ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

家庭の消費電力、内訳トップ3(2011/4/26)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今、家庭も企業も、出来るだけ電気を大事に使うように努めています。
そんな今日は、“消費電力”に関するこんなランキングです。


『家庭の消費電力、内訳トップ3』


第3位「テレビ」9.9%
第2位「照明器具・冷蔵庫」ともに16.1%
第1位「エアコン」25.2%

こちらは、資源エネルギー庁が公表しているデータ。エアコンはやはり一番電気を使います。
今後、夏場は特に節電が必要になります。とはいえ、電気を使わないと困ることも多いですよね。
そこで今、注目されているのが、『家庭用蓄電池』です。
“消費電力の少ない夜に、蓄電池に電力をためて、それを昼間に使う”こういう電気の使い方が、増えていきそうです。
実はすでに、一部の家電量販店では、家庭用蓄電池の販売がスタートしています。


この家庭用の蓄電池を使っているメーカー千葉県の「エジソンパワー」に伺ったところ、
名前は「家庭用ポータブル電源」つまり携帯できる「電源」。コンセントが2個ついています。
計画停電以降、量販店に問い合わせが1日数百件!
リチウム蓄電池は、1000ワットで79万8000円。2500ワットで178万円。
このお値段にかかわらず、1ヶ月でおよそ1000台は売れそうな見込み。
1000ワットタイプで“大型テレビ10時間分”、“20ワットのLED照明50時間分”の電力があります。
そのほか“冷蔵庫が7時間”2500ワットなら“エアコン5時間”。
個人客では、在宅介護をしている方から、人工呼吸器の非常用電源としてという需要もあります。


一方、バッテリー技術の専門会社リプラスは、2万9800円の蓄電池を開発しています。
こらちは、小型液晶テレビ、ノートパソコン、扇風機といった消費電力の少ない家電を数時間使用できます。
パナソニックなども家庭用蓄電池の販売を目指していまして、競争が始まれば、値段もどんどん下がりますから、
一家に一台・蓄電池の時代がやってくるかもしれません。

サッカーJ1第7節“収容率”の高かった試合のベスト3(2011/4/25)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、再開したJリーグからこんなデータをピックアップ!


第3位「川崎フロンターレ×ベガルタ仙台戦」60%
第2位「浦和レッズ×名古屋グランパス戦」67%
第1位「アルビレックス新潟×ジュビロ磐田戦」79%


これは週末に行われたサッカーJ1、第7節の各試合で、“収容率”の高かった試合のベスト3です。
収容率とは、各スタジアムの定員に対して、どのくらいの人が訪れているかという数字のことで、
Jリーグが公式に発表している各スタジアムの定員と、週末の入場者数から算出しています。
実際のスタジアムでは、ホームとアウェイのサポーターの間に、誰も入ることができないセーフティーゾーンを
設けることもあるため、多少の誤差もありますが、単純計算で100%の場合、満員となります。
一昨日の土曜日は、広い範囲で天候が悪かったにもかかわらず、これだけの皆さんに応援して頂いたことは、
球団も選手もこらからの大きな勇気を与えて頂いたことになると思います。
スタジアムにも熱気が戻ってきました。


土曜日行われた「川崎フロンターレ×ベガルタ仙台戦」、試合は、川崎フロンターレが先制したんですが、
後半に仙台が逆転で、2−1と劇的な勝利でしたね。
ベガルタ仙台、実はJ1で49戦目にして、初めての逆転勝利でした。
この結果を受けて、中西哲生さんは…
「気持ちって重要ですよね。気持ちだけで勝てるわけではないんですが、気持ちはボールの反応を早くさせますし、つなぐという意識でボールもつながりますからね。それが同点ゴールにつながりました。」


ベガルタ仙台、鹿島アントラーズ、そしてJ2の水戸ホーリーホックと、被災地をホームタウンに持つチームは特に今シーズン、いつもより厳しい戦いが予想されますが、被災地以外のチームも後押ししてくれると思います。


次節、J1は4月29日(金)、J2は30日(土)に行われます。
ベカルタ仙台は、ホームについに戻ります。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/4/22)

カテゴリー:1114

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目します。


今週は、この5人をピックアップしました。
プロ野球で、今週初勝利を挙げた早稲田コンビ、日本ハム・斉藤佑樹と広島・福井優也。
連続試合出場が日本歴代2位の1766試合で途切れた阪神・金本。
そして、規格外の規模で被災地での炊き出しを行った、石原軍団・渡哲也。
宮城県石巻市で、被災者と自衛隊員のためにライブを行った長渕剛。


Facebookページの皆さんの投票では、長渕剛さんを渡哲也さんが追っていますが、中西哲生が今週注目したのはこの方!


石原軍団の渡哲也さんです。

4月14日から20日まで被災地の宮城県石巻市入りし、炊き出しを敢行。渡哲也さんをはじめ、舘ひろしさん、神田正輝さん、徳重聡さんなどの石原軍団に、女優の上戸彩さんも加わり、7日間にわたり昼と夜2回ずつの炊き出しを行いました。
その炊き出しの規模は…トラック28台、7日間で計15000食!
カレーライスやおでん、焼きそば、おもちとその種類も数も桁外れなものでした。
しかも渡さんは、少しでも被災した方々の気持ちに近づこうと、69歳という年齢にもかかわらず、7日間寝袋で寝泊まりし、お風呂にも入らず過ごしたそうです。
そして、被災した皆さんとの別れの日には、渡さんがハーモニカで「ふるさと」を即興で演奏。
「石巻で家族の絆、故郷への思いを強く感じました。」と話したそうです。
そして期間中、渡さんは石巻の皆さんに、何度もこの言葉を投げかけていました。


『けっしてあきらめないで。』


石原軍団がカッコイイのは、ドラマの中だけじゃありませんね。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 585 | 586 | 587 |...| 590 | 591 | 592 || Next»