ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

夏の甲子園出場回数ランキング(2011/8/1)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、今週土曜日から始まる、
夏の甲子園・高校野球にまつわるランキングです。



第3位「東京・早稲田実業 28回」
第2位「京都・龍谷大平安 31回」
第1位「長野・松商学園/北海道・北海 いずれも35回」

こちら、夏の甲子園に出場した回数のランキングです。
週末、各地で都道府県代表の座を争う、決勝戦が繰り広げられました。
1位の南北海道代表・北海高校は、地区大会決勝で、強豪の駒大苫小牧に逆転勝ちして、
最多出場回数タイに並びました。
一方、3位にランクインした、西東京代表の早稲田実業は、土曜日に行われた決勝戦で、日大三高に2−1で敗れ、
29回目の出場はなりませんでした。


昨日は、栃木県代表に作新学院、東東京代表に帝京高校が決まっています。
そして、今日は最後の1枠、大阪府の代表を決める決勝戦、東大阪大柏原×大阪桐蔭の試合が行われ、
これで全国49の代表校が出揃います。


この夏も高校球児たちのプレーを見て、勇気づけられる人が沢山生まれると思います。
今大会では、岩手・宮城・福島の各県から、代表ではない球児たちも招かれて、
入場行進に参加することになっています。


なお、甲子園では昨日から代表校の練習がスタートしています。
組み合わせ抽選会は、明後日8月3日に行われ、6日(土)に開幕します。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/7/29)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!


今週は、この4人をピックアップしました。


■エビアンマスターズを優勝し全英女子オープンへ臨む、プロゴルファー・宮里藍
■バルセロナとのカップ戦で移籍後初のフル出場!バイエルン・ミュンヘンの宇佐美貴史
■世界水泳で銀メダル!王者フェルプスと大接戦を演じた、バタフライの松田丈志
■きっかけはドラマ共演!27日に婚姻届を提出した及川光博と壇れい


Facebookの皆さんの投票では、宮里藍選手と松田丈志選手が同率でトップなんですが、
今週、中西哲生さんが注目したのは…


バイエルン・宇佐美貴史

27日に行われましたサッカーのプレシーズンマッチ「アウディカップ」決勝、
バイエルンミュンヘン対バルセロナ戦で、バイエルンの日本代表MF・宇佐美貴史選手が、
移籍後初めてフル出場を果たしました。


プレシーズンマッチは当然、オープン戦ですから、若手主体のチームではあったんですが、
フル出場で、しかもスタメンの宇佐美選手は前半2度、決定機を作りました。
元々、宇佐美選手はドリブルが上手い選手なんですが、そのドリブルがヨーロッパで通用することを
改めて見せてくれました。しかも相手はバルセロナですからね。


試合はバルセロナが2−0で勝って大会を制しましたが、このバルサ戦の後、現地のスポーツ誌各紙は、
「若き日本人のスパイクがバイエルンに最大のチャンスをもたらした」、
「バイエルンはカウンターから、宇佐美の鋭くスピーディーなプレーを生かした」…と、宇佐美を称賛しています。
この試合後、この試合で2得点を挙げたバルセロナのチアゴ・アルカンタラからユニフォーム交換を求められました。
(実際には交換していないんですけど。)


アリアンツ・アレーナという場所は、ドイツ・バイエルン・ミュンヘンの本拠地なんですが、もの凄いスタジアムなんです。
あそこで試合をやるというのは、ある意味、チャンピオンズリーグ決勝の舞台のような雰囲気ではあるんですよ。
プレシーズンマッチとは言えども。あそこであのプレーができたということは、本人にも自信になっていると思います。
宇佐美選手のコメントは、「緊張なくスムーズに入れたし、やっていて本当に楽しかった。手応えを感じています」と。


宇佐美選手、バイエルンに行く前に、すぐにレンタル移籍に出されるのではないかという話があったんですが、
同じポジションを争っているのはフランス代表エースのリベリ、オランダ代表のロッベン、今期待の若手でドイツのミュラー。
この3人とポジションを争っていて、実は今、リベリとロッベンは怪我をしているんですよ。
それを考えても、宇佐美選手このままバイエルンで、シーズン入ってもプレーしそうな雰囲気になってきましたね。
宇佐美選手は日本が生んだ、最高傑作と言われていますから、この才能をぜひヨーロッパで見せて、
何とかバイエルン・ミュンヘンで、レギュラーをとって欲しいと思います。


ドイツ一部リーグ=ブンデスリーガは、ヨーロッパ・サッカーの先日を切って、8月5日に開幕です。
ドルトムントの香川、シャルケの内田、ヴォルフスブルクの長谷部などに続いて、
バイエルン・ミュンヘン、宇佐美貴史の活躍にも注目です!
今シーズンは、ブンレス・リーガ二部も、細貝選手や乾選手の移籍も決まったりと、
あと川崎フロンターレにいたチョン・テセ選手もいますし、女子も永里選手、安藤選手いますからね。
ドイツは本当に今年注目ですね。

週末全国映画動員ランキング(2011/7/28)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


夏休みシーズンに入って1週間。
今日はまず、夏休み最初の週末2日間、7月23日(土)・24日(日)の
全国映画動員ランキング、ベスト3を発表します。


第3位「コクリコ坂から」

『ゲド戦記』に続いて、宮崎吾郎さんが監督したスタジオジブリの17作目の長編劇場版映画。
舞台になっているのは、1963年の横浜。高度成長期を生きる高校生の少女・海と、少年・俊の初恋の物語。
声の出演は岡田准一さん、長澤まさみさん、他。


第2位「劇場版ポケットモンスター 2011」

この夏、邦画アニメ史上初2作品が同時公開になったポケモン。
『ベストウイッシュ ピクティニと黒き英雄 ゼクロム』は、幻のポケモン・ピクティニをめぐり、
“理想”を追求する心が強い人間を認めた時、初めて姿を現すという伝説のポケモン・ゼクロムを中心としたストーリー。
そして『ベストウイッシュ ピクティニと白き英雄 レシラム』は、幻のポケモン・ピクティニをめぐり、
“真実”を追求する心が強い人間を認めた時、初めて姿を現すという伝説のポケモン・レシラムを中心としたストーリー。


第1位「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

2001年の第1作から11年続いた映画『ハリー・ポッター』シリーズもいよいよ完結!
ハリー・ポッターたちとヴォルデモート卿は最後の戦いを交えます。
この戦いは、今までで最も危険なもの。誰ひとりとして安全な者はいません。
そして、数々の謎もすべて明かされていきます。


中西哲生さんがこの夏、観たいなと思っている映画は…
「SFアクション映画の『アイ・アム・ナンバー4』です。
僕も映画はよく行くんですけど、これは予告編を見て“観たいな〜”と思った映画なんですけど、
特殊能力を持った9人の若者が、3番目まで殺されてしまうんですけど、そうすると4番目の方が能力を覚醒する
という話なんですよね。皆さんにぜひオススメしたい映画です。


『コクリコ坂から』を観たという古賀涼子さんの感想は…
「ジブリっぽいと思われる、ナウシカとかラピュタとはちょっと違って、より現実的で、よりノスタルジックなんですよね。
例えば、東京タワーだとか、東京オリンピック、坂本九さん、学生運動とか、そういうものが沢山出てくるんです。
団塊の世代にこそ、オススメのアニメーションだなとすごく思いましたね。」


皆さんぜひ参考にして、週末、映画を見に行ってください。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 585 | 586 | 587 |...| 613 | 614 | 615 || Next»