yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第九十九話 ジョンとヨーコ、それぞれのyes!前編 -【軽井沢篇】番組100話記念スペシャル-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第九十九話ジョンとヨーコ、それぞれのyes!前編

今週と来週の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。
オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん、朗読は、私、長塚圭史です。


ジョン・レノンが亡くなってから9年後の、1989年の夏。
軽井沢の緑の小道を、ひとりの女性が歩いていた。

ヨーコ:
はるばるニューヨークから日本にやってきたのだから、やっぱり軽井沢に寄りたくなった。
あれ以来、一度も足を踏み入れていない別荘を訪ねてみようと思った。

彼女の名前は、ジョン・レノンの妻、オノ・ヨーコ。

ヨーコ:
懐かしい小道には、草が生えていた。ジョンと息子ショーンと三人で歩いた道。
ジョンがいつもジョークを言って、私たちを笑わせた。三人の笑い声が、濃い緑に吸い込まれていった。

ジョン:
ほら、早くおいでよ、ヨーコ。さあ、早く!

ヨーコ:
ジョンが振り返り、私を誘う。

ジョン:
別荘まで競争だ、行くぞ、ショーン!それ!

ヨーコ:
この道を、外国からやってきた宣教師は、こう名付けた。
「ハッピーバレー」、幸福の谷。
私たちは、幸福だった。


ヨーコ:
別荘のドアを開けると、カビ臭い匂いがした。
床にショーンのおもちゃが転がっている。ジョンが読んでいた本が、そのままテーブルに置いてある。
電話の脇には、吸いかけのジタンの箱。寝室には、ギターが埃をかぶっていた。

ジョン:
毎年、ここに来るんだからさ、これはここに置いておくよ。

ヨーコ:
ジョンはこのギターで、ディナーのあと、ショーンに歌を聴かせていた。

ジョン:
さあ、今夜は何の歌にしようかな…。

ヨーコ:
軽井沢でのジョンは、いい表情をしていた。
優しく、慈愛にあふれ、何かにおびえることもなく、ふわっと包み込むような笑顔で私とショーンを見た。
あるとき、心無い批判を受けて落ち込んでいる私に、彼は言った。

ジョン:
ひとの言うことなんて、気にしちゃダメだよ。
「こうすれば、ああ言われるだろう…」
そんなくだらない感情のせいで、どれだけ多くのひとが、やりたいこともできずに死んでいくんだろう。
ねえ、ヨーコ、いいかい、幸せになることに躊躇してはいけない。
好きに生きたらいいんだよ、だって君の人生なんだから。
僕らは、幸せになるために生まれてきたんだ。


ヨーコ:
万平ホテルに泊まった。アルプス館128号室。
和ダンスに猫足のバスタブ、桜模様がほどこされた丸い灯り、大きなガラス窓。
和洋折衷の空間が、心地よくそこにあった。
窓の下は、ホテルのエントランス。
ジョンはここから、行きかうひとを見るのが好きだった。

ジョン:
軽井沢は、いいね。この吹き抜ける風はね、どこか似ているんだ、故郷のリバプールにね。

オノ・ヨーコは、朝早く自転車に乗った。
かつてジョンと一緒に遠出をした。
緑の中を走る。鳥が飛び立ち、木々の葉が揺れた。
旧軽井沢から中軽井沢に行く少し手前の道を奥に入ったところに、その喫茶店はあった。
『離山房(りざんぼう)』。

ヨーコ:
ジョンはショーンを前に乗せた。
いつもこの喫茶店のあたりまで来ると、必ず彼はこう言った。

ジョン:
なあ、ヨーコ、のどが渇いたから珈琲を飲もうよ。

ヨーコ:
9年ぶりの軽井沢。心配したが、まだ喫茶店は健在だった。
ふと、声が聴こえた。

ジョン:ねえ、ヨーコ。

ヨーコ:なに?

ジョン:いいから、ドアを開けて中に入ってごらん。

ヨーコ:え?なに?何があるの?

中に入ると、店の主人が懐かしそうな顔で近づいてきた。
そして、おもむろにあるものを差し出した。
「これはこの前いらしたときに、御主人が忘れていかれたものです。奥様にお返しいたします」。

ヨーコ:
渡されたのは、ライターだった。ジョンが愛用した、ライター。
私は、火をつけてみた。
まるで、9年間ずっと待っていてくれたかのように、勢いよく火がついた。
ジョンは好きだった、私を驚かせること。
ジョンは優しかった、私がさみしそうにしていると、必ずジョークを言ってくれた。

ジョン:
ヨーコ、受け取ってくれたかい?

ヨーコ:
ジョン、ありがとう…。
涙がこぼれそうになるのを、必死でこらえた。
ジョンは、私に人生を肯定することを教えてもらったと言っていたけれど、私もまた、彼に教わった。

ジョン:
心を開いて「yes」って言ってごらん、全てを肯定してみると案外答えがみつかるもんだよ。

ヨーコ:
私はもう一度、ライターに火をともした。


ジョン・レノンにとっては、世界中がガラスの家みたいで、隠れるところがなかった。
でも、軽井沢だけは違った。
ここでは、ただのハウスハズバンド。
まわりのひとは、絶妙の距離感でそっとしておいてくれた。
万平ホテルのテラスで、ひとりロイヤルミルクティーを飲みながらアップルパイを食べていても、自転車でフランスベーカリーにバゲットを買いに行っても、他のひととなんら変わることのない応対だった。
軽井沢という土地が持つ、全てを受け入れる懐の深さが、彼に幸せな時間を授けた。
オノ・ヨーコは軽井沢を去るとき、もう一度、幸せの谷を歩いた。

ヨーコ:
大きく息を吸って、体中で緑の香りを感じてみた。
夏の避暑地をあとにする私に、ジョンの声が聴こえた。

ジョン:
君が独りのとき、本当に独りのときこそ、誰もができなかったことをなしとげるんだ。
だから、しっかりしろ。


【ON AIR LIST】
Beautiful Boy / John Lennon
Julia / The Beatles
(Just Like) Starting Over / John Lennon
Woman / John Lennon

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけと白菜のスープ蒸し

今回は、ジョンとヨーコの思い出の地、軽井沢でブランド野菜としても生産されている、白菜を使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけと白菜のスープ蒸し
カロリー
29kcal (1人分)
調理時間
20分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • 白菜
  • 2枚
  • コンソメスープ
  • 400cc
    (400ccに対しコンソメキューブ1個)
  • 塩こしょう
  • 少々
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは小房にほぐし、白菜は一口大の斜め切りにする。
  • 2.
  • フライパンに白菜、霜降りひらたけを入れ、コンソメスープを回し加え、蓋をして、中火で10分蒸し焼きにする。
  • 3.
  • 器に盛り塩こしょうをふる。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる