ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

今、イギリスで注目されているアルバムをピックアップ!(2017/10/11)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は【 ジ オフィシャル UK アルバム チャート TOP5 】をピックアップ!
今、イギリスで注目されているアルバムはなんでしょうか?トップ5をご紹介♪


第5位 Demi Lovato『 Tell Me You Love Me 』

1992年生まれ、現在25歳の彼女。「アナと雪の女王」のオリジナルエンドソングの「Let It Go」を歌っており、歌声を聞いたことがあるという方もいらっしゃるかも知れません。そんな彼女の最新のアルバムは4枚の先行シングルを含むバラエティに富んだ仕上がりのアルバムになっています。



第4位 Ed Sheeran『 ÷(ディバイド) 』

根強い人気のこのアルバム。いよいよ今月25日からは東京・大阪で来日公演が行われます。楽しみですね!そして、「Shape Of You」のSpotify再生回数が、史上最多再生回数を記録!どこまで記録は伸びるのでしょうか?



第3位 David Gilmour『 Live At Pompeii 』

ピンク・フロイドのヴォーカル・ギターのデイヴィット・ギルモアが、ピンク・フロイドのコンサート以来、45年ぶりに世界遺産「ポンペイ円形闘技場」でライブを行い、その音源を収録したこちらのアルバム。日本版は本日10月11日にリリースです。



第2位 Wolf Alice『 Visions Of A Life 』

2010年結成の4人組ロックバンド、ウルフ・アリス。2015年のデビュー時には、イギリス国営放送のBBCが毎年発表している期待の新人候補リストにノミネートされるなど注目を集めました。今回のニューアルバムは、激しいリハーサルを重ねて生まれた楽曲を集め完成させたそうです。



第1位 Shania Twain『 Now 』

およそ15年ぶりのニューアルバムとなった今作。
アルバムについて本人は「このアルバムを作る道程は、私の人生分の長さだったわ。私が経験してきた全てのことが、どんな風に“今”の私を作ったのか、それを表現した作品なの」とコメントしています。




今日は【 ジ オフィシャル UK アルバム チャート TOP5 】をピックアップしました。

【 Billboard Japan HOT 100 TOP5 】(2017/10/4)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は、Billboard JapanのHOT 100をピックアップ!
日本国内のセールス、ストリーミング回数、
ラジオオンエア回数、動画再生回数など
ポイント計算した上位5曲をご紹介しました。



第5位 安室奈美恵『 HERO 』

先日の引退発表以降、CDセールス、ダウンロード、音楽ストリーミング回数が急上昇!再チャートインしています。11月8日にはベストアルバム「Finally」をリリース。新曲6曲を含む全52曲収録予定です。


第4位 星野源『 Family Song 』

こちらも根強い人気!パソコンでのCD読み取り回数でトップをキープ。CDセールス、ダウンロードも引き続き人気です。そして、この曲のミュージックビデオが「MTV ビデオミュージックアワードジャパン 2017」で「ベスト・ビデオ・オブ・ジ・イヤー」「ベスト男性アーティストビデオ」「ベスト・コレオグラフィー」の3冠を達成しました。


第3位 Happiness『 GOLD 』

先々週発売となった、Happinessのニューシングル。セールス、そしてツイッターでの登場回数で人気を集め、3位にランクインしました。Happinessはこの曲で、結成7年で初めてのオリコン1位を獲得!初回限定盤には、昨年のライブハウスツアーファイナルの様子が収録されたDVDがついてきます。


第2位 荻野目洋子『 ダンシング・ヒーロー 』

「懐かしい!」と思った方も多いのでは?この曲は1985年リリースの荻野目洋子さん7枚目のシングル。ディスコサウンドの定番、Angie Gold「Eat You Up」のカバーソングでした。この曲がなぜランクインしたのかというと…YouTubeなどの動画再生回数!高校生ダンス部の日本一を決める「日本高校ダンス選手権」で、大阪府立登美丘高校ダンス部が踊った「バブリーダンス」でこの曲が使われたことが話題となり、オフィシャルPVの再生回数はまもなく800万回を超えそうな勢いです。


第1位 DAOKO×米津玄師『 打上花火 』

セールスチャート、CDリッピング回数、動画再生回数で上位を獲得し、ランキング1位を獲得!DAOKOさんは10月18日に岡村靖幸さんプロデュースのニューシングルを3形態でリリース。通常盤Aでは、岡村靖幸さんの名曲「カルアミルク」をカバーしているそうです。どんなアレンジなのか楽しみですね!




今日は【 Billboard Japan HOT 100 TOP5 】をピックアップしました。


ビルボードジャパン ラジオソングスチャート トップ5(2017/9/27)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は【 ビルボードジャパン ラジオソングスチャート トップ5 】
をご紹介します!



第5位 あいみょん『 君はロックを聴かない 』

先日発売された1stアルバム「青春のエキサイトメント」も好調のあいみょん。10月14日は大阪・心斎橋、28日は東京・渋谷でワンマンライブが控えています。


第4位 福山雅治『 聖域 』

この曲はドラマ「黒革の手帖」の主題歌でしたが、福山さんは10月2日からスタートする、黒柳徹子さんの半生を描いたドラマ「トットちゃん!」の主題歌を担当するそうです。新曲のタイトルは「トモエ学園」どんな曲になるのでしょう?


第3位 Carly Rae Jepsen『 Cut To The Feeling 』

先日、日本限定のアルバム「カット・トゥ・ザ・フィーリング〜エモーション・サイドB+」をリリースしたカーリー。2年前にリリースした「エモーション」に収録しきれなかったトラックを収めた豪華な1枚となっています。ちなみに、先日プロモーション来日していたカーリーは、オフタイムには原宿でショッピングをしたり、大好物のお寿司やラーメンを食べたりと日本を満喫したそうです。


第2位 GLIM SPANKY『 吹き抜く風のように 』

先日、3rdアルバム「BIZARRE CARNIVAL」をリリースした男女2人組のロックユニット。10月14日の長野を皮切りに、このアルバムを引っさげて全国ツアーがスタートします。ツアーファイナルは新木場・STUDIO COASTでの2デイズ!


第1位 山下達郎『 REBORN 』

東野圭吾さんの長編小説を映画化した「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の劇中歌、エンディング・テーマとして書き下ろされた新曲。ちなみに、山下達郎さんのラジオ番組「山下達郎のサンデー・ソングブック」は、この10月で25周年を迎えるそうです。



今日は【 ビルボードジャパン ラジオソングスチャート トップ5 】をピックアップしました。


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 114 | 115 | 116 || Next»