ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

よしひろさんオススメの映画情報!(2017/11/23)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


まずは、先週末の全国映画動員ランキングトップ5をご紹介!



第5位『 マイティ・ソー バトルロイヤル 』(公開3週目)

第4位『 泥棒役者 』(公開1週目)

第3位『 GODZILLA 怪獣惑星 』(公開1週目)

第2位『 HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION 』(公開2週目)

第1位『 IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 』(公開3週目)


以上、先週末の全国映画動員ランキングトップ3でした。
そして、スタジオにはおなじみの映画ライター・よしひろまさみちさんをお迎えして、11月11日より公開中の映画『人生はシネマティック!』について伺いました。


よしひろ:おはー♪ 祝日に呼んでいただいてありがとうございます。


中西:祝日に申し訳ありません…!今日もよろしくお願いいたします。


高橋:さあ、今日紹介していただくのは『人生はシネマティック!』という映画で、舞台は第2次世界大戦中のロンドン。映画製作に情熱を注ぐ人々を描いたラブコメディです。…ラブコメディ??


よしひろ:ラブコメディ、っていうだけじゃないんですよね。第2次世界大戦中の1940年、主人公のカトリンという女性が、ひょんなことから情報省というプロパガンダ映画を作っているエージェントに見初められるんです。この人は文才がある、ということで脚本チームに参加するんですね。で、当時は女性差別がすごい時代だったので、女性が仕事をするというだけでやっかみもあり、才能はあるんだけれどなかなか認められない、という状況なんです。でも、彼女を見初めたエージェントは、彼女の才能をものすごく買ってくれて、彼女はその世界でどんどん成り上がっていくんです。
なので、劇中で「映画作り」と「ラブストーリー」と「戦争映画」という3本の柱があって、それが同時に進んでいくんです。実はこの映画は、今年の秋にヒットした「ダンケルク」という映画と対になっていまして、劇中劇で作る映画が「ダンケルクの戦い」の話なんですよ。「ダンケルク」を観た方がこの映画を観ると、「裏でこういうことがあったのかもしれないね。」と思っていただけるのではないかと。
なにはともあれ、この作品は“ラブストーリー”の部分が上手く描かれているんですね。「戦争映画」と言ってしまうと女性は抵抗があるかもしれませんが、この映画はロンドンの街が爆撃されたりする戦争の悲しい部分も描かれるのですが、その中で粛々と彼女たちが仕事をしていくんです。ホントに粛々とやっていくの!とにかく映画作りだけに情熱を傾けていくという。それがどんどん報われていくんです。ベテラン俳優がものすごくワガママだったりだとか、その部分がコメディ・リリーフになっていて、戦争映画の暗さをすっ飛ばしてくれるんですよ。そういう風にやっていく中で、検閲があったりとか、やっかみあったりという、人間性がむき出しになっていくシーンが大量に出てくるんです。とてもハートフルな話であるとともに、女性が観ても“戦争映画”という枠に囚われないで観られる映画だと思います。


高橋:予告編を観たときに思ったのが、私「ダンケルク」も観ているんですが、あちらは“戦争の悲惨さ”を描いた作品で、もちろんそういう部分もあるのだと思うんですが、こちらはもう少しハートフルな部分も感じて、すごく共感できそう…というか「観てみたいな」と思う作品ですね。


よしひろ:そうなんです。“働く女性”を描いた映画、という立ち位置がすごく良いんですよね。この時代にこんなに強く仕事をしていた女性がいたんだ、という。元気が出ますよ!


高橋:批評を見てみると、素敵なセリフもたくさんあるんですか?


よしひろ:セリフもあるんですけれど、劇中劇のセリフがまた良いんですよ。「ダンケルクの戦い」で閉じこめられた連合軍を助けにいく双子の姉妹で、その話は実話、という設定なんですが、実はその双子の姉妹は「助けに行ってないのよぉ」とかね。ちょっとクスッと笑える話があったり(笑)。


高橋:おじいちゃん役者が「俺がおじいちゃんやるのか!?」って言っていたり(笑)。ちなみに監督とキャストの方は…?


