yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第百十三話 自分の五感を信じる -【大阪篇】作家 司馬遼太郎-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第百十三話自分の五感を信じる

この夏公開された映画『関ヶ原』の原作者は、国民的な作家、司馬遼太郎です。
複雑な人間関係や入り組んだ政治や軍事を、わかりやすい平易な文体で描き、壮大な人間ドラマを具現化しました。
『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『街道をゆく』など、数多くの名作を世に残した司馬は、大阪府大阪市に生まれました。
東大阪市にある司馬遼太郎記念館は、彼のかつての自宅と、安藤忠雄設計の建物で構成されています。
司馬が愛した雑木林の庭から見える、彼の書斎。
机の上には、愛用の万年筆、そして推敲用に使った色鉛筆が、当時そのままに置かれています。
彼は、厖大(ぼうだい)な蔵書を持っていました。
その数、およそ6万冊。
その迫力を少しでも感じてもらおうと、記念館には、およそ2万冊の蔵書が、天井まで伸びる書架に納められています。
彼は、とにかく資料を読み込みました。
自分で調べ、自分の目で見て感じ、自分の足で稼いだ情報しか信じない、そんな信念を裏打ちしていたのは、「知らない自分」を知り、森羅万象に謙虚であったからに違いありません。
司馬遼太郎、本名、福田定一。
彼がなぜ、そのペンネームを使うことになったのか。
「司馬遷には、遥かに及ばざる、日本の者」。
歴史家の偉人、司馬遷には、遠く及ばないという謙虚さこそが、彼を厖大な資料から調べ尽くすという苦難の道に導いたのです。
簡単に情報が入る今の時代だからこそ、彼が私たちに問いかけることが多くあるように思えてなりません。
歴史とは何か?と聞かれると、司馬は、こう答えたといいます。
「それは、大きな世界です。かつて存在した何億という人生が、そこにつめこまれている世界なのです」。
小説家、司馬遼太郎が、その生涯でつかんだ明日へのyes!とは?

作家、司馬遼太郎は、1923年8月7日、大阪市に生まれた。
父は薬剤師。薬局を営んでいた。
兄がいたが2歳で亡くなり、司馬も病気で3歳まで母方の実家に里子に出された。
小学校に入ると、野山を駆け回るガキ大将。学校が嫌いだった。
将来の夢は、戦車隊の小隊長になること。遠い大陸の馬賊に憧れた。
中学に入っても勉強が嫌いで、300人中ビリに近い成績に本人も驚いた。
慌てて勉強したら、あっという間に20位以内に入った。
中学1年生のある英語の授業でのこと。
「ニューヨーク」という地名が出てきた。司馬は手をあげた。
「先生!この地名には、どんな意味があるんですか?」
先生は、烈火のごとく怒った。
「アホかぁ!地名に意味なんか、あるか!」
司馬は、納得がいかない。
初めて図書館という場所に入って、自分で調べた。
「もとはオランダの植民地で、ニューアムステルダムと呼ばれていたが、1664年にイギリス軍に占拠された。当時の国王の弟の名前がヨークだったので、ニューヨークになった」。
わからないことを自分で調べる。ただそれだけのことが嬉しかった。
「図書館っていうのは、すごいなあ。ここに来たら、なんでもわかる。ああ、いいところを知ったなあ」。
以来、学校は嫌いだが、図書館には足しげく通うようになる。
この体験は、作家になってからも生きていた。
『坂の上の雲』という小説を書くため、古本屋を片っ端からめぐり、「日露戦争」という単語の入った本を全部買い求めたという。
海軍士官の制服の袖についている金色の線。
その意味が知りたくて、資料を探し、ひとに尋ねる。
ようやくわかったのは、かつて甲板士官が腕に細いロープを巻いていた名残りだということ。
些細なことこそ、丁寧に調べた。
自分で調べる。そんな単純な積み重ねでしか、高みにはのぼれない。
愚直であること。
手間暇を惜しんでいては、坂の上の雲に、手は届かない。

作家、司馬遼太郎が22歳の誕生日を迎えたその8日後に、日本は降伏した。
終戦の体験は、いつまでも彼の心に残り続けた。
昭和20年、司馬は、栃木県にある戦車隊の隊員だった。
部隊に、ある日、大本営の少佐がやってきた。
将校が少佐に尋ねた。
「少佐殿、我々の連隊は、敵が上陸すると同時に南下、敵を水際で撃退する任務を持っております。しかしながら、東京都民が避難のため、北上することは必至。街道の大混雑が予想されます。そんな中、我が戦車隊は、立ち往生してしまうと考えられます。いかがいたしますか?」
少佐は、すぐさまこう言った。
「ひき殺して進め」
それを聞いた司馬は、思った。
「やめたやめた。オレは戦車が故障したことにして、その場所で敵と戦うことにしよう。日本人のために闘っているはずの軍隊が、味方をひき殺す?その論理はいったいどこから来るんだ?おかしい、何かがおかしい!」
日本人とは何か?人間とは何か?
司馬の心に、大きな疑念が擦りこまれた。
作家、司馬遼太郎の書く小説には、絶えず、この疑念への彼なりの答えが描かれている。
「自分にきびしく、相手には優しく」
ひとりひとりが、ただそのことだけを実践すれば、この世はもっと生きやすくなるのに・・・できない人間とはいったい、なんだ。

作家、司馬遼太郎は、終戦後まもなく、大阪の小さな新聞社で記者になった。
25歳の時、産経新聞京都支局に入り、以来、37歳で直木賞をとるまで新聞記者として働いた。
1950年金閣寺放火事件があった。犯人は寺に住む21歳の修行僧。
ただし、動機がわからない。
このとき、司馬が犯行動機をスクープした。
なぜ、スクープできたのか。
それは日ごろから足しげく、寺や大学を回っていたからだ。
雨が降ろうが雪が降ろうが、自分で取材する。
ひとから聞いた情報ではなく、自分の足で稼ぐ。
自分が見たもの、聞いたもの以外、信じない。
そうしてできた人間関係が、実を結んだ。
1960年、直木賞を受賞。
しかし同じ新聞社の仲間は、同僚の福田があの司馬遼太郎であることをほとんど知らなかった。
直木賞受賞パーティーを取材した記者仲間が、「あれ?なんで福田君が挨拶しているのかな」と思ったらしい。
新聞社を退社して筆一本になった。
かつてお世話になった産経新聞で『竜馬がゆく』を連載するとき、社長が破格の原稿料100万円を出した。
当時のサラリーマンの月給は5万円ほどだった。
社長は言った。
「福田君、これで一生でただひとつの小説を書きなさい」。
司馬はその気持ちに打たれ、もらった原稿料をほとんど資料代に使った。
その額の多さは、税務署が資料代と認めてくれないほどだった。
「資料を買って、こんな金額になるわけがない」
自分で調べ、舞台になる場所に出かけ、ひとに会う。
それをただひたすら繰り返しながら、作品を紡ぐ。
どんな脇役の人物も想像だけで書かない。
丁寧にひとの人生に向き合う。
作家、司馬遼太郎は言った。
「人間にとって、その人生は作品である」
だから、彼はどんな人物にも、優しい眼差しを向け続けた。

【ON AIR LIST】
やわらかい月 / 山崎まさよし
Stand Alone / 森麻季
Perfect Day / Lou Reed
僕の心をつくってよ / 平井堅

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけの牛すき煮

今回は、司馬遼太郎の生まれ故郷、大阪市で盛んに栽培されている、春菊を使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけの牛すき煮
カロリー
310kcal (1人分)
調理時間
20分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • 牛肉(薄切り)
  • 120g
  • 焼き豆腐
  • 1/3丁
  • 長ねぎ
  • 1/2本
  • 春菊
  • 1/2束
  • 白滝
  • 1/3袋
  • 【A】しょうゆ
  • 大さじ3と1/2
  • 【A】みりん
  • 大さじ2
  • 【A】酒
  • 大さじ2
  • 【A】砂糖
  • 大さじ2
  • 【A】水
  • 1/2カップ
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすくほぐす。
  • 2.
  • 春菊は縦4等分に、長ねぎは斜めに切る。焼き豆腐は一口大に、白滝はざく切りにする。
  • 3.
  • 鍋に【A】を入れ、霜降りひらたけ、春菊、焼き豆腐、白滝を入れて火にかける。煮立ったら7、8分煮る。
  • 4.
  • 長ねぎを入れて5分程煮込み、牛肉を広げて入れ、更に2、3分煮たら火を止める。
  • ※お好みで生卵をつけたり、七味をふっていただく。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる