ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

世界の都心総合力ランキング(2011/6/2)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


先日、世界の8主要都市の「都心=Inner City」が持つ力を評価したランキングが発表されました。
森記念財団 都市戦略研究所による『世界の都心総合力ランキング』
8都市は上海、シンガポール、ソウル、東京、ニューヨーク、パリ、香港、ロンドン。
その都心部から半径10キロ圏内の文化力や交通アクセスの良さなど、20の要素を調査。
8都市の都心部の魅力を比較したものです。


今日は、この『世界の都心総合力ランキング』上位3都市をみてみましょう。
コメントは、主任研究員 久保孝行さんです。


第3位 「ニューヨーク」

「NYというのは、非常に特有でして、都心と言われる機能は、ほとんどマンハッタンに集中しています。
例えば、劇場やミュージアムについては、ダントツで強いです。
世界3大文化都市として、原動力というのは都心部で支えています。
あと、都心から20km以内のところに、国際空港が3つあります。
気軽にタクシーで行けるほどの距離にありますので、ここも強みだと思います。」


NYでショッピングを連想する人も多いかもしれません。
でも、トップブランドの直営店は1つか2つで、3店、4店あるアジアの都市に負けているそうです。
加えて、NYの半径10キロ圏内には、ニュージャージーやクイーンズも含まれて、
他の都市に比べると、少し不利なんだそうです。


第2位 「東京」

「東京は、かなりバラエティに富んでいます。
いくつかある指標の中で、グローバル企業の数がダントツに多いんです。
フォーチュンという雑誌で毎年発表される「世界のグローバル企業TOP500社」で、
この中の50社以上が、東京に、しかも都心にあります。他の都市に比べてもダントツ1位。
さらに、レベルの高いレストラン、ミシュランの星付きレストラン、
その他の評価機関でも高い評価を得ているようなレストランもダントツ1位。
トップブランドの直営店。これもごとんどがフランス、イタリアのブランドが、すべて1位という数を誇っています。」


一方で、評価が低い部分は、都心部の移住人口が少ない。自然環境が少ない。
劇場やミュージアムの集客数が低い。国際空港へのアクセスは最下位。


この結果を受けて、中西哲生さんは、
「僕も30カ国以上行きましたけど、東京のご飯は美味しいです。相当美味しいと思います。
あと、東京は結構、緑が多いと思いますよ。皇居もそうですし、明治神宮、新宿御苑とか
いろいろあると思うんですがね。もっと必要なのかな?」


第1位 「パリ」

「そもそも、今回比較している都市の中で、一番小さいんです。だいたい東京23区の4/1程の規模なんです。
これは逆に言うと、小さな都市の中に、様々な魅力が凝縮されています。
内訳を見ると、20の要素の中で、ほとんどが平均点以上を確保しています。
バランスの良い、機能が分散されています。
その中でも特に強いのが、世界のトップ大学の数と学生数が、ダントツで多い。
あと、劇場やミュージアムの数と集客力が、ダントツで高い。文化的な面が、かなり強いと見えます。
さらに、高級ホテルやレストランが多い。
あと、交通網が充実しているなど、いろんな要素を見ても、相当バランスが良い都心を形成しています。」


ヨーロッパの中では、フランス・パリだけ行ったことがあるという古賀涼子さんは、
「セーヌ川から見る、近代化されたところと、歴史的な建物とが一緒に融合しているところが本当にステキなんですよね。」
それを受け、中西哲生さんは、
「新しいものと古いものが混在していて、セーヌ川が良い雰囲気を醸し出していますよね。
そして、エッフェル塔、凱旋門…。美術館も本当に良いものが多いですよね。」


人が街をつくり、街が人を作る。
東京も、これからさらに、魅力的な街になるといいですね。

最新「いいね!」記事ランキング(2011/5/26)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


facebookは日本にも、ずいぶん浸透してきましたが、
先日からこんなランキングが発表されるようになりました。
『最新「いいね!」記事ランキング』


fatlandという会社が、最近始めた無料情報提供サービスです。
facebook上の記事について「いいね!」の数の順位を発表しています。
『facebook-now』というwebサイト上に掲載されています。


今日は、この『最新「いいね!」記事ランキング』を見てみましょう!


