yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第九十七話 40歳からの生き方 -【軽井沢篇】詩人・思想家 タゴール-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第九十七話40歳からの生き方

軽井沢の深い緑に包まれた、ある施設があります。
日本女子大学三泉寮。
1906年、明治39年に建てられた、軽井沢初の大学の寮です。
今風に言うならば、セミナーハウス。大学一年次の学生は夏の間、ここで教養特別講義を受けます。
爽やかな風に抱かれ、いにしえの先輩たちと同じように、ノートをとる女子学生たち。
大正5年8月18日午後5時。
特別講師の講演が始まりました。
壇上に立つのは、タゴール。
インドの詩人にして思想家、教育者、そしてアジア人として初めてのノーベル賞の受賞者、ノーベル文学賞に輝いた世界的に有名な賢人です。
『軽井沢高原文庫通信』2003年7月5日発売号に、そのときの講演の内容が掲載されています。
タゴールは、瞑想、メディテーションの大切さを説いています。
「何かを得ようとしてはいけない。大事なのは、宇宙と一体化すること。そうして初めて自由になれる。真の自由は本当の喜びであり、私欲がなくなれば、畏れるものも消え失せる。そこには利己的な活動も差別もない。みんながその境地に立てば、この世から争いは消え、平和が訪れる」。
そう、語りました。
タゴールは、偉大な思想家の家系に育ち、裕福な暮らしの中、自分の思うがまま、生きてきました。
ところが、順風満帆に見えた40歳のとき、突然の災厄が彼を襲います。
その試練に彼はどう立ち向かい、何を思い、何を実行したのでしょうか?
今も世界中のひとから敬愛されている詩人が、40歳でつかんだ明日へのyes!とは?

インドの詩人にして思想家、タゴールは、1861年5月7日に生まれた。
家は、西ベンガル州コルカタの名門。
祖父は実業家で莫大な財産を築き、父は宗教家としてひとびとの信仰の中心にいた。
タゴールは、14番目の子どもで8男。
優秀な兄たちとは違い、厳しいしつけに反抗する、手に負えない子どもだった。
詩作には長けている。でも、どうもパッとしない我が子に、父はイギリス留学をすすめる。
しかし、これもうまくいかず卒業できない。
これは早めに身を固めてしまうしかないと思った父は、タゴールが22歳のときに、結婚話をすすめ、タゴール家の領土のひとつ、シライドホの管理をまかせた。
彼は、自分のやり方で、この仕事に真摯に向き合った。
領地の管理だけではなく、農村開発にまで着手。
村の福祉や教育にまで関心を寄せた。
ひとが暮らしていくということ。
その根幹の障壁や苦悩を理解しようと努めた。
何かあればすぐに駆けつけ、改善しようとする。
そんな地主は、いなかった。
シライドホの河で、船頭をしている老人は、言った。
「あのひとは、神様みたいなひとじゃった。何かあったら、必ず相談するように、言っていたよ。不作に悩む小作人が支払いできないでいると、平気で待ってくれた。いつも、優しい目をしていたよ。全てを包み込むような、優しい目をねえ」。

タゴールは、80歳でこの世を去った。
そのちょうど半分、40歳のときに転機が訪れる。
40歳の彼は、ある意味、全てを手にしていた。
シライドホの領地を守る地主として村人から信頼を集め、詩人としてのキャリアを積み、愛する妻と5人の子どもにも恵まれた。
さらにタゴール家が所有するシャンティニケトンという場所に、理想の教育施設を作る事業も始まっていた。
誰もがうらやむ人生の成功者に見えた。
しかし、天はそんな彼に、容赦ない試練を用意した。
妻が病に倒れる。嫁いだばかりの次女も体調を崩す。
理想の学園建設も、資金がうまく回らず頓挫。
他に手がけていた事業にも失敗。多額の借金を背負う。
資産を全て吐き出した。
やがて、妻が息をひきとる。
次女だけでなく、末の息子までコレラで亡くす。
学園を任せていた後継者も、天然痘で命を落とした。
家族、仕事、何もかもうまくいかない。
タゴールは、天を仰ぐ。
「どうすればいい?私はこの先、どうすればいい?」
初めて味わう孤独。初めて体験する哀しさ。
そのとき彼は、後の人生を決定づける選択をする。
「そうか、わかった。これが私の定めならば、私は真正面から向き合おう。一歩たりとも、逃げたりはしない」。

40歳からのちの、タゴールの創作活動は、冴え渡った。
人生の深淵に手を伸ばし、生きることの哀しさに向き合った。
一歩たりとも、逃げないこと。後ろを振り返らないこと。
彼は失意や絶望を昇華し、詩をつむいだ。
『果物採集』という有名な詩がある。

危険から守ってくださいと祈るのではなく、
危険に勇ましく立ち向かえますように。
痛みが鎮まることを願うのではなく、
痛みに打ち勝つ心を持てますように。
人生という戦場で味方を探すのではなく、
自分自身の力を見出せますように。
不安と怖れの下で救済を望むのではなく、
自由を勝ち取るために耐えられる心を持てますように。
成功の中にだけ幸せを感じられるような卑怯者ではなく、
失意のときにこそ、全てが自分にゆだねられているのだと
気づけますように。

タゴールは、52歳のときに、ノーベル文学賞を受賞する。
まさしく青天の霹靂だった。
周囲の態度、環境が変わる。
まるでもうひとりのタゴールがいるような感覚に陥った。
でも、彼は自分を見失うことはなかった。
40歳からの10年間。
ひたすら孤独と向き合い、己のなすべきことをなす努力を、日々してきたから。
40歳で人生を見直す。
自分を見つめなおす。
己の本分を、見極める。
そして、自分にしか描けない絵を描く。
それはときに孤独や疎外をともなう。
でも、タゴールは教えてくれる。
「願ったことしか、かなわない」。
そして、
「大地を花で埋めるのは、大地の涙があればこそ」。

【ON AIR LIST】
Porcelain / Moby
To Build A Home / The Cinematic Orchestra
Race For The Prize / The Flaming Lips
魔法って言っていいかな? / 平井堅

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけと夏野菜のカレー

インドの詩人にして思想家、そしてノーベル文学賞に輝いた世界的に有名な賢人、タゴール。そんなタゴールの出身地にちなみ、カレー料理をご紹介します。

霜降りひらたけと夏野菜のカレー
カロリー
551kcal (1人分)
調理時間
20分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【4人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • かぼちゃ
  • 200g
  • オクラ
  • 8本
  • パプリカ(赤)
  • 1/2個
  • 塩、こしょう
  • 適量
  • サラダ油
  • 大さじ2
  • 玉ねぎ
  • 1個
  • 豚ひき肉
  • 120g
  • カレールウ
  • 4皿分
  • 3カップ
  • ごはん
  • 4人分
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすくほぐす。パプリカは縦細切りに、かぼちゃは薄切りにする。
  • 2.
  • フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、オクラと(1)を焼き、塩、こしょうで調味する。
  • 3.
  • 玉ねぎはみじんに切る。鍋に残りのサラダ油を熱し、玉ねぎを加え、よく炒める。
  • 4.
  • 豚ひき肉を加えて炒め、色が変わったら水を加える。沸騰したらルウを加えて煮溶かす。
  • 5.
  • 皿にごはんを盛りつけ、(4)をかけて(2)のきのこと野菜をトッピングする。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる