yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第百五話 己を信じる -【広島篇】女優 杉村春子-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第百五話己を信じる

広島市出身の大女優が、今年、没後20年を迎えました。
日本演劇界を支え続けてきたカリスマ的女優、杉村春子。
広島に生まれ、広島に育った彼女は、築地小劇場の入団試験を受けたとき、試験官の演出家・土方与志(ひじかた・よし)にこう言われました。
「キミは、ひどい広島訛りだねえ」。
自分では気づかぬほど、ふるさとの言葉は体に沁みついていました。
試験に落ちたと思いましたが、
「使い物になるかどうかはわからないけど、3年くらいはセリフなど言えないつもりで標準語を学ぶなら、まあ、いてみなさい」
と言われました。
広島の女学校の代用教員をしていましたが、劇団の合否を待たずに辞めてしまっていたのです。
「しかしあれだねえ、こっちに入れるかどうかわからないのに、仕事を棒に振って東京に出てきて、キミってひとは、思い切ったことをするひとだ」
そういって土方は笑いました。
「まあ、いてみなさい」
そのたったひとことが、女優・杉村春子の原点でした。
たまたまオルガンを弾きながら賛美歌を歌う役に欠員ができて、演奏できる杉村が抜擢されました。
女学校の先生をしていたことも役に立ったのです。
でもそのときは、ただ歌うだけで、セリフはありませんでした。
以来彼女は、言葉に敏感になりました。
芝居とはすなわち言葉であると、セリフの勉強に最も心を砕いたのです。
文豪・三島由紀夫は、こう評しました。
「姿の水谷八重子、セリフまわしの杉村春子」。
三島は、杉村の演技、とくにセリフまわしに惚れて、彼女は、三島戯曲になくてはならぬ存在になりました。
幾多の困難を乗り越え、演劇史に残る足跡を刻んだ女優、杉村春子が人生でつかんだ明日へのyes!とは?

女優・杉村春子は、1906年広島市に生まれた。
生まれて2週間後に、中野という家に、里子に出された。
杉村の母は芸者だった。芸者をやりながら子どもは育てられない。
父はおそらく軍人ということしかわからない。
杉村は生涯、一度も実の父と母に会うことはなかった。
もらわれた中野という家は、広島の西の色街にあった。
セメントやレンガを扱う建材業を営む裕福な養父。
養母は相当な美人だった。かつてはお座敷に出ていたらしい。
家の周りには、たえず芸者衆がいる。
彼女たちが長唄や三味線を習う軒先に、幼い杉村は顔を出した。
芸者衆も、そんな彼女を可愛がる。
学校に行けば、いろんな素性の同級生が机を並べている。
それが自然なことだった。
さらに家の近くに、寿座という大きな劇場があった。
養ってくれている父が、その劇場の株券を持っていたので、フリーパスで芝居を観ることができた。
物心つく前からの、芝居見物。
芝居好きの父は、大阪や東京まで親子三人で歌舞伎を観に行ったりした。
客席の大人が、泣いたり笑ったり、手を叩いたりするのを、じっと見ていた。
そして、スポットライトを浴びた舞台。
綺麗だった。
そこには、ひとびとを魅了する魔力があった。
環境はひとをつくる。大女優への道は、すでに始まっていた。

女優・杉村春子は、気がつけば大の芝居好きになっていた。
養母は、杉村を芸者にするつもりはなかったので、踊りも三味線も習わせなかったが、お琴だけは通わせた。
小学1年生のとき、学芸会でひとり歌う。
「わたしの人形はよい人形」という歌。大好評だった。
先生にも「声がいいわね、春子ちゃん」と褒められた。
声楽家になろうと思った。

小学6年生のとき、養ってくれた父を病で亡くす。
養母と二人きりになった。
勉学も優秀だった杉村は女学校に進んだ。
そこで、驚くべき事実を知る。
受験のための戸籍謄本。
母は手続きを全て自分ひとりでやったが、女学校の先生に言われた。
「あなたのお母さん、ほんとうのお母さんじゃないんですってねえ」
家に帰って母を問い詰める。
知らなかった。自分の両親が赤の他人だったなんて…。
ショックだった。母にあたった。全てが信じられなくなる。
思春期の反抗期も重なり、どこにぶつければいいのかわからない腹立ちをもてあます。
ただ、そのとき初めて養ってくれた母というひとの人生を知った。
母は貧しさゆえ、幼くして芸者に売られるという境遇だった。
たったひとり人力車に揺られ、田舎町からやってきたときの心を思う。
そういえば、母は色街に育ちながらも、迷信や噂のたぐいを信じなかった。
口癖は、「あんなこと、あてになりゃせんから」。
世の中で信じられるのは、自分だけ。
自分が見たもの、感じたもの、自分が発した言葉だけを頼りに生きていく。
杉村春子は、母の生き様を知って決断した。
「東京に行こう。私はふるさとを出ていく」

杉村春子が、役者人生の多くを捧げ、947回もの舞台をつとめた『女の一生』に、こんなセリフがある。
「人の人生というものは、思いもかけない方に働いていくとみえて、案外、そこに自然な道があるものです…」。
まさに、彼女の人生は、大女優へのレールがひかれているかのような紆余曲折に充ちていた。
広島を出て、東京の音楽学校に入ろうと思うが二度にわたり不合格。
結局、広島にいるしかない。
女学校でピアノを教える代用教員になった。
その学校に東京女子大を出た先生が来て、築地小劇場という劇団の話をしきりにしていた。
ちょうどそんなときに、築地小劇場の広島巡業があり、杉村は観に行った。
初めて観る翻訳劇。
驚いた。ほんとうに西洋人が出てきたのかと思った。
ふと、頭に浮かぶ。
「私、ここに入りたい。いえ、入る」。
どういうわけか、半年もたたないうちに、また広島公演があった。
「ここに入るしかない」。
もう迷わなかった。
女学校に辞表を出す。東京で女優になる。
母をひとり置いて出ることを決めたとき、やっと母のありがたみが心にあふれた。
我が子のように愛してくれた母。
自分の生きる道を応援してくれる母。
実の両親に会いたいとは思わない。
ただ、育ててくれた母にだけは、恥ずかしい姿を見せたくなかった。
言葉にコンプレックスがあったからこそ、言葉に向き合った。
言葉をちゃんと伝えるためには、作者の代弁者だけであってはならない。
芝居をする限りは、役が肉体化されてなくてはいけない、そのためには必死の覚悟で勉強しなければならない、そう思った。
女優・杉村春子は過去を振り返るのを嫌がった。
常に前を見つめる。
己を信じて、己が発する言葉を信じて、彼女は前に進み続けた。

【ON AIR LIST】
女はつらいよ / 二階堂和美
私の青空 / 畠山美由紀 with ASA-CHANG&ブルーハッツ
Hometown Glory / Adele
この道 / 大貫妙子

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけの素焼き

広島に生まれ、広島に育った大女優、杉村春子。今回は、そんな広島の名産であるレモンが、素材の旨みをより引き立てる、こちらの料理をご紹介します。

霜降りひらたけの素焼き
カロリー
14kcal (1人分)
調理時間
10分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • レモン
  • 1/4個
  • しょう油
  • お好みで
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけを小房にほぐし、魚焼きグリルで5分焼く。
  • 2.
  • 焼けた(1)を皿に盛り、しょう油とくし形に切ったレモンを添える。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる