ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

サッカーJ2 昇格争いも佳境に!(2017/11/20)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 松山英樹、ホールインワン達成! 】

第2位【 小平奈緒、500メートルで20連勝! 】

第1位【 J2昇格プレーオフ、出場チームが確定! 】


今日は、すでに昇格を決めている首位・ベルマーレ、2位・Vファーレン長崎に続いて、残る1つの昇格枠を争うプレーオフへの出場チームが決まった、サッカーJ2 最終節を中西さんが振り返りました。


J1への昇格枠を争うプレーオフは、3位の名古屋グランパス、4位のアビスパ福岡、5位の東京ヴェルディ、6位のジェフユナイテッド千葉の4チームで争われます。
まず、東京と徳島が直接対決だったんですけれど、このゲームにヴェルディが勝って出場を決めました。で、もう1チームは松本山雅が勝てば(プレーオフに)行けるはずだったんですけれど、ホームで京都に0-1で負けてプレーオフ進出を逃しています。
一方、千葉は8位だったんですけれど、6位に滑り込みました。しかも千葉は、前半はじまって1分もたたないうちに1点を取られたんですが、そこから逆転ということで。しかも、後半のアディショナルタイムに決勝ゴール!さすがですね。ジェフはクラブ記録の7連勝、と最高の状態でプレーオフに進みます。


で、プレーオフの組み合わせです。試合は今週末、11月26日の日曜日。まず午後1時に「アビスパ福岡 対 東京ヴェルディ」こちらはアビスパのホームで行われます。そして、「名古屋グランパス 対 ジェフ千葉」は午後4時に名古屋でキックオフ。
冷静に考えると、名古屋が一番力があると思います。これは間違いない。ただ、彼らのサッカーは“ゴールをたくさん奪う”というサッカーですし、“ボールをしっかり回して崩す”というサッカーなんですけれど、こういうしびれる試合になったときにどうかなぁ、と予想不可なところもあるので、どこが上がってくるかはこの昇格プレーオフだけは分からないですね、うーん。まぁ、ヴェルディもグランパスもジェフも「オリジナル10」のチームなので、サポーターの残りたいという気持ちは強いでしょうね。


さ。そしてJ1なんですが、こちらもフロンターレが勝ちました!フロンターレはこれで勝ち点「66」、鹿島が勝ち点「70」です。勝ち点差「4」で残り2試合ということで、ひとつポイントはですね、実はフロンターレは今週末試合がないんです。何故かというと、浦和がいまACL決勝を戦っていますから。
まず、26日に鹿島が柏と対戦します。ここで鹿島が勝てば優勝、引き分けや負けることがあれば、という話なんですけれど、柏はまだACLの出場権も争っていますので、こちらがひとつ大きなポイントかな、と。もしここで、鹿島が引き分けや負けることがあれば、そのあとの浦和戦が水曜日にあるんですけれど、ここがポイントになるかな、と思います。


J1もJ2も最後まで目の離せない熱戦が続きそうですね。今日はサッカーJリーグの話題をご紹介しました。


ブラジル代表戦で見えたものとは?(2017/11/13)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 プロ野球・大谷翔平、メジャー移籍承認! 】

第2位【 サッカーJ2 Vファーレン長崎、初のJ1昇格! 】

第1位【 サッカー日本代表・ブラジル戦、1-3で見えたものとは…? 】


今日は、先日行われたサッカー日本代表 vs ブラジル戦を中西さんが振り返りました。


さあ、週末のスポーツの話題をさらったひとつがサッカーのブラジル代表戦です。
フランスのリールで行われた試合は、現地時間で1時キックオフだったんですが、結構お客さんが入っていましたね。これによって、選手たちも集中した状態で試合を行えたのかな、と思います。


まずブラジル代表なんですけれど、スタメンを見た限り、特に前のふたり…ネイマールとガブリエル・ジェズス…ジェズスは真ん中、ネイマールは左なんですが、このふたりが攻撃の中心と言えますから、このふたりが出てくれたことによって、日本代表にとっては良いシュミレーションになったのではないかと思います。
で、試合なんですけれど、前半36分までに3点取られました。この36分までは、ブラジル代表は今ある力の80〜90%くらいは出してくれたかなぁ、と。長友選手が「ブラジルは本気じゃなかった。」という話をしていましたけれど、僕は最初の36分間はかなりのプレーをしてくれたかな、と思います。


で。レギュラーを何人使ったかということで、レギュラーの定義が難しいんですが、半分くらいはベストに近いメンバーだったと思います。ただ、それ以外の選手も、ブラジルは選手層がものすごく厚いですから、そういう意味では良い相手と試合が出来て、非常に濃厚な36分間が過ごせたかなと思います。
ハリルホジッチ監督が「後半は勝った」と言ったことが、若干違う受け取り方をしていらっしゃる方もいるかと思いますけれど、これは試合の中で前半・後半と別にすることは出来ないので、まぁ冗談だと当然思いますけれど、その言葉尻を取って批判したいわけではなくて、ちゃんとこの36分まで良い経験が出来たことは非常に大きいかなと思います。


