ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

これからのBBQシーズンに必需品!“トング”の売り上げTOP3(2017/9/26)

カテゴリー:1110

null

火曜日は「ビジネストレンド」。



今月初めに発覚した、惣菜店での病原性大腸菌O-157による食中毒問題。
まだ日によっては暑い日もあります。
そして、これからはノロウィルスにも注意が必要。
引き続き食の衛生を心がけたい!
ということで、今回はこちらのランキング!
『 ロフトに聞いた トングの売れ筋 TOP3 』
今回の一件では、トングの使い回しが感染拡大に繋がった可能性が指摘されました。
惣菜店では、トングを交換するところが相次ぎ、トングメーカーでは今、品薄状態になっているそうです。
一般家庭ではどうなんでしょう?ロフトに聞いたランキングです、では、いってみましょう!



第3位 オークス株式会社【 ゆびさきサーバートング 】

持ち手から先端部分まで緩やかなカーブで、座ったままでも取り分けしやすいトングです。
刃先がピタッと合うので、生ハムのような薄いもの、卵のような丸いモノも簡単につかむことが出来ます。
こちらの商品、今、目の前にありますよ。
結構、重量感あるね、これ。あと、ちゃんと刃先がピタッと合うから紙もしっかりつかめて持ち上げられる。
高級感もありますね。
お値段は、税別1800円!



第2位 ヨシカワ【 本職の逸品 万能トング 小 】

定番のシンプルなトング。安心の国産で、価格も400円とお手頃です。
家庭で使うのはもちろん、バーベキューでも大活躍!
安定した人気となっています。
つかむ部分が葉っぱのようなデザインになっていて、軽くて使いやすいトングですね。



第1位 オークス株式会社【 ゆびさきトング 】

細かい作業がしやすい、ゆびさきトングです。
お肉のスライスをつかみ取るのに最適。
手のひらにフィットし、柔らかなバネ性でまるで指先のように食材をつかむことが出来ます。
器用な先端形状で、指の延長のような使い心地。
食材に触らず料理ができるので衛生的です。
トングは、モノを取り分けるだけではないんですね。
自分の手のひらに収まるくらいの大きさで、先が尖っていてつかみやすい。
お値段は、税込み1300円!


ということで、『 ロフトに聞いた トングの売れ筋 TOP3 』でした。
ロフトによると、
トングも様々な種類が出ていて、ランキング1位の【 ゆびさきトング 】のように食材を挟むものから、パスタやラーメンなどの麺用、魚をひっくり返す平型のトング、紅茶のレモンをつまむミニトングなど用途別に種類も色々あるそうです。

一般家庭向けのトングの売り上げに特に変化はないそうで、
ただ、食中毒の報道後、除菌スプレーの売り上げは上昇。
特に、酒造メーカーの作った【 ドーバー・パストリーゼ 】という商品は1週間で360本も売れたそうです。こちらは原料にサトウキビを使うなど天然由来の除菌スプレーで、通常の1.6倍の売り上げを記録しました。

その他、傷のつきにくいまな板や、使い捨てのまな板用シート、食材で使い分けるカラーまな板セット、抗菌まな板、銀イオンを含む除菌ふきん、などなど、キッチン周りの除菌グッズが数多く出ていて、人気なんだそうです。

そして、もう一つ気になるのが、お弁当の衛生ですね!
最近では、手で直接握らなくてもキレイに出来るおにぎりの型や、お弁当の上に乗せる除菌シートの新商品が続々出ているそうです。
除菌シートを、お弁当に入れたりするのは良いですね。
これから秋はバーベキューシーズン、トングを使い回す時には注意すべきですし、トングを何個か用意したほうが良さそうですね。



今回は『 ロフトに聞いた トングの売れ筋 TOP3 』をご紹介しました。

中西キャプテン、中村俊輔選手の凄さを語る!(2017/9/25)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 陸上・山縣亮太が男子100メートルで日本歴代2位タイ! 】

第2位【 千葉ロッテマリーンズ・井口資仁、2ランで最後を飾る! 】

第1位【 ジュビロ磐田・中村俊輔、自身の持つJ1記録をさらに更新! 】


おととい土曜日に行われたサッカーJ1 第27節、ジュビロ磐田対大宮アルディージャ戦で、J1での直接FKによるゴール記録が更新されました。
記録を更新したのは、ジュビロ磐田の中村俊輔選手。このゴールなどにより、ホームのジュビロはアルディージャに2-1で勝っています。ジュビロは3試合ぶりの勝利で、現在6位です。


そして、中村俊輔選手の直接FKでのゴールは今シーズン2得点目で、通算24得点。ちなみに2位以下を見ると、2位は遠藤保仁選手の17点、3位の三浦淳宏さん、マルシオ・リシャルデス、小笠原満男選手の15点と続いていて、中村俊輔選手が2位以下をダントツに引き離しています。
中西さんは中村俊輔選手のフリーキックについてこうおっしゃっています。


