yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第三十三話 角を捨てない -【京都篇】 芸術家 北大路魯山人-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第三十三話角を捨てない

「器は、料理の着物」という有名な言葉を残した、北大路魯山人は、京都市上賀茂北大路町に生まれました。
陶芸家、画家、篆刻家、料理家、美食家。
彼を表す言葉はさまざまですが、ひとことでいえば、当代きっての芸術家。
その多様さ、作品の多さ、領域の深さは、他に類をみません。
今もなお、ひとびとをひきつけてやまない、彼のチカラ。
しかし、旺盛な創作欲の中、彼には常に悪評がつきまとっていました。
傲慢、横柄、虚栄。
世界に名だたるピカソまでも罵倒する、雷のような物言いに、ひとびとは怖れをなし、また尻込みし、去っていくものも少なくありませんでした。
どんなに偉い社長や役人だろうと、容赦しない態度。
「馬鹿者!帰れ!貴様のようなやつに用はない!」
「なにやってんだ!この盗人が!」
「おまえの顔など、二度とみたくもない!」
その叱責や怒号は、ときに逆鱗に触れ、彼はさまざまなものを失ってきました。
それでも、彼は、自らの『角(かど)』を捨てませんでした。

魯山人の人生を丁寧に論じたことで知られる、美術評論家の白崎秀雄は、こんなふうに語っています。
「魯山人にとって生涯消えることがなかった性格、要素は、角ではないか。篆刻も、鈍角ではなく、鋭角に彫る。陶器も四方の鉢を好み、料理にも角を立てた」。
常人は、角を捨てます。
常人は、角をけずることで、世間と調和し、世界に溶け込みます。
しかし、ここに角を生涯持ち続けた男がいます。
どんなにけなされ、嫌われ、うとましく思われても、捨てなかったもの。
北大路魯山人が、自らの角を手放すことがなかったわけとは?
そこに見えてくる、彼にとってのyesとは?

北大路魯山人、本名、北大路房次郎は、1883年、京都の上賀茂神社のお社に生まれた。
魯山人は、母の不貞によって生まれた。
妻の妊娠を知った父は、自ら命を絶ってしまう。
「自分は、生まれてはいけない子供だった」。
その思いは、魯山人を生涯苦しめることになる。
母は、魯山人を生んだあと、失踪。行方不明になる。
彼は放置され、やがて、巡査にもらわれるが、その巡査もいなくなり、妻も病死する。
生まれながらにして、ひきとり先を転々とする魯山人。
そんな中、3歳のときに見たつつじが忘れられないと彼は言う。
養ってもらっていた家の姉に、手をとられのぼった上賀茂神社東側の山。
そこに咲き乱れる真っ赤なつつじの光景は、彼の目に、鮮烈な印象を残した。
もらわれていく先で、虐待も受けた。
信じるひと、絶対的に心をゆだねることができるひとが、どこにもいない。
最もそれを必要とするときにそれを得られないと、何かを損なうことがある。
魯山人の心に、角が育ち始めた。
龍が、ゆっくりと、首をもたげた。

北大路魯山人は、6歳のとき、ようやく養子になった。
京都竹屋町の木版師、福田武造にひきとられ、福田姓を名のった。
福田家では、率先して炊事を手伝った。
それが料理に触れるきっかけになった。
10歳で尋常小学校を出ると、丁稚奉公に出された。
ある日。奉公先からの使い走りの途中。
路地の先にある料理屋の行燈看板の文字に、心うたれた。
ひとふで書きの亀の絵と、流れるような文字。
「なんて綺麗なんだろう」。
そのフォルム、シンプルだけどひとの心をつかんで放さない存在感。
幼い魯山人は、いつまでもそこに立ち尽くした。
絵が画きたい、字を書きたい。
絵の学校に入るお金はない。
魯山人は、書道コンクールに作品を出した。
それが何万の中から見事選ばれ、受賞。
次々と応募して、賞金を稼ぎ、そのお金で絵筆を買った。

21歳のとき、日本美術協会主催の美術展覧会に出品した、千の文字の文と書く『千字文』が、1等2席を受賞。
初めて世間に認められる扉が開いた。
町の書家として名をなしていた、岡本太郎の祖父にあたる、岡本可亭の内弟子になった。
その腕の確かさで、あっという間に、師匠より稼ぐようになる。
稼いだ金は、道具や骨董、美味しいものの食べ歩きに使い果たした。
こうして、彼は自らの中に角を育て、補強していった。

北大路魯山人は、生涯に6度、結婚したが全て破綻した。
2人いた男の子は早くに亡くし、たったひとりの娘には裏切られ、晩年、会うこともなかった。
「オレは・・・さびしいんだ」
近しいものに、つぶやくように云う彼の姿があった。
ラジオから流れてくる心温まるホームドラマを聴いて、嗚咽するほど、泣いた。
あふれる涙をぬぐうことも忘れて、泣いた。
家庭が欲しかった。あったかい家族がほしかった。
でも、彼の中の龍は、吠え続け、他者を寄せ付けない。
彼が育んだ角は、家庭には余計なものだった。
龍を、角を、芸術に捧げること。
そうするしかなかった。
そうすることでなんとかバランスを保った。

誰にも愛されず、誰にも祝福されなかった幼少期が、彼を奮い立たせる。
魯山人は、必死に言い続けた。
yes、yesと。
「誰かが言ってくれないなら、オレは自分で自分に云ってやる!」
「おまえは、生まれてきてよかった。だから捨てるな。無くしてはいけない。角を。心の中でうごめく、龍を」
彼は、角をとらない。丸くしない。
魯山人は、最後まで、怒り、戦いぬいた。

【ON AIR LIST】
Isolation / John Lennon
紅い花 / UA
Fragile / Sting
High And Dry / RADIOHEAD

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけとオクラの梅だれ

生涯『角』を捨てることなく、陶器も四方の鉢を好んだという、北大路魯山人。そんなエピソードにちなみ、四方の鉢にオクラの鋭い角が際立つ、この料理をご紹介します。

霜降りひらたけとオクラの梅だれ
カロリー
71kcal (1人分)
調理時間
10分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • オクラ
  • 5本
  • 長芋
  • 60g
  • 大さじ2
  • 梅干し
  • 1個
  • 【A】薄口しょうゆ
  • 小さじ2
  • 【A】みりん
  • 小さじ2
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすくほぐし、長芋は千切りにする。梅干しは叩いておく。
  • 2.
  • フライパンに、オクラを入れて酒をふり、蓋をして弱火で2、3分蒸し茹でする。霜降りひらたけを入れて更に3、4分蒸す。
  • 3.
  • 火が通れば水気を切って冷まし、オクラは小口切りにする。
  • 4.
  • 具材を器に盛りつけ、叩いた梅、Aを合わせたたれを回しかける。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる