ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

秋に読みたい恋愛作品は…?(2017/11/2)

カテゴリー:1113
null

木曜日は「カルチャー」。


いまはちょうど「読書週間」ですが、皆さんは最近面白い本に出会いましたか?
今日は10月に歌舞伎町にオープンしたばかり、愛をテーマにした本を扱う書店「歌舞伎町ブックセンター」がオススメする【この秋に読みたい恋愛モノTOP3】をご紹介!



第3位 『 白河夜船 』よしもとばなな

抜けられない息苦しさを「夜」に投影し、生きて愛することのせつなさ、また、その喜びを描いた作品です。表現の穏やかさがひとりで過ごす秋の夜長にピッタリの一冊。


第2位 『 積極−愛のうた 』谷川史子

亡くなった妻が悲しむから、と女子学生と目も合わせない教授。助手の美幹はそんな教授が気になって…。不器用な愛を描く作品、切ないけれど前向きになれる1冊です。


第1位 『 I Love Youの訳し方 』望月竜馬

“I Love You”あなたならどう訳しますか?かつて夏目漱石は「月がきれいですね」と訳しましたが、100人の作家による100通りの“I Love You”の訳し方をご紹介。この秋、誰かに「I Love You」と伝えたい方におすすめ!



以上、新宿・歌舞伎町にある“愛”をテーマにした書店「歌舞伎町ブックセンター」おすすめの【この秋に読みたい恋愛モノTOP3】でした。そして今日は、この書店の書店員で、歌舞伎町でホストもされているMUSASHIさんにお話を伺いました。


中西:MUSASHIさん、今日はこんな朝早く…というか、夜遅くになるんですかね?お越し頂いてありがとうございます。まず、この「歌舞伎町ブックセンター」の店員さんは、皆さんホストということなんでしょうか??


MUSASHI:そうです。昼間は歌舞伎町の書店で働いて、夜はそのままお店に出勤します。


中西:ええっ?いつ寝ているんですか。


MUSASHI:午前中にちょっとだけ寝て、そのあと本屋に行ってからお店に出勤して、お酒を飲んで…の繰り返しですね。


中西:すっごい元気!こちら、書店としてのコンセプトを教えてください。


MUSASHI:ホストが書店員としてお客様を接客することによって、よりお客様ひとりひとりにコミットした本を選出できる、というところです。


高橋:じゃあ、相談にも乗ってもらえるんですね。


MUSASHI:そうです。マンツーマンでお話するので、よりお客様が望んでいる本を一緒に探せると思います。


高橋:本の品揃えのテーマみたいのはあるんですか?


MUSASHI:全て“愛”をテーマにした本を揃えております。


中西:あの、すみません…お金はかからないんですよね??


MUSASHI:もちろんです!本の値段だけです。


中西:“愛”がテーマということで、どんな品揃えなんでしょう?


MUSASHI:古典的名作からBL漫画まで、書店員が本気でオススメしたい作品を並べているため、今のところ品数は少ないんですが、これからもっと増やしていく予定です。


高橋:スタッフが実際にお店を訪れて面白いと思ったのが、本にカバーがかけられていたということなんですが、これはどういうことなんでしょう?


MUSASHI:カバーの色毎にジャンル分けされていて、赤が「情熱的な愛や家族愛」をテーマにした作品、ピンクが「官能的、ピュアな愛」、黒が「嫉妬や憎悪、ダークな愛」をテーマにした作品とジャンル分けしています。


高橋:やっぱり書店員の皆さんは、本が好きな方が多いんですか?


MUSASHI:僕は本が好きで始めたんですけれど、これから本を知っていきたい!という書店員もいますね。


高橋:私はホストクラブには行ったことがないんですけれど、こちらに伺えばホストの方とお話をしながら本を選ぶ、という体験も出来ますね。


MUSASHI:そうですね。それ、新しいです!


中西:逆に、最初に本屋さんを訪れて本を購入したお客さんで、そのあとお店の方にもいらしたという方はいらっしゃるんですか??


MUSASHI:いまのところはまだ、ないんですよねぇ…。


高橋:今後、何かこんな企画があるんだよ、みたいのはありますか?


MUSASHI:僕、個人的には本を読みながらお酒を飲む「朗読会」みたいのをやってみたいと思いますね。ちょっと官能的な作品を…。(笑)


今日のスタジオは、朝からちょっとオトナな雰囲気!?興味を持たれた方は一度「歌舞伎町ブックセンター」を訪れてみてはいかがでしょう。


「美尻王子」降臨!(2017/10/26)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


まずは、Amazonの「家庭医学・健康」本の売れ筋ランキングトップ3をご紹介!



第3位『 世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ 』仲野広倫(アチーブメント出版)

第2位『 医者が教える食事術 最強の教科書 』牧田善二(ダイヤモンド社)

第1位『 脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める Kindle版 』築山節(NHK出版)


以上、Amazonの「家庭医学・健康」本の売れ筋ランキングトップ3でした。
そして、スタジオにはバレエダンサーの竹田純さんをお迎えして「最近寝ても疲れが取れない」というあなたにオススメのエクササイズを教えていただきました。


中西:竹田さんは「美尻王子」として話題の方です。若くて爽やかでかっこいいですねー。そして姿勢がすごく良い!


竹田:ありがとうございます。こんなに朝早くから褒められるなんて…!


高橋:(笑)さて、そんな竹田さんは世界文化社から「疲れとりストレッチバレックス 」という本を出版されていて、寝ても取れない脳と身体の疲れ解消法を伝授しています。この「バレックス」という言葉は初めて聞きましたが?


竹田:「バレックス」は、バレエとリラックスを合わせた造語でして、脳と身体を同時にリラックスさせる、僕の最新ストレッチ本になります。床の上のバレエ・エクササイズ「床バレエ」から見つけ出したストレッチですね。


高橋:こういう社会人の方は意外と多いと思うんですが、寝ても取れない疲れは何か原因ですか?


竹田:それは脳の疲れが原因となります。能で処理しきれない負荷がかかると、リラックス効果がある自律神経の副交感神経が稼働せず、活動的な交感神経がずーっと作用し続けていて、それで疲れが溜まってしまうのです。


高橋:そして、脳と身体のリラックスのため、竹田さんが「決め手」としているのが「寝っ転がり」の姿勢だそうですね。


竹田:「寝っ転がり」は身体への負荷が最もかからない姿勢で、背中や肩に力が入らないので、正しい位置でストレッチが出来ます。また、寝っ転がることで副交感神経のスイッチも入ります。


高橋:この竹田さんの本にはいろいろなストレッチ法が書かれていまして、私が参考にしたいと思ったのは「お風呂でのバレックス」です。


竹田:入浴時にはストレスが解放されるので、バレックスをやっていただくと疲労の回復が倍増するかもしれませんね。今日は入浴している最中に出来るものをご紹介しましょう。
まずは、入浴している最中などに、お顔を右か左のどちらでも良いですので傾けていただいて、お鼻を肩の方に近づけてみてください。で、あごでゆっくり半円を上の方に描くことをイメージしてみてください。で、反対側もやって戻ってくる。これを自然な呼吸でやっていただくと良いでしょう。サンライズ・サンセット、みたいな…


中西:なるほどね。半円なイメージですね!


竹田:そうなんですよ、すばらしい!よく分かってる。身体とか動かしてらっしゃるんですか?


中西:一応ね、昔ちょっとサッカーやってたんです。


竹田:すばらしい………


高橋:(笑)もういいんです。彼の身体のことは!もう一個行きましょう!
続いては、「次の日朝早いから、早く寝たいのに眠れない…」というときにオススメのバレックスは何かありますか?


竹田:では、ベッドの上で行うバレックスを紹介します。片方の膝、左の膝を持ちましょう。で、その抱えた左の膝を右側に倒します。そのまま顔を反対側に向けて3呼吸。で、ゆるめたら今度は反対側も同じように行います。こういったものも結構リラックスできますので、ぜひやってみてください。


竹田純さんの著書「疲れとりストレッチバレックス 」には、今日ご紹介いただいたもの以外にもたくさんのストレッチが掲載されていますし、ヒントもたくさんあるのでぜひ手にとってみてください!


よしひろさんオススメの映画情報!(2017/10/19)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


まずは、先週末の全国映画動員ランキングトップ3をご紹介!



第3位『 アウトレイジ 最終章 』(公開2週目)

第2位『 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) 』(公開1週目)

第1位『 劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel]」 』(公開1週目)


以上、先週末の全国映画動員ランキングトップ3でした。
そして、スタジオにはおなじみの映画ライター・よしひろまさみちさんをお迎えして、10月27日より公開になる映画『ブレードランナー 2049』について伺いました。


高橋:よしひろさん、おっはー♪ちょっと遅い夏休みでハワイに行かれたそうですね。


よしひろ:そうなんです。友達の結婚式にかこつけて、ここで休まなかったら、今年は夏休みナシはだと思って。ダラダラ、ダメ人間でしたっ!


高橋:さて。今日もよしひろさんにオススメの映画をご紹介いただくんですが、これ、気になっている方も多いのではないでしょうか。1982年に公開されたSF映画の金字塔の続編『ブレードランナー 2049』いよいよ来週の金曜日に公開が迫っています。


中西:1982年の『ブレードランナー』は、『スターウォーズ』シリーズに負けないくらい熱狂的なファンを生みました。『スターウォーズ』よりもカルト的な人気があった、と言って良いと思います。


高橋:それから35年。この作品をよく知らない方のために、どんな作品だったか教えてください。


よしひろ:はい。『ブレードランナー』は、日本では1982年の夏に公開されました。『スターウォーズ』よりも…という表現が想像もつかないくらい、当時はヒットしなかったんです。何故かというと、同じころに『E.T.』が公開されたんです。なので、これはあとからジワジワとファンが増えていった作品ですね。もとは、フィリップ・K・ディックという人の小説が原作で、これがタイトルひどいんですけれど(笑)「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」っていうタイトルなんですけれど、これがよく「ブレードランナー」になったな、と。
こちらは「人造人間=レプリカント」が登場している近未来、2019年を舞台にしたSF映画です。現実ではあと2年ですね(笑)。植民地の惑星から脱走して地球に逃げ込んだレプリカントと、それを追うブレードランナー、これはレプリカント狩りみたいな人たちですね。そのお話なんですけれど、当時としては「ザ・未来」という「これ、未来だよね!?」みたいな風景を見せてくれた、映像美が凄い作品として、熱狂的なファンを獲得しました。ま、そこには日本語が書かれていた、というのが一番の話題だったんですけれどね。ネオン街は歌舞伎町をモデルにしているそうです。街のあちこちに漢字が登場したりして、だから余計に日本人は熱狂したのでしょうね。主演はハリソン・フォードでございました。


高橋:今回はその30年後が舞台ということで、どんなストーリーなんでしょうか。


よしひろ:はい。今回はLAが舞台となっていまして、LAはもう人が住めない様な状態になっているんですね。で、やっぱりまだレプリカントを退治するブレードランナーがいまして、今回の主役はライアン・ゴズリングが演じる“K”というブレードランナーなんですが、とあることで30年前の旧型レプリカントの骨を見つけるんです。それが世界を揺るがすことになるんじゃないか、ということで、ちょっと辿らなければならない。で、その時代の世界を牛耳っている巨大企業があって、そこにいけば何か分かるんじゃないかと。
この30年の間に世界規模での大停電があって、それが世界を破綻させたということになっているんですが、そのデータを発掘したところ、30年前に失踪した、ハリソン・フォード演じる“デッカード”が絡んでいることが分かるんですね。これによって“K”は“デッカード”を追わなければならなくなるんです。


高橋:じゃあ、ハリソン・フォードも出てくるんですね。


よしひろ:出るんです!ちなみに、来週来日します。


高橋:ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングというだけでアガるんですが、実際にご覧になってどうでした?


よしひろ:それがですね…ものすんごく良いんです!!2時間40分もある長尺の映画なんですが、びっくりするくらいあっという間でした。冒頭はほとんど説明もセリフも少なく、映像だけで見せるので、はじめは何が起こっているのか分からないんですが、途中からどんどんアクション、サバイバルが入ってきて、ハリソン・フォードが入ってきてからは、物語がたたみかけるように転がっていくという。初めて見る人でも「あれ、これなんだろう?」と思っているうちに、どんどん物語に引き込まれます。


高橋:あっ、じゃあ前作を見ていなくても大丈夫なんですか?


よしひろ:全然大丈夫です!新しい世代のファンも獲得できます、コレは!


1982年の『ブレードランナー』に熱狂したお父さん世代も、ライアン・ゴズリング目当ての女子も楽しめそうな映画『ブレードランナー 2049』は10月27日より公開です。ぜひ大スクリーンでお楽しみ下さい!


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 115 | 116 | 117 || Next»