ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

防御率の高いピッチャー・ランキング(2011/5/30)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、今年から変わったものが、影響しているランキングです


第3位「千葉ロッテ 唐川侑己 1.46」
第2位「巨人・内海哲也 1.34」
第1位「中日・吉見一起 1.31」

こちらは、5月28日(土)時点での、プロ野球セ・パ両リーグ通じての防御率の高いピッチャー・ランキングです。
防御率というのは簡単に言うと、1試合平均の自責点、つまり、ピッチャーの責任になる失点を表す数値で、
この数値が少なければ少ないほど、良いピッチャーとなります。


実は、今年、この防御率の良いピッチャーが続出。
これまでのところ、防御率が1点台というピッチャーは、セ・パ併せて16人。
例年に比べて、非常に多いんですよね。


この原因の1つと考えられているのが、ボールです。
最大の特徴は、中心のコルクを覆っている材料が変わったことです。
ボールを製造しているスポーツメーカーのミズノのHPによると、
ゴムから、低反発素材になったころで、平均の飛距離が1mほど短くなっています。
その結果、生まれたのが、ピッチャーに有利、バッターに不利という状況なんです。


チーム単位で見ても、セ・パ全てのチームで、昨年に比べて、防御率がアップ。
反対にホームランの数は、12球団中8球団で、減っています。


もともとWBCなど世界基準に近づけようという趣旨で、導入された統一球ですが、
今シーズン、どのような影響が出るのか、注目です。
ちなみに、この公式球、スポーツ用品店で1球2500円で売っています。
腕に自信のあるピッチャー、あるいはバッターのあなた、試してみてはいかがでしょうか。

大相撲の通算勝ち星ランキング(2011/5/23)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、大相撲からのランキングです。


第3位「大潮 964勝」
第2位「魁皇 1044勝」
第1位「千代の富士 1045勝」

こちらは、『大相撲の通算勝ち星ランキング』です。


昨日、技量審査場所が千秋楽を迎えました。
白鵬関が、朝青龍と並ぶ史上最多の7連覇!ということで幕を閉じましたが、
もう一つ大きな記録が生まれるかもしれない!?場所でした。


それがこの通算勝ち星数です。
2位の魁皇関、あと1勝で千代の富士関の持つ1045勝に並ぶところでしたが、
今場所は9勝6敗と、あと一歩ということろで、記録達成はなりませんでした。
しかし、昨日の千秋楽では、横綱・白鵬関を相手に、寄り切りで見事勝利しています。


魁皇関は、現在38歳、福岡県出身で、初土俵は1988年3月場所というベテランです。
2005年以降は、右足や左肩の怪我で、何度か引退の危機がありましたが、見事な復活を遂げています。
魁皇関の地元・福岡の直方駅と博多駅の間に、特急『かいおう』号という列車が走っています。
現役力士の四股名がつけられた列車というのは例がなく、ファンや相撲に誠実な姿勢で、
本当に地元から愛されているというのが、よく分かります。
昨年の秋の地元・九州場所では、優勝争いにも名を連ねていましたし、
今場所では、1434回という幕内最多の出場回数の記録も更新しています。
通算勝ち星数更新は、次の名古屋場所になりそうです。


ちなみに、日本相撲協会によると、無料開放となった今回の技量審査場所の入場者数は、
通常の5割から7割程度だったといいます。
そして、7月の名古屋場所は、開催がほぼ決まったとされていますが、
華やか、かつ本気の勝負の場がしっかり戻ってきて、魁皇関の記録更新に対しても、
ふさわしい舞台になればと思います。

ラグビー世界ランキング(2011/5/16)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、今年ワールドカップが行われる、あるスポーツの世界ランキングです。


第3位「南アフリカ」
第2位「オーストラリア」
第1位「ニュージーランド」

これは、IRB・国際ラグビー評議会が発表した、最新のラグビー世界ランキング。
ちなみに日本は、94カ国中、13位です。アジアでは最も高い順位なんです。
日本代表は、現在行われている『アジア5カ国対抗』でも、
4戦あるうちの3戦目を終えた時点で、優勝を決めています。
これは2008年以降、4連覇という快挙。ただし、アジアで最強でも、世界の壁は非常に高いのが現実です。


1987年に始まったラグビーワールドカップ。
これまで日本は6大会に全てに出場していますが、1勝1分18敗。
4年に1度の開催ですが、20年前の第2大会で、ジンバブエに勝って以降、勝ち星はありません。


ラグビーワールドカップは、9月にニュージーランドで行われます。
2月に起きた震災のため、その開催は危ぶまれていましたが、
ニュージーランド復興のシンボルとして、開催されることが決まりました。
今回のワールドカップに、アジアから出場するのは日本だけなんです。
ぜひ、アジアのプライドを賭けて、アジア最強は世界でも行ける!ということを示して欲しいものです。


そして、今朝の新聞でも取り上げられていたんですが、
“復興のシンボル”ということで、このチームも東北復興のシンボルとして活躍しています。
『釜石 シーウェイブス』です。
昨日、被災地・岩手県釜石市をホームに持つ、『釜石 シーウェイブス』が、
盛岡市で震災後初の試合を行い、勝利しました。
このチームの前身は、皆さんご存知、強豪・新日鉄釜石ですね。
震災後、選手たちは、体格を活かした力仕事を中心に、支援活動をしていました。
昨日は、地元から大漁旗を持った応援団も駆けつけた中での勝利で、釜石の方々の心を勇気づけたと思います。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 111 | 112 | 113 | 114 || Next»