よしひろ:監督はデンマーク出身のロネ・シェルフィグという人で、英国で仕事をしている方です。2009年の「17歳の肖像」という映画で、主演のキャリー・マリガンがオスカーにノミネートされていますね。で、あとビル・ナイというイギリスのベテラン俳優…皆さんご存知の「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのデイヴィ・ジョーンズ役のあの人なんですけれど、とにかく彼のユニークさが、全てにおいて笑いを誘うという。


高橋:寒くなってきましたから、そういうハートフルな映画をぜひ楽しみたいですよね。


よしひろ:これは男性が観ても女性が観ても、たぶん若い方が観ても分かりやすい映画だと思うので、そんなに小難しく考えずに観ていただきたいですね!


よしひろさんオススメの映画『人生はシネマティック!』は、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ 有楽町ほかにて全国ロードショー中です。


セカオワ・Saoriさんインタビュー!(2017/11/16)

カテゴリー:1113
null

木曜日は「カルチャー」。


今日はブックファーストの文芸書
最新週間ランキングトップ3からご紹介します!



第3位 『 女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 』西原理恵子(KADOKAWA)

第2位 『 陸王 』池井戸潤(集英社)

第1位 『 九十歳。何がめでたい 』佐藤愛子(小学館)


そして番組では、人気バンド「SEKAI NO OWARI」の“Saori”こと、藤崎彩織さんに初の小説「ふたご」についてお話を伺いました。


中西:今回、初の小説「ふたご」を出版されたということで、おめでとうございます!いま、出来上がったご自分の本を見て、率直にどういうお気持ちですか?


藤崎さん:この本は5年間ずっと書き続けていて、もう一生終わらないんじゃないかと思ってやっていたんですが、編集者の方が突然締め切りを設けられて、「えー、もう絶対ムリ!」って思いながら必死にやっていたら終わった、という感じで、今はまだフワーッとした空気の中にいますね。


中西:じゃあ、出版された実感がまだ沸いてきていない感じですか?


藤崎さん:そうですねぇ。


中西:これ、僕ビックリしたんですけれど、300ページ以上あって。こんなにたくさん書き下ろしで書かれたんだ、と思ったんですけれど、実はこれだけじゃなかったんですよね。


藤崎さん:そうですね。実際に書いたのはこれの倍くらいな量で、そこからいらないエピソードを削ったりとか…。


中西:小説は本来何かを生み出していく作業じゃないですか。“削る”という作業は辛くなかったですか?


藤崎さん:いらないエピソードとか、書いてみたいことがたくさんになってしまって、途中で飽和状態になっていたので、整理されていくのはすごく嬉しかったです。


中西:あとがきにも書いていらっしゃいましたけれど、生み出すことの苦しみはどの辺りに?


藤崎さん:最初は主人公が14歳から始まるので、いまの私が14歳くらいの気持ちを一生懸命思い出そうとするんですけど、それを理性的にどうかな、と思っちゃうとダメなので、当時の自分に戻るような気持ちで。実際に(文章を)書きながら泣いたりとかしたので、苦しい場面が多いんですけれど、自分も同じように苦しかったな、と思います。


中西:今回、なぜ小説を書こうと思ったんですか。


藤崎さん:5年くらい前に、ウチのヴォーカルのFukaseが「小説書いてみなよ」って言ってくれて、一度は「そんなのムリだよ」って言ったんですが、「やってみなくちゃ分からないじゃないか」というので、ちょっとずつちょっとずつ、ようやく今年形になったという感じです。


中西:例えば、曲や歌詞なんかにリンクしている部分はあるんですか?


藤崎さん:そうですね。この「ふたご」は自分の人生をベースに書いているので、SEKAI NO OWARIのエピソードが実際に入っているものと、そうでないものもあります。


中西:どういう方に読んでほしいですか?


藤崎さん:私たちの音楽は、小さいお子さんからおじいちゃんまで幅広い世代の方がライブにも来てくださっているので、この本も多くの人に手に取っていただけたらと願っています。


中西:人生ってやっぱり辛いことが多いじゃないですか。僕はこの小説が、その辛い出来事の先にどういったものがあるのか、というのが見える作品になっていると思うんですが、いかがでしょうか。


藤崎さん:そういう作品になっていれば良いな、と願っています。


中西:今後、次の小説を…といったことは考えていらっしゃいますか。


藤崎さん:そうですね。書き上げるまでは「これが書ければもういいや」と思っていたんですけれど、終わってみると、またやってみたいなぁと思いますね。


中西:じゃあまた、期待しています!


藤崎さん:はい(笑)ありがとうございます。


藤崎さんの実体験とリンクしている部分もあるという小説、セカオワファンの方もそうでない方も、ぜひ読んでみてください!


大人のための一輪車、あります!(2017/11/9)

カテゴリー:1113
null

木曜日は「カルチャー」。


今日はYahoo!ショッピング「スマートモビリティ」部門
ウィークリーランキングTOP3をご紹介!



第3位 『 電動スマートスクーター Airbike 』19,500円

第2位 『 Happy Run 10インチ ミニバランススクーター 』21,900円

第1位 『 Balance Wheel 』19,800円


そして今日、番組で取り上げたのは「電動一輪車」。皆さんどこかで一度は見かけたことがあるかもしれませんね。こちら、商品名は「Ninebot One」と言います。今日はスタジオに日本総代理店「株式会社オオトモ」の井上博さんをお迎えして、この「Ninebot One」についてお話を伺いました。


中西:おはようございます!実は今回の企画は、番組スタッフの数人が、最近偶然「Ninebot」に乗る人を別々に見かけたということで、「あれは何だ?」というところからスタートしています。で、早速ですがこの「Ninebot One」というのはどういうモノなんですか?


井上さん:はい。これはSegway社を傘下に持つ、中国・Ninebot社の商品です。


中西:Segway社が傘下になるんですね。


井上さん:はい。2010年にNinebot社がSegway社を買収、という形になりまして、今ではNinebotが親会社という形で「Segwayブランド」と「Ninebotブランド」の両方を持っています。


中西:「Ninebot One」はいつ発売されたんですか?


井上さん:こちら、初代は2015年の2月です。


中西:で。僕このオンエアが始まる前に実際に乗ってみたんです。これ、立つことは出来たんですが、操縦するのはなかなか難しいですよね。形で言うと、お掃除ロボットを立てたような形で、それに両足を乗せることが出来るようになっているんです。で、ハンドルがないので立つことも難しいし、操縦するのも難しかったんですけれど、上手く乗るためのコツみたいのはありますか?


井上さん:基本的に一輪ですので、自転車と一緒なんですけれど、止まっているときは立てないんですよね。なので、乗り出す方法としましては、まずは片足をステップに乗せた状態で、もう片足で前に蹴り出すんです。なので乗り始めにとしては、この蹴り出しが一番重要になってくると思います。


中西:慣れればスッと乗れるようになるんでしょうか?


井上さん:そうですね。展示会等でデモンストレーションをやりましても、100人のうちだいたい2〜3人くらいしかその場ですぐに乗れる人はいない、というような商品なんですね、実は。練習していただければ、皆さん乗れるようになると思います。


中西:乗れたらすごく気持ちよさそうな商品ですね。


井上さん:そうですね。すごく目立ちますし。


加納:これ、どうやって進むんですか?


井上さん:重心を前にかけると進んでいきますが、左右のバランスはご自身で取っていただかなければなりませんので、かなりアクティブな乗り物といえますね。


中西:これは世界にどれくらい普及しているんですか?


井上さん:Ninebot社が供給しているものとしましては、世界60ヵ国と言われております。


中西:購入された方は、どういう用途で使用しているんですか?


井上さん:一輪車ですので、大半がレジャー感覚といいますか。YouTubeなどにたくさんの動画が出回っていますね。


加納:日本国内ではどれくらい普及しているんでしょう。


井上さん:現在のが2代目になるんですが、だいたい販売台数は1200〜1300台くらい、といったところでしょうか。日本では公道で乗れないので、私有地で乗っていただく形になります。


中西:お値段はおいくらくらいで…?


井上さん:価格は12万円なんですが、実売でだいたい79,800円くらいで発売しております。


これはもう「大人のための一輪車」ですね。興味のある方は一度試してみてはいかがでしょう??今日は電動一輪車「Ninebot One」をご紹介しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 115 | 116 | 117 || Next»