ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/5/20)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!


今週は、この6人をピックアップしました。


■大相撲技量審査場所で、新入幕ながら昨日までに10勝2敗という活躍を見せている、
 魁聖。
■フォーブス誌の「世界のセレブ100人番付」で1位を獲得した、レディー・ガガ。
■サッカーからは、ドイツで行われた震災復興チャリティー親善試合で見事ゴールを決めた、ドルトムントの香川と、
 オランダのフェイエノールトの一部残留に貢献した18歳、宮市亮。
■リーグトップの5勝目を挙げた、大リーグ・ドジャースの黒田博樹。
■16日、惜しまれつつ、77歳で世を去った、俳優の児玉清さん。


Facebookページの皆さんの投票では、児玉清さんの訃報が関心を集めていて、その後を、
フェイエノールトの宮市、大相撲の魁聖らが迫っています。
そんな中、中西哲生が今週注目したのは、この方です!


新入幕で2ケタ勝利!魁聖!

中西哲生さんは、昨日、技能審査場所が行われている、両国国技館へ観戦に行ったそうです。
昨日は惜しくも、前頭筆頭の豪栄道の技の前に、2敗目を喫した訳ですが、
ここまで、10勝2敗という成績は、素晴らしいです。


魁聖は、大関の魁皇と同じ、友綱部屋の力士で、ブラジル・サンパウロの出身。
ブラジル相撲選手権で優勝するなど、実績を積んで、5年前、2006年夏の来日しています。
憧れていた魁皇のいる友綱部屋に入門しました。


身長194cmの恵まれた体格を生かして、今場所、新入幕を果たしました。
右手の力が強くて、得意な、右の上手で組む“右四つ”の形になれば、力を発揮します。
今日は、早さと技の、小結・鶴竜との取り組み、ということで、これからの1戦1戦に、真価が問われます。


そして、尊敬します兄弟子の魁皇に、昨日はまたひとつ、勲章が加わりました。
幕内出場が高見山に並ぶ歴代1位の1430。今日で記録更新となります。
幕内通算勝ち星はすでに歴代1位。残すは通算勝ち星。千代の富士の1045勝まであと3つに迫っています。
今場所で達成するには、今日からの3日間、全て勝たないとありません。
初土俵から23年の魁皇、後輩の魁聖のためにも、まだまだ力強い相撲を見せて欲しいと思います。


ちなみに、大相撲、白鵬が全勝を守っていて、2敗が把瑠都、栃ノ心、魁聖となっていますが、
兄弟子の魁皇と共に、残り3日、頑張って欲しいと思います。


今週の「ウィークリーパーソン」は、新入幕で2ケタ勝利を挙げている、魁聖に注目しました。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/5/13)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!


今週は、この4人をピックアップしました。


■技量審査場所で4人の大関全員を破って勢いに乗る、平幕の豪栄道。
■5月11日、震災から2ヶ月目の日に完封勝利を挙げた、プロ野球・楽天の永井怜。
■5月7日に、68歳にして3度目の結婚となる婚約をスクープされた、ポール・マッカートニー。
■攻撃的なプレイでファンを魅了し、7日に死去したスペインのゴルファー、セベ・バレステロス。


Facebookページの皆さんの投票では、トップの楽天・永井投手を、豪栄道が追い、
その後に、ポールとセベが続く…となっていますが、中西哲生さんが今週注目したのは、この方…


情熱のゴルファー、セベ・バレステロス

70年代から80年代にかけ、世界のゴルフ界で絶大な人気と実力を誇ったプロゴルファーです。
7日に、がん性脳腫瘍の合併症のため、スペイン北部の自宅で亡くなりました。
まだ54歳という早すぎる死でした。


「天才ゴルファー」「スペインの至宝」と言われたセベ・バレステロスは、1974年に17歳でプロに転向すると、
ヨーロッパツアーを主戦場に活躍し、果敢にピンを狙う攻撃的スタイルが、多くのファンを興奮させました。
特に、正確なアイアンショットやリカバリー、アプローチの巧みさで、“神業”と言われる、数々の名場面を残しています。


メジャー大会では全英オープンを3度(79、84、88年)、マスターズトーナメントを2度(80、83年)制覇。
通算87勝を挙げ、世界ランキングでも実に通算61週に渡って、首位を守り通しました。
日本でも活躍し、日本オープン選手権では、77、78年と連覇しています。
甘いマスクでしかも勝負強いので、女性ファンも多かったです。


そんなバレステロスの葬儀には、約1500人もの関係者やファンが詰めかけ、最後の別れを告げ、式の後、
遺灰は自宅のモクレンの根元にまかれたそうです。
葬儀に参列したひとり、ニック・ファルドは、こう云って彼の功績を称えました。
「ヨーロッパのゴルフは彼に大きな恩がある。最高のリーダーだった」


今週の「ウィークリーパーソン」は、7日に亡くなったスペインのプロゴルファー、セベ・バレステロスでした。
ご冥福をお祈りします。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/5/6)

カテゴリー:1114

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目します。


今日は、この4人をピックアップしました!


■世界フィギュアスケートで4年ぶりの優勝を果たした、安藤美姫
■レンジャース戦で今季初サヨナラホームランを放った、アスレチックの松井秀喜
■ヨーロッパチャンピオンズリーグ準決勝で、マンUに敗退も存在感をみせた、シャルケの内田篤人
■学者のプライドをかけて内閣官房参与を辞任した、東大大学院教授、小佐古敏荘


Facebookページの皆さんの投票では、フィギュアの安藤美姫選手が独走、
大差でアスレチック松井秀喜選手と、小佐古教授が追う展開になっていますが、
我々が今週注目したのは、この方…


小佐古敏荘教授です!

福島第一原発の事故を巡って、政府の対策の中心にいた、放射性安全学の権威、小佐古敏荘さんが就任していた
“内閣官房参与”を「4月30日付で辞任する」と、菅直人総理に辞表を提出しました。
会見では、政府の原発への対応は「場当たり的」と批判し、緊急時の予測システム=PEEDIの運用に関しては、
「計算結果が使用できる環境にありながら、きちんと活用されていない。データを隠さず開示すべき」と話しています。
小学校などの校庭の利用を制限する、限界放射線量を『年間20ミリシーベルト』に決めたことについても、
「それを容認したと言われたら、学者生命が終わりだ。自分の子どもにそうすることはできない」と、
見直しを求めて涙を流しました。
小佐古さんは、この限界放射線量を「年間5ミリシーベルトぐらいじゃないか」と話をされています。


小佐古さんが会見で語ったことに対して政府は、「決して場当たり的ではない」
「校庭の限界放射線量の『年間20ミリシーベルト』は、専門家の意見を聞いたうえでの決定で、
変更する考えはない」としています。


そんな中、2日に予定されていて、小佐古さんの放送関係者向け説明会が、官邸から“守秘義務”の指摘を受けて、
中止となりました。学者としてのプライドをかけて、信念を貫いた小佐古さんが、何を語ろうとしたのでしょうか。


学者としての信念を貫いて、内閣官房参与を辞任した、東大大学院教授、小佐古敏荘さんでした。


毎週木曜日に候補者をFacebookページで紹介します。投票も行いますので、ぜひ参加してください。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 111 | 112 | 113 | 114 || Next»