yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第十五話  幸せの谷 -オノ・ヨーコ-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第十五話 幸せの谷

ここに一本の道があります。
軽井沢万平ホテルの裏に伸びる、石畳の小道。
苔むした石垣や何処までも続く木々たちは、時代を越え、ここを歩くひとを見てきました。
外国からやってきた宣教師は、ここを、こんなふうに呼びました。
『ハッピー・バレー』。幸福の谷。
1977年から79年の夏、この幸せの谷を何度も往復した、ある家族がいます。
ジョン・レノン、オノ・ヨーコ、そして息子、ショーン。

三人は、あるときは万平ホテルを、あるときは、離山房というカフェを訪れるために、この道を歩きました。
彼らは、緑の香りを胸いっぱいに吸い込んで、鳥の声に、耳を傾けました。
オノ・ヨーコの別荘があった、幸せの谷は、彼らを優しく包み込み、まるで世界はひとつだと言わんばかりに、キラキラと輝いていました。
オノ・ヨーコは、隣を歩くジョンに、どんな言葉をなげかけたのでしょうか?
そう、オノ・ヨーコが初めてジョン・レノンに会ったとき、彼女は一枚の名刺を差し出したそうです。
その名刺には、たったひとこと、こう書かれていました。
「呼吸、しなさい」。

オノ・ヨーコは、1933年2月18日、銀行家の小野英輔の家に生まれた。
父英輔は、銀行家になる前はピアニストだった。
ヨーコもピアノを習う。父に気に入られたかった。
ベートーヴェンやバッハを練習した。
一時、サンフランシスコに移り住むが、戦争の足音がひたひたと聴こえてきた。
日米間の緊張を感じ、ヨーコだけ鎌倉にある母方の実家にあずけられた。
両親はいないが、おつきのものはたくさんいた。
でも、さみしかった。暗闇が怖い。
古い屋敷のそこかしこに恐怖を覚えた。
12歳のとき、東京大空襲を経験。空腹をまぎらわすために、弟と架空のメニューを言いあった。
地方での疎開暮らしはなじめなかった。いつもひとりで空を眺めた。古い家屋の天井に開いた穴から、空を見ていた。
終戦後しばらく経ってから、父の仕事でニューヨークに住む。
サラ・ローレンス大学で文学や音楽に触れる。
前衛芸術を始めた。
人種差別、女性蔑視、さまざまな苦難の中、彼女はひたすら前だけを見つめた。
1966年11月9日。運命の出会いが彼女を待っていた。

ロンドンでのオノ・ヨーコの個展。タイトルは『未完成の絵画とオブジェ』。
ジョン・レノンが、やってきた。
天井に書かれた『YES』の文字を見た彼は、オノ・ヨーコに言った。
「もし、『NO』とか『インチキ』みたいな言葉が書かれていたら、すぐにギャラリーを出ていったと思う」

二人は握手をして、やがて恋に落ちた。
YESを言ってもらったのは、ジョン・レノンだけではなかった。
オノ・ヨーコもまた、ジョンにYESを言ってもらえた。
自分がやるパフォーマンスを支えてくれる。
自分がこれまで感じた恐怖や辛い体験も、優しく包み込んでくれた。
ショーンが生まれ、夫婦の在り方に悩んだ。
二人とも、アーティスト。どう日常と向き合えばいいのか。
ヨーコの頭には、これまでの身をすり減らした経験がよみがえる。
ジョンは、言った。
「僕が、ハウスハズバンドになるよ」。
夏の軽井沢が、彼らの背中を押した。
高原を吹き抜ける風が、彼らの歩く道を幸せへといざなった。

オノ・ヨーコは、どんなに苦境に立たされても、こう思っていた。
「ひとのことを批判するエネルギーがあるなら、それを自分の生活をよくするために使いたい」。
そしてショーンを自転車に乗せて、離山房に向かうジョン・レノンの背中を見て、気づいた。
「相手の価値観を認めて、許すことができれば、それこそが人を理解し、愛することにつながる。自分の健康にとって、いちばん大事なことは、許すこと。そして、愛すること」
たくさん傷ついた彼女だからこそ、そこに辿り着いた。
離山房には、ジョンとショーンが一緒に写る
セピア色の写真が飾られている。
ショーンの身長を測る、ジョン・レノン。
その姿を見つめるオノ・ヨーコは、どんな表情だったのか。
おそらく、笑顔だったに違いない。
オノ・ヨーコは、あるインタビューにこんな言葉を残した。

「私たちはみんな、それぞれの川から流れてきた水、だから簡単に会うことができる、私たちはみんな、この広い広い海の水、いつか、一緒に蒸発する」
オノ・ヨーコは、ジョンを失っても、許すことをやめなかった。
許すこと、愛すること、彼女の想いは、今も、空に昇華し、地球をかけめぐる。
そして彼女は、明日を生きる全てのひとに、こんなメッセージを届ける。
「空の雲を眺めるような気持ちで、夢を胸に秘めてください。
自分を大事にして、美しい夢を持って、ください」

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる