ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

“ハリルホジッチ監督”ツンデレ説!?(2017/9/8)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2017年9月8日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。




第3位【 浅野 】

8月31日に行われた、サッカーワールドカップアジア最終予選、日本対オーストラリアで、ワールドカップ出場を決める先制点を決めた浅野選手に注目が集まりました。






第2位【 TAKAHIRO 】

ビッグカップル誕生のニュース!EXILEのヴォーカル TAKAHIROさんと女優の武井咲さんが結婚、妊娠を発表。お祝いツイートで盛り上がりました。



ツイッター恒例の人物大喜利も盛り上がりました






第1位【 井手口 】

この1週間、最もつぶやかれたのは『井手口』でした。サッカー日本代表の新たなスター!オーストラリア戦で2点目となるゴールを決め、ワールドカップ出場に貢献しました。






この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、急上昇ワードで【 井手口 】【 浅野 】をはじめ、【 サッカー 】【 本田 】【 W杯出場 】などトップ20に入ってきたサッカー日本代表関連ワードから、あえて、【 ハリルホジッチ監督 】に注目してみようと思います!



◆街の声

「ハリルホジッチ…、あまり評判良くないですよね。ワールドカップロシア大会に出場できるのはめちゃくちゃ良いことで嬉しいとは思うんですけど、色々問題があるって聞いたのでちょっと不安ではありますね。頑張って欲しいと思います。」(男性)


「最初、すごい無愛想な人なのかなと思って、ザックの時とかみたいにメディアに対する扱いが全然違ったのであまり良い印象では無かったんですけど、今回のオーストラリア戦の前に、みなさん一丸となって応援してください。って言っている姿を見て、実はそんなに悪い人じゃないのかなと最近思っています。ワールドカップ出場を決めたことはすごいことなんじゃないかなと思います」(男性)






◆ヨーロッパでは主流の監督の役割

速水 ハリルホジッチ監督、いい人かわるい人か気になってしまうのはわかります。ただ、日本代表がワールドカップ出場常連国になってすごい変わったなと思います、予選突破した時点で浮かれてて、よくやった!と勝てば官軍みたいな感じが昔はあったんですけど、今は、いや、これでは本戦ダメかもしれない。という議論がおこっているというね、これは成熟したなと感慨なんかもありながら、今日は、ハリルホジッチの話を掘り下げてみようとおもいます。


先日のオーストラリア戦、つまりワールドカップアジア最終予選突破後の会見、これは必ずしも友好的なモノではありませんでした、マスメディアに皮肉を投げかけて、質問も受け付けないという、そして、サウジアラビア戦後のコメントもちょっと皮肉なのかなというような、真っ正面から答えないところがあり、どうもメディアとハリルホジッチとの軋轢みたいなモノが見えているんですよね。ただ、僕はこれ、関係があまりうまくいってないというのは、外から見ていて、これはありなんじゃないかなって気がちょっとしています。現代の監督の役割というのは、“試合に勝つ”というよりも、むしろ“メディア対応”の部分が多くなっていると思います。メディアを通して選手達にメッセージを伝えたり、逆にメディアからの突き上げに選手達を守るために監督が矢面に立つ。これは、ヨーロッパのクラブチームの監督、特にイングランド・プレミアリーグのマンチェスターユナイテッドのモウリーニョ監督が良くやる手法だと考えると、もしかしたらハリルホジッチ監督もそこまで考えているのかなと感じるところがあります。


高橋 選手を守っている可能性があると?


速水 どうなんでしょうね。コメントの出し方とか、喜怒哀楽を見せるじゃないですか?今まではクールな人かと思ったら、ものすごくはしゃいでみせたり、メディアに冷たくしてみたり、これって言ってみれば“ツンデレ”ですよね(笑)


高橋 試合後に、選手から水をかけられてはしゃいでる姿とか見ちゃうと、好きになっちゃいますよね(笑)


速水 話題を常に提供してくれる感じ、これは広報戦術として正解だと思います。実は、僕、まだ浮かれています。成熟してないメディア側の人間なんでしょうかね(笑)


高橋 (笑)





◆水かけ&あつい抗議








◆ワールドカップ出場を決めた選手からのコメント












感動の押し売りを変えさせた“ブルゾンちえみ”の走り(2017/9/1)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2017年9月1日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。




第3位【 ブルゾン 】

先週土曜日〜日曜日に日本テレビ系列で放送された「24時間テレビ 愛は地球を救う」で、当日発表となった、チャリティーランナーにブルゾンちえみさんが選ばれ、91.45kmを見事完走しました。






第2位【 ミサイル発射 】

29日朝、北朝鮮は弾道ミサイルを発射。日本上空を通過し、北太平洋に着弾しました。



第1位【 ミサイル 】

この1週間、最もつぶやかれたのは“ミサイル”でした。






この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、急上昇ワードで3位にランクした【 ブルゾン 】です、そして7位にも【 ブルゾンちえみ 】がランクインされました。24時間テレビでチャリティーランナーを務めたブルゾンちえみさん、当日発表だったにもかかわらず、見事、完走しました。







◆街の声

「24時間テレビ、感動!当日ランナー発表については、すごいサプライズで面白いなって思いました」(男性)


「ブルゾンさんのネタで、毎回、飲み会でウケをいただいてる人がいます。綺麗、普通に綺麗だった」(女性)


「メイクが落ちなかったって話題になっていますよね。ちょっと感動しましたね」(男性)



◆古い24時間の変化

速水 例年、チャリティーマラソンは、途中でタクシーに乗ったんじゃないかとか色々突っ込まれ、炎上絡みで盛り上がることが多いのですが、今年は非常に珍しく、ブルゾンちえみさんに、ものすごく応援の声があり好意的に見えました。これはなんだったんだでしょうね?という気持ちがあり、そこで少し自分なり考えてみたところ、罰ゲーム的な要素がけっこうあったりするんですけど、時代にそぐわない気もしていて、そういう意味では活躍している人がその場で頑張り、withBがゴールで迎える展開が誰もが応援できる作りで良かったのかなと思います。




街の声でもありましたけど、アイラインですかあれは?メイクが落ちなかった件。


高橋 メイクってそんなに落ちないんだ、というのは女性はすごい気になりますよ。何を使っているんだろう?って。


速水 何を使っているんだ?という質問は殺到していたみたいですね。そして、落ちなかったのはアイラインだけではなく、体重も落ちなかった…。というものネタになっていましたね。




24時間テレビ自体の話をちょっとすると、ここ最近話題になるのが、裏でNHKのEテレが『バリバラ』という、障がい者バラエティー番組をぶつけてくるんですよ。障がい者の方に“お笑い”をしてもらって、そのまま障がいをネタにもして面白がってもらう。というコンセプトで、24時間テレビの「障がい者がこんなに頑張りました!」という感動を見せるに対して、「そういう時代ってもう古くないですか?今は障がい者の方も楽しく番組に参加するのが当たり前の時代ですよ。」という事を訴えかけている番組で。24時間テレビは、今まで通りじゃダメなんだ、と、ブルゾンちえみさんが直接関係しているわけではないんですけど、ちょっとづつ時代の変化を感じつつ…、24時間テレビがものすごい古い番組だっていうのを僕は言いたかったのですけど(笑)、今回のマラソンはその古さからの変化を垣間見れたのではないのかなという感想をみんなの反応を見ながら考えていました。


高橋 ダイジェストを見ていても、ブルゾンちえみさんが、すごく前向きと言いますか、奮起して前向きではなく、前向きなのが当たり前でまだつらくないです。という姿勢が新しいなと思いました。


速水 彼女のキャラをそのまま通した感じもするし、そこからさらに見える彼女の人柄を感じ取って、皆さん応援していた感じがします。そういう意味では、非常に楽しめましたのではないでしょうか。



♪ ブルゾンちえみ & オースティン・マホーン『 Dirty Work Blouson Chiemi Remix 』



高橋 走った後のブルゾンちえみさんを知ってからこの曲を聴くと奮起させられますね!


速水 そうですね、走りましょうか、ぼくらも!!!


高橋 は、走りましょう…か?


速水 あっ、すごい疑問系(笑)






◆受験の女神!?










◆バリバラ









みんな言いたいあのセリフ!“サマーウォーズ”(2017/8/25)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2017年8月25日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 仙台育英 】

先日閉幕した、夏の甲子園大会(第99回 全国高等学校野球選手権大会)で、大阪桐蔭に劇的な逆転勝利をおさめた仙台育英。しかし、7回、仙台育英の選手が一塁を駆け抜けた際、大阪桐蔭の一塁手の足を蹴ったのではと物議を醸し、ネットで波紋が広がりました。



第2位【 ほん怖 】

19日、夏の風物詩「ほんとにあった怖い話」がフジテレビ系列で放映されました。






第1位【 広陵 】

夏の甲子園大会で準優勝した広島の広陵・大会最多となる6本のホームランを記録した中村選手をはじめ、たくさんの感動を与えてくれました。






この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、急上昇ワードで5位にランクした【 サマーウォーズ 】です。2009年に公開されたアニメーション映画『サマーウォーズ』が先日、テレビ放映されました。今回の放送で4回目だったにもかかわらず、その人気の高さは相変わらずです。






◆街の声

「サマーウォーズ見ました、女の子の声が好きです。インターネット描写、イマドキだなって感じですね、年数は経ってると思うんですけど。よろしくお願いしますっ!」(男性)


「はい、見ました。何回も見ているんですが、元々、細田守監督の作品が好きなんで。世界観が好きですね。当時、まだiPhoneとかが出始めの頃だったので、まだみんなガラケー使ってる状況でああいうのはどうなのかなと、結構、どうなのかなと思います。で今はスマホの時代になっているのでリアリティがないなって思うのは、ガラケーがたくさん使われているところかな?と思います。よろしくお願いしまーーーーーすっっっ!」(男性)





◆名作に名台詞あり?

速水 街の声を聞いて、やっぱり、みなさんあの名台詞なんですね。万里恵さんが忘れていそうなので、ちょっとおさらいをしておくとですね。主人公は高校生でパソコン部のようなところに入っていて、数学が得意なオタク。ある日、夏希先輩という憧れの可愛い先輩に、私の恋人役になって一緒に田舎に来てと言われ連れて行かれ、夏希先輩の大家族といろいろあって…というストーリー。わりと、インターネット上のみなさんは、サマーウォーズのこと嫌いなんですよ。何故かというと、僕が思うに、ジブリの『耳をすませば』と同様に、あまりにも光り輝いている青春、そして、明るい将来があって、自分とは違いすぎるリア充の人たちがいるというのが苦手で、憧れの夏希先輩に“恋人役で田舎に一緒に来て”と言う展開はあまりにも出来すぎている設定に、やっかみというか、ちょっと冷ややかな反応ですね。でも、いろいろとツッコミどころがあるだけ面白いという映画でもあると僕は思っています。
劇場公開されたのが2009年、iPhoneが登場してまだ2年目くらいです。フェイスブックやツイッターが今ほど普及していない中で、SNSやバーチャルコミュニティーを描いたというのは、いま見ても古く感じさせないところですね。ちなみに、細田監督は、ミクシィやアバターを使ったチャット、当時話題になったセカンドライフといったネットサービスを組み合わせて考え出したそうです。しかし、残念ながら現代ではツイッター、インスタ、フェイスブックが流行っていて、作中の世界観そのままにはなっていません。アバターは使わないですし、ネットの中で自分の分身を使って…というのはゲームはやりますけど、仮想現実の世界でコミュニケーションを取るというのは別の話だと思います。でも、当時の状況でサマーウォーズの世界観が作られたかを考えるとすごい画期的だと思います。世界政府のようなものがSNSの中にあるというのも、現在のフェイクニュースなどによって、ネットの情報を信じて良いの?という状況のカオス感に比べると、ちょっとほのぼのと描かれているかなと思います。
ところで万里恵さん、ちょっとは思い出しました?


高橋 思い出しました。「よろしくお願いします!」を思い出しました。言いたくなる(笑)




速水 そこね(笑)。田舎の村なんだけど、そこを中心に家族が世界と戦う。そして、最後に温泉が出ちゃうっていうね。あれ?これまたネタバレしちゃった(笑)?


高橋 得意ですね、ネタバレ(笑)


速水 僕は、何回も見ている映画なので、インターネット上で、批判の声より、もうちょっと好きという声が増えてくれればなと思います。
最後に、ちょっといい?映画の最後に夏希先輩が青い服を着ているんですよ、浴衣だったかな、あれはきっとナウシカの「その者、青き衣をまといて〜」だと思うんですよ、勝手な解釈披露してみました。







◆ナウシカの“バルス”のようになるか?








◆速水氏ズバリ!












«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 113 | 114 | 115 || Next»