ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

オッシュマンズの店員が選ぶ、フジロック注目アーティストランキング(2011/7/27)

カテゴリー:1112

水曜日は、「音楽」。


いよいよ“夏フェス”の季節がやってきました!
今週末の「FUJI ROCK FESTIVAL」を皮切りに、
大型夏フェスが毎週末、全国各地で行われます!


そこで今日は、「フジロック」出演アーティストに注目です!
毎年、フジロックに協力している、キャンプ・アウトドア用品店「オッシュマンズ」の原宿店、
随一の音楽好きだという店員、浅井やこサンがチョイスした、『今年のフジロック注目アーティスト』のランキングです。


第3位「くるり」

オッシュマンズ店員・浅井さん:「7月31日「レッドマーキー“サンデーセッション”」に登場する、くるりです。
私は、くるりの語りかける口調の歌い方が好きなので、そこがオススメです。」


第2位「Coldplay」

浅井さん:「7月29日「グリーンステージ」ヘッドライナーのColdplayです。
ライブは観たことがないんですが、PVに惹かれ、街中でも曲をよく耳にしていました。
なので、今回初めてステージで観られることを楽しみにしています。」


第1位「東京スカパラダイスオーケストラ」

浅井さん:「7月30日「グリーンステージ」に登場する、東京スカパラダイスオーケストラです。
好きな曲は「銀河と迷路」ですが、好きになったきっかけは奥田民生さんでした。
奥田民生さんとのコラボの「美しく燃える森」を聴いて、スカパラの魅力に惹かれていきました。
私はトランペットを小さい頃にやっていて、それも好きになったきっかけだったんですが、
“意外な組み合わせ”が曲調的にいいのと、気分が明るくなるというのがオススメです。」


スカパラは、野外フェスで聴くと、気持ちよさそうですね。


オッシュマンズの店員、浅井さんに、『夏フェスグッズの、今年のヒット商品』を聞いてみました。
浅井さん:「フェス用のコンパクトチェアが一番人気です。
コールマンから出ているチェアに、オッシュマンズの別注ロゴが入っています。
現在、完売しており、入荷待ちになっています。」

手持ち花火売れ筋ランキング(2011/7/26)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今日は、夏の風物詩“花火”に関するランキングです。


花火卸問屋「立岩商店」に聞いた、『手持ち花火 この夏の売れ筋トップ3』
九州・長崎から全国に花火を卸している問屋さんに伺った人気ランキングです。


第3位「おっかけスパーク」「Uターンマジック」

最近は、手持ち花火も色々な仕掛けが工夫されています。
「おっかけスパーク」とは、火をつけるとまず、“白い火花”がパチパチと、根元に向けて燃えていきます。
その直後、今度は“青い火花”が、“白い火花”を追いかける…というもの。
「Uターンマジック」は、一旦、根元まで燃えた火花が、なんとUターン。先っぽに向けて燃えていくタイプです。


第2位「香りつき花火」

ここ2〜3年ですごく売れているのがこのタイプ。火をつけると良い香りが漂います。
香りの種類は、桃、メロン、カレー、チョコ、コーラ、イチゴ、バニラ…
さらに、“女性の香り”“男性の香り”というものもあります。


第1位「線香花火」

不動の1位です。日本人の夏と言えば、線香花火。
はかなく美しい火花。あの夏、線香花火に照らされたあの子の横顔と、白いうなじが今も忘れられません…
ちなみに、線香花火は、東日本は「長手」という、全体が和紙でくるまれたタイプが主流。
一方、西日本では「すぼ手牡丹」。手で持つ部分がワラでできたものが主流です。


立岩商店によると、ここ数年、手持ち花火は「花火をする場所が少ない。近隣に迷惑がかかってしまう」
という声を受けて、音がしないタイプ、環境に配慮した“土に帰るタイプ”が登場しています。
さらに、安全性を高めるために、手持ち花火でも“導火線”がついているものもあるそうです。


今年はやはり、全国で花火大会が自粛傾向にあるため、気軽に出来る「手持ち花火」を求める
お客さんの声も多く感じている、ということです。

なでしこリーグ試合入場者数ランキング(2011/7/25)

カテゴリー:1110

月曜日は「スポーツ」。


今日は、世界一に輝いた、なでしこJAPANの選手たちが活躍する
国内サッカー女子1部、なでしこリーグにまつわるランキングです。


第3位「アルビレックス新潟レディース×浦和レッズレディース」 3319人
第2位「岡山湯郷ベル×伊賀フットボールクラブ くノ一」 3432人
第1位「INAC神戸レネッサ×ジェフ市原・千葉レディース」 1万7812人

こちらは、昨日行われた、なでしこリーグの試合入場者数ベスト3です。
今回のランキングで1位となった試合、INAC神戸レオネッサには、
澤穂希選手、大野忍選手、川澄穂美選手、海堀あゆみ選手など、7人の代表選手がいます。
対するジェフ市原・千葉レディースには、準々決勝ドイツ戦で貴重な決勝ゴールを挙げました、
丸山桂里奈選手が所属、この2つのチームが対戦ということで、多くの観客が詰めかけました。
選手たちは嬉しかったでしょうね。
ちなみに、ワールドカップ前に行われたINACの試合の入場者数は448人ですから、
約40倍のの増加!これまでの女子リーグ入場者数の記録も更新しました。
試合の方は、大野忍選手が素晴らしい2ゴールで、2−0でINACが勝利しています。


なでしこリーグをご紹介しますと…
現在9つのチームがあり、リーグ戦で2戦ずつの総あたり、16試合戦います。
現時点の順位は…
1位 INAC神戸
2位 阪口みずほ選手などが所属する、アルビレックス新潟レディース
3位 宮間あや選手などが所属する、岡山湯郷ベル
…となっています。


先週、この時間、なでしこJAPANワールドカップ優勝という、本当に嬉しいニュースをお伝えしましたが、
彼女たちの基盤は、このなでしこリーグにあります。
この先の予定ですが、リーグ戦、8月中旬まで行われ、一時中断します。
一時中断して何があるかと言うと、「ロンドンオリンピック予選」です。
これが非常に難しそうなんですよね。9月1日から行われますけど、短期間で5試合あるんですが、
6チームの中から2チームしか出られないということで、この試合も非常に注目が集まりそうです。
そして、なでしこリーグは、9月下旬から再開されます。
多くの試合は、入場無料、有料試合でも1000円〜1500円ということで、
ぜひとも皆さん、足を運んで欲しいと思います。
日本を勇気づけ、世界を沸かせた選手たちのプレー、間近で楽しんでください。


昨日ほどとはいかなくても、2000人くらい毎試合入るとなると嬉しいですね。
ちなみに昨年は、平均900人ぐらいということで、なんとかこの「なでしこリーグ」の人気、
続けていって欲しいと思います。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 586 | 587 | 588 |...| 613 | 614 | 615 || Next»