ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/8/5)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!
今週は、この4人をピックアップしました。


■芸能生活50周年の今年、45歳年下!23歳女性と再婚した…加藤茶
■被災地を励ますため引退撤回して出場した鈴鹿8冠で涙の優勝…伊藤真一
■デビューから足掛け23年でシングル・アルバム総売上8000万枚突破…B'z
■176試合目で100勝達成!人望でチームをまとめる…ヤクルト小川監督


Facebookの皆さんの投票では、B'zが1位で、続いて伊藤さんと続いていますが、
今週、中西哲生さんが注目したのは…


2輪ライダー・伊藤真一

先週日曜日、三重県の鈴鹿サーキットで、「鈴鹿8時間耐久ロードレース=鈴鹿8耐」が開催されました。
島田紳助さんが16年ぶりに参戦したことでも話題になりましたが、
この日、最大の感動をもたらしたのが、伊藤真一さんです。


秋吉耕佑、清成龍一と組んだ伊藤のチームが見事優勝。伊藤にとっては、5年ぶり2度目の優勝でした。


伊藤は、昨年10月、44歳という年齢を考え、引退を表明。
「ふるさと宮城にあるバイクショップで、好きなバイクをいじりながら、後進の指導をしていきたい」
…そんな考えを持っていました。
ところが、3月11日に起きた大震災で、伊藤のバイクショップも被災。
変わり果てた故郷の風景に愕然…「自分にできることは何なんだ?」と考えた末、引退を撤回、
再びサーキットへ戻ってきました。


そして、「8耐」の行われる鈴鹿サーキットのスタンドに、被災地の子どもたちを招待。
彼らが見守る中、激走を見せ、堂々のトップでチェッカーを受けました。


感動の復活優勝、44歳の「最年長優勝記録」も更新。
「宮城で生まれ、宮城から世界を転戦した。そのお礼を故郷に返したい」
復帰の時に語った約束が、しっかり実を結んだ瞬間でした。


伊藤は今でも、故郷宮城県岩沼のバイクショップで、メーカーやレーサー仲間から送られる
支援物資を被災地へ届けるなど、ボランティアに奔走しています。
そして、復帰の理由を聞かれるとこんな風にも語ります。
「いい年をしたおじさんでも、頑張っている姿をまた被災地の人に見て貰いたい」


今週の「ウィークリーパーソン」、被災地を応援するため、引退を撤回して出場した鈴鹿8時間耐久レースで、
涙の優勝を遂げた、2輪ライダー・伊藤真一さんに注目しました。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/7/29)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!


今週は、この4人をピックアップしました。


■エビアンマスターズを優勝し全英女子オープンへ臨む、プロゴルファー・宮里藍
■バルセロナとのカップ戦で移籍後初のフル出場!バイエルン・ミュンヘンの宇佐美貴史
■世界水泳で銀メダル!王者フェルプスと大接戦を演じた、バタフライの松田丈志
■きっかけはドラマ共演!27日に婚姻届を提出した及川光博と壇れい


Facebookの皆さんの投票では、宮里藍選手と松田丈志選手が同率でトップなんですが、
今週、中西哲生さんが注目したのは…


バイエルン・宇佐美貴史

27日に行われましたサッカーのプレシーズンマッチ「アウディカップ」決勝、
バイエルンミュンヘン対バルセロナ戦で、バイエルンの日本代表MF・宇佐美貴史選手が、
移籍後初めてフル出場を果たしました。


プレシーズンマッチは当然、オープン戦ですから、若手主体のチームではあったんですが、
フル出場で、しかもスタメンの宇佐美選手は前半2度、決定機を作りました。
元々、宇佐美選手はドリブルが上手い選手なんですが、そのドリブルがヨーロッパで通用することを
改めて見せてくれました。しかも相手はバルセロナですからね。


試合はバルセロナが2−0で勝って大会を制しましたが、このバルサ戦の後、現地のスポーツ誌各紙は、
「若き日本人のスパイクがバイエルンに最大のチャンスをもたらした」、
「バイエルンはカウンターから、宇佐美の鋭くスピーディーなプレーを生かした」…と、宇佐美を称賛しています。
この試合後、この試合で2得点を挙げたバルセロナのチアゴ・アルカンタラからユニフォーム交換を求められました。
(実際には交換していないんですけど。)


アリアンツ・アレーナという場所は、ドイツ・バイエルン・ミュンヘンの本拠地なんですが、もの凄いスタジアムなんです。
あそこで試合をやるというのは、ある意味、チャンピオンズリーグ決勝の舞台のような雰囲気ではあるんですよ。
プレシーズンマッチとは言えども。あそこであのプレーができたということは、本人にも自信になっていると思います。
宇佐美選手のコメントは、「緊張なくスムーズに入れたし、やっていて本当に楽しかった。手応えを感じています」と。


宇佐美選手、バイエルンに行く前に、すぐにレンタル移籍に出されるのではないかという話があったんですが、
同じポジションを争っているのはフランス代表エースのリベリ、オランダ代表のロッベン、今期待の若手でドイツのミュラー。
この3人とポジションを争っていて、実は今、リベリとロッベンは怪我をしているんですよ。
それを考えても、宇佐美選手このままバイエルンで、シーズン入ってもプレーしそうな雰囲気になってきましたね。
宇佐美選手は日本が生んだ、最高傑作と言われていますから、この才能をぜひヨーロッパで見せて、
何とかバイエルン・ミュンヘンで、レギュラーをとって欲しいと思います。


ドイツ一部リーグ=ブンデスリーガは、ヨーロッパ・サッカーの先日を切って、8月5日に開幕です。
ドルトムントの香川、シャルケの内田、ヴォルフスブルクの長谷部などに続いて、
バイエルン・ミュンヘン、宇佐美貴史の活躍にも注目です!
今シーズンは、ブンレス・リーガ二部も、細貝選手や乾選手の移籍も決まったりと、
あと川崎フロンターレにいたチョン・テセ選手もいますし、女子も永里選手、安藤選手いますからね。
ドイツは本当に今年注目ですね。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/7/22)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!


今週は、この4人をピックアップしました。


■サッカー女子W杯、なでしこJAPANを世界一に導いた…佐々木則夫監督
■大相撲、史上最多白星を更新し、土俵に別れを告げた…名大関・魁皇
■個性派俳優、新作の公開を見届け、永眠…原田芳雄
■待ちに待った500号ホームランがようやく出ました…アスレチックス・松井秀喜


facebookの皆さんの投票では、佐々木則夫監督がダントツの1位なんですが、
今週、中西哲生さんが注目したのは、やっぱり!


なでしこJAPAN、佐々木則夫監督

中西:W杯に臨む時、「優勝」「頂点」という言葉を口にしたのは、今回が初めてですか?
佐々木監督:2年前、総合的にキャンプをやった時に、澤を中心に私たちの目指すというところで決めた目標です。
それを我々コーチ陣は導くのが仕事になるので、彼女たちの思いを良い結果に結びつけようというところがありますね。


W杯に臨む直前に聞いた、佐々木則夫監督の言葉です。
『選手に考えさせ、意見を尊重し、伸ばす』というところが、監督のスタイルですね。
目標を達成して、世界一となった佐々木監督ですが、プレイヤーとしても実績を残しています。


小2でサッカーを始め、帝京高校3年の時に、主将としてインターハイ優勝。
33歳で現役引退後は、指導者の道に進んでいます。
2006年から日本女子代表コーチ及び、U−20日本女子代表監督を務め、2007年から女性代表監督になっています。
そこからの活躍はご存知の通り、北京五輪でベスト4、今回のW杯でついに頂点に立ちました。


中西さんは、佐々木監督の素晴らしさについて…
「いろんなところで取り上げられていますが、佐々木監督の素晴らしさは、“女子力”をうまく引き出す力だと思いますね。
今回もいろんなところで手腕が発揮されましが、僕が印象的だったのは、
彼女たちに東日本大震災の東北の映像を試合前に行く前に見せて、こういった方々の思いをすべて酌んで戦って、
スウェーデン戦の前には、復興に立ち向かう方々の映像を見せて、このパワーを見れば、我々は何でもできるんだと。
今、日本の方々に勇気を与えるために、我々は頑張らないといけないんだということを、
選手たちにしっかりと注入した気持ちの部分というのは、何事にも代え難いものがあると思います。」


そして、ドイツ出発前、佐々木監督はこんなこともおっしゃっていました。


佐々木監督:少女のサッカーは大変ですからね。そんなにメジャーじゃないので、
コツコツと選手を育て上げて、最後に私の選手として預けて頂いているので、
結果として見て貰う。それがさらに底辺に広がる…というのが大きな事になりますので。
選手たちも、今サッカーをやろうとしている子どもたちに、「私たちを目指して欲しい」という思いを常に胸に
秘めて練習や大会に臨んでいますから、是非なでしこの試合を見て、“サッカーをやろう”“ボールを蹴ろう”
という気持ちに一人でもなってもらえれば、私たちの仕事としてはOKかなと。


9月1日からは次の目標、ロンドン五輪の予選もスタートします。
選手の長所を引き出しながら、また頂点を目指して頑張って欲しいですね。
今週末24日からは、なでしこリーグが再開されるということで、皆さん、試合に足を運んで欲しいと思います。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 112 | 113 | 114 |...| 117 | 118 | 119 || Next»