ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

体を冷やす野菜“クールベジ”人気ランキング(2011/7/19)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今日は、お野菜に関するランキングです。
『野菜レストラン「農家の台所」で人気の“クールベジ”トップ3』
有機・無農薬野菜の国立ファーム直営のレストラン、「農家の台所」
こちらがこの夏提案している、体を冷やす野菜、その名も“クールベジ”の人気ランキングです。


第3位「UFOズッキーニ」

形がまるでUFOみたいなかわいいズッキーニ。
みずみずしくシャキシャキの食感、生でもOK、油との相性もGOODなお野菜。


第2位「ソルトリーフ」

「農家の台所」によれば、“これぞ最強のクールベジ!”
南アフリカ原産の多肉野菜。塩味のする不思議な野菜。
ミネラル豊富、水分たっぷり。見た目にも涼しげな新野菜です。


第1位「トマト」

夏野菜の王様です。カラフルミニトマト、メグちゃんなど、色も大きさも様々なトマトが勢揃い。
中でも変わり種は、「桃太郎ゴールド」。
鮮やかなオレンジ色の大玉トマトで、その味を「柿」と間違えるお客さん続出だそうです。


というわけで、「農家の台所」が提案する“クールベジ=クールベジタブル”の人気トップ3でした。
ちなみに、何故こういったお野菜が“クールベジ”なのか。
ナス、トマト、キュウリ、ズッキーニ、ゴーヤ、スイカ、レタスなど、主に夏が旬の野菜は、
体の余分な熱を逃してくれる、カリウムと水分をよく含んでいるからです。
カリウムには、利尿作用があり、水分と共に、体の余分な熱を外に出してくれます。
だから、クールダウンできる、という仕組み。


汗をかくと、カリウムなどのミネラルも出てしまいます。
カリウムは筋肉の動きに必要な成分なので、これが足りなくなると、体がだるくなる。つまり、夏バテ。
なので、夏バテにはカリウムの入った夏野菜が有効なんですね。
浸透圧も調整してくれます。高血圧も抑制してくれますよ。

サッカーワールドカップ女子ドイツ大会得点王ランキング(2011/7/18)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、サッカー女子ワールドカップドイツ大会で決めた女性のランキングです。


第3位「リサ・ダルクヴィスト(スウェーデン) 3得点」
第2位「アビー・ワンバック(アメリカ)・マルタ(ブラジル) 4得点」
第1位「澤穂希(日本) 5得点」

こちら先ほど、終わったばかりのワールドカップ女子ドイツ大会で、ゴールを決めたランキング、
つまり、“得点王ランキング”です。澤選手、得点王です!素晴らしすぎます!
日本代表にとっては、ワールドカップでベスト4以上というのは、未知の領域なんですが、よく戦いましたよ。


その中心になったのが、キャプテンの澤穂希選手です。
最多得点を記録していますが、キャプテンで、ポジションはボランチなんですよ。
ボランチというのは、攻撃と守備の間なんです。若干、守備寄りなんですよね。
そのポジションから5得点ですよ。最後の右のアウト、しびれましたね。
残り3分、先制されて追いついて、先制されて追いついて、
アメリカが完全に押してましたけど、本当、難しいですよ。難しいというレベルではないですよ。
やっぱり、日本の女性はあきらめない!このひたむきさが、生んだ同点ゴールでした。


その澤選手、得点王、そしてMVP、大会最優秀選手に選出されています。


澤選手のコメント:
「優勝は信じられません。最後まであきらめずに戦った結果です。
最後まで走り続けました。全力を出し切りました。
世界一を目標にやってきた。まだ現実を受け止められないのが嬉しい。
ワールドカップ出場5回目にして、やっと結果を出せました。
日本の皆さん、応援ありがとうございます。金メダルを持って帰ります。」

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/7/15)

カテゴリー:1114

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目します。


今週は、この4人をピックアップしました。

サッカー女子W杯、開催国ドイツとの準々決勝で決勝点を挙げた、なでしこジャパン丸山桂里奈。
スウェーデンとの準決勝で2ゴールを挙げた、なでしこジャパン川澄奈穂美。
主将としてチームを引っ張る、なでしこジャパンの大黒柱・澤穂希。
丸山と川澄の選手起用がピタリ!なでしこジャパン監督・佐々木則夫。


Facebookページの皆さんの投票では、澤選手がトップ、それを佐々木監督が追いかけていますが、中西哲生が今週注目したのはこの方!


全員が主役です!なでしこジャパン!!

サッカー女子ワールドカップ“なでしこジャパン”は、13日の準決勝・スウェーデン戦に勝利し、日本サッカー史上初めてのワールドカップ決勝に進出しました。
新聞報道にもありますが、世界中がなでしこのサッカーを絶賛していますね。準々決勝のドイツ戦、準決勝のスウェーデン戦とも、大柄な相手に果敢なプレッシングとパスワークで勝利したということで、なでしこジャパンのサッカー、そして日本のサッカーを体現してくれた…と思います。


そして、気になるのが決勝。現在、世界ランキング1位のアメリカが相手です。なでしこジャパンはアメリカに、過去一度も勝利したことがありません。
ただ、ドイツにも今回初めて勝ったということで、“決勝”という舞台もありますし、これは本当にどちらが勝つか分かりませんよね!
今年5月のアメリカ遠征でも2試合を行って、そのときはいずれも0-2で敗戦…ということでしたが、実はここで、選手や監督は課題が明確になったと話しています。
つまり、アメリカとの戦いの中で、自分たちの収穫と課題を見いだしたということで、ここで何としてもリベンジを果たして欲しいと思います。


“勝つためのポイント”として僕が思うのは、局面で1対2を作ることです。1人の相手に対して、しっかり2人がディフェンスに行くこと、これが非常に重要です。
攻めのときも、1人の相手に対して2人行くこと、これによって2対1の形を作る。それには走るしかありません。
ひたむきに走る“なでしこジャパン”、皆さんにぜひとも応援して欲しいと思います。


キャプテンの澤選手はスウェーデン戦後、こうコメントしています。
「決勝でアメリカとやるのが夢だった。絶対金メダルを日本に持って帰りたい!」
さらに佐々木監督は、大会前にこう語っています。
「決勝トーナメントの状態でも戦える…優勝が狙える練習を常日頃やってきていますから、ご心配なく。皆さん、期待していて下さい!」

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 601 | 602 | 603 |...| 626 | 627 | 628 || Next»