yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第一話 父になりたかった -ジョン・レノン-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第一話父になりたかった

 旧軽井沢銀座の一軒のパン屋さん。『フランスベーカリー』。
軽井沢の美味しい水と豊かな空気が育んだこのパンを買い求め、毎朝、自転車でやってくる外国人のメガネの男がいました。
小さな息子、ショーンを連れた、ジョン・レノン。
自転車のカゴの紙袋からフランスパンが顔をのぞかせています。
彼は、妻オノ・ヨーコの別荘があった軽井沢で、しっかり子供と向き合いました。
亡くなるまでの三年間。軽井沢の風が、雨が、陽射しが、彼の心に家族との幸せな日々を、見せてくれました。

 彼、ジョンレノンの父親は、船乗りだった。
ほとんど家にいなかった。母親は、いつもさみしそうだった。
ある日、幼いジョンが学校から帰ると、母親が言った。
「父さんか、母さんか、選びなさい」
右手を父親が、左手を母親がつかむ。
父親を選べば、またみんなで暮らせると思った。
でもふと後ろを振り返ると、哀しそうな母親の背中。
結局、母親を選んだ。でも母親は、男をつくった。
彼は母親のお姉さん、ミミに預けられた。そう、ジョンは思ったに違いない。
「ボクは母に捨てられた」。
叔母さんは優しくしてくれた。
でも、誰にも、必要とされていない自分がいた。
この世に、居る意味がない、そう思えた。
自分の存在に、YESと言えない自分がいた。
ぐれた。やけになった。
十六歳で、また母親に会いにいった。
彼女が彼に教えてくれたもの。
ギター。エルビス・プレスリー。
仲良くなった。母親が、彼のもとに帰ってきた。うれしかった。
でも、交通事故で死んでしまった。
ジョンは二度、母親を失った。
ポールという男に会った。ギターがうまくて、顔が、エルビスに似ていた。彼も、14歳で、母親を癌で亡くしていた。
ジョンは、ポールとバンドを組むことにした。
バンド名は、『ビートルズ』。
故郷、ストロベリー・フィールズの門に、風が、吹いた。それは、どこか、軽井沢を吹き抜ける風に、似ていた。

 ジョン・レノンは愛の唄を、歌った。
歌い続け、やがてビートルズは迷走。
自分がどんな音を奏でているのかわからくなった時、ひとりのアーティストの個展を観に行った。
『オノ・ヨーコ』。
ロンドンの小さなギャラリー。真っ白な部屋の真ん中に脚立がある。
「勇気をもって、あがってみてください」
そんな注意書き。
一段、また一段、注意深く、あがる。
虫メガネがぶら下がっている。それを目に当て、天井に書かれた小さな、小さな文字を読む。
『yes』。『yes』。
彼は、ふるえた。自分をどう支えていいかわからないほど、ふるえた。
誰かに、この世をつかさどる、何かに、『yes』と言ってもらったような気がした。
「そうか・・・僕は、ここにいていいんだ」。
『yes』。彼は、初めて、言ってもらえた言葉をかみしめた。
それを言ってくれたひとが、ヨーコだった。
奇しくも名前にNOがある、YESのひとだった。

 生涯で、初めてジョン・レノンに『yes』と言ってくれたひと。
ヨーコとの間に、ショーンが生まれたとき、彼は決めた。
「ハウス・ハズバンド」になる。
ヨーコの別荘がある、軽井沢が大好きになった。
木々を吹き抜ける風が、故郷、リバプールに似ていた。
優しくて、乾いている。せつなくて、なつかしい。
雨の音を聴くために、万平ホテルに行った。
ロイヤルミルクティーの香りに満たされながら、ショーンの寝顔を見た。
父になりたかった。自分が知らない、父親という存在に、なってみたかった。
親子三人で泊まった部屋、アルプス館、128号。
窓から見えた白樺、窓から見えた小鳥、窓から見えた家族の在り方。
彼は想像した。この風景のように、全てがつながっている世界を。
軽井沢の街も人も、教えてくれた。
あなたは、ここにいていいんですよ、あなたは、この風景の中の一員ですよ。
その想い出は彼を癒し、浄化した。亡くなるまでの、最後の三年間。
軽井沢が、ジョン・レノンに幸せを見せた。
楽しかった。笑っていた。雨を感じた。風に触れた。
息子ショーンと嗅いだ、ロイヤルミルクティーの香り。
最高に、贅沢な三年間。
彼は思ったのかもしれない。
ヨーコ、いいんだよね。僕は、yesって言っていいんだよね。
自分の人生に、yesって言って、いいんだよね。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる