ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

バドミントン世界選手権、日本勢が大健闘!(2017/8/28)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 テニスの全米オープン、上位勢が軒並み欠場! 】

第2位【 張本智和、史上最年少でツアー初優勝! 】

第1位【 バドミントン世界選手権、日本勢が大健闘! 】


イギリス・グラスゴーで行われていた、バドミントンの世界選手権。今大会、日本勢が大活躍しました。


まずは女子ダブルス。リオ・オリンピックに続いての優勝を目指した盒粁蕾據松友美佐紀の“タカマツペア”は、苦手としていた中国のペアに準決勝で敗れ、銅メダル。
そのタカマツペアを超えて決勝に進出したのが、福島由紀・廣田彩花のペア。準決勝では、リオで銀メダルだったデンマークのペアを破り、世界選手権初出場で決勝に進出!女子ダブルスの決勝進出は40年ぶりです。そして、決勝の相手はタカマツペアを破った中国のペア。見事勝利を収め、初出場で金メダルを獲得しました。


福島由紀選手は熊本県出身の24歳。得意なプレーは「粘ること」。廣田彩花選手は同じく熊本県出身の23歳。得意なプレーは「ネット前で詰める」。
ふたりは2013年11月にペアを組むようになり、半年で世界ランキング100位入り。最新の世界ランクは9位です。


そして女子シングルス。奥原希望選手は、準決勝で過去1勝6敗だったインドのネワール選手にラリーで粘り、ゲームカウント2-1で勝利。世界ランク9位の奥原選手が決勝で対戦したのは、世界ランク4位、インドのシンドゥ選手。これまでの対戦成績は3勝3敗で、ここ2戦は奥原選手が連敗していましたが、今大会は2-1で奥原選手が勝利!シングルスで日本選手初の金メダルを獲得しました。
奥原選手は現在22歳。リオ・オリンピック後に右肩を痛め、今年3月に実戦復帰しました。


【 バドミントン世界選手権2017 】今大会の日本勢は

  ・女子ダブルス 盒粁蕾據疹祥美佐紀ペアの「銅メダル」
  ・男子ダブルス 園田啓悟/嘉村健士ペアの「銅メダル」
  ・女子ダブルス 福島由紀/廣田彩花ペアの「銀メダル」
  ・女子シングルス 奥原希望選手の「金メダル」

と、過去最多となる4つのメダルを獲得しました。
東京オリンピックに向けて、新たな世代の活躍が期待できる大会となりました。
引き続き日本選手の活躍に注目していきましょう!