yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第三十話 軽井沢駅からの便り -駅が見守ってきた歴史-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第三十話軽井沢駅からの便り

軽井沢駅の北口に、レトロな赤い屋根の建物があります。
旧軽井沢駅舎記念館。
長野新幹線開通にともない、取り壊された旧駅舎を再建したものです。
1階は展示室。2階には歴史記念館があり、かつての1番線ホームには、電気機関車が展示してあります。
明治26年に碓氷峠を越えて開通した信越本線。
トンネルが26個もあるので、機関車では煤煙被害が深刻でした。
明治45年に、ようやく電化して走るようになったのが、このEC40型電気機関車です。
軽井沢の駅は、特別でした。
夏の避暑地としての地位を得てからは、海外の要人、政財界の重鎮、そして皇室の方々が、清涼な風をもとめてここに降り立ちました。
そのため、駅舎には、待ち合い用の貴賓室が設けられました。
旧軽井沢駅舎記念館には、当時の状態を再現した記念室があります。
カーテンボックス、木製の建具、応接椅子。明治のお歴々の気分を味わいながら、椅子に座ることができます。
往年の天井を見上げ、思いをはせれば、この駅が見守ってきた歴史が、この駅が見送ってきた様々なひとが、見えてきます。

明治21年、1888年12月。
直江津、軽井沢間が開通して、12月1日には軽井沢駅も営業を開始しました。
険しい峠で工事が難航していた横川、軽井沢間も、碓氷馬車鉄道が開業して、鉄道がとおっていない区間を繋ぎました。
それから5年後の明治26年に、碓氷峠の工事が竣工。
アプト式鉄道で、横川、軽井沢間がようやく開通しました。

駅は、見てきました。
苦難を乗り越える勇気を。
駅は、見てきました。
別れと、出会いを。
駅は、見てきました。
ささやかだけど、確かな、心の中のyesを。

群馬県高崎市の初代市長になった矢島八郎は、前橋の高瀬四郎と組んで、碓氷峠に馬車鉄道を走らせることに情熱を注いだ。
彼は、伝えるに馬と書く、伝馬を生業にする家に生まれた。
伝馬とは、使いの者や物資を馬で運ぶ仕事で、江戸幕府の物流を担った。
矢島は、高崎と上野の間に郵便馬車を走らせるなど、運輸業に心血を注いできた。
また地元の名士として、政治家としての辣腕ぶりも発揮した。
そんな彼があえて挑戦した、碓氷峠。
直線距離にすれば10キロあまり。でも、こう配はきつく、標高差は、552メートルに及んだ。
急こう配に急カーブ。鉄道が敷かれるまで、かなりの時間を要することは必至だった。
矢島は思った。
「誰もやらないことにこそ、生きがいがある」
碓氷馬車鉄道は、こうしてできた。
御者ひとりが、馬2頭をあやつり、10人乗りの車両をひく。
上等車は、馬1頭に、5人乗りだった。
森鴎外が、乗車の感想を書き記している。
「山路になりてよりは2頭の馬、あえぎあえぎ引く」

かつて軽井沢万平ホテルの会長で、現在、FM軽井沢 名誉会長の佐藤泰春もまた、軽井沢駅には、言葉に尽くせぬ思いがあった。
軽井沢に鉄道が開通する、その同じころに万平ホテルも、洋風ホテルに生まれ変わった。
今日まで120年以上もの間、軽井沢駅とともに、発展し続けてきた。佐藤は思い出す。
「昔、大人たちは、駅のことを停車場と言っていたな。そういえば、父が教えてくれた。外国人まで、テンシャバと言っていたそうだ」
明治、大正時代の軽井沢は、一面、なだらかな起伏の丘だった。
ホテルから見下ろすと、離山の左すそに、蒸気機関車の煙がもくもくと噴き出していた。
大正から昭和の時代は、夏の軽井沢駅には、客を待つ馬車であふれ、ホテルの送迎も馬車だった。
終戦後は、軽井沢駅にもRTOという米軍専用の建物が建てられた。
佐藤は、疎開を終えて上京するとき、ひとり列車に乗った。
軽井沢駅は、復員兵や引き揚げ者でごったがえしていた。
ヤミ米の摘発の為、鉄道公安官が鋭い目で見張っている。
親が子供の私をきづかって米を持たしてくれていた。
どきどきする。見つかったら・・・。
「おい!そこのぼうず!」
見つかってしまった。
でも・・・事情をオドオド話すと、
「行け!」と見逃してくれた。

軽井沢駅は、文学散策の拠点でもある。
信越線の開業は、日本で最初の高原列車の誕生だった。
高原・・・その響きには、西欧の香りがある。
宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーや、ジョン・レノンがふるさと、スコットランドやイギリスを思い出したように、ここに来る外国人はみな、懐かしさを覚えた。
そうして、文学者たちが執筆のため、夏の間、この地を訪れることで、文化の輪が広がった。
旅の歌人、若山牧水。
彼は明治41年に初めて軽井沢駅に降り立った。
「八月のはじめ信州軽井沢に遊びぬ、その頃詠める歌、火を噴けば浅間の山は樹を生まず」
そんなふうに始まる歌は、牧水自身の失恋の思いを詠んでいた。
高原を走る汽車に気持ちをのせ、彼は軽井沢で傷を癒した。
島崎藤村も、汽車で碓氷峠のトンネルを通ったときのことを、記している。
「軽井沢の方角から雪の高原を越して次第に小諸へ降りてきた汽車、この汽車が通ってきた碓氷のトンネルには、ちょっとあの峠の関門ともいうべきところに、巨大なつららの群立するさまを想像してみたまえ」

文人たちは、汽車を、駅舎を、高原を文学に昇華した。
軽井沢駅は、ひとの痛みや、幸福を一緒に味わってきた。
ホームとは、駅であり、家族。
ホームとは、自分の帰るべき場所であり、そこから未来へ羽ばたく場所。
おかえりなさい。
行ってらっしゃい。
軽井沢駅には、ひとの心をつかんで放さない、哀愁と幸福があった。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる