ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

よしひろさんオススメの映画情報!(2017/9/21)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


まずは、先週末の全国映画動員ランキングトップ3をご紹介!



第3位『 三度目の殺人 』(公開2週目)

第2位『 ダンケルク 』(公開2週目)

第1位『 エイリアン:コヴェナント 』(公開1週目)


以上、先週末の全国映画動員ランキングトップ3でした。
そして、スタジオにはおなじみの映画ライター・よしひろまさみちさんをお迎えして、この秋オススメの映画について伺いました。
今日ピックアップしたのは、9月9日より公開中の『ダンケルク』と、9月29日より公開の『ドリーム』の2作品です。


高橋:よしひろさん、おっはー♪よしひろさんは8月10日以来のご出演ですが、どうでしたか?今年の夏は。


よしひろ:今年の夏…えっと……マイナス50点くらい…ですかね……。ビール腹です…はい……。


高橋:そうなんですね(苦笑)。ちょっとそれ以上ツッコめない…。そんなよしひろさんオススメの秋の新作映画、1本目は先週末の動員ランキングでも2位に入っていた『ダンケルク』。
『ダンケルク』は、第二次世界大戦の西部戦線が舞台。ドイツ軍の猛攻に追い詰められたイギリス・フランス連合軍40万人の兵士。イギリスが決行した救出作戦を『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督が描きました。


よしひろ:万里恵さんはもうご覧になったんですよね。今までクリストファー・ノーランの作品って2時間半超えばかりだったんですが、これ“やればできるじゃん!”106分なんですよ(笑)。ただ、これは106分よりも長いと、こっちが保たない!


高橋:はい、分かります分かります(笑)


よしひろ:40万人が取り残されたのは陸なんですね。で、そこに空と海から援軍が来て、その様子を描く救出劇なんですが、実は「陸」「海」「空」全て時間軸が違うんですよ。陸が1週間、海が1日、空が1時間。それが合わさって描かれるんですけれど、最後の最後で時間軸が違うことに気づかされるんです。色々なギミックが隠された映画なんですね。歴史の事実としては、ググっていただければすぐに全部が出てきちゃうくらいに有名なお話だそうで、キャスト全員、監督も含めてですが、子どもの頃から聞かされている戦争のお話だったと。で、それを世界に広める、というところもありつつのお話なんです。


高橋:私は「ダンケルクの奇跡」というのは、この映画がきっかけで調べて知ったので、戦争中にこんな救出作戦があったのか…と驚かされました。


よしひろ:そうなんですよ。「民間船も助けに行け」というチャーチルの号令がかかって。最初のシーンで駆逐艦や赤十字の救出船がみんなやられちゃうんですよね。


高橋:そうなんですよ!ここからこの映画は、どうやってこれだけの人を救出するんだろう、って。


よしひろ:そう。で、ものすごいたくさんの兵士がダンケルクの港に押し寄せている、というシーンがあるじゃないですか。あれも、CGをあまり使いたくないから、2000人くらいはエキストラなんですけれど、あとは…厚紙(笑)厚紙で足してるんですって。


高橋:えっっ!??そうなんですか!!!!


よしひろ:本当にもう、クリストファー・ノーランっていうのは変わった監督で、いろいろ本物にこだわりすぎているんですよ。空を飛んでいる英国空軍の飛行機も本物なんです。本物を買ってきて飛ばしたっていう(笑)。


中西:買えるんだ(笑)


よしひろ:買えるんです!億かかるそうですけれど…。


高橋:すごい映画でした!


よしひろ:ねぇ。息詰まる106分を楽しんで欲しいですね。もうとにかく、ぜひIMAXで!


高橋:そして2本目にご紹介するのは、来週金曜日より公開の『ドリーム』。
物語は、米ソ冷戦化の1960年代。ソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げるアメリカ。その中でNASAを支えた3人の黒人女性数学者の知られざる活躍を描く実話ドラマです。


よしひろ:『ドリーム』というタイトルだけだと分かりにくいかもしれませんが、“知られざる活躍”という部分にピンと来ると思います。実はこれ、原題は「Hidden Figures(訳:知られざる人々)」というタイトルで、オスカーの候補にもなっている作品なんですね。なぜ“知られざる”だったかというと、彼女たちがやっていたのは、NASAには絶対必要不可欠な仕事だったんです。コンピュータができるまで、あの細かーいデータ計算は全て人力でやっていたんですね。で、それを彼女たちがやっていたという…。天才数学者の塊だったんですよね。その中心となるのがキャサリン・ドロシー・メアリーという3人で、それぞれに才能は違うんですけれど、彼女たちが黒人差別・女性蔑視という時代の中で成り上がっていくためには仕事で認められるしかないんですけれど、その活躍を面白おかしく描いていて、娯楽作として楽しめるんですよ。超娯楽、これ!


高橋:予告で3人がNASAに入ろうとして止められるシーンを観たんですが、これでもうすでに面白いというか…。


よしひろ:そうなんですよ。キャサリンは白人だらけの部署に配属になるんですが、そのビルの中には白人専用のトイレしかないんです。なので、黒人のいる棟に行かなければならないので、トイレに行くのに20分もかけている、往復1時間!っていう…。


高橋:やっぱり秋の映画鑑賞って良いですし、『ダンケルク』と『ドリーム』全く違うタイプの映画ですよね。


よしひろ:でもやっぱり娯楽は娯楽ですから、別の意味で楽しんでいただける作品だと思いますので、今週末にでもぜひ!


よしひろさんオススメの2作、あなたはどちらを劇場の大スクリーンで観ますか?
今日は先週末の全国映画動員ランキングトップ3と、よしひろさんオススメの映画2作品をご紹介しました。


47都道府県コンプリートしてみる?(2017/9/14)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


まずは、Amazon「スナック菓子 売れ筋ランキング」ベスト5をご紹介!
全国映画動員ランキングトップ3をご紹介!



第5位 東ハト『 キャラメルコーン 』

第4位 カルビー『 グラン・じゃがビー ハーブソルト味 』

第3位 カルビー『 じゃがビー しあわせバター 』

第2位 カルビー『 じゃがりこ サラダ味 』

第1位 カルビー『 ポテトチップス のりしお味 』




以上、Amazon「スナック菓子 売れ筋ランキング」ベスト5でした。
ランキングの1位〜4位を独占したカルビーは47都道府県の“地元ならではの味”をポテトチップスで再現する『♥︎JPN(ラブジャパン)』企画を8月に発足させました。
来週の月曜日、その第1弾が発売になります。
さっそく一口いただいてみましょう。
ん!?青森はニンニク!!
スタジオに、カルビー株式会社 野原和歌さんをお迎えして、お話を伺います。


高橋:47都道府県の“地元ならではの味”をポテトチップスで再現するというプロジェクト『♥︎JPN(ラブジャパン)』。
各都道府県のポテトチップスは3回にわけて発売されます。
第1弾は9月18日
第2弾は11月13日
第3弾は来年2月の予定
となっています。


中西:第1弾は17品が発売されます。野原さんにいくつか持ってきていただきました。
例えば、京都はちりめん山椒。さっそくいただきます。


野口さん:ほかには、京風昆布だし味や抹茶味といった候補もあったのですが、京都はこちらのちりめん山椒味に決定しました。。


高橋:中西さん、味はどうでしょう?


中西:ほおぉ、これはうまいよ!かなりの完成度だよ、これは!!!
そして、続いて、福島いきましょうか。


高橋:福島は何味ですか?


野口さん:いかにんじん味ですね。
弊社の社長が出身なんですけども、「自分が小さい頃から食べていた味を」ということで、それがプロジェクトの一番最初の商品となっております。昨年度に発売しました。


中西:イカとにんじんって合いますね!


高橋:味はいかがですか?


中西:え?ダジャレですか?(笑)


高橋:え?あっ、ホントだ!びっくりした!(笑)
いかにんじん味を子供たちが食べているのをテレビで拝見して、すごく喜んでいっぱい食べてたのを見て、私も食べたい!って思ってました。
そして、第1弾はほかにもありまして、
秋田は、しょっつる鍋味
長崎は、あごだし味
宮崎は、チキン南蛮味
です。


中西:47都道府県のポテトチップスを作ろうというプランは、いつ頃どこで始まったものなんですか?


野口さん:先ほどの、いかにんじん味を発売すると、非常に売れ行きが良くて、しかも、いつもポテトチップスを食べている方ではなかったんですね。それを受けて、すごく愛されている商品だということで、昨年9月に、47都道府県のをやろう!ということが決まって、約1年をかけて発売に至りました。


中西:社内では、どういった企画となっていたんですか?


野口さん:社長が「47都道府県」と言った瞬間、社内は「47都道府県、全部ですか…」と、最初はとてもとてもビックリしたんですけど、いかにんじん味の経験を通じて、地元ですごく愛される商品だということがわかっていたので、社内の関係各所、色々な部分に至る所までのありとあらゆるメンバーが揃ってプロジェクトを立ち上げていきました。


中西:これは大変だぞ…。という雰囲気は無かったんですか?


野口さん:実際にやり始めて気が付いたのですが、とても思い入れのある味であることから、試作品を作っても、県知事や市長はもちろん、ほかの関係機関の方や地元の方々にちょっと違うと言われ、もう一度作り直し、まだ違うと言われれば、また作り直しということで、かなり多くの試作を作り続ける事になりました、47都道府県分をですね。


中西:そんな中、各都道府県の味はどのように決まっていったんですか?


野口さん:今回、カルビーとしては色々な異例の事をやっています。コミュニケーションの部分で広報が入りつつ広告も入りつつ、マーケティングも地元のマーケティングや営業も入り、カルビーとしては総力戦でやっていますので、一県ごとにカルビー側だけでも約15名くらいはプロジェクトに参加している形になります。


中西:実際に商品開発に携わった皆さんにはどういった経験が得られましたか?


野口さん:私たちだけでは作り得ない味でして、皆さんの思いがあって作ることが出来たということでは、我々としては、未知数の味に挑戦することが出来たような、とても骨太のプロジェクトになっております。


中西:今回のプロジェクトを通して、日本がどうなることを願ってらっしゃいます?


野口さん:この商品を皆さまに愛していただけるか少し不安なんですけど、これを通じて少しでも「地元って良いよね、日本って良いよね」と思っていただき、ご家族と会話していただき、日本が少しでも元気になって行くことを願っております。


中西:そして、プレゼントキャンペーンも展開するんですか?


野口さん:はい、そうなんです。ツイッターの方で展開しておりまして、ぜひ皆さんに地元への愛をつぶやいていただければと思っています。そして、その方に地元の味をプレゼントするという企画になっております。


中西:ほぉ〜、なるほどね!
第1弾が9月18日に17品ということなんですけど、これからも、さらに出てくる味もあるということなんですよね?


野口さん:第2弾、第3弾と控えておりますので楽しみにしていてください。


高橋:最後に私も食べて良いですか?
これだけ、愛情がこもっているポテトチップス…、ん〜いただきます!宮崎のチキン南蛮味を。
ん!タルタルがちゃんと感じられる!!美味しい!!!


中西:ぜひ皆さん手に取ってみてください。




今日はAmazon「スナック菓子 売れ筋ランキング」ベスト5と、カルビー『♥︎JPN(ラブジャパン)』をご紹介しました。

「ヴェネツィア国際映画祭」コンペ部門出品のあの作品をピックアップ!(2017/9/7)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


まずは、8月26日(土)27日(日)の
全国映画動員ランキングトップ3をご紹介!



第3位『 ワンダーウーマン 』(公開2週目)

第2位『 怪盗グルーのミニオン大脱走 』(公開7週目)

第1位『 関ヶ原 』(公開2週目)


以上、先週末の全国映画動員ランキングトップ3でした。
そして今日は、現在開催中の「ヴェネツィア国際映画祭」のコンペティション部門にも出品されている、あさって9月9日土曜日より公開の映画『三度目の殺人』をピックアップ!宣伝担当の山口樹さんをスタジオにお迎えして、お話を伺いました。


高橋:9月9日の土曜日から公開される映画『三度目の殺人』は、『誰も知らない』『海街diary』の是枝裕和監督最新作。是枝監督作品では『そして父になる』でも主人公を演じた福山雅治さんが主演を務めるミステリー・サスペンスです。
監督する作品では脚本も手がける是枝監督。社会問題をとらえた作品が多いのですが、今回はオリジナル脚本で、初めて殺人事件を扱った作品となっています。


中西:まず、主な登場人物について教えてください。


山口さん:はい。まず福山雅治さん演じる弁護士の「重盛」この方はとにかく“勝ち”にこだわり、法律をビジネスと捉えている弁護士です。それから、殺人の容疑をかけられている「三隅」を役所広司さんが演じています。そして、この事件の鍵を握る少女、「被害者の娘」を広瀬すずさんが演じています。


中西:どんなストーリーなんですか。


山口さん:“勝ち”にこだわるクールな弁護士・重盛が、二度目の殺人の容疑を掛けられている三隅を弁護することになります。この三隅の供述が二転三転して、“真実”は何だったのかをクールだったはずの重盛が追い求め、そしてその先にある真実が何だったのかをゴールに走っていくストーリーですね。


中西:この映画のテーマは?


山口さん:「人は本当に人を裁けるのか」「真実はどうやって分かるのか」そういうところを投げかけられている、少し難しいんですが、そういうところがテーマになった作品です。


高橋:山口さんは、完成した作品をご覧になっていかがでしたか。


山口さん:正直、もう一回二回観ないと、本当のところは分からないという気持ちになりましたね。


高橋:それはストーリーが?


山口さん:そうですねぇ…あんまり言えないんですけれど(笑)


高橋:私も是枝監督の作品は何作品か拝見していますが、どれもすごく映像が美しいじゃないですか。今回初めて、題材が「殺人事件」ということなんですが、映像はどうなんですか。


山口さん:今回も非常にこだわりがあります!法廷の中での“影”と“光”このこだわりも非常に強くて、本来法廷には窓がないんですが、それをつけて顔の陰影を際だたせたりと、非常にこだわって撮影されています。


中西:法廷のシーンの他には?ネタバレにならない程度に…。


山口さん:例えば、重盛と三隅が接見室で対峙するシーンは全部で7回あるんですが、これがどんどんどんどん変わっていって、もう見応えが…すごいです、この接見室のシーンは。


中西:この映画はどういった方にオススメしたいですか。


山口さん:最近のよくある映画…勧善懲悪モノに飽きた方には、特に楽しんでいただける作品だと思います。単に答えを求めるだけではない…ある意味難しい映画なんですけれど、「自分で観たい」「主観的に観たい」という方には非常に良い映画なのではと思います。


高橋:是枝監督ご自身は、この作品についてどんなことをおっしゃっていますか。


山口さん:「すごく挑戦的な映画だった」とおっしゃってますね。これまではファミリー向けのものだったりしたんですが、何度も言うように、単に答えを求めるだけの結論ではないので、そういう意味で「すごく挑戦的だった」とおっしゃっているのだと思います。


高橋:福山雅治さんは『そして父になる』以来、是枝監督の作品には2度目の主演ですが、福山さんはこの作品について何ておっしゃってましたか。


山口さん:「こういう形で出られて、非常に贅沢な経験だった」とヴェネツィアでの最新のコメントでおっしゃっていましたね。


「ヴェネツィア国際映画祭」の授賞式は、映画の公開日と同じ9月9日!良いニュースが届くと良いですね。
今日は先週末の全国映画動員ランキングトップ3と、9月9日から公開の映画『三度目の殺人』をご紹介しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 112 | 113 | 114 || Next»