中村俊輔選手のフリーキックに関しては、ぼく個人的にいろんな分析もしたんですけれど、中村選手はとにかくすごいフリーキックを蹴ったあと、それを映像で何度も確認し練習をして、自分にすり込んでいくんだそうです。つまり、感覚を論理に落とし込むことが出来る選手なんですよ。それがすごいところ。その最たる例が、昔一緒にフリーキックの練習をしたときの話なんですけれど、中村俊輔選手って左利きじゃないですか?僕は右利きなんですけれど、ふたりでフリーキックを蹴っているときに「右でも蹴れるのかなぁ」って聞いたんですよ。そしたらツカツカと僕のところに来て、左で蹴るときと同じフォームで角にビシッと決めたんですよ。つまり、左で蹴っているときの論理を右に持ち込めるっていうことなんです。
あとね、観察眼がハンパない!どこを見ているかというと、ゴールキーパーを見ているんですが、足がどっちを向いているかとか、ちょっとずつ動いているとか、そういうのを見ながら駆け引きしているんです。それは“ゾーン”に入っていないときで、それでも決められるというのがすごい。ゾーンじゃなくても決められるという。とにかくありとあらゆることがすごい!あと嬉しかったのは、番組を聴いてくれている、ということ(笑)。もしかしたら、今も聴いているかもしれませんけどね!


果たして、中西さんの熱い思いは中村選手にも届いたのでしょうか?まだまだ伸びそうなこの記録、引き続き中村俊輔選手に注目していきましょう!


宮里藍選手、現役引退(2017/9/18)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 サッカー 柴崎岳選手がバルセロナ戦でビューティフルゴール! 】

第2位【 プロ野球 パ・リーグは福岡ソフトバンクホークスが2年ぶりの優勝! 】

第1位【 女子ゴルフ 宮里藍選手、最後の試合が終了! 】

日本時間の昨夜、フランスで行われていました、女子ゴルフ・エビアン選手権が終了しました。この大会をもって現役を引退する宮里藍選手。最終日、2オーバー73でまわりまして、通算1オーバーの32位で現役最後の18ホールを終えました。残念ながら、メジャー制覇という夢は果たせませんでした。ここで宮里藍選手のプロフィールを改めて紹介していきたいと思います。1985年6月19日生まれ、現在32歳。4歳の時にゴルフを始め、小学校1年生でコースデビュー。1994年、小学校3年生で初のホールインワン。この年、ピアノの先生になる夢を捨てて、ピアノを諦めることになりました。ピアノやってたんですね。


中学校2年生の時に、ダイキンオーキッドレディスに初出場。ゴルフの名門・東北福祉大学に入っていた、兄・宮里勇作選手を追いかけて、高校は仙台市の東北高校へ行きました。高校2年生で釜山アジア大会で金メダル。高校3年生の9月に行われた、ダンロップ女子オープンで優勝して、10月にプロ宣言。初の高校生プロとなりました。中2で、アマチュアとして、プロの試合に出てたんですね、すごいことですよ。いやぁ、プロ宣言の頃からずっと見ていますけど、かなり時が経ったなと改めて感じますね。


高校卒業した2004年は、いきなりの年間5勝!賞金ランキング2位に!2006年から活躍の場をアメリカに移し、そして、2009年のエビアンマスターズでアメリカツアー初優勝。この時はまだ、エビアンマスターズはまだメジャーじゃなかったんですよね。2010年には世界ランキング1位!これまで日本では14勝、アメリカでは9勝。今年5月、突然の引退発表して、記者会見では「モチベーションの維持が難しくなった」とコメントしました。


それから半年が経ちましたけど、本当に引退することが信じられません。常に順風満帆と思っている方がいらっしゃると思いますけど、かなりスランプに苦しんでますからね、特に2008年から2009年は、アメリカに行って、もう勝てないんじゃないか…、というところから結果9勝してますから、その乗り越える力というのは本当に素晴らしいと思います。その時に言った宮里藍選手の言葉が非常に印象的です。


「スランプに陥って、プライドとか見栄とかは無くなったけど、“プロとしてのプライド”は失うことはなかった」

この言葉の意味は「どんな時でも胸を張って歩くこと」だと僕は感じました。宮里藍選手が、今日はなんか調子悪いなと思っている、もしくは、本当に調子が悪い時でも、常に胸を張って凛としてプロとしてしっかりプレーしてましたよね。「プロとして」という言葉がどういうモノかと言いますと、ファンの方や一緒に戦っている周りの選手達に対して丁寧に対応すること。だと思います。自分が調子悪くなると、振る舞いがなんとなく残念な事になると思うんですけど、宮里藍選手は決してそういうことはありませんでした。今後は「これからの人生の方が長いし、私がプロゴルファーであることは変わらないし、少し休んだらやりたいことはいくらでも出てくると思う」と話をしています。現役時代に何度も仕事を一緒にさせて頂きましたけど、是非、引退した後も一緒に仕事できればなと思うことも沢山ありますし、ゴルフというスポーツだけではなく、全てのスポーツ選手から尊敬されるという、素晴らしい宮里藍選手でしたから、これからもいろいろな言葉を伝えていって欲しいと思います。本当にお疲れ様でした。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 112 | 113 | 114 || Next»