ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

今何段?“藤井聡太”さんの止まらない快進撃!(2018/5/25)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年5月25日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。



第3位【 会見 】

アメリカンフットボールの定期戦で、日本大学の選手が悪質なタックルで関西学院大学のクォーターバックを負傷させた問題で、反則をした日本大学の選手に続き、内田正人前監督と井上奨コーチも翌日に会見するなど、いまだに収束の見通しがたちません。



第2位【 西城秀樹 】

16日に心不全のため63歳で死去した西城秀樹さんへの追悼メッセージがいまだに続いています。



第1位【 地震 】

今週も、地震に関するツイートが1位でした。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、18日の週間急上昇ワードで8位になった【 藤井七段 】です。プロデビューから最速で七段まで上り詰めた藤井聡太さんの快進撃が止まりません。





◆街の声

「この間まで四段だったと思うんですけど、もう七段になるなんて…。頭良すぎて、未知の世界ですよね。藤井聡太グッズがバカ売れしてるってすごいなって、国民の孫みたいな感じで慕われててすごいって思います」(女性)


「あの年齢で七段になるのは、本当にすごいことだと思います、15歳で出来るもんなの?って。これからも今の勢いが衰えることなく、タイトル獲得とかどんどん昇格していくとかして欲しいと思います」(男性)


「本当にハンパじゃないなって。七段になるのも最速でなっちゃったし、今まだ勝ち上がっている竜王戦でどんどん勝ち上がってタイトル獲っちゃって竜王になっちゃう?藤井何段って、段位がついてる時期は今しかないと思ってしまうくらいすごい!」(男性)




◆ナナかシチか?

速水 街の声で「ついこの間まで四段だったんじゃなかったっけ?」とありましたけど、本当に同感ですね。僕の中で一番定着しているのが四段なんですけど、今、七段ということで、史上最年少15歳9ヶ月で七段に昇格しました。加藤一二三さんが持っていた記録を61年ぶりに更新!といわれても、ずっと快挙とか快進撃といわれているので、なんかもうそこすら慣れてしまいました。五段自体は16日間、6段はもうちょっとありました、けど、それも長くは続かなかったとなると、七段もまたどうせ長く続かないでしょ?と気がするんですけど、何をネガティブなことを言ってんだ?って、そうじゃない(笑)!じゃあ次の八段になるにはどうすればいいの?ということで、昇格条件はどんどん難しくなるわけで、僕なんかみたいな素人にはパッと出てこないんですが、一番シンプルな条件ですと、竜王を奪取すれば良い!竜王と名人というのは、僕でも知っている有名なタイトル、位の高い難しいタイトルなんですけども、これを一期でも獲得すれば八段になれるということで、ただこの場合、再び羽生さんと対戦する事になるわけです。


テレビなんかだと今までは、何を食べていた?とか注目されていましたけど、最近だと、将棋の解説を、藤井七段の解説を普通にするようになったのは進歩なのかなと思います。棒銀、これは飛車が後ろからついてくることで役に立つんですよ。というような解説をワイドショーでもやっていて、こういう戦術を憶えておくと、将棋のアプリなんかでも本当に役に立つんですよね。


藤井七段の魅力というのは、中盤から詰めに至るところ、王を攻めていくすごいスピード感。やっぱり、将棋の醍醐味はそこの攻撃をし始めてから、「こ、ここでこんなに行くか!?」という早さとか、そこでの閃き、アイディアだと思います。藤井七段はそこへの美学もっていて、そこが面白い。ただ、一方で持ち時間が短いルールだと弱いといわれていました、しかし、前回の羽生戦ではまさにそのルールの中で勝った、となると、もう弱点も克服してきているんですよ。もちろん、みんなも研究に入ってきていて、研究され尽くした中で勝っていく難しさもあるんですけど、むしろ、この育ち方、スピード、育成力を見ると、七段の期間はそんな長くなく、すぐに八段になると思います。だから、七段の言い方、ナナ段なのかシチ段なのか、もういいんじゃないですか…(笑)。そして、今後のモチベーションが気になることですよね。藤井聡太くん、いやくんは失礼か、藤井七段、段位はいつかは止まると思います、今、九段が最高段位ですね。もうどこにモチベーションを持って行くか向き合わないといけない段階まできているのではないでしょうか?と思います。もちろん、これからの快進撃にも注目です!




◆八段への期待、え?八段って呼ばれないの?














◆マンガ超え世代!?











時代の象徴のひとり“西城秀樹”(2018/5/18)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年5月18日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。


第3位【 プリキュア 】

人気アニメシリーズ『プリキュア』を引き合いに、野党が安倍政権を批判するという珍しい場面が話題を呼び、たくさんのツイートで盛り上がりました。



第2位【 エルレ復活 】

先週、人気バンド、ELLEGARDENが10年ぶりのツアーを行うと発表!
エルレ復活にファンのツイートが溢れました。





第1位【 地震 】

今週も1位は地震に関するツイートでした。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、昨日、ついっぷるトレンドの有名人ランキングで1位になった【 西城秀樹 】です。昭和のアイドルスターで新御三家として活躍し、脳梗塞と闘いながら歌手活動を続けていた西城秀樹さんが、16日、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなりました。63歳でした。





◆街の声

「すごい人気で、テレビをつければ必ず映っているくらい。カッコイイですからね、男性の理想じゃないですか。Y.M.C.A.は一番憶えていますし、他にも、ローラとか。僕はSP買っていましたよ、ドーナツ盤の小さいやつ。とにかく、残念で仕方がないです…。お子さんが3人いらっしゃって、みんなで支えていたのがすごい話題になっていましたね。本当に、お悔やみ申し上げます」(男性)


「私は今年43歳になるんですけど、小学校の運動会とかでY.M.C.A.をみんなで踊ったりして楽しかったですね。大人なら子どもまでみんなに愛されていた曲ですね、本当に子供心を掴むような曲でした」(男性)


「僕は彼と同じ歳なんですよ。今と違ってかなり限られた人たちで、突出していて、活躍してたと思うんですよね、タレントさんにしろ歌手にしろ。その中のひとりであると思うし、すごいパワーもある人だったと思います。全員で騒げるような歌手だったと思います。スポーツ好き系というか、とにかくパワーがある人でした」(男性)


「63歳という事で、やっぱり早いなと思います。新御三家ということで、西城秀樹、郷ひろみ、野口五郎、やっぱりこの3人が日本の歌謡曲を引っ張ってきたと考えています。西城秀樹は何をさせてもバツグン!ヒデキ感激!!!ですから、それこそ、8時だョ!全員集合で育ってきましたけど、いつも秀樹さんはゲストで登場して、コントもやりながら、歌もやりながら、そういった姿を見てきたので、非常に悲しいですよ」(男性)



◆新しい若者の時代

速水 西城秀樹さんのデビューは1972年。僕が生まれた歳は73年で、秀樹さんデビューは僕が生まれる前の年なんですよ。昨日、実家に帰っていまして、母親と西城さんの話をしていたら、僕がまだ1歳の頃、まだヨチヨチの頃ですよね、おばさんにあやされる時に反応する声がおばさんの「ローラ!ローラ!」という言葉で、すごい喜んでいたみたいなんですよ(笑)。幼稚園の頃は、Y.M.C.A.が流行りまして、Y.M.C.A.は有名なダンスがありますよね、みんなでY.M.C.A.って頭の上で手でね。それを、お遊戯かな運動会だったかも、その時に踊ったのが僕の記憶にある一番最初のY.M.C.A.ですね。


ちびまる子ちゃんで主題歌を歌っていましたから、若い世代にもあの時代を届けるひとりだったと思います。あの時代というのは、70年代に出てきたアイドルとか歌謡曲の時代。そこで、1972年をちょっと振り返ってみましょうか。2月に、あさま山荘事件があり、そこで機動隊達が発売されたばかりのカップヌードルを食べていて、その映像がテレビで流れ、それを機にカップヌードルが有名になった話は有名ですね。あとは日中国交正常化、これでパンダが来ました、カンカンとランランね。そして新日本プロレスをアントニオ猪木さんが旗揚げしています。


新しい若者の時代。それまでは学生運動時代、混乱の時代だったのが、ぽーんと若者のポジティブな部分が開けていくような時代になりました、そこからアイドルという文化が始まり、西城秀樹さんのように洋楽から音楽を聴き始めたような歌手が、なんか古くさいような音楽じゃなく、新しいことが歌謡曲でも出来るぞ!と思い、歌謡曲の歌手になってデビューしていくわけですけども、西城秀樹さんの場合は17歳で本当に若者でした。若者文化がこれから花開くという72年は非常に重要な年なんじゃないかなと思っていて、そこから歌っている曲というのはカバー曲がすごい多くて、ちょっと面白いのが、西城秀樹さんが歌っている、抱きしめてジルバという曲で、オリジナルを知っている人は、ワムじゃん?ケアレス・ウィスパーじゃん?と思ったと思います、イギリスで流行っているポップミュージックをカバーして日本に広めていた、もちろんY.M.C.A.(ヤングマン)もビレッジピープルというアメリカのディスコグループの曲をカバーなんですよ、ゲイをコンセプトにしたバンドの曲を、非常に若々しい若者の歌に転換しているというのが日本の歌謡曲的で面白いんですよ。日本のモノではない洋楽をいかに消化するか?みたいなところが西城秀樹さんの特色だったのではないでしょうか。




◆伝説の数々














◆ホームもアウェイも関係ない














“イニエスタ選手”の移籍は実現するのか?(2018/5/11)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年5月11日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 AQUA 】

