ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

サッカーワールドカップ女子ドイツ大会得点王ランキング(2011/7/18)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、サッカー女子ワールドカップドイツ大会で決めた女性のランキングです。


第3位「リサ・ダルクヴィスト(スウェーデン) 3得点」
第2位「アビー・ワンバック(アメリカ)・マルタ(ブラジル) 4得点」
第1位「澤穂希(日本) 5得点」

こちら先ほど、終わったばかりのワールドカップ女子ドイツ大会で、ゴールを決めたランキング、
つまり、“得点王ランキング”です。澤選手、得点王です!素晴らしすぎます!
日本代表にとっては、ワールドカップでベスト4以上というのは、未知の領域なんですが、よく戦いましたよ。


その中心になったのが、キャプテンの澤穂希選手です。
最多得点を記録していますが、キャプテンで、ポジションはボランチなんですよ。
ボランチというのは、攻撃と守備の間なんです。若干、守備寄りなんですよね。
そのポジションから5得点ですよ。最後の右のアウト、しびれましたね。
残り3分、先制されて追いついて、先制されて追いついて、
アメリカが完全に押してましたけど、本当、難しいですよ。難しいというレベルではないですよ。
やっぱり、日本の女性はあきらめない!このひたむきさが、生んだ同点ゴールでした。


その澤選手、得点王、そしてMVP、大会最優秀選手に選出されています。


澤選手のコメント:
「優勝は信じられません。最後まであきらめずに戦った結果です。
最後まで走り続けました。全力を出し切りました。
世界一を目標にやってきた。まだ現実を受け止められないのが嬉しい。
ワールドカップ出場5回目にして、やっと結果を出せました。
日本の皆さん、応援ありがとうございます。金メダルを持って帰ります。」

サッカー日本代表選手のゴールランキング(2011/7/11)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、サッカー女子ワールドカップ、ベスト4進出を果たしたなでしこJAPANの
快進撃を支える選手に関するランキングです。


第3位「三浦知良 55ゴール」
第2位「釜本邦茂 75ゴール」
第1位「澤穂希 78ゴール」

こちら、サッカー日本代表選手のゴールランキング。
男女合わせてのランキングですが、トップは、今の女子代表なでしこJAPANのキャプテンを務める澤穂希選手です。
今大会が始まるまで、澤選手の代表ゴール数は75ということで、釜本邦茂さんの挙げた記録とタイで1位でした。
それが、ワールドカップ一次リーグ、メキシコ戦でハットトリックを達成して、一気に単独首位に躍り出ました。


澤選手は現在32歳、ワールドカップへの出場は5回目というベテランです。
ポジションはMF、今大会も活躍しています。初のベスト4進出を決めたゴールも澤選手からのパスでしたね。


ワールドカップ前に佐々木監督や選手にインタビューをさせて頂いたという中西哲生さんは…
「今回のドイツ戦の勝利は素晴らしい歴史的勝利です。
ワールドカップの開催国に勝つ、しかもワールドカップ2連覇しているドイツですからね。
『ワールドカップ優勝するために』と話をしていました。
優勝を目指していたからこそ、ドイツに勝てたんだと思います!
次のスウェーデン戦も、優勝を目指すことを念頭に戦えば、勝てるチャンス十分にあると思います。
今大会、今までの予選の段階、親善試合の段階も、優勝するために試合と試合の練習もきつくやっていたそうなんです。
つまり、試合を重ねるごとに調子が上がっていくような準備をしているので、
ぜひとも勝って、決勝進出果たして欲しいですね。
準決勝の相手、スウェーデンはFIFAランキング5位。
日本は4位ですから、一つ上なんですが、ただ、スウェーデン今大会、好調なんですよ。
そういう意味では、難しいゲームになると思いますが、日本は、少し優位な材料があります。
スウェーデンの方が準決勝に向けて中1日少ないんです。後は準決勝はナイトゲームなんですよ。
スウェーデンは、準々決勝デーゲームだったので、デーゲームからナイトゲーム。
日本は、ナイトゲームからナイトゲームですから、照明というものに慣れているのが大きいと思います。」


キックオフは、日本時間の7/14木曜日、午前3時45分です。

全英オープンの男子シングルス優勝国ランキング(2011/7/4)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、先ほど熱い戦いが終わったばかり、
テニスの全英オープンにまつわるランキングです。


第3位「オーストラリア 21回」
第2位「イギリス 32回」
第1位「アメリカ 33回」

全英オープンの男子シングルスで、優勝した選手の国のランキングです。
ちなみに今回優勝したジョコビッチは、セルビアで初めての優勝となりました。


ウィンブルドンで行われる全英オープンは、今年で125回目です。4大大会の中では、一番歴史のある大会です。
近大テニスを生んだ、地元イギリスで行われていることから、イギリスの優勝回数32回と、
アメリカに次いで多くなっていますが、実はそのイギリス、1936年に優勝して以来、70年以上優勝していません。
最後に優勝したイギリスの選手は、あのポロシャツでおなじみのフレッド・ペリー選手です。
実はこういった状況が、経済用語にもなってしまっています。
そのまんま『ウィンブルドン現象』と言われるもので、
意味は、“経済市場において、強い外資系企業によって、地元企業が淘汰されること”を指します。
イギリスにとっては、冗談ではないというところでしょう。


今回のウィンブルドン、実は準決勝まで、地元イギリスのアンディ・マリー選手が残っていたんですよね。
73年ぶりに決勝進出かと期待されましたが、相手はナダルということで、残念ながら敗れてしまいました。
『ウィンブルドン現象』に例外ができるのは、いつのことになるのでしょうか。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 111 | 112 | 113 |...| 115 | 116 | 117 || Next»