yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第二十四話 切り込む力 -随筆家・白洲正子-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第二十四話切り込む力

名門『軽井沢ゴルフ倶楽部』に、「PLAY FAST」と書いたシャツを着て現れる、伝説の男、白洲次郎。
その妻、白洲正子もまた、伝説の女性でした。
伯爵家の次女として生まれた正子は、ある意味で、夫次郎に負けるとも劣らない行動力と、強いプリンシパルを持ったひとだと言えるかもしれません。
正子の父方の祖父は、薩摩出身の軍人にして政治家、樺山資紀。
戊辰戦争や台湾出兵に参加し、警視総監や陸軍大臣を歴任した生粋の薩摩人でした。
ここに一枚の写真があります。
永田町の自宅の庭で、祖父、資紀の膝に抱かれる5歳の正子が写っています。
軍服にサーベルを下げ、椅子に座る祖父。
彼の帽子を手に持ち、カメラをにらむように見据える、白いワンピース姿の正子。
その真っ直ぐで大人びた眼差しは、後の正子の運命を暗示しているように思えます。
正子はおそらく、薩摩人である自分を意識していたのでしょう。
彼女にはただ単に、勝気、負けず嫌いでは片づけられないひとつの流儀がありました。
決めたことをやりぬく。欲しいものには粘り強くくらいつく。
その壁が高ければ高いほど、挑む。誰も入ったことのない場所に切り込む。
だからこその、伝説。それゆえの、唯一無二。
ただのお嬢様に留まらなかった彼女を突き動かした、心の中のyesとは?

随筆家、白洲正子は、1910年1月7日、東京に生まれた。
4歳のときに、能を習う。
それから10年後、14歳で、女性として初めて能の舞台に立つ。
女人禁制だった能楽堂。
そこで舞うために、彼女は常人では計り知れない努力をいとわなかった。
やるならとことんやる。面白そうだと、のめりこむ。切り込む。
能を舞うために、笛、鼓、太鼓など、お囃子まで勉強した。
後日彼女は語っている。
「お囃子をやってみて、わかった。知識なんて舞うことの役に立たない。舞うってことは、そのひとの間だから。自分には自分の間があって、それだけでいい。自我はいらない、自己がいるの」
自分を見せびらかす自我ではなく、自分がどうしたいのかという自己が重要。
白洲正子は、能を通して、自己表現とは何かを学んでいったに違いない。
切り込んで、ぶつかって転んで初めて見えてくる自分。
自己発見こそ、生きる醍醐味だ。
学習院初等科を卒業後、アメリカに渡り、ハートリッジ・スクールに入学、卒業して帰国。
19歳で白洲次郎と結婚する。
お互い、ひと目ぼれだった。
一筋縄ではいかない次郎だからこそ、正子は迷わなかった。
戦火を逃れ、鶴川村、現在の町田市に引っ越して、のんびりした生活をおくると思いきや、彼女の中のあふれる情熱は立ち止まることがなかった。
そこに、人生を左右する出会いが待っていた。

戦後、白洲正子は、評論家の小林秀雄、装丁家で美術評論家の青山二郎と出会う。
文学や骨董の世界の扉が開かれる。
なんとか彼らの友情の中に入りたくて切り込む。
男同士の友情に嫉妬を覚えた。
「オレたちとつき合うなら、酒くらい飲めよ」と小林に言われ、「ったくもう、何にも知らないお嬢ちゃんだな」と青山にけなされ、それでも正子はくじけなかった。
飲めない酒をあおり、必死に勉強した。
そのせいで、3度の胃潰瘍。血を吐くこともあった。
つき合い方は破天荒。壮絶だった。
小林も青山もやがて、そんな正子を認めるようになった。
ついたあだ名が『韋駄天お正』。
自ら行動しないと気が済まなかった。
自分の目で見て、五感で確かめたものしか信じない。
それは随筆の執筆にも徹底された。
銀座に染色工芸の店も開き、往復4時間を毎日通った。
朝から晩まで動き続け、自らの想いや体験を文章にぶつけた。

白洲正子は振り返る。
「私は、不機嫌な子供でした。今で云えば、自閉症に近かったのではないでしょうか。3歳になっても、ほとんど口をきかず、ひとりぼっちであることを好みました」。
おそらくそれは鋭い感受性。
おそらくそれは誰よりも強い衝動を抱える恐れ。
だからこそ、自分を抑えた。
でも、4歳で能に出会い、彼女の自己が解放された。
解き放たれたら、もう止まらない。もう抑えない。
正子は、走った。まるで泳ぐのをやめたら死ぬサメのように。
70を超えて、親しいひとの死に直面する。
青山二郎、小林秀雄、そして、最愛の夫、白洲次郎。
それでも、正子は歩みをやめない。
80にして、能楽師、友枝喜久夫を追いかけ、舞台を食い入るように見つめた。
好きな骨董を探し日本中を奔走した。
旺盛な執筆活動は名作を生んだ。
彼女は、頭で考えることよりも、運動神経を信じた。
自分が今、何をしたいのか、それを見つけるためにはどう動いたらいいのか。
常に切り込む力が彼女を突き動かした。
正子は自分が知りたかった。
自分が何者なのかを知るために、走り続けた。
「私は自分を発見することで、透明な心を得たいと思った」。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる