラのテリーヌ」

だいたい大きさ10cm角のフォアグラの定番テリーヌ。お値段は420円!


第2位「つぶ貝のガーリックバター」

大ぶりのツブ貝が8つ盛られています。自家製の風味豊かなガーリックバターで頂くメニュー。
お値段、210円!


第1位「自家製ローストビーフ」

8インチのお皿に、どっさり山盛りになった自家製のローストビーフ。こちらのお値段が、300円!?


安いですよね!実はこれ、東京五反田で今話題のバー、その名も『原価バー』のフードメニューです。
“原価バー”、意味はそのまんま。ドリンク、フード、すべてのメニューのお値段が“原価”で注文できます。
例えば、ビール。ハーフパイント150円、1パイント300円。
国産ウィスキー、シングルモルトはだいたい1ショット120円。中には、1ショット60円のものもあるそうです!
スコッチは120円、高級ブランデー600円…などなど。


フードメニューは、自家製ピクルス90円から、最も高いイベリコ豚の「イベリコ丼」500円まで全24種類。
24種類全部頼んでもお値段は5990円。
これはどういう仕組みかと言いますと、お客さんは入場料として『1500円』を最初払います。
これでお店はちゃんと儲けが出る仕組みになっています。
逆にお客さんは、沢山飲み食いすればするほど割安感が出ます。
また、価格を安くするために、できるだけフードメニューは自家製・手作りを心がけています。


原価バーの店長に伺ったところ、「ネットカフェからヒントを得た」そうで、
「安かろう悪かろうのお店ではない。美味しいお酒と食事をいっぱい楽しむシステムとして導入した」とのことです。


五反田という土地柄、オープンと同時に、席はビジネスマンですぐいっぱいになるとのことです。
ウィスキーを5種類くらい注文して、「飲み比べ」を楽しんだり、
上司が部下の成績をお祝いするときに使ったりと、ビジネスマンが様々な形で上手に利用しています。
また、お客さんは大体、まずメニューの値段を見て笑って、さらにお会計の時に、もう一回笑うそうです。
ちなみに原価バーでは、日替わりで“原価割れセール”もやっているそうです。


価格競争の最後の砦「原価」、このお店が飲酒業界にどんな影響を与えるのでしょうか?


今日は、東京五反田の話題のお店、『原価バー』をご紹介しました。

Jリーグの仕事師ランキング(2011/6/20)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、精度が勝負!『Jリーグの仕事師ランキング』です。


第3位「小笠原満男 (鹿島) 12点」
第2位「マルシオ・リシャルデス (浦和)」「アルシンド (ヴェルディ川崎)」「ウェズレイ (大分)」いずれも13点
第1位「三浦淳宏 (横浜FC)」「遠藤保仁 (ガンバ大阪)」いずれも15点

Jリーグの“仕事師ランキング”ということで、発表しましたが、
こちら、直接フリーキックで得点したことが多い選手のランキングです。


土曜日に行われましたJリーグ ガンバ大阪 ×横浜Fマリノス戦で、
ガンバの遠藤保仁選手が、直接フリーキックを決め、歴代1位タイに並んでいます。


海外に移籍などで、Jリーグのランキングには入っていない中村俊輔選手、本田圭佑選手などもいますが、
いずれにしても、遠藤選手のフリーキックは、素晴らしいですよね。
昨年の南アフリカのW杯でも決めましたし、実証済みです。


直接フリーキックは、ゲームが止まっている状態でのセットプレイですから、
決めることができる選手がいるということは、いうまでもなく、得点チャンスが増えるということです。
また、そういう選手がいることで、相手がファウルをしにくくなるという効果もありますから、
チームとしては非常に大きな存在です。


直接FKでの得点1位タイになった遠藤選手は、現在31歳。
まだ日本代表ですし、この記録、まだまだ更新されることになりそうです。


週末、土曜日に行われたJ1の順位、1位柏レイソル、2位ベガルタ仙台、3位川崎フロンターレ
J2は、1位栃木SC、2位ジェフ千葉、3位愛媛FC、大健闘しています。
J1から降格してちょっと調子が心配されていたFC東京は4位まで上がってきています。


Jリーグの直接FK得点ランキングをピックアップしました。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/6/17)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!


今週は、この4人をピックアップしました。


■史上最速最年少で獲得賞金7億円を超えた、女子プロゴルファーの横峯さくら
■分裂の危機を乗り越え、再始動した、韓流アイドルグループ、KARA
■日本の通算セーブ記録を塗り替え、昨日、287の新記録を達成した、中日のピッチャー・岩瀬仁紀
■春の褒章で黄綬褒章を受章した、ソムリエの田崎真也


Facebookの皆さんの投票では、中日の岩瀬投手が1位、その後に、ソムリエの田崎さんと、KARAが並んでいます。
今週そんな中、中西哲生さんが注目したのは、この方です!


日本を代表するソムリエ、田崎真也

今週火曜日、政府は今年の春の褒章を発表しました。
例年なら4月に発表されるのですが、今年は大震災のため、2ヶ月遅れの発表でした。
そんな中で、“その道一筋に励んだ人”に贈られる、黄綬褒章を受章したのが、
世界的なソムリエで料理評論家の田崎真也さんです。


田崎さんは、高校を卒業して、レストランで修行中に、ワインの世界に魅せられ、本場フランスに渡って、
ソムリエとしての経験を積みます。
そして1995年、第8回世界最優秀ソムリエコンクールで、日本人初の優勝を果たし、
「SHINYA TASAKI」の名前は、一躍世界に広まりました。
現在は、「国際ソムリエ協会」の会長を務めるなど、ワインの普及に力を注いでいます。


ソムリエというと、フレンチとかイタリアンとか、オシャレな食事を思い浮かべるんですが、
本人は、鍋と焼酎のレモン割りが大好きということで、意外ですよね。


田崎さんのお店に行ったことがあるという中西さん、
「田崎さんは、ワインの枠にとらわれないものと合わせたり、いろんな革新的な取り組みを食の中でされているので、
田崎さんのお店でご飯を食べたことがあるんですが、本当に美味しいんですよね。」


「今の条件でできることを毎日、真剣に考えるとこ。それが5年後の自分をつくる」など、
田崎さんは、いろいろな名言も残しています。


今回の受賞の知らせを聞いて、田崎さんは、これまでの活動を振り返るように、淡々と喜びを語っています。
「ソムリエという活動が認められて嬉しい。」


春の褒章で受章した、ソムリエの田崎真也さんに注目しました。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 580 | 581 | 582 |...| 598 | 599 | 600 || Next»