8日、ロックバンド、Aqua Timezが年内の活動をもって解散することを公式サイトで発表しました。「衝撃過ぎる」「受け入れられない」などのツイートがファンから集まりました。





第2位【 安打 】

9日、プロ野球、福岡ソフトバンクホークスの内川聖一選手が史上51人目となる通算2000本安打を達成!
祝福のツイートで盛り上がりました。





第1位【 地震 】

今週は地震に関するツイートが1位でした。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードで26位になった【 イニエスタ 】です。スペインサッカーリーグのバルセロナ所属、スペインサッカー界のスーパースター、イニエスタ選手の移籍が話題を集めていますが、もしかすると、J1のヴィッセル神戸に…なんていう話も出てきました!





◆街の声

「イニエスタ選手のプレイを間近に見たいです。ドリブルもうまいしパスも出せる、チームの主軸みたいな選手ですね」(男性)


「味方を活かすプレイがうまくて、自分が目立たなくても陰で支えている、そんな存在ですね」(男性)


「イニエスタ選手の切り込んでいくプレイが素晴らしいと思います!Jリーグに、ヴィッセル神戸に来るんですよね、日本を、Jリーグを盛り上げてください!イニエスタ選手、日本に来てください!!!」(男性)


「ヴィッセル神戸にはポドルスキ選手もいるし、日本で見てみたという願いもあるし、日本のサッカーの将来にも繋がると思うので、是非、来てもらいたいです」(男性)



◆絶対に良いヤツ!

速水 街の声の中に、イニエスタ選手にJリーグに来て欲しいという思いの人もいましたし、もうすでに来るもんだと思っている人もいましたね(笑)。ポドルスキ選手の名前も挙がっていました、コンビで見たい!という思いも確かにあります。今どきのサッカーの移籍事情は、ヨーロッパの一流選手は中国やアメリカ、トルコ、あとは中東とかかな?お金を持っている国のリーグでセカンドキャリアというか第2の選手生活を迎える事が多くなっています。かつては、Jリーグもお金があった頃には名選手が来ていました。ストイコビッチさんや、リネカーさんなどワールドクラスの選手が来ていました。そんな今どきの移籍事情の中で、久々にJリーグに大物選手が来る!という話題、イニエスタ選手、超大物です。


ヴィッセル神戸と関係がある楽天は今、バルセロナのスポンサーをやっていて、そのへんで、もしかしたら、バルセロナの選手を日本に連れてくるような意図もひょっとしてあるんじゃないかな?そういう考えもあり三木谷さんはバルセロナにお金を出しているんじゃないかな?なんていうこともいわれていますし、そう思います。


イニエスタ選手がどういう選手かというと、まずは人柄、クラブワールドカップで来日した時に地下鉄に乗っている写真を撮られていて、選手移動用の特別な電車というわけではなく、本当に普通の東京の地下鉄で、イニエスタ選手の後ろには文藝春秋の中吊りが映っている。絶対にいい人だな!っていう雰囲気が出ていて、他にも、日本人と肩を組んで写真を撮っていたりとか、本国のスペインでもスター気取りではなく、フレンドリーで親しみが持てる良いヤツなんだ!という声が結構ありまして、性格的にも見た目も日本向けだと思います。


次にプレイスタイルなんですけど、今、番組でかかってるの曲は、森山直太朗さんがサッカーが大好きすぎて作ったイニエスタのうたですけど(BGMとして、そしてイニエスタ/森山直太朗が流れています)、僕は森山直太朗さんの曲の中で圧倒的に好きな曲です(笑)。プジョルやマスチェラーノといった選手がバルセロナにまだいた頃の時代の曲で、バルセロナにはいろいろなスター選手がいて、その中でも“そしてイニエスタ”なんだと…。本当にドリブルで切り込んでいくのがうまくて、絶妙にボールを奪われない選手で、相手が飛び込めない距離でボールをキープするんですよ。そして、バルセロナのプレイスタイルがボールを後ろで回しているうちにサイドの選手が飛び出して、一気に前線にボールを運び出すような緩急がキーポイントになるサッカーなんですけど、その中でイニエスタ選手のボールを絶対に奪われないプレイというのは非常に重要な武器でした。ただ現状、怪我などで出場機会が減っていて、スペインリーグでもチャンピオンズリーグでも自分が外されるタイミングで不満を持っていて、今のやり方にしっくり来ていない、納得していない部分もあり、移籍の話が出てきているわけです。しかし、サッカーの移籍というのは、本当に何が起こるか分からない、日本に来るのがまだ確定しているわけではなく、本当に契約になるまでわからないので、ここはちょっと楽しみにしておきましょう。



◆三木谷さんに集まるサポーターからの熱いツイート














◆スペイン代表といえばこの選手も!?











«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 124 | 125 | 126 || Next»