第3位「携帯電話ブランド iida」→379「いいね!」

「人の手になじむよう考え抜かれた局面形状や、『INFOBAR』の代名詞とも言えるタイル状のキーなど、
すべてのデザイン要素がロジカルに決定付けられています。
深澤直人氏のインタビューは、こちらのfacebookページにて近日公開予定です」…という記事。


今月17日、iidaは初めてのスマートフォン「INFOCAR A01」を発表。
そのプロダクトデザイナー、深澤直人さんのインタビューもまもなく読めるということで、
ファンが「いいね!」をクリックしたのでしょう。


第2位「X JAPAN YOSHIKIさん」→415「いいね!」

「Just finished cocktail party with press and my dans. Again, all of my fans are the best!!」…という記事。


プレスやファンとカクテルパーティーをされたということで、
LA在住で世界を舞台に活躍するX JAPANのリーダー、YOSHIKIさん。
見てみると、「いいね!」をクリックしている方の国籍も様々です。その人気がうかがい知れます。


第1位「スターバックスコーヒー ジャパン」→485「いいね!」

「“スターバックスではいつもコーヒー”という方にぜひTRYして欲しいカスタマイズを公式ブログでご紹介します。
コーヒーにかけるスターバックスの情熱、フラペチーノにも注がれています。」…そして、URLが記されている記事。


そのURLにアクセスすると…
「『エクストラ コーヒー キャラメル フラペチーノ』=『キャラメル フラペチーノ』+コーヒー増量
=Bitter Sweetな大人のキャラメル味」
といった、この夏オススメのフラペチーノのカスタマイズがあります。
初夏の陽気になってきましたし、スターバックスファンが、「今年もフラペチーノの季節が来た!」と
「いいね!」するんでしょう。


このランキングは、fatlandが、およそ2000の国内向けfacebookページから情報収集したものだということです。
1週間ごとのジャンル別ランキングも公開を始めています。


どうして、こうしたサービスを始めたのか?
fatland代表取締役 山崎祥さんに伺ってみました。
「このfacebookというページは、本当に少ない資金で、固定のお客様を持っている方であれば、
まずは、その小さなコミュニティから始まって、どんどん周りを巻き込んでいくことが出来ます。
それが非常に大きな特徴だと思っています。
特に、今まで目にすることの無かった、小さな組織の動きをユーザーは、目にすることが出来ます。
今、18ジャンルありますが、これからは、このジャンルも増やし、見やすいものにしていくことで、
色んな価値観の人々に、目に付きやすい、探しやすい工夫をくっつけていければと考えています。」

「人気観光都市2011」ベスト3(2011/5/19)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


GWは終わり・・・そろそろ夏休みの旅行プランを考える時期。
世界29カ国で旅行情報サイトを運営する「トリップアドバイザー」が、
『人気観光都市2011』を発表しました。今日は、そのベスト3を発表!


第3位「マチュピチュ(ペルー)」

15世紀中頃、南米最後の先住民族国家。インカ帝国の遺跡「マチュピチュ」。
アマゾンの奥地、標高2000mのところにあって、山の裾野から見えないため、
400年も発見されなかった「空中都市」。
どうして、断崖絶壁にある不毛の地に都市を作ったのか?その目的は謎。
もちろん世界遺産の一つです。


第2位「シドニー(オーストラリア)」

好みによっていろんな楽しみ方ができるのがシドニーの魅力。
ビーチでくつろぐのも良し、サーフィンするのも良し。
シドニ−タワーに上れば360度の街景色を楽しめますし、タロンガ動物園に行けばコアラと触れ合えます。
もちろんショッピングもバッチリ!夜遊びもしっかり?誰もが楽しめる街です。


シドニーに何も行ったことがあるという中西哲生さんは、
「街が綺麗ですね。オペラハウスの景色も凄い綺麗ですし、いろんなことができる街ですので、シドニーはオススメです。」


第1位「ケープタウン(南アフリカ)」

昨年、ワールドカップが開催されたことで、日本の私たちも身近になったのが南アフリカ。
その一番南にある、つまりアフリカ大陸南端の街がケープタウン。
自然保護区の岬ではハイキングと海野絶景を楽しめます。
ビーチや国立植物園に車で行くこともできます。
日本から遙か遠いアフリカを踏みしめれば、何か新しい発見があるかもしれません。


南アフリカにはまだ行ったことがないという中西さんですが、
「南アフリカのVTRのナレーションをやったことがあるんですが、
南アフリカの景色が本当に綺麗なんですよ。特に、ケープタウンは喜望峰ですから、
太平洋とインド洋のちょうど間にあるんで、その二つの海が同時に見えるところは、
映像でももの凄く綺麗なんですよね。僕も行ってみたいです!」


…以上、旅行情報サイト「トリップアドバイザー」が選んだ『人気観光都市2011』ベスト3でした。


中西さんが、旅について、こう締めくくってくれました。
「“人は移動した分、成長する”といいますから、いろんなところに行って、いろんんなものを見るだけで、
どんどん自分が成長できると思います。」

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 111 | 112 | 113 | 114 || Next»