ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

モバイルバッテリーの安全対策&売れ筋TOP3(2017/9/19)

カテゴリー:1111
null

火曜日は「ビジネストレンド」。



先週、山手線の神田駅で大学生のリュックサックに入っていたモバイルバッテリーが発火する騒動がありました。
大学生は「なんか背中が熱いと思ったら、後ろの乗客の方から「煙が出てるよ」と言われた」そうなんですが、ちょっと笑っちゃいそうになるが、笑えない話ですね。
ということで今回は、今や必需品になりつつある、モバイルバッテリーの安全対策と売れ筋を紹介しましょう。
まずは、こちらのランキング!
『 ヨドバシカメラにきいた モバイルバッテリーの売れ筋 トップ3 』



第3位 radius(ラディウス)【 スマートフォン対応 USB モバイルバッテリー 】

こちらは従来のmicro USBケーブルによる充電ではなく、次世代端子 USB TYPE-Cケーブルでの充電が可能。容量も6000mAh(ミリアンペアアワー)とスマホ1台を充電してあまりある容量!ちなみに2台を同時に充電可能。
お値段は、税込み5980円!



第2位 OSMA(オズマ)【 リチウム充電器 10000mAh 】

こちらは従来のアンドロイド端末と最新のアンドロイド端末の両方で使うことの出来る汎用性の高い商品です。容量もスマホ2台を充電できる大容量。バッテリー残量が数字で表示されるので、LED表示と見比べてひと目でわかります。
お値段は、税込み5980円!



第1位 ASUS(エイスース)【 ZenPower Pro with Bumper 10050mAh 】

スマホを2台、余裕で充電できる大容量でありながらコンパクト!ロスも少なく、対応しているスマートフォンに効率よく充電が可能です。
カラーがブラック、シルバー、ゴールド、ピンク、ブルーと多彩なバリエーションとなっています。高級感あるアルミ調のデザインが人気。
お値段は、税込み7530円!


ということで、『 ヨドバシカメラにきいた モバイルバッテリーの売れ筋 トップ3 』でした。
ヨドバシカメラによると…
モバイルバッテリーは、大容量・コンパクト・軽量タイプが人気。
最新アンドロイドやタブレット端末の充電できる高出力対応のバッテリーも増えてきていて、こちらも人気を博しているそうです。
確かにね、iPadとかちょっと大きいのを充電する時に欲しいですよね。
売れ行きは、去年のポケモンGOがピークだったそうなんですが、今年も引き続いて販売量が多く、キャンプや山登りで使いたいという意見も多いとのこと。
そうね、キャンプ場とか登山してる時にコンセントないからね…(笑)

そんな中、最近増えているモバイルバッテリーの発火事故なんですけども、製品事故原因調査機関 Niteによると、モバイルバッテリーの事故は、昨年度までの5年間に274件。しかもその7割が『製品が燃えることによる火災被害』となっています。

具体的にどんな事故が起きているかというと、
“ベッドの上に置いて充電していたモバイルバッテリーが発火して、周辺が焼けた”
しかも寝ている最中の事故。寝室でのこうした事故は多いという。
“ズボンのポケットに入れていたスマホが発熱・発火し、火傷を負った”
これは、スマホをポケットに入れたまま転倒したことで、内部でショートしたのが原因らしいです。

電池の業界団体関係者に取材したところ、
まず、モバイルバッテリーを地面に落としたり、自分が持ったまま転んだりした場合もそうですね、破損、ショートを起こして、発熱するリスクがあるので使うべきではない。と、落としたものは使わない方がいいと。
最近は海外の格安商品が数多く出回っていて、中には作りがずさんなのも無いとは言い切れないので注意が必要。
あとは、ベッドの上、毛布の上には置かない。発火した時にすぐに燃え移りますからね。車のダッシュボードなど熱くなるところも避けたほうがいいということです。

ちなみに、そういう製品を避けるポイントとして、いくつかの関連業界に取材したところ、
1.リコール情報をチェックする。
メーカー名+リコールで検索するとわかる。
2.購入する前に、Amazonなどの『評価』をチェックする。
安いものが必ずしも粗悪品だとは限らないですがリスクはあるので、Amazonなどの評価は一つの基準になるとこのことです。

また、ヨドバシカメラでは、安価な商品は使っている電池が熱を持ちやすい為、発火の恐れがありえるので少し高くても安全性の高い商品を購入すること推奨している。ということです。



今回は『 モバイルバッテリーのトレンドと、安全対策 』をご紹介しました。

海外で人気の“チロルチョコ トップ3”(2017/9/12)

カテゴリー:1111
null

火曜日は「ビジネストレンド」。





じつはいま、日本のお菓子メーカーの海外進出が相次いでいるんですね。
今日は、これについて探っていきたいと思います。
例えば先月から本格的に中国への輸出を始めたのが『チロルチョコ』。
実はチロルチョコ、以前から海外でも販売されていて、人気を集めているらしい。
ということで、今回はこちらのランキング!
『 海外で人気のチロルチョコトップ3 』



第3位 【 チロルチョコ きなこもち(袋) 】

海外では一粒ずつではなく袋で売っています。
香ばしいきなこチョコと、もちもちとした食感のもちグミを組み合わせた人気商品です。
これ食べたことあるけど、美味しいよね。
日本でお馴染みの『きなこもち』は海外の人も興味津々!
これが、本当のきなこもちだと勘違いしている人もいるとか、いないとか…。



第2位 【 チロルチョコ バラエティBOX 】

定番で人気の『コヒーヌガー』『ミルク』『ビス』『ホワイト&クッキー』『いちごゼリー』の5種を台形の箱にアソートしたバラエティBOX。この一箱でチロルチョコの魅力を存分に楽しむことが出来ます。



第1位 【 チロルチョコ 抹茶もち(袋) 】

抹茶原料に宇治抹茶を100%使用した抹茶チョコの中に抹茶パウダーともちグミを閉じこめた、上品な大人の甘さが楽しめる一品。
ここ数年、世界中でブームとなっている日本の抹茶は、チロルチョコでも絶大な人気を誇っています。



ということで、『 海外で人気のチロルチョコトップ3 』でした。
なぜいま、海外進出なのか。チロルチョコ株式会社によると、
実は5年前から、台湾、中国、韓国などに輸出していたそうなんですよ。
で、アジアの日系のコンビニが進出したこともあって、日本製品が広まって、チロルチョコの人気が高まっていたらしいです。
ただし、当時はあくまでも、輸出先のバイヤーに求められて輸出していたそうです。
これが、今年、チロルチョコ社は、社長が変わったこともあり、本格的な海外挑戦へと舵を切った!ということなんですね。
そして、ランキングでもお分かりの通り、これまではチロルチョコがいっぱい入った“袋入り”の商品だった、要するに、関税がかかるから一つずつではなく袋入りにしてたんですよね、本格的に海外挑戦ということで、パッケージも海外向けに作って、一粒ずつ売ることになったということです。
これから中国へ行かれる方、ぜひ、コンビニでチロルチョコを買ってみてはいかがでしょうか。日本だと一粒20円〜40円前後なんですが、海外だと関税がかかるんですよね…、それでも人気を獲得できるかというところがポイントかなと思います。

そしてもう一社、馴染みの深いお菓子メーカーが海外進出しています。
おやつカンパニーです!

おやつカンパニーの看板商品といえば、皆さんご存じの『ベビースターラーメン』!
なんと、1963年から海外に輸出しているとのこと。
現在は、台湾、香港、韓国、中国、シンガポール、ベトナム、インドネシアへ輸出しています。
アジアの国は、麺を食べる文化があるのでベビースターラーメンもすんなり受け入れられたらしい。
そして、今年の夏に、おやつカンパニーは、台湾で初の海外工場を稼働させるとなっています。

ちなみに、お菓子業界自体のマーケットは横ばいだそうです。
とはいえ、人口減少が続く日本、お菓子メーカーは海外を視野に入れていく必要なある。
日本の菓子は、クオリティーが高いとよく言われ、お土産に買って帰る外国人も多い。しかも、「安全・安心」は自慢できる。
そのうち、日本の駄菓子も海外で売られる日が来るかも知れないですね。



今回は『 海外で人気のチロルチョコトップ3 』をご紹介しました。

人気は“新しい生き方・働き方を探る”本。(2017/9/5)

カテゴリー:1111
null

さあ9月に入りました!今回は月初めに抑えておきたい社会人のための一冊を、ご紹介します!
『 ジュンク堂書店 池袋本店に聞いたビジネス書の売れ筋 トップ3 』
今月でちょうど開店から20周年!
池袋駅東口から徒歩4分、日本最大級約150万冊の在庫を誇る、
ジュンク堂書店 池袋本店に聞いた8月のビジネス書の売れ筋です。
この夏売れたのはどんな本だったのでしょうか?



第3位 【 MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣 】シバタナオキ(日経BP社)

会計や経理ではなく、投資や就職に役立つ未来を読む…という目的で決算書の読む方法を指南した一冊。
例えば、LINEとfacebookの決算書を比較して、今後の動向を探る…。といったような内容です。
実際の決算書を読み解いて、さらに予測するという体験が味わえます。
難しい計算なしで読み進められるので、数字が苦手な方にも人気と言うことです。
お値段は、税込み1944円!



第2位 【 無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21 】ひろゆき(大和書房)

前回に続いて2位をキープ。元2ちゃんねる管理人・ひろゆきさんの人生論です。
生き方が多様化し、何となく流されて生きているのではなかなか幸せになることが出来ない現代。ひろゆきさんが実践している21のルールを解説しています。
お値段は、税込み1404円!



第1位 【 多動力 】堀江貴文(幻冬舎)

これで、3ヶ月連続、ホリエモンさんの著書が1位です!
いくつもの異なることを同時にこなす力、『多動力』について綴った一冊です。
5月の発売から売れ行き、全く衰えていないんですよね、すごいな。
時代が移り変わっている今、新しい力を知り、自分自身も変化しなければならないと、感じている方も多いのかも知れませんね?
お値段は、税込み1512円!


ということで、『 ジュンク堂書店 池袋本店に聞いたビジネス書の売れ筋 トップ3 』でした。
ジュンク堂書店 池袋本店によると、
8月は、新しい生き方、働き方を探る本は人気だそうです。
1位の【 多動力 】や2位の【 無敵の思考〜 】など。
その他、平均寿命が100歳になる時代の生き方を提案する本【 LIFE SHIFT 】が売れているそうです。
これ、まさに注目ワードなわけなんですが、アラハン=アラウンド・ハンドレッド、
つまり100歳前後の人生の大先輩に学ぶ本が売れている。
さらに、茂木経済産業大臣が「人生100年時代構想会議」を立ち上げると発表したばかり。
実はいま、国・政府も“100歳”に注目している。

一方、北朝鮮情勢が緊張する中、地政学の本もよく売れているそうで、
北朝鮮や韓国を中心に、日米中露の変化まで、日米韓の第一級の研究者が論じた【 朝鮮半島地政学クライシス 】(日本経済新聞出版社)。
そして、地理的な問題だけではなくTPPなどの経済的な面からも現状と未来を読み解いた【 現代日本の地政学 】(中公新書)など、こういったものが売れていると言うことです。

そして、先月、開店20周年を迎えたジュンク堂書店さん!
今月15日まで毎日無料イベントのほか、書店員セレクトの本のセット販売や、ギャラリー展示、クイズラリーなど、特別企画を実施しています。ぜひ、足を運んでみてください。



今回は『 ジュンク堂書店 池袋本店に聞いたビジネス書の売れ筋 トップ3 』をご紹介しました。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 112 | 113 | 114 || Next»