ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

バスケットシューズの“トレンド事情”(2011/5/24)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今日は、アメリカ・プロバスケットボール、NBAで起きている、ある異変を探ります。
まずは、『2010年〜11年シーズンのNBAプレーヤー契約金トップ3』


第3位「ケビン・ガーネット (ボストン・セルティックス)」1880万ドル およそ15億円
第2位「ラシャード・ルイス (ワシントン・ウィザーズ)」2050万ドル およそ16億円
第1位「コービー・ブライアント (ロサンゼルス・レイカーズ)」2480万ドル およそ20億円

これはあくまで推定金額ですが、さすがNBAプレーヤー、ケタ違いのお金を貰っています。
しかし、今日の話題はそこではありません。実はこのトップ3の中に、
ナイキやリーボックなど欧米のブランドではなく、別の国のブランドのバスケットシューズを履いている選手がいます。
それは、『中国』です!


NBA専門誌『月刊HOOP』の編集部の方に伺ったところ…
例えば、セルティックスのシャキール・オニール。NBAを代表するセンター、通称シャック。
彼が履いているのは、「LI−NING(リニン)」という中国ブランド。2006年から契約を結んでいます。
マーベリックスのベテラン司令塔、ジェイソン・キッドは、「PEAK(ピーク)」。
先ほど名前の出たケビン・ガーネットは、「ANTA(アンタ)」。
いずれも中国メーカーと契約しています。
そのほか、若手の才能のある選手も、中国ブランドと契約を結び始めています。


この「LI−NING」というメーカーは、昨年中国メーカーとして初めてアメリカにショップを出し、話題に。
「PEAK」は、すでに15人のNBA選手と契約を結び、今年の秋には全米のスポーツショップに商品を並べる予定です。


この背景にあるのは、欧米のメーカーが、経費を削減する傾向にある中、中国メーカーが多額の契約金で、
NBAのスター選手と次々と契約していると見られています。
これはバスケだけでなく、棒高跳びの女王、ロシアのイシンバエワ、
女子テニスの元世界王者、エレナ・ヤンコビッチなど、中国企業と契約する選手が増えています。
ほんの数年前までは認知度ゼロだった中国のスポーツシューズが、アメリカ人の足元にじわじわと進出しています。

ボードゲーム最近の売れ筋ランキング(2011/5/17)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


節電意識の高まりは、色んなところに影響を与えています。
例えば、ボードゲームがいま人気なんです。
“電気を使わない”“ひとつの部屋に集まって遊べる”という理由から売れているんです。
そこで今日は、東急ハンズに聞いた『ボードゲーム最近の売れ筋トップ3』


第3位「カタンの開拓者」

ドイツでは誰でも知っているボードゲーム。世界選手権も毎年開催されています。
無人島を開拓していき、最も反映したプレーヤーが勝ち…というもの。
携帯キャリーケース版 2100円が人気です。


第2位「ポケット人生ゲーム 極辛」

定番です!人生ゲーム「極辛バージョン」の携帯版、997円。
何が激辛かというと、「リストラされる」「フィッシング詐欺にある」など過酷なイベントが用意されているから、だそうです。


第1位「メガハウス ポケッタブル パワーオセロ」

シンプルイズベスト。ルールが簡単なオセロのポケットタイプが最も売れています。609円


東急ハンズによりますと、「震災の前と後、1ヶ月の売り上げを比較すると、
震災後のボードゲームの売り上げは6割も上がっているそうです。
計画停電の影響もあり、家族で楽しめるものが人気になっている」とのことです。


そんなアナログなボードゲームの中でも、特に面白いのが、『将棋』です。
いまノーマルな将棋ではなくて、“キャラモノ将棋”が色々と登場しています。
例えば…


「どうぶつしょうぎ」
ひよこ、ライオンなど8つの駒と、12マスの基盤で遊ぶ、新しいタイプの将棋ゲーム。
ルールは簡単、でも奥が深いということで、子どもから大人まで幅広く人気を集めています。


「ウルトラマン将棋」
25マスの基盤で、ゾフィーやセブン、タロウやウルトラマンゼロなどの駒を動かして怪獣たちと戦う将棋。


「ドラえもん将棋」
こちらは本格的な将棋ですが、駒に、ドラえもんやドラミちゃん、のび太くんなどのイラスト入り。
将棋のルールを覚える工夫がされています。


「デザイン将棋」
将棋の駒の概念を完全に覆した、とてもオシャレにデザインされている将棋。
お部屋のインテリアにもなります。


今日のビジネストレンド、『アナログなボードゲーム』にフォーカスしました。

今後、帰宅困難な状況が起こったらどうするか!?ランキング(2011/5/10)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今日は、“足もと”に関する話題です。
震災当日、首都圏の交通機関が停止したことによって、歩いて自宅まで帰った方が
大勢いました。
そこで今日は、こんなランキング、
『今後、帰宅困難な状況が起こったらどうするか!?トップ3』


第3位「帰宅困難者を支援する」5%
第2位「何としてでも帰宅する」36%
第1位「交通機関が復旧した後、帰宅する」40%

これは民間気象会社ウェザーニューズが行った調査結果。
「何としてでも帰宅する」とい方が結構多いです。この調査では他にも、
「普段の通勤時間が30分以内の方は、半数以上が歩いて帰ることを選択した」ということも分かっています。


ただ、歩いて帰る途中に、靴がビジネスシューズだったり、女性はヒールを履いていると非常に歩きづらいし、
帰るのが大変ですよね。
そんな背景から、今「ポケッタブルシューズ」と呼ばれる靴が人気を集めています。

具体的にどういうものかというと…
二つ折りにして、小さなポーチに入れて、カバンの中に収まるシューズ。結構柔らかいものです。
以前から、部屋の中や機内で履くスリッパっぽいものはありますが、
今売れているのはそれとは違い、外履きにできるものです。
すでに大手百貨店では、女性向けのかわいいデザインの「外履きにも使えるポケッタブルシューズ」が、
婦人靴売り場で並び始めているそうで、お値段は9000円から2〜3万円のものまで揃っています。
これから梅雨ですが、雨の日用のレインブーツもポケッタブルタイプがあるそうです。
カバンに入れたり、車のダッシュボードに入れておく人も。
会社に靴を置いておくよりも、「いざ」という時のお役立ち度は高そうです。


基本的に女性のバッグの中には、色々入ってそうなんですが、ついにその中に、「靴」まで入ることになりそうです。
靴も大事ですけど、普段から長時間歩ける体力もつけておかないといけませんね。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 111 | 112 | 113 | 114 || Next»