で。ブラジルがいまどれくらい強いかというと、世界のトップです。ブラジル・ドイツ・スペイン・アルゼンチン、この辺りは本当に強いチームだと思いますし、ワールドカップ優勝候補です。このチームを相手に良い経験が出来たかな、と。何が良い経験だったかというと、「ビデオ・アシスタント・レフェリー」という判定制度が今回導入されていまして、これにより判定が覆ってPKとなり、先制点を取られたんですけれど、このシステムは来年のロシアW杯で採用される可能性が高いです!ということは、今からこの準備はしておかなければならない、で、実際にこういうことが起こった訳ですから、この経験を教訓として、来年のロシアに向けて良い準備をして欲しいな、と思います。


そして、ひとつポイントとして挙げたいのは、世界のトップクラスの選手やチームであっても、いまはものすごく繊細で丁寧なことをしっかりやってくる、ということです。
今回のPKになったシーンに関しても、ネイマールがPKを蹴る前にスパイクの裏を見ていたんですけれど、これはどういうことかというと、雨が降っていたのでちょっと芝生が濡れていたんです。その芝生が少しでもついていると、PKを蹴る瞬間に軸足が滑ることがあるんですよね。なので、その芝生を全部取って、それを確認した上でPKを蹴っているんです。こういうところを見ていても、いかに細かい部分まで丁寧にやっているか、というのが見えてくると思いますね。


日本代表は11月15日にはFIFAランキング5位のベルギーとの試合を控えています。この試合が年内最後の公式戦となりますので、後悔のない試合を見せて欲しいですね。
今日はサッカー日本代表 vs ブラジル代表戦を中西さんが振り返りました。


「ルヴァンカップ」はセレッソが初優勝!(2017/11/6)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 メジャーリーグ、イチロー選手はフリーエージェントへ! 】

第2位【 プロ野球・日本シリーズ、ソフトバンクが2年ぶり8度目の優勝! 】

第1位【 サッカー、ルヴァンカップはセレッソ大阪が初優勝! 】


11月4日の土曜日に行われたサッカーJ1「ルヴァンカップ」の決勝戦、セレッソ大阪 対 川崎フロンターレ。両チームともに初優勝をかけた試合でしたが、結果は2-0でセレッソが優勝しました。
試合開始から47秒後、川崎のDFエドゥアルドが空振り。瞬時に杉本が反応し、GKとの1対1となり、右足で冷静にゴールを決めました。そして2点目は後半のアディショナルタイム、カウンターから水沼選手のパスを受けたソウザが左足でゴール。中西さんはセレッソの優勝に「おめでとうございます!」とひと言。続けてこうおっしゃっていました。


セレッソは1年前はJ2にいたわけですから、そこから昇格プレーオフを勝ち上がって、現在J1でプレーしている中でのこの「ルヴァンカップ」での決勝進出、と。やはり、ユン・ジョンファン監督が就任してチームに新しい息吹が生まれたかな、という感じがしていますね。チームへの帰属意識を強く求める監督なので、自分自身の能力だけでなく、チームとして結果を出していくんだ、ということで、今回の「ルヴァンカップ」も比較的若い選手を起用していました。得点を決めた杉本健勇選手も決勝戦への出場が今回初めての経験だったということで、これもなかなかないパターンなんですけれど、それくらいJリーグ組とルヴァンカップ組とで分かれてやって来た中で、「自分が出て結果を残せなければ、ここまで連れてきてくれた選手に申し訳ない」というコメントもしていましたね。


そして、柿谷選手は「途中で代えられて非常にくやしい」というコメントもしていましたが、自分が表彰台に昇って、そこから見えた風景について「今思うことは、川崎フロンターレの選手たちの気持ちを考えると…」と言った話もしていました。そういう風に、自分自身が見た景色に対して、相手がどう感じるかというのを考えられる選手になってきたということも、若手の選手たちが成長してきた証だと思いますし、ひと皮むけたというのが感じられるコメントだったと思いますね。


一方、川崎フロンターレはなんと、今回「ルヴァンカップ」4回目の決勝進出だったんですよね。しかし“4度目の正直ならず”ということです。さらに、Jリーグとルヴァンカップでの2位の回数は合計8度目!僕はエドゥアルドの気持ちがすごく気になるというか、開始47秒で彼のミスがもとで失点していますから、すごく責任を感じていると思うんですけれど、ミスをしようと思ってプレーしている選手はひとりもいませんし、何故勝てなかったのか?という部分は、僕自身も明確な答えを見つけられないんですけれど、ただひとつ重要なことは、この悔しいという感情に向き合うしかないということです。この“悔しい”という感情をどれだけ味わい尽くせるか、というところに今後がかかってくるのだと思います。


今日はサッカーJ1「ルヴァンカップ」に注目しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 115 | 116 | 117 || Next»