ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

世界のサッカークラブ・ランキング(2011/12/12)

カテゴリー:1110
null

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、FIFAが承認する組織[国際サッカー歴史統計同盟]が発表した
最新の世界サッカークラブ・ランキングをご紹介!



第3位「ヴェレス」(アルゼンチン・リーグ)

第2位「レアル・マドリード」(スペイン・リーガエスパニョーラ)

第1位「FCバルセロナ」(スペイン・リーガエスパニョーラ)


今回の調査は、昨年の12月1日から今年の11月29日までの1年間、
それぞれの大陸で行われる大会の結果によりポイントが付き、それがこのランキングに反映されますが、
ヨーロッパや南米の大会はレベルが高いということで、他の地域に比べて、当然ポイントは高くなります。
その結果、上位はヨーロッパや南米のチームが占め、
1位と2位はどちらも、現在のスペイン・リーガエスパニョーラの現在の順位と同じになりました。
ちょうど週末に“クラシコ”がありまして、レアルはバルサにホームで1-3で敗れました。
ちなみに日本の最高位は、ガンバ大阪の123位です。
やはり、ヨーロッパや南米の層は厚いので、厳しい順位になっていますね。


その世界六大陸のチャンピオンと、Jリーグのチャンピオン・柏レイソルの7つのチームが
世界一のクラブの座を目指して戦うのが、いま開催中の[クラブ・ワールドカップ]です。
昨日は準々決勝の2試合が行われました。まず、アジア・チャンピオンの
アルサッド対アフリカ・チャンピオンのエスペランスは、2-1でアルサッドの勝利。
そしてもうひとつの試合、柏レイソル対北中米カリブ海・チャンピオンのモンテレイは1-1のまま
延長戦に突入、延長でも両チームともゴールを奪えず、PK戦の末、4-3で柏レイソルが勝利です!
中西さんも「昨日は素晴らしかったですね。昨日の試合は、GKの菅野選手
…もちろん他の選手も素晴らしかったんですが、彼の活躍に尽きると思いますね。
まず、前半の20分くらいは危ないシーンが多かったんですが、そこをきっちりシャットアウトして
同点で迎えたPK戦の一本目、これは一番重要だと本人も話していたんですが、
ここもきっちりと止めて、チームを勝利に導きました!」と興奮気味におっしゃっていましたよ。


クラブ・ワールドカップはいよいよ、ヨーロッパそして南米チャンピオンが登場します。
14日の準決勝は、柏レイソルと南米チャンピオン・サントスが対戦。
15日の準決勝は、ヨーロッパチャンピオン・FCバルセロナとアジアチャンピオン・アルサッドが対戦します。
そして決勝は12月18日。親善試合とは違う“本気”の戦い、楽しみですね!

サッカーJ1得点ランキング(2011/12/5)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、スタジアムを一番多く沸かせたのは誰か?
『サッカーJ1得点ランキング』をご紹介!



第3位「李忠成(サンフィレッツェ広島)」「イ・グノ(ガンバ大阪)」
    「レアンドロ・ドミンゲス(柏レイソル)」…15得点

第2位「ハーフナー・マイク(ヴァンフォーレ甲府)」…17得点

第1位「ケネディ」…19得点


おととい全日程が終了したサッカーJ1の得点ランキング、リーグ得点王は昨年に続き、
名古屋グランパスのケネディ選手でした。2年連続の得点王は、ジュビロ磐田の前田遼一選手に次いで2人目。
そして、日本人選手のゴールランキングでトップとなったのは、2位のハーフナー・マイク選手です。
身長194センチと長身の24歳、日本代表としてもすっかりおなじみのハーフナー選手は、
ヴァンフォーレ甲府の今シーズンのチーム得点数「42点」のうち4割を決めています。
残念ながら、チームは昇格から1シーズンでJ2への降格が決まってしまいました。
そしてハーフナー選手ですが、ドイツ・ブンデスリーガのウォルフスブルクやオランダのフィテッセ、
国内では清水エスパルスなどから獲得のオファーがあるとみられています。


得点ランキングとあわせて、今シーズンのJ1で注目したいのは「失点数」です。
今シーズン、最も失点数が少なかったのがリーグ4位となったベガルタ仙台でした。
そのスコアは「25点」、2位の名古屋グランパスの失点数「36点」に大きく差をつけています。
1試合あたりの平均失点数は0.74点で、2008年に大分トリニータが記録したリーグ最小失点記録の
「24点」にはわずかに及ばなかったものの、その守備の堅さは4位入賞に大きな貢献をしました。
今年のベガルタ仙台は、東日本大震災でスタジアム・練習場ともに被災したため、
関東各地を転々としながら練習を続けるという状況でした。
最終節は、ホームのユアテックスタジアム仙台で、ヴィッセル神戸に2-0で勝利し
阪神大震災を経験している神戸のサポーターたちからは
「心はいつもトモに」という横断幕が掲げられ、エールを送られています。


今シーズンのリーグ戦は終了しましたが、まだ天皇杯が残っています。
元日の国立競技場で栄冠を得るのは、いったいどのチームか?まだまだ熱い戦いは続きます!


アジアの国のオリンピック男子サッカー出場回数ランキング(2011/11/28)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は『アジアの国のオリンピック男子サッカー出場回数ランキング』をご紹介!



第3位「中国」「インド」「イラク」…4回

第2位「オーストラリア」…7回

第1位「日本」「韓国」…8回

こちらはアジアの国のオリンピック男子サッカー出場回数ランキング。
日本の出場回数は、アジア最多タイです。そして、9回目となるロンドンオリンピックへの出場権をかけ、
11月27日にアジア最終予選のシリア戦を戦いました。


12の国が4カ国ごとの3グループに分けられているアジア最終予選は、
ホーム&アウェイの総当たり戦を行い、各グループ1位のチームが
ロンドンオリンピック本選に出場することができます。日本はC組で
マレーシア、バーレーン、シリアと同組。これまでのマレーシア、バーレーン戦で連勝しており
昨日対戦したシリアと並んで“勝ち点6”でしたが、シリアの方が得点数で上回っていました。
そして迎えた、昨日のシリア戦。結果は2-1で日本が勝利しました。


ロンドンオリンピックへのアジアからの出場枠は3.5。あと3戦残っている最終予選で
各グループの1位となれば本選出場が決まりますが、もし2位になった場合は
来年3月末に行われるアジアプレーオフでA組・B組の2位になった国と対戦します。
そこでトップになると、今度は4月にアフリカの最終予選で4位となった国と対戦し、
そこで勝利すると、ようやくオリンピックへの出場権が得られることになります。長い道のりです。


ということで、最終予選でなんとしても1位の座を手にしておきたい日本。
このあとの試合予定は、来年の2月5日にアウェイのシリア戦、2月22日にアウェイのマレーシア戦、
3月14日にホームでバーレーン戦と続きます。是非とも1位で通過して欲しいですね。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 113 | 114 | 115 |...| 124 | 125 | 126 || Next»