ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

2018年おすすめのグリーンカーテンは?(2018/5/3)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今日は「アグリカルチャー=農業」の話題。といっても、ベランダで出来るグリーンカーテンづくりのお話です。
まずは、オーガニック・ガーデナー小島理恵さんに聞いた【 2018年おすすめのグリーンカーテン トップ3 】をご紹介!



第3位『 フウセンカズラ 』

小島さん:ゴーヤ(ニガウリ)よりも葉の形が繊細で、実の形が風船に似てかわいいのが特徴です。


第2位『 キュウリ 』

小島さん:皆さんご存知のあのキュウリです。キュウリもつる植物なので、ネットなどに誘引していくことが出来ます。夏場なら毎日食べても飽きないのでオススメです!


第1位『 ヨルガオ 』

小島さん:「夕顔」という名でも流通している、アサガオのような形の白い花を咲かせるつる植物です。アサガオだと昼にはしおれてしまいますが、ヨルガオは夕方から開花し始めるので、会社から帰宅する頃に花で迎えてくれます。さらに、甘い良い香りがするのもおすすめポイントです。



以上、オーガニック・ガーデナー小島理恵さんに聞いた【 2018年おすすめのグリーンカーテン トップ3 】でした。そして今日は、グリーンカーテン作りのコツについて小島さんに伺いました。


中西:今日ご紹介いただいた植物、それぞれの育て方のコツや注意点は?


小島さん:通常の草花や野菜と同様、プランターを準備して培養土を入れ、苗を植え付けるだけです。プランターはなるべく大きなものを用意した方が良いですね。大きく茂らせたいですし、5月〜9月くらいまでの夏の長い期間、元気に茂って欲しいので。水やりは「乾いたら・たっぷりと」というペースで。


中西:いつ頃までに始めれば良いですか?


小島さん:ゴールデンウィークあたりから、ホームセンターなどで苗が出始めると思います。なので、今から始めて大丈夫です。


中西:最近、グリーンカーテンで注目されている植物は?


小島さん:クレマチス(テッセン)などは花がきれいです。多年草なのですが、冬の間は葉が枯れる品種が多いので、植えっぱなしで毎年花を楽しむことができますね。あと、ゴーヤ(ニガウリ)も何品種かあるので、これまでゴーヤを育てたことのある方でも。違う品種のものを試してみるというのもおすすめです。


中西:暑くなる中で植物を育てるとなると、虫がちょっと苦手…という方もいらっしゃるはず。その対策は?


小島さん:まずは風通しと水はけを良くしておくことです。プランターの下にレンガなどをかませて、床とプランターの間に風通しを確保しておくと、ダンゴムシやナメクジなどの発生を防ぐことができます。


中西:昨年もグリーンカーテンをやっていた、という方に注意は?


小島さん:昨年と同じプランターを使用して構わないのですが、土を入れっぱなしにしていた方は、土を取り替えた方が良いです。生育が悪かったり、病気にかかりやすくなってしまうこともありますので。


ゴールデンウィークのオススメ映画はこれ!(2018/4/26)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


もうすぐゴールデンウィークですね。この“ゴールデンウィーク”という言葉、もともとはこの連休中に映画館を訪れる人が増える、ということで、映画業界がこの時期を呼ぶ言葉として定着したのだそうです。これがおよそ60年前のこと。果たして今年のゴールデンウィークはどんな映画が人気を集めるのでしょう?
まずは、先週末の全国映画動員ランキングトップ3からご紹介します!



第3位『 映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 〜拉麺大乱〜 』

第2位『 レディ・プレイヤー1 』

第1位『 名探偵コナン ゼロの執行人 』


以上、最新の全国映画動員ランキングトップ3でした。
実は1年前のこのランキングも、3位は「クレヨンしんちゃん」1位は「名探偵コナン」だったそうです。どちらも定番の強さ!
そして、今日はゴールデンウィークのオススメ映画をおなじみの映画ライター・よしひろまさみちさんに伺いました。


中西:さ。よしひろさん、今日は電話でのご出演なんですが…おっはー!


よしひろ:おっはー!じゃないんですよ。今はラスベガスにおります。


中西:今回は映画の取材ですか?


よしひろ:そうなんですよー。「ミッション:インポッシブル」の新作の取材で来ています。


中西:おおーっ!それも楽しみなんですけれど…今回はゴールデンウィークの映画ということで、早速伺っていきたいと思います。まず1本目は?


よしひろ:明日、4月27日より公開の「アベンジャーズ/インフィニティ・ ウォー」これですねぇ、明日になってみないと全く分かりません。ごめんなさい!実は、冒頭20分くらい見せてもらっているんですけれど、冒頭の20分だけでたぶん、普通の映画の3本分くらいの情報量が入っていて。これ2時間以上ある映画なので、一体どんな風になっているのか、推測でも語れません。明日、映画館で確かめてください。


中西:それを聞いただけでも期待感が高まりますけれど、続いて2本目は?


よしひろ:続いては、こちらも明日から公開の映画「君 の名前で僕を呼んで」という映画なんですが、こちらは1980年代の北イタリアが舞台となっていまして、17歳の少年と彼の父親の手伝いでやって来た大学院生、ふたりの美青年の淡い恋愛を描いた作品です。今年のアカデミー賞でも“台風の目”として扱われたんですけれど、何と言ってもこの17歳の少年を演じたティモシー・シャラメ、この子がものすんごい綺麗なんですよ!ギリシャ彫刻みたいな顔してるの。80年代に「モーリス」という映画がありましたが、それを作ったジェームズ・アイヴォリーが脚色をしていまして、アカデミー賞で脚色賞を獲っている作品でございます。


中西:なるほど。さ、ではゴールデンウィークにオススメしたい映画の3本目は?


よしひろ:はい、「レディ・プレイヤー1」でございます。こちらの作品、監督は皆さんおなじみのスティーヴン・スピルバーグで、VRの世界を舞台にしたお話となっています。VRの中のお話ではありますが、いわゆる“宝探しアドベンチャー”という、80年代に「グーニーズ」などで盛り上がった世代にはもうドンズバですね。もう“胸熱”“ドンズバ”。で、80年代のサブカルチャーをフィーチャーした映画なんですけれど、ガンダムやキティちゃんといった日本発のキャラクターも、ものすごくたくさん出てくるんですよ。


中西:なるほど、分かりました!僕もこの映画見たくなりました!!


皆さんはどの映画が気になりましたか?ゴールデンウィークはゆっくりと映画館に出かけてみてはいかがでしょう?


この時季に意識して摂りたい食材とは?(2018/4/19)

カテゴリー:1113
null

木曜日は「カルチャー」。


4月も後半となりましたが、
冷え込む日と汗ばむくらいの日が交互にやってきて
体調を崩している方も多いのではないでしょうか。
そんなときはまず、日常の食生活から
心と体のコンディションを整えていきたいですね。


ということで、今日はフードコーディネーターで
国際中医薬膳師の大友育美さんがおすすめする
「この時季、特に意識して摂りたい食材」のトップ3をご紹介します。



第3位『 いちご 』

第2位『 あさり 』

第1位『 セロリ 』


以上、フードコーディネーターで国際中医薬膳師の大友育美さんに伺った「この時季に意識して摂取したい食材」のトップ3でした。そして今日は、スタジオに大友さんをお迎えしてお話を伺いました。


中西:薬のお膳、と書いて薬膳。こちらはどういう考え方で成り立つものなのでしょう。


大友さん:薬膳は、中国の伝統医学の考えを基にした食と生活の養生法です。薬膳では、自然界のすべての要素を5つに分けて考える「五行説」があります。五行の春に対応する色は「青」、味は「酸」になります。ここで言う青とは緑のことで、山菜や葉物など緑の野菜、味は柑橘などの酸っぱいものがおすすめの食材です。山菜は冬の寒さで毛穴が閉じ、巡りも悪くなって老廃物が溜まった体をすっきりデトックスしてくれます。


中西:ではこの薬膳の基本を踏まえて、先ほど伺った「この時季に摂りたい食材」のトップ3をおさらいしましょう。まず、3位の「いちご」は?


大友さん:酸味のいちごはお腹の調子を整え、のどを潤して空咳を鎮めます。皮膚の抵抗力を高め、目元のクマやシミにも効果的です。ただし、冷えが気になる方は食べ過ぎにご注意ください。


中西:続いて、2位の「あさり」はどうでしょう。


大友さん:「肝」の働きが活発になると「血」が不足しがちになり、気分が落ち込んだり、だるさなどの不調が出やすくなります。あさりは血を補い、心を安定させる効果がありますので、五月病の予防にもなります。あさりの他には、牛肉やイカなどもおすすめです。


中西:最後に1位の「セロリ」は?


大友さん:春はストレスやイライラと関係の深い「肝」の気が上がり、頭痛・不眠・目の疲れなどが出やすくなります。肝の記を下ろして落ち着かせる、香りの良いセロリがおすすめ。セロリの他にもミントや三つ葉などでも効果が期待できます。


中西:寒暖の差が激しいこの時季、薬膳ではどういう食事が好ましいとされるのでしょう。


大友さん:急に気温が下がった寒い日に体を温めてくれる旬の食材は「にら」や「かぶ」。「えび」もおすすめです。逆にグッと気温が上がった日には、紫外線が気になります。紫外線対策には「トマト」が効果的です。ほてりをクールダウンして潤いを補い、血行をよくしてシミやくすみを改善します。また、日差しを浴びてしまった場合は「きゅうり」「アスパラ」「なす」でクールダウンするのも効果的です。


大友さんの著書『おくすり味噌汁 114』は、薬膳の考え方を反映したお味噌汁のレシピ本。こちらもぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 123 | 124 | 125 || Next»