yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第百話 ジョンとヨーコ、それぞれのyes!後編 -【軽井沢篇】番組100話記念スペシャル-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第百話ジョンとヨーコ、それぞれのyes!後編

先週に引き続き、今週も番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。
オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん、朗読は、私、長塚圭史です。


ジョン・レノンとオノ・ヨーコが初めて会ったのは、1966年。
ジョンは26歳、ヨーコは33歳だった。
このときのジョンの精神状態は、決していいものではなかった。
世界的な名声を手にしたビートルズは、ツアーに次ぐツアーに明け暮れていた。
あまりに旅を続けたので、自分の人生がなかった。
1965年にあらゆるツアーをやめたとき、あらたなる苦悩が彼を襲った。
自由な時間のはずなのに、何をすればいいのかわからない。
ただ茫然と立ち尽くし、結局、映画を撮るためにアメリカやスペインに行く。
ジョンは、思った。

ジョン:
おいおい、僕はどうかしちまってるよ。
旅から逃げたのに、今度は旅に逃げ込もうとしている…。


ヨーコ:
私、オノ・ヨーコはロンドンにやってきた。
『芸術シンポジウムの破壊』という芸術家グループに招かれて。
画廊の名前は、インディカ・ギャラリー。
主催者は、ジョン・ダンバー。

ジョン:
ダンバーは、僕ジョン・レノンを誘ったんだ。
「日本人の女性がロンドンに来ている。袋に入るパフォーマンスをやるんだ。ハプニングとイベントの融合だよ、どうだいジョン、観に来ないかい?」
何をしていいかわからない状態だったから、僕は出かけた。
オープニングの前日だった…。
運転手付きのミニクーパーで出かけた。
運転手は2メートル以上ある大男だったのを覚えている。
ミニに、大男!

ヨーコ:
私は地下室で準備をしていた。
そこへ、丸メガネの痩せた男性が現れた。
そのとき私は、彼があのビートルズのジョン・レノンだということがわからなかった。

ジョン:
黒髪の日本人女性は、僕に会うなり、一枚の小さなカードを渡した。
そこには、こう書かれていた。

ヨーコ:
呼吸、しなさい。

ジョン:
言われたとおり、大きく息を吸ってみた。

ヨーコ:
素直に息をする彼を見ていた。

ジョン:
これでいいかい?と僕が聞くと、

ヨーコ:
ええ、それでいいわと私は言った。

ジョン:
あたりを見渡すと、『金づちと釘』という作品があった。
壁に金づちがぶら下がっている。その下にはたくさんの釘。
僕は尋ねた。
ねえ、壁に釘、打ってもいいかい?

ヨーコ:ダメ。

ジョン:どうして?

ヨーコ:
だって、オープニングは明日なのよ。
私がそういうのを聞きつけたダンバーは、慌てて私のところにやってきた。
「おいおい、ヨーコ、何言ってるんだ、彼を誰だか知らないのか?大金持ちなんだぜ。打たせればいいんだ、釘の一本や二本。作品を買ってくれるかもしれないんだよ」
私は言った。5シリング払ってくれたら、釘を打ってもいいわ。

ジョン:
ははは、5シリング?そこで僕はこう言ったんだ。
じゃあこうしよう、架空の5シリングを払うから、架空の釘を壁に打とう!

ヨーコ:
素敵なことを言うひとだなと思った。

ジョン:
瞳が綺麗だなと思った。
でも、僕が彼女、オノ・ヨーコを本当に意識するようになったのは、次の作品を観てからだった。
脚立が置いてある。天井には絵が釣られている。
脚立をのぼって、僕が見たもの…それは…。


ジョン:
脚立をのぼる。
天井から、鎖につながれた虫メガネがぶら下がっていた。

ヨーコ:
彼は迷わず、いちばん上まであがった。
虫メガネを手にする。
天井の絵をそれで眺めた。

ジョン:
真っ白なキャンバスに、小さな字が書いてあった。
虫メガネでそれを見る。
そこには、小文字でyesとあった。
なんだろう…僕は震えた。
啓示とはこういうことを言うのか。
全身に、喜びがあふれた。
思えば、幼い頃から自分が生きていることに、yesと言えなかった。
母に捨てられ、叔母に育てられた。
16歳でやっと母に再会できたのに、彼女は交通事故で亡くなった。
二度、母を亡くし、僕はこの世に生きていいのか、わからなくなった。
その思いは、ビートルズで有名になっても消えはしなかった。

ヨーコ:
ジョンはしばらく脚立の上から降りてこなかった。
どうしたんだろう、彼の心にいったい何が起きたんだろう。

ジョン:
この女性とは会うべくしてあった、そう確信した。
yes!それは僕が人生でいちばん言ってほしかった言葉だった。

ヨーコ:
私は、あらゆる原点は、yesにあると思っていた。
認めること、許すこと。否定からは、何も生まれない。


ジョン:
僕、ジョン・レノンとオノ・ヨーコは、お互いシャイな性格だった。だから、

ヨーコ:
すぐに打ち解けるという感じでもなかった。

ジョン:
2回目に会ったとき、ヨーコは自分の本を僕にくれた。
『グレープフルーツ』という初版わずか500部の詩集。
その本に、衝撃を受けた。

ヨーコ:
地球が回る音を聴きなさい。
影がひとつになるように重ね合わせなさい。
マッチを灯しなさい、火が消えるまで見ていなさい。
想像しなさい、千の太陽が空いっぱいにあることを。

ジョン:
想像しなさい…。

ヨーコ:
第二次大戦中、田舎に疎開しているとき、だんだん食べるものがなくなってきた。
いつも笑顔の7歳になる弟も、どんどん元気がなくなっていく。
私は聞いた。「ねえ、今、何が食べたい?」
弟は驚いて言った。「言ってもしょうがないよ」。
でも私は続けた。「美味しい献立、考えよう。私はねえ、豚汁とミートローフ、デザートはね、ショートケーキ!」
弟は言った。「じゃあ、ボクはアイスクリームがいいな」
そんなふうに空想の献立を考えているうちに、弟は元気になっていった。
「そんなに食べたらお腹壊しちゃうよ」と私が言うと、
「そうだね」と笑顔になった。
勇気づけのための架空のメニュー。
でも、今こそ、飢えている精神のために、想像することが必要だと思う。
想像しなさい、あなたの幸せを。大切なひとの幸せを。
誰かの存在に、yesと言ってあげる優しさを。
毎日頑張っている自分のために、yesと言える強さを。
そして想像しなさい、全てがひとつになった、平和な世界を…。


ジョン:
結局、あなたが受け取る愛は、あなたが与える愛に等しい。


【ON AIR LIST】
Watching The Wheels / John Lennon
Mother / John Lennon
God / John Lennon
Imagine / John Lennon

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけのとろ玉丼

今回は、ジョンとヨーコの思い出の地、軽井沢でブランド野菜としても生産されている、キャベツを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけのとろ玉丼
カロリー
872kcal (1人分)
調理時間
45分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【4人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 2パック
  • 玉ねぎ
  • 大玉1個(250g)
  • キャベツ
  • 200g
  • ≪タレ≫
  • 1カップ
  • みりん
  • 1カップ
  • 【A】しょうゆ
  • 1カップ
  • 【A】砂糖
  • 大さじ1と1/3
  • 【A】ウスターソース
  • 大さじ1
  • 【A】かつお節
  • 10g
  • 揚げ油
  • 適量
  • 小麦粉
  • 適量
  • 2個
  • 生パン粉
  • 適量
  • ご飯
  • 800g
  • 温泉卵(市販品)
  • 4個
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけを食べやすい大きさにほぐす。玉ねぎは繊維にそって薄めのスライスにする。キャベツは千切りにする。
  • 2.
  • 鍋に、酒とみりんを入れ煮切る(5分ほど沸騰させ、アルコールを飛ばす)。そこに【A】加え少し煮つめたら、火を止めて粗熱をとる。粗熱がとれたら、ソースを茶こしやさらしで濾して鍋に戻す。
  • 3.
  • 熱したフライパンにサラダ油を敷き、玉ねぎを入れ、塩少々(分量外)を振り、炒める。キャベツは皿に乗せて、ラップはかけずに電子レンジ(600w)で1分加熱する。
  • 4.
  • 霜降りひらたけに、小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけ、油で揚げてフライを作る。
  • 5.
  • 揚げた霜降りひらたけが熱々のうちに(3)の鍋に入れ、タレを絡ませて器にとっておく。
  • 6.
  • 丼にご飯、玉ねぎ、キャベツの順に盛りタレを軽くまわしかける、霜降りひらたけのフライを並べ、真ん中に温泉卵を落として完成。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる