yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第九話 留まり続けるということ -建築家 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第九話留まり続けるということ

塩沢湖畔にある、軽井沢タリアセン。
その中に、威厳を放ち、姿を留めているのが、旧朝吹山荘の『睡鳩荘(すいきゅうそう)』。
こげ茶色の木の質感。三角の屋根と白い窓が、上品で優しい風合いを奏でています。

湖面にゆらゆらと揺れるその雄姿。
三井財閥のひとりで、のちに三越の社長も務めた朝吹常吉氏の別荘として建てられ、ボーボワールやサガンの翻訳家として有名な朝吹登水子さんが長く住んだ家。
移築され、この場所にありますが、今もその温かみのあるたたずまいは、訪れる人を癒しています。

この別荘を設計したのが、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ。
建築家にして実業家、そしてキリスト教の伝道者。
彼は、軽井沢に数多くの建築物を残しました。
ヴォーリズが、残したものとは?そして、彼が今こそ、我々にささやく、yesとは?

ウィリアム・メレル・ヴォーリズは、1880年、アメリカのカンザス州レブンワースに生まれた。
広い空と、吹き抜ける風。そして、木々のぬくもり。
ふるさとを愛した。幼児洗礼を受ける。教会が好きだった。
ひとびとが集い、語らい、高い天井に日常が昇華されていく。
いつかこんなふうに、ひとびとの笑い声が響く建物をつくりたい。
建築家になりたい。夢ではなく目標として定めた。
マサチューセッツ工科大学への入学が許されるほど、優秀だった。
でも、経済的な理由で断念。コロラドカレッジに入学した。

建築家になることを疑わなかったが、ひとつの出会いが、彼、ヴォーリズを変える。
外国伝道を行っていたキリスト教宣教師の、ハワード・テイラーの講演を聞いて感動した。
世界にキリスト教を伝道すること。
その意義や素晴らしさに心が踊った。
1905年、日本に渡った。ヴォーリズ、24歳。
今から110年前のことだった。

建築家にして、実業家、そしてキリスト教伝道者だった、ウィリアム・メレル・ヴォーリズは、日本の地に降り立ち、ひとつだけ、決めたことがあった。
何があってもこの地に留まるということ。
留まり続けなければ、何も達成できない。
人生でいちばん大切なのは、誰かに必要とされること。
この地に骨を埋める覚悟がなければ、自分の言葉が虚しく消える。
知り合いなどいない。言葉も通じない。
でも、どんなに苦しい道でも、彼は踏みとどまった。

太平洋戦争が勃発。忍び寄る戦禍。
多くの外国人が母国に帰っていった。
宣教師たちが集うクラブハウスでも、その話題で持ちきりになった。強い風が建物を揺らす。

「開戦は、必至だ。ヴォーリズ、ここはみんな帰ったほうがいい」

ある外国人が言った。
ヴォーリズは、四角い窓から激しくしなる木々の枝を見ていた。

「いや、私は、ここを動かない」

その声は、静かだったけれど、強い響きを放った。

「私は、動かない」

やがて彼は、日本人の女性、一柳満喜子と結婚。
帰化することを決断する。
日本名、一柳米来留(ひとつやなぎ・めれる)。
アメリカの米、来るに、留まるでメレル。
アメリカからこの地に来て、留まりつづける。
彼の強い意志が、名前に見える。
大地はつながっている。どこにいても、その場所を愛せないひとはどこへいっても、孤独だ。
まずは、自分が立っている場所を愛するということ。
留まり続け、愛し続けるということ。

来日した、1905年、明治38年の夏から、ヴォーリズは、軽井沢を訪れた。そこには宣教師たちのコミュニティーがあり、何より、大好きな木のぬくもりがあった。
小道を通り過ぎる風はどこか懐かしく、心おどった。
軽井沢には、ヴォーリズが手がけた、さまざまな建築物がある。
ユニオンチャーチ。華やかさはない。
でも、優しく、使い勝手のいい空間がそこにある。
床や壁に使われた木材は、あえて磨かず、本来の質感を大事にした。
そこに集う人にとって居心地のいい環境を、常に考えた。
個人の家も、教会も、テニスコートのクラブハウスも、同じコンセプトだった。
かつて幼い頃見た教会のように、笑顔や癒しを享受できる空間。
留まり続けたからこそ、ヴォーリズには見えた。
歯をくいしばって、今自分が立っている大地を愛したからこそ、わかった。
この風、この空、この陽射し。全てが己をつくり、守っている。
あわてて動くことはない。焦って走ることはない。
人生には、留まることでしかわからない真髄が、ある。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる