yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第十四話 ひとに助けられる -川端康成-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第十四話ひとに助けられる

日本で初めてノーベル文学賞を受賞した文豪、川端康成。
彼が軽井沢を訪れたのは、昭和6年の夏、菊池寛に連れられてきたのが最初だと言われています。
その後、彼が37歳の時、今度はひとりで、芥川龍之介や室生犀星が愛した『つるや旅館』に泊まろうとやってきたと言います。
しかし、つるやは、満室。番頭は丁寧に詫びをいい、藤屋という旅館を紹介しました。
川端が藤屋に行ってみると、一室しか空いていません。
しかも、その広い部屋には学生がひとり泊まっていて、相部屋はどうかと持ちかけられました。
川端は「いいよ、それで」とにこやかに承諾。
翌朝、宿泊したのがあの川端康成だと知って旅館中、大騒動。
学生も驚いたと言います。
ぎょろっと見据える大きな目。無口で無愛想。
そんなイメージの川端康成にも、気さくな一面があったのです。
彼は軽井沢をたいそう気に入り、のちに別荘を購入します。
名作『雪国』がとった文学賞の賞金をその資金にあてたのです。
夏の間、避暑で過ごす軽井沢の空気を、川端は愛しました。
彼の別荘には、いつもたくさんの来客があったと言います。
決して人付き合いがうまい人間ではない彼のもとに、ひとが集う理由。友人や同志の笑顔を見て満足そうに腕を組む彼の姿には、彼が長い年月をかけて得た、人生のyesが見え隠れします。
作家、川端康成が生涯をかけて大切にしたものとは・・・。

作家、川端康成は、1899年、大阪に生まれた。
早産で虚弱。この世に生まれてきたのが奇跡だった。
開業医だった父、栄吉(えいきち)は、川端が二歳のとき、肺病で亡くなる。翌年には母、ゲンも同じ病でこの世を去った。
3歳にして、両親を亡くした川端は、祖父母に預けられた。

「自分もきっと、そう長くは生きられない」

そんな思いが、幼い川端の胸に深く刻まれた。
小学校に入学しても、体は弱く、小さかった。
ひとの群れが怖い。同級生が迎えに来ても、ふとんをかぶり、居留守をつかった。
学校には行かず、庭の樹にのぼり、樹の上で本を読んだ。
そんな川端を優しく見守ってくれた祖母が亡くなる。
離れ離れになっていた4歳年上の姉の芳子も、13歳で死んだ。
目の見えない祖父との二人暮らし。
祖父の代わりに川端は、世の中を、日常を凝視することを覚えた。
祖父は、川端には他の子供にはない才能があると直感した。
画家になることをすすめる。でも川端は文学に傾倒していった。
祖父は、本を買うお金に糸目をつけなかった。
そのせいで、食事は汁ものと梅干だけ。
それでも川端は本を読み続けた。
でも時々、さみしさに耐えかねて、祖父を家に残し、同級生の家に遊びにいくようになる。
暗い家に帰るとき、川端の心は祖父への申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
その祖父も、彼が16歳のときに亡くなる。
川端康成は、天涯孤独の身の上になった。

作家、川端康成は、祖父の死にも、泣かなかった。
まわりのものが彼を哀れんで泣くのを見ても、弱みを見せなかった。
誰かの世話を受けることでしか生きられない自分。
孤児であることに卑屈になる自分。
ひとびとの哀れみをうとましく思う自分。
そんな思いを、彼は小説にした。
生命力が虚弱な家系に生まれたことを、呪うときもあった。
彼は随筆にしたためる。

「弱い木の梢のように自分が立っていることを感じている」

他人の庇護のもとで生きる。
彼はあることを心に決めた。
「悪口やわがままを言わない。自分はひとりでは生きていけないのだから、全てのネガティブな想いを飲み込む」。
彼は、無口になった。

作家、川端康成は、たくさんのひとたちの善意や優しさを得て、成長した。
親戚や同級生、知人、友人に支えられ、彼は進学し、小説を書く道を歩むことができた。
孤独な学生が旅芸人の一座と触れあい、踊り子に心癒される、『伊豆の踊子』に描かれた他人の優しさを享受する姿は、そのまま、川端につながる。
そんなふうに、他者からのぬくもりで生きてきたからこそ、彼は後進の発掘に積極的だった。
難病に苦しむ男を文壇に押し上げた。
自分の印税で若く貧しい作家を養った。
どんな要求にもNOを言わず、二つ返事で引き受けた。
『今、自分があるのは、自分ではない誰かのおかげ』。
そんな哲学が、彼の人生を貫いていた。
定宿だった旅館が火事に会い、小説を書く場所を失った堀辰雄に、自分の別荘を使うようにと申し出た。
掘辰雄は『風立ちぬ』の最終章を、川端の別荘で書き上げることができた。
ある夜、川端家に泥棒が入った。
寝床にいる川端と泥棒の目が合う。
泥棒はこう言った。「駄目ですか?」
川端は、無言でうなづいた。心でこう言った。「いいよ」。

自分が持っているものは、惜しげもなく差し出す。
命を削って書いた小説。
そうして稼いだ金も、返ってくるあてなどなく貸した。
彼は、自分ひとりで自分にyesと言えなかった。
いつも誰かに問うていた。

「私は、大丈夫か?生きていて、大丈夫か?」

彼は、ひとに助けられ、ひとを助けた。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる