ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

ビルボード ジャパン ホット アルバムス トップ5(2017/11/22)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は【 ビルボード ジャパン ホット アルバムス 】をピックアップ!
日本全国で注目を集めているアルバムはなんでしょうか?5位からご紹介!


第5位 ポルカドットスティングレイ『 全知全能 』

CDセールス、ダウンロードも好調のポルカドットスティングレイ。
毎年恒例の年またぎロックフェス『COUNTDOWN JAPAN』への出演が決定!
来年2月からは、ワンマンライブツアーも決定しています。



第4位 テイラー・スウィフト『 レピュテーション 』

発売1週間でなんと、121万6000枚を売り上げた、テイラー・スウィフトのニューアルバム。
2017年、アメリカで最も売れたアルバムに認定されました!
ちなみに、来年5月には北米スタジアムツアーが決定しています。



第3位 BiSH『 THE GUERRiLLA BiSH 』

“楽器を持たないパンクバンド”の異名を持つ女性6人組アイドルグループ、BiSHのメジャーセカンドアルバム。
今回のアルバムは、LAで撮影されたミュージックビデオやアートワークなど、ひとまわり大きくなったBiSHを感じさせる圧倒的な作品となっています。



第2位 米津玄師『 BOOTLEG 』

ビルボードチャート、オリコンチャート、iTunesのウィークリーチャートなど、23冠を達成している今回のアルバム、菅田将暉さんとの共演の「灰色と青」のミュージックビデオは、再生数がまもなく1700万回を迎えます。
現在、全国ツアー中の米津さん、明日は福岡サンパレスでワンマンライブの予定です。



第1位 安室奈美恵『 Finally 』

ぶっちぎりの1位と言っても過言ではありません。
11月8日に発売された、安室奈美恵のオールタイムベストアルバム『Finally』が堂々の1位!
発売2週間で143万枚を記録!
そして4世代(10代、20代、30代、40代)連続ミリオンセールスを達成というアーティスト史上初の偉業も達成しました。
来年2月からは、キャリア最後のライブツアーがスタート。
まだまだ、安室フィーバーは続きそうですね!



今日は【 ビルボード ジャパン ホット アルバムス 】をピックアップしました。

iTunes 週間アルバムランキング トップ5(2017/11/15)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は【 iTunes 週間アルバムランキング トップ5 】
をご紹介します!



第5位 MIYAVI『 SAMURAI SESSIONS vol.2 』

“サムライ・ギタリスト”の異名を持つMIYAVIが、ジャンルや世代を超えた幅広いアーティストとコラボレーションしたアルバムの第2弾。L'Arc-en-Cielのhydeさん、三浦大知さんなど合計10組が参加しています。


第4位 ポルカドットスティングレイ『 全知全能 』

2015年に活動開始した彼らのメジャー1stフルアルバム。このアルバムにも収録されている彼らの代表曲「テレキャスター・ストライプ」はYouTubeでの視聴回数700万回を超えています。


第3位 SUPER JUNIOR『 PLAY 』

グループとしてはおよそ2年ぶりのアルバム。アルバムタイトルは「音楽を再生する」「楽しく遊ぶ」という2つの意味と結びついているそうです。


第2位 米津玄師『 BOOTLEG 』

公式サイトでは、このアルバムに収録されている、菅田将暉さんと共演した「灰色と青」のレコーディング風景が動画でチェックできます。


第1位 Taylor Swift『 reputation 』

先週金曜日に世界同時発売となった6thアルバム。初日だけで70万枚を売り上げ、2017年最多セールス・アルバムになりそうな勢いです。ちなみにこのアルバム、107の国と地域のiTunesストアでもセールス1位を獲得したとか。来週以降のチャート・アクションも気になりますね。



今日は【iTunes 週間アルバムランキング トップ5】をピックアップしました。


ビルボードジャパン ラジオソングスチャート トップ5(2017/11/8)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は【 ビルボードジャパン ラジオソングスチャート トップ5 】
をご紹介します!



第5位 BECK『 UP ALL NIGHT 』

10月末に日本武道館と新木場Studio Coastで来日公演を行ったベック。名曲、新曲合わせて20曲を披露!最新アルバム「Colors」から初めてライブで演奏する曲もあったそうです。


第4位 TWICE『 One More Time 』

シングルセールスも好調な彼女たち。動画配信サイトでのミュージックビデオ再生回数も2800万回を超えています。12月20日には、今年7月に行われた来日公演の模様がDVD・Blu-rayでリリースされます。


第3位 Niall Horan『 Too Much To Ask 』

ONE DIRECTIONのメンバー、ナイル・ホーラン初のソロアルバムからのシングルカット。この曲も収録されているアルバム「FLICKER」は全米チャートでもまだまだ上位にランクインしています。ナイル・ホーランは来年、来日公演も決定しています。


第2位 DAOKO×岡村靖幸『 ステップアップLOVE 』

12月20日には、メジャーデビューからこの曲までを収録した2ndアルバム「THANK YOU BLUE」のリリースが決定したDAOKOさん。アルバムの初回限定盤には、特別編集のミュージックビデオなどが収録される予定だそうです。


第1位 スカート『 視界良好 』

10月18日にアルバム「20/20」でメジャーデビューした澤部渡さんのソロプロジェクト=スカート。澤部さんはとにかく鶏肉が好き!で、煮ても焼いても揚げても何でも良し、だそうです。ちなみに趣味はレコードショップ巡りだそうで、掘り出し物を見つけるべく、各地でのプロモーションの合間に、レコードショップ巡りでデトックスしているそうです。



今日は【 ビルボードジャパン ラジオソングスチャート トップ5 】をピックアップしました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 115 | 116 | 117 || Next»