ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

大人になったら就きたい仕事ランキング(2011/5/5)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


今日は「こどもの日」!東京のららぽーと豊洲にある、こども向けの職業体験型テーマパーク
「キッザニア東京」で聞いた『大人になったら就きたい仕事ランキング』です。


ちなみに、中西哲生さんの子どもの頃の夢は、まさに「サッカー選手」!
古賀涼子さんも「アナウンサー」になりたかったそう。夢を叶えたわけです!


では、今の子どもたちは、将来どんな職業に就きたいのか?
「キッザニア東京」で聞いた女の子1位、男の子1位を発表!


女の子 第1位「パティシエ」

「パティシエ」の他に、「ケーキ屋さん」という声も多かったです。


男の子 第1位「サッカー選手」

男の子の就きたい職業1位は、「サッカー選手」でした!


他にも、大人になったら就きたい職業、沢山ありました。
「ファッションデザイナー」「忍者」「薬剤師」「中学校の先生」「獣医」「海賊」…etc.
子どもたちの可能性は無限大。こういう夢を守るのが我々大人の仕事ですね。

生態がよくわかる動物園ランキング(2011/4/28)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


明日からのゴールデンウィークを前に、『動物園ランキング』です!


最近の動物園は、以前と変わってきています。
見て楽しめるだけではなく、動物たちの生態がわかるように、
施設や見せ方に趣向を凝らしています。


日本経済新聞が発表したのが、専門家が選んだ「生態がよくわかる動物園ランキング」。
どの動物園のどの施設が見応えバッチリか!?
ゴールデンウィークに「動物園に行こう!」と思っている方、参考にして下さい。


『生態がよくわかる動物園ランキング』

第3位 長野市茶臼山動物園「レッサーパンダの森」

レッサーパンダの故郷、中国 四川省の涼しい森の再現を目指した「レッサーパンダの森」。
木を模した、あるいは岩を模した、人工的素材の使用はありません。
天然素材の草木を配して、本来の生育環境に近い空間を演出。
主食の竹を堪能したり、お昼寝したり、遊んだり、レッサーパンダの素の姿を堪能できます。


第2位 旭川市 旭山動物園「あざらし館」

2004年6月にオープンした「あざらし館」。
屋外には北海道内の漁港をイメージするため、小さな漁船やテトラポットがあります。
また、アザラシの野生環境を再現するために、ウミネコやオオセグロカモメ、オジロワシも飼育しています。
館内に入れば、アザラシの特徴的な泳ぎを円柱水槽「マリンウェイ」や大水槽でよく観察できます。


第1位 大阪市 天王寺動物園「アフリカサバンナゾーン」

天王寺動物園・飼育担当係長で獣医師でもある竹田正人さんに特徴を伺いました。
「いわゆるアフリカのサバンナを都心に再現しています。
草食動物と肉食動物を同時に植物を合わせて見て頂く体験をしてもらう目的で作りました。
複数の動物が同時に生活をしています。
例えば、キリン、シマウマ、牛の仲間のエランド、ダチョウ、ホロホロ鳥、アフリカハゲチョウというのが、
草食エリアで、同時に生活をしています。
そして、ある場所に行くと、彼らを背景に肉食動物が手前に見られます。
もう一つの特徴としては、サバンナゾーンの入り口には、カバを飼育、展示している場所があります。
カバは、1日の大半を特に水中で生活をしています。
既に欧米であった、カバの水中の様子を見て頂こうということで、
日本には無かった、カバの水中観察プールと作りました。」


狭い檻の中で暮らす動物じゃなくて、自然に近い生活環境で生き生きしている動物を見れば、
きっと子どもだけじゃなくて、大人も楽しめるはZOO!

2011年 世界のレストラン50選(2011/4/21)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


今日は、先日ロンドンで発表された『2011年 世界のレストラン50選』


2002年からこの催しを主催しているのは、イギリスの料理業界のプロ向け雑誌「レストラン・マガジン」。
これは世界を対象にした唯一のレストラン格付けです。
800人を超す世界の料理人、評論家、料理店経営者、美食家などが選ぶので、
“料理界のアカデミー賞”とも形容されるそうです。



第3位「ムガリッツ」(スペイン)

バスク地方のサンセヴァスチャン郊外にあるレストラン。日本の雑誌でも度々取り上げられるお店。
ミシュランでは2つ星ですが、現地では3つ星レストランを超える人気です。
お店は山の中にあり、広大な敷地内にはメインダイニングの建物の他、
野菜農園やゲストハウス、庭園やテラスもあるそうです。


中西哲生さんは、このお店に行ったことがあるそう!
「フランス国境に一番近いとところなんですけど、サンセヴァスチャンって海の向こうにフランスが見えるんですよね。
スペインの中でもフランスに影響を受けている場所で、非常に食事が美味しい場所なんですよ。実際、このお店に行ったことはあるんですけど、食べたことはないんです。でも、サンセヴァスチャンって場所は、本当に料理が美味しいですよ。」


第2位「エル・セレール・デ・カン・ロカ」(スペイン)

カタルーニャ地方ジローナにある「エル・セレール・デ・カン・ロカ」
長男がシェフ、次男がソムリエ、三男はパティシエ。という3兄弟が経営しているモダン・スパニッシュのレストランです。
昨年スペインで7軒目となるミシュラン3つ星レストランという栄誉も与えられています。


スペイン好きの中西哲生さんは、「スペイン好きなので、スペインに行ってスペイン料理食べますけど、ここ最近、スペインでもモダンな料理が増えてきて、レストラン内部もモダンで、スタイリッシュかつ料理も斬新ですね。もともとスペインはご飯おいしいですしね。それにモダンさも加わって、このお店も素晴らしいんでしょうね。」


第1位「ノーマ」(デンマーク)

昨年に続いて2年連続1位に輝いたのは、コペンハーゲンにある北欧の創作料理レストラン「ノーマ」。
料理長は33歳という若さ。ミシュランでも2つ星です。
食材はデンマーク国内産と近隣の北欧諸国産に限定しています。
その一方で牛乳を温めたときにできる膜や、野生のハマナス、白樺の木のシロップ、苔など珍しい素材を使うのも特徴。
ラディッシュを鉢植えしてあるかのような状態でサーブするなど、これまでの美食の概念を塗り替えるような料理を提供。
料理は7皿のコースで1人175ドル。今のレートでは、だいたい1万5千円。


ちなみに、日本からは東京・青山のフレンチレストラン「レ・クラシヨン・ド・ナリサワ」が12位に、
六本木の「日本料理 龍吟」が20位に入っています。


この結果を受けて中西さんは…
「偶然ですけど、たまたまこの日本の2軒も行ったことあります。洗練されていますし、当然のことながら美味しいですね。
でも、高いものだけが美味しいものではないのですしね。そんなに食べられませんし(笑)
普通に美味しいものをモリモリ食べて、みんなで元気出して行きましょう!」

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 112 | 113 | 114 || Next»