2011年9月23日

(密)航海日誌2011年9月23日

先日、行われた SMAP初の海外公演となる北京でのコンサート
についてワッツに中国のファンからメールが届いた!


ユメさん

SMAPの北京コンサートを見に行った中国のファンです。
一言で言えば、感動しました!
優しくてかっこいいキャプテンを一生忘れないと思います。
キャプテンの中国語、上手です!ちゃんと通じましたよ。

特に「夜空ノムコウ」を歌った時、中国人が歌ってるみたいに上手でした。
この歌を聞いたら、泣きました。
SMAPのみんなが話してくれた言葉を今でも覚えています。感動しました。

キャプテンはまだ万里の長城を登ってませんよね。
いつまた北京に来るんですか?北京にはいろいろと綺麗なところが
あるので、是非、また来て下さいね!待ってます!!


実は木村キャプテン、中国語が通じていなかったので?と不安に思っていたそう。
だから、ユメさんからのメールは、なおさら嬉しかったらしい。

14日に羽田から北京に向かったキャプテン!
実は行きの飛行機の中でやっと映画『パイレーツオブカリビアン 生命の泉』
を観ることが出来たそう。ドラマの撮影などがあったから本当にやっとだよね。

15日はメディア発表もあり日本の国会議事堂にあたる人民大会堂での記者会見。
そこへ唐家セン元国務委員が訪ねてきてくれたそうで、そのまま北京公演の成功を
祈って会食へとなだれ込んでいったらしい。

実はリハーサルを控えていたSMAPのメンバー。。。とはいえ
無下に断るわけにもいかずアイコンタクトだけで乾杯だけ付き合おうということに。
中国では乾杯の際に注がれたお酒を飲み干すのが慣習らしいんだけど
“木村さん乾杯!”といった唐家セン元国務委員のグラスには半分くらい残っていたらしい。
もちろんキャプテンは突っ込みをいれたとのこと。


えりボーさん

北京公演お疲れさまでしたー。
北京公演は去年、日本でやった『We are SMAP!』が
ベースのライブだったみたいですが。
どこか変わったところはありますか?
例えば、曲順とか。教えて下さい!!


時間的な制限もあってソロパートを全てカットして2時間とコンパクトにまとめたコンサート。
公演時間が短くなったんだから体力的には大丈夫だろうと思っていたキャプテン。
実はソロパートがないということはオープニングからエンディングまで出ずっぱり!

雨が降ってきてこともあってセグウェイを使った演出も突如カットに!
その際もスタッフとメンバーとのアイコンタクトで乗り切ったそう。
20周年を迎えただけあってメンバーともスタッフとも本当に連携がとれているんだな。

キャプテンは相当手ごたえ感じたらしく北京公演を点で終わらしたくないと
思っているようだぞ!上海・・・可能性あるんかな?


♪ONAIR LIST♪
M1:Days Are Forgotten / Kasabian
M2:Can't Stop!! -LOVING-  / SMAP
M3:どうか届きますように  /   SMAP
M4:ありがとう  /   SMAP
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 295 | 296 | 297 |...| 305 | 306 | 307 || Next»

アーカイブ

  • VictorEntertainment, Inc.
  • TOKYO FM

このページのTOP