yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第十八話 シニカルという希望 -作家・評論家 正宗白鳥-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第十八話シニカルという希望

軽井沢、矢ケ崎川のほとり、室生犀星文学碑から、さらに坂をのぼり山道を行けば、やがて十字架をかたどった石碑が見えてきます。
作家にして評論家の正宗白鳥の文学碑です。
スウェーデン産と言われる黒い御影石には、彼が好んだギリシャの詩が刻まれています。
『花さうび 花のいのちは いく年ぞ
時過ぎてたづぬれば 花はなく
あるはただ いばらのみ』
花さうびとは、薔薇のこと。白鳥が愛した歌には、彼のニヒリズムが色濃く表れています。
軽井沢を愛した正宗白鳥の小説には、全編に、世の中をシビアに見つめる冷徹とも思える鋭い視線があります。
でも、その眼差しには、むしろ希望を、愛を感じざるを得ません。
晩年の彼は講演会でこんなことを語っています。
「例えば、芸術に殉ずるという、そういう人もある。自分の仕事に、芸術でなくっても、ある仕事に全力を挙げて、一生を安んずるという。それは、僕らの尊い所。ところが、僕はそれほど自分の書くものに対して、何の信仰もない。自分のしていることにも何の信仰もない。と、ともに、そういうふうの信仰も、一方のあらゆる困難にあっても十字架につくという信仰もない。どっちもないで、ぐらぐら一生を終わったということになったんです。第一、自分のものを、自分はやろうと思ったんじゃなしに、今だって、できゃしないし、どうにか今日まであったのは、もっけの幸いだと思っている。それで、元来、遊戯だと思っている。小説なんてものは」

小説なんてものは、遊戯。遊び。
でも、その遊びをとことん突き詰めた男の、yesとは?

作家にして評論家、正宗白鳥は、1879年、岡山県の現在の備前市に生まれた。
正宗家は江戸時代からの財産家。
高祖父は林業を営んでいた。
1896年に、のちの早稲田大学に入学。
在学中に内村鑑三らの影響でキリスト教の洗礼を受けた。
卒業後は早大出版部を経て、読売新聞社に入社する。
担当は文芸。25歳のときには、自ら、小説を書くようになった。
29歳のときに書いた『何処へ』が評判となり、文壇にその名を示した。
『何処へ』の主人公、健次は、いつもシニカルな笑みを口元に浮かべる27歳の雑誌記者。愛にも、仕事にも、熱心ではない。その姿はまるで、人の群れの中で安穏としている大衆への抵抗にも思えてくる。
小説の中に、こんな一説がある。
「わずかな命だけれど、人間は何かで誤魔化されなくちゃ、日々がおくれないんですね」
明治、大正、昭和と生き抜いた正宗白鳥の視線は、いつも冷ややかで、核心をついている。
彼は、こんな言葉を残した。
「人は生まれ、苦しんで死ぬ。人生の要点はそれで尽きている」。

作家、正宗白鳥が、初めて軽井沢の『つるや旅館』に泊まったのは、1912年、明治45年のことだった。
それは作家としては最も古い客人だった。
以来、自身が別荘を構える1926年まで、毎年、定宿として『つるや』を訪れた。
彼は、あまり放浪を好む作家ではなかったが、軽井沢にいれば、空想に心をあずけることができた。
外国人たちの文化、それを真似る日本人の若者たち。
キリスト教の香り、人道会や動物愛護の活動。
最も正宗白鳥が気に入っていたのは、街に貼りだされた外国船出航の貼り紙だった。
メルボルン、シンガポール、ボンベイ、シドニー。
横文字で書かれたその地名に、旅の匂いをかいだ。
船の汽笛が鳴る。港でのたくさんの出会いと別れ。軽井沢の清廉な風に吹かれながら、彼は思いをはせた。
戦時中、東京の自宅と軽井沢を何度も往復した。
冬には軽井沢の厳しい寒さも体験した。
のちに彼は、一年中、軽井沢で過ごすことを選んだ。
夏の二か月があるのは、きつい冬があるおかげだと言わんばかりに、この地をまるごと愛した。
彼のともすれば厳しい言葉、シニカルな側面は、実は優しさの裏返しではなかったのだろうか。

正宗白鳥は、島崎藤村らと日本ペンクラブを設立して、4年間会長を務め、文壇の後進の育成に尽力した。
写真を撮られるのを嫌ったが、撮られた写真は笑顔が多かった。
晩年の講演会では、いつもの辛口なものいいで会場を沸かせ、人間の心の本音に迫った。
嘘が嫌いだった。本心を隠し、芸術を語り、人生と向き合わない作家連中を許さなかった。
「なにをえらそうに!作家がそんなにえらいのか?文学がそんなに上等なのか?違う、大切なのは、苦しむこと、もがくこと。目をそむけないことだ」
軽井沢にある、彼の文学碑。
薔薇は、散ってしまい、あとに残るのは、いばらだけだという詩が刻まれている。
彼は知っていた。
残されたいばらにこそ、人生の真髄がある。ほとんどいばらに囲まれた命だからこそ、人の愛が愛おしく、奇跡なのだ。
口元にシニカルな笑みを浮かべながら、彼はこう言うかもしれない。
「私は悲しみや苦しみに裏打ちされていないものを、信じない」。
彼のニヒリズムは、諦めではなく、希望だった。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる