2017年11月3日

(密)航海日誌2017年11月3日

今週は、あの男性から、報告が届いております!

東京都 マーシャル・D・キョーヘー 29歳 男性
キャプテン!baby こんBANG BANG BANG〜♪
唐辛子系のものを食べると乳首が立つマーシャル・D・キョーヘーです。
キャプテン!先日メッセージ読んでいただいたのが嬉しすぎて、
撮影終わりに話しかけてすみませんでした!
お疲れのところ、気さくに優しく話を聞いていただき、とても嬉しかったです!
本当にありがとうございました!!!
中学の時に、キャプテンに惚れたのがきっかけで「エンターテイメント」というものに憧れを持ち、
いつかはキャプテンと同じ作品に携わりたい!!!ということを目標に、
札幌から上京してきたので、夢が叶いました!
今回レギュラー刑事とホテルマン役ですが、
まだまだ、セリフを頂けるような役を演じられていないので、いつかはセリフがしっかりあって、
キャプテンとお芝居が出来る様に、ここから成長し頑張ります!!!
この間は、失礼しました。そして、ありがとうございました!!!
PS,乳首が立つ件、、まだ病院行けてないので行きます。。


「今現在、毎日『マスカレード・ホテル』の撮影をしてるんですけども、とある捜査本部の撮影をしていて、”このシーンは以上です。他のシーンの撮影に移動しますよ。”って時に急に『お疲れ様です、キャプテン!』って呼ばれて。
その呼び方するやつここにいるのおかしいだろ、と思って辺りを見回してみたら、一人の男性がこちらをまっすぐ見ていて、『ワッツで唐辛子系のものを食べると乳首が立つというメッセージ、俺なんです!』って告げられまして。
映画の撮影現場でそういう出会いがあるとは思わなかったので、『お前か〜!』と、話をして。すぐさま病院に行ったかどうかを聞いたんですけど、まだ行ってないってことだったので、
乳首が立つってことはアレルギー反応だと思うから行った方がいいと思うよ、って言ったら、『わかりました!ありがとうございます!』…っていう時を過ごしたんですけども。
このメールにも書いてありますけど、今回レギュラー刑事とホテルマン役ということは今後の撮影にも関わってくるんじゃないかな?
撮影に参加してくださって、協力してくださって、こちらこそ感謝しております。
いつか、セリフがしっかりあって…ってメールには書いてありますけど、エキストラの皆さんだったり、共演者の皆さんや<マーシャル・D・キョーヘー>のように、1カット1カット共同作業で積み重ねていくのが現場です。
本当に皆さんなくしてはその積み重ねができないので感謝してます。この後もよろしくお願いします!」

さあ、1月からテレビ朝日でキャプテンがやるドラマが発表になりました。そのドラマについて、質問など沢山来てます!

鳥取県 ひかり 18歳 女性
拓哉キャプテンこんばんbannnnnnnnng!
ドラマ「BG〜身辺警護人〜」主演決定おめでとうございます!
2015年の「アイムホーム」ぶりのテレ朝での連ドラ、とてもワクワクします。
今年のさんタクで付き人になったキャプテンが個人的にすごくボディガードっぽい!と思ったので
ドラマではどんな風に警護していくのか、今から楽しみです。
ボディガード役ということなので、アクションシーンもたくさんあるかと思いますが、
役作りなども含めて、ポロリしてくれたら嬉しいです(^-^)


「BGっていうのはボディーガードを略した表記になってると思うんですけど、僕も含めてボディーガードっていう言葉を聞いた時にそれぞれ皆さんの中でも思い描く立ち振る舞いがあると思うんですよ。
まず、警察機関におけるSPってあるじゃないですか。あれではないんです。民間の会社なので、普通の〇〇株式会社とかとさほど変わらないんですよ。

民間で警護だったり警備だったりを担う方たちが、実はわりといらっしゃって。で、今回やらせていただくキャラクターは、民間の警備会社に属している島崎章というキャラクターなんです。
コメントでは出させていただいたと思うんですけども、”そう来たか!”っていう感じを受けましたし、一緒に共演してくださる、あんな奴だったりあんな方だったり、お久しぶり!っていう人達だったりがいてくれるので、すごく楽しみですね。
でも、今ここで配役の方をポロリすると相手のプロダクションの方から色々お叱りを受けると思いますので、そのポロリはちょっとやめといて…。

アクションシーンあるのかな?どうなんだろうね。アクションっていうと、SPだったら護身用の拳銃だったりとか携帯していいんですけど、民間の警備会社の身辺警護なので拳銃の所持は許されないと思うんですよ。だから、武器というものを持たないで警護することになると思うので、やっぱりアクションあるのかな。
そこは僕もちょっとドキドキワクワクなんですけど…。アクションを撮るとなるとつきものになって来るものがあるからね。それだけはしないように、しっかり1カット1カット大事にねやっていかないと、”嘘でしょ!?”って言うタイミングで落とし穴がありますからね。気をつけたいと思います!」

続いて!

神奈川県 ゆかこ 40歳 女性
キャプテン、こんばんニャ
映画「マスカレード・ホテル」に続いて、来年1月からドラマの発表という嬉しいお知らせに
小躍りしてます。ありがとうございます。
次のドラマではボディガードを演じられるとのことですね。
ボディガードというと、屈強な体格をしていて無口で強面なイメージが
あるのですが、実際にキャプテンは職業柄いろんなボディガードの方にお会いする機会があると
思いますので、キャプテンご自身に付いてくださった方、
または他のアーティストの方に付いていた方で印象に残っているボディガードの方のエピソードがあったら是非教えてください。


「そうですね。公共の交通機関等で僕がボディガードをお願いするってことはまずないんですけど、映画の制作チームがすごく気を使ってくださって、民間の警備会社の方をつけてくれたんですよ。
その方は元々警察の機関にいた方で、映画の撮影っていろんな題材がでてくるじゃないですか。そういう時にアドバイザーとして現場に来て頂いたりもしてたし、要は、現場にその人がいてくれるって言うだけで安心をしていられる存在として三池監督の現場で結構お世話になった方によくついていただきますね。
本当に手荷物0、いつも使う駅の集合場所で僕のこといつも待ってくれて、新幹線なら新幹線のチケット、飛行機なら飛行機のチケットをパッと渡してくださって動線を誘導してくださるんです。その方が、日本の中ではよくお世話になってる方ですね。それは三池監督の作品以降なんですけど。

あと、すごく思い出として残ってるのが映画『Hero』の撮影の時だったかな。
韓国にお邪魔した時に韓国のボディガードの方達が男性3名、女性が2〜3名いらっしゃって、その人たちはすごくよく対応してくださいましたね。
韓国のマスコミの方達だったりとか、ファンの方達が撮影現場にバーッと押し寄せた場合、ついてくださってる人たちが全部プロテクトしてくれるって言う形をとってくれましたね。

4〜5日撮影でおじゃましたので、帰る時には”何かありがとうの気持ちを渡せないかな”、と思っていたんです。そしたら、泊まってるホテルの隣にハイブランドの店があったので、そこで男性にはネクタイ。女性のボディガードの方達にはスカーフをプレゼントして帰ってきましたね。

後、印象に残ってるのは、一切作品の中には映像として反映されてないんですけど、『2046』という撮影でタイのバンコクにお邪魔した時に、飛行機が到着して空港にCAさんが扉をガコン…って開けるじゃないですか。
アコーディオンみたいなやつがガチャンって機体にくっついてて、そこから降りるんですけど、アコーディオンみたいなところから、タイの国軍の方達がブワーッといたんですよ。
これ、相当悪いことしたやつがこの飛行機に乗ってんだなと思って、そんな雰囲気で僕は勝手に降りたんですよ。
それで、早く入国審査とかやんなきゃ。と思って歩いてたら、国軍の方達がワーッと並んで、僕の後ろを全員歩いてるんですよ。『あれ、悪いことしたやつじゃなくて、俺じゃね?』っていう(笑)。
そこからこの車に乗ってください、って言われて乗ったら、サイレンを鳴らしているバイク2台の後ろを車で走って撮影現場まで行きましたね。

だから、ボディガードっていう内容からはスキルアップし過ぎなんですけど、僕がよくお世話になってる民間のある方は、いてくれるだけでものすごい安心感を与えてくれるので、いつも本当に申し訳ないな、って思います。
例えば、東京駅から新幹線に乗って京都まで行きました。京都駅に着きました。『それでは失礼します』って言ってその人の任務は終了なんですよ。何もないことが100点なんですけど、何もない時はそのまま改札に入っていって東京に戻るんです。
なんか、何もないことの素晴らしさと、安心っていうだけのためにずっといてくださるんですよね。でも、テレビドラマという形でお届けするにあたって、何もないっていう回があるのかどうかですよね。だけど、それが本当は100点なんですからね。

一応、新幹線で移動する時に『今度テレビ朝日さんの方でこういうドラマをやる事になったので、ちょっとお話伺ってもいいですか?』っていう形で色々とお話を聞いたりとかもしてみたんですけど、
そういう人たちが与えてくれる安心感っていうものを、見てくれる人たちにバトンとして繋がないとやばいな、っていう気持ちにはなりましたね」

続いては……キャプテンが出演していた作品まわりでのメッセージが!

岡山県 さや 15歳 女性
キャプテンこんばんわっつ!
この間、学校の現代社会の授業で『国会について』を学んだんですが、
なんと授業にキャプテンが昔やられたドラマ『チェンジ』の映像が使われたんです!
先生が『このドラマは政治のことがよくわかる』と言っていて、
最終回のキャプテンが演じられた朝倉総理の演説を見ました。
あとから気になって調べましたが22分30秒もあったそうですね。
あそこまでの長台詞を覚えることができて、しかも演技までできてしまうなんて
本当にキャプテンすごいっていう感情しか湧いてきませんでした。
なんだか学校でキャプテンを見れて嬉しかったんですが少し変な感じがしますね。


「まさか学校で政治に関する授業をして、そこであのドラマ『CHANGE』の映像を使おうって思ってくれた先生がいたからの話ですね。ちょっと恥ずかしいんですけどでも、その先生にはありがとうございます、ですね。
でも、台本には”ここで朝倉啓太の演説が始まる”って書いてありまして、で、次のページ行ってたんで『え?演説どうするの?』っていう会話をしたのを覚えています。
そしたら、スタッフが『演説(のシーンの台本)は、今書いてます!』って言われたんですよ。いつ撮るのかって聞いたら、その週の日曜日。いつ台本来るの?って聞いたら、今書いてますって(笑)。

で、結局木曜日の夜にもらったのかな。それで日曜日に撮影っていう感じでしたね。完全にケンカ売られてんな、って思ったんで、これは買うしかねぇなと思って(笑)。
リハーサルでとりあえずやってみたんですよ。そしたら、僕も昔からお世話になってる澤田鎌作さんという監督からの『素晴らしい!よし、ワンカット!』の一言で、僕とカメラマンの大野さんていうチーフカメラマンさん、二人だけがセットに入って、1テイク目を撮影して。
1テイク目を撮影したら、どうしても監督の中で抜けてほしくなかったワードが一言抜けた。っていうことで…。何せワンカットっていうシーンだったので、『もう一回お願いします』ってことになって、2テイク目でOKになりました!
現場って、こういうことなんでしょ?っていうことでは前に進まないので、なんかみんなのOKで、また一歩前に進んでいく感じなので、それをやっぱり経験すると止められない作業の一つになりますね」

続いて…

大阪府 まいこ 36歳 女性
拓也キャプテン、こんばんワン!!
いつも楽しく聴いています。
先日、杉咲花さんのInstagram(インスタグラム)拝見したところ、
お誕生日にキャプテンからプレゼントされたという大きなかき氷機の写真をアップされていました。
花さん、かき氷機に寄り添って、とってもとっても嬉しそうでした。さすがキャプテン、やりますね!!
そこで質問です。私もすごくあのかき氷機が気になり、自分なりに調べてみたのですが
なかなか同じ製品が見つかりません。拓也キャプテンはどのようにして見つけられたのですか?
行動的なキャプテンなので、もしかすると美味しいかき氷のお店で直接
「ここで使ってる機械、どこのか教えてもらっても良いですか?」って質問したのかな、
なんて想像しています。よろしくお願いします。


「ほんとだ。杉咲花さんのやってらっしゃるInstagramの写真が来ましたけど、こうやってアップされてるんですね。いやいや…『誕生日プレゼントを何が欲しい?』っていう話を撮影現場でしてたんですよ。
それで、かき氷機がいいです。って言われて、それを実際に送ってみたっていうだけなんですけど、どこで手に入れたかっていうのは、色んな情報あるじゃないですか。

やっぱり、送るからにはハンパな感じが嫌だったんで、相手が”マジで!?”って思うような、プレゼントはプレゼントとして、わあ〜っていう気持ちにはなって欲しいんだけど、物を見てもらった時に”あの方も本気だ…!”っていうテンションになってもらいたかったので、それでこれにしましたね(笑)。
Instagramの写真の下に『万次兄ちゃん、いっぱい削らせていただきます』って書いてありますね。写真では杉咲さんが犬を抱いてかき氷機にもたれかかって座ってるんですけど、大きさ変わらないですからね(笑)。
お腹を壊さない程度に楽しんでいただければなあと思います!」

キャプテンが出演した以前の作品と、皆さんが色々な出会い方をしているのはとても嬉しいので、皆さんからのそういった報告もお待ちしています!

M1. Moment / SMAP
M2. So Much More Than This / Grace VanderWaal
M3.Live to Die Another Day -存在証明- / MIYAVI
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 330 | 331 | 332 || Next»

アーカイブ

  • VictorEntertainment, Inc.
  • TOKYO FM

このページのTOP