yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第三十八話 真似る、捨てる、遊ぶ -【京都篇】 画家 伊藤若冲-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第