yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第十一話 悲しみよ、こんにちは  -フランス文学者・朝吹 登水子-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第十一話悲しみよ、こんにちは 

軽井沢タリアセン。塩沢湖のほとりに建つ、こげ茶色の木造の別荘は、睡蓮の睡に、鳩と書いて、睡鳩荘と呼ばれています。
この建物は、W.M.ヴォーリズの設計によるもので、フランス文学者の朝吹登水子の命
により、この場所に移築されました。
旧朝吹山荘は、もともと小高い丘の上にありました。
帝国生命や、三越の社長を務めた朝吹常吉の別荘でした。
常吉の長女、朝吹登水子。
彼女は、軽井沢を愛し、この別荘を心から愛しました。
フランソワーズ・サガンの翻訳家、ボーヴォワールやサルトルと親交があった彼女の人生は、決して平たんなものではありませんでした。
日本とフランス。二つの国で生きた彼女が見つめた人生のyesとは?

フランス文学者・朝吹登水子は、1917年2月27日に、生まれた。父は実業家として名をはせた、朝吹常吉。まわりからみれば、何不自由ない、恵まれた生活を約束されていた。
16歳で結婚。夫は、家柄もよく、眉目秀麗な青年だった。新婚旅行で訪れたパリ。華やかであるはずなのに、なぜか、登水子には灰色に見えた。

「これが私の望んだ人生だろうか?」

夫との会話はない。まだまだ学びたい、もっともっといろんな世界を見たい!そう思う登水子にとって、カルチェ・ラタンの街並みは、あまりに遠い架空の街だった。
思えば父、常吉は、19歳でひとりロンドンに留学して西欧文化を学び、子供たちを男女別け隔てなく育てた。
幼い頃から向学心が強かった登水子にとって、家庭に入ることだけが人生ではなかった。
そんな登水子の想いに応えてくれたひとがいた。
兄の三吉(さんきち)。登水子は、三ちゃんと呼んだ。
三吉は、登水子に、パリである芝居を見せた。
名優ルイ・ジューヴェの舞台。
しびれた。フランス語が理解できないのに、体に電流が走った。彼の存在、彼の言葉が、美しいと思った。
「フランス語を学びたい!」心から思った。
物質的には満たされていても、心が裕福でないと、ひとは、幸せにはなれない。そんな単純なことが、彼の言葉から伝わってきた。
登水子は、夫に離婚したいと言った。当時、離婚は珍しかった。
19歳で、単身、フランスに渡った。

「私は、誰の人生でもなく、私自身の人生を歩く!」

フランス文学者、朝吹登水子は、19歳でパリに渡り、全寮制の女学校で勉強した。文字通り、歯をくいしばって2年間、頑張った。ソルボンヌ大学のフランス文化講座の試験に合格。彼女を支えたのは、ただひとつの想い。
「自分が生きている手応えがほしい」

せっかくつかんだ異国での暮らしも、戦争で帰国を強いられた。
鎌倉にいた、戦争最後の年。1945年。
鎌倉も艦載機(かんさいき)からの攻撃を受けるようになった。
登水子は、軽井沢に疎開している両親を訪ねることにした。
2月25日の切符が手に入る。その日は数千の敵機来襲とラジオで聴いた。登水子は、汽車に乗った。
品川や新橋のホームには、焼け焦げた頭巾をかぶる人たちが走り回っていた。上野駅について驚く。あたりは焼け野原。電信柱が燃えていた。夜9時。上野を出る汽車があることを知った。
雪が降ってきた。何度も汽車は止まる。そのたびに、体が震えた。
30数時間かかって、ようやく軽井沢駅に着いたとき、目の前は、一面の雪景色。でも、木々の間から、シジュウカラの声が聴こえた。

「ああ、ここには、平和がある」

安堵に、涙がこぼれた。

フランス文学者・朝吹登水子は、フランスへの想いを諦めなかった。1950年、33歳のとき、再びパリに渡った。
もう迷わない。誰にも邪魔されない。私は、私の道をいく。
登水子は、ひとに会い、自らを高めた。
貧しかった。でも、くじけなかった。
1955年、フランソワーズ・サガンの小説『悲しみよ、こんにちは』で、翻訳家として認められた。
ボーヴォワールの『娘時代』を翻訳したことで、世界的に有名なサルトルとも仲良くなれた。
サルトルに初めて会ったときのことは忘れられない。
ボーヴォワールのアパルトマンのドアの向こうにいたサルトル。
「ボンジュール、マダム」
優しい声だった。握手の手が、柔らかい。笑顔にホッとした。
彼と話す。フランス語が心地よく響く。
サルトルは、言った。
「知識人の仕事は、正しく物事を把握することだ」。
朝吹登水子は、その言葉を聞いて、あらためて思った。
「私は、正しく物事を把握したかった。だから世界を見て、さまざまなひとに会い、ぶつかって叩かれて、ここまできた。」

サルトルとボーヴォワールは、ニコニコと登水子を見た。
パリの街はもう、灰色ではなかった。
風景や心に色を灯すのは、際限なく続けた努力しかない。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる