ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/9/23)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!
今週は、この4人をピックアップしました。


■フル代表に続き、U−22でも活躍!五輪予選のマレーシア戦を勝利に導いた、
 C大阪・清武弘嗣
■メジャー新記録の602セーブを達成!ヤンキースの守護神、マリアノ・リベラ
■第2回AKB48じゃんけん大会で優勝した強運の持ち主、篠田麻里子
■退場者続出の試合でゴールキーパーを務めた、ウォルフスブルク・長谷部誠


今週、中西哲生さんが注目したのは…


ヤンキースの守護神、マリアノ・リベラ!

僅差でヤンキースがリードした9回のマウンド、
メタリカの「エンターサンドマン」に乗って登場するのが、ヤンキース一筋17年のクローザー、マリアノ・リベラです。


21日、ヤンキースは3年連続でプレーオフ進出を決めています。
この快進撃の立役者はなんと言っても、マリアノ・リベラです。
ニューヨーク・ヤンキースの守護神として、常にチームを引っ張ってきたそんな彼に、
19日、またひとつ勲章が生まれました。


ホームのヤンキースタジアムで行われたツインズ戦で、今季43セーブを挙げましたが、
これが通算602セーブ目となり、元パドレスのトレバー・ホフマンを抜いて、歴代最多記録を更新しました。
史上最強のクローザーと呼ばれる男が、名実共にメジャーの頂点に立ちました。


リベラは、パナマの貧しい漁村で生まれ、プロ入りも20歳と遅め。
それでも、高い身体能力とハングリー精神で、ルーキー時代から頭角を現し、
95年のデビューから17年間ヤンキース一筋。
伝家の宝刀“カットボール”を武器に、アメリカンドリームを実現してきました。
リベラの凄さは、やはり、高速カットボール。
時速152キロのスピードボールが、手元で8インチ(20.3cm)は落ちると言われ、
これがメジャーの強打者を翻弄してきました。
その威力は、「バットをへし折る殿堂ノコギリ」とさえ言われるほどです。
しかも、コントロールも抜群。4つのコーナー全てに投げ分け、真ん中に投げることはほとんど無いそうです。


史上最多のセーブ王になったこの日、リベラは3つの息子を記者会見に同席させて、
笑顔で喜びをかみ締めていましたが、こんな言葉で会見を締めくくりました。
「何度も言ってきたけど、これからも同じことを何度も言うよ。
セーブは、自分自身のものじゃない。セーブの機会で投げさせてくれるチームメイトたちのおかげなんだ」

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/9/16)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!
今週は、この4人をピックアップしました。


■テニスの全米オープンを制し、四大大会3冠目!ノバク・ジョコビッチ
■同じく全米オープン女子で初グランドスラムを達成した、サマンサ・ストーサー
■有終の美の飾れるか!?退任を表明した、日本ハムの梨田昌孝監督
■震災から半年の9月11日、共に勝利を挙げた、プロ野球・東北楽天イーグルスとベガルタ仙台


Facebookの皆さんの投票では、1位が梨田監督と2位が楽天とベガルタ仙台となっていますが、
今週、中西哲生さんが注目したのは…


男子テニスの新王者、ノバク・ジョコビッチ

ノバク・ジョコビッチは、12日、テニスの4大大会最終戦となる「全米オープン男子シングルス」決勝で、
昨年の覇者、ラファエル・ナダルを下して、この大会初優勝を決めました。
この優勝で、今季、全豪オープン、ウィンブルドンに続く、3つ目の4大大会優勝となりました。
同じシーズン中に、四大大会で3度の優勝は、史上6人目の快挙です。


ノバク・ジョコビッチは、1987年セルビア・モンテネグロ生まれ。4歳からテニスを始めました。
しかし、その頃から故郷は内戦の連続で、多くの人々は、戦火から離れるため、家を捨てて国外に逃れて行きましたが、
その中でも、彼は必死にテニスを続けて、住んでいたベオグラードの街が、NATO連合軍の空爆にあった時は、
テニス道具をバッグに詰め込んで、地下壕に避難する日々でした。
そんな困難の中出もテニスを続け、16歳でプロデビュー。
恵まれた身体能力と動体視力を生かし、才能を開花させました。


2007年20歳の頃には、世界ランキング3位にランクインされていましたが、この頃の男子プロテニス界は、
フェエラーとナダルの全盛期。4大大会では、ことごとく2人の前で涙を飲んでいます。
ジョコビッチ最大のテーマは、“二人を倒すこと”という風になりました。


そして今シーズンは、ウィンブルドンでナダルを破って初優勝!今回もナダルに勝って優勝したんですが、
今シーズン、ナダルに対して、6勝0敗。


ジョコビッチの凄さを中西哲生さんが語ってくれました。
「ジョコビッチのどういったところが凄いかと言いますと、『拾える』。
ナダルの何度か決まったかと思われるウイニングショットを何度も拾っていましたね。
ナダルも最終的にはどこに打っていいか分からないみたいな。
かなり良いショットを返されて、本当に彼のリターンは世界の中でトップクラスか、完全にトップにいってますね。
ちなみに、フェデラーとも今シーズン4勝1敗ということで、この2強に対して、10勝1敗。
まさに新しい王者と呼ぶにふさわしい活躍です。来シーズンは、グランドスラムを期待される選手でしょう。」

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/9/9)

カテゴリー:1114

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、"感動"や"驚き"を与えた人物に注目します。


今週は、この4組をピックアップしました。
サッカーW杯予選ウズベキスタン戦でファインセーブ連発の守護神・川島永嗣!
代名詞の頭で決めた!同じくウズベキスタン戦で執念の同点ゴール・岡崎慎司!
日本橋で伝統の炊き出しを再現!売り上げを被災地へ贈る・石原軍団!
中日の守護神!日本球界発の300セーブ越えを達成した・岩瀬仁紀!


Facebookページの皆さんの投票では、川島のあとを岩瀬が追っているんですが、
中西哲生が今週注目したのはこの方!


ロンドン・オリンピック出場決定!なでしこジャパン!


大変申し訳ありません!昨日の夕方の時点で上記の4組をFacebookページにピックアップしたんですが、その後でロンドン・オリンピックに出場決定…ということで、今日は申し訳ありませんが、なでしこジャパンを取り上げさせていただきます。北朝鮮との試合はドローだったんですが、その後でオーストラリアが中国に勝ったので、なでしこジャパンのロンドン・オリンピックへの出場が決定しました。


この結果から僕が思うのは、これは本人たちが一番よく分かっていると思いますが、彼女たちは今回、なかなか自分たちの戦いが出来ていませんでした。それはあのワールドカップ終了後の“なでしこフィーバー”の影響で、コンディション作りが非常に難しい予選だったと思います。ただ、そんな中でも彼女たちはしっかりと結果を出して、ロンドン・オリンピック行きを決めたので、これはもうMVPにふさわしいのではないかと思いますね。


なでしこジャパンがこの予選で何を得たかというと、『アジアで戦える精神力の強さ』。これは非常に大きな自信になったと思いますし、来年のロンドン・オリンピックでも当然活かされると思います。予選の最終戦は11日に行われる中国戦ですが、こちらで有終の美を飾って頂きたいと思います。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 111 | 112 | 113 |...| 118 | 119 | 120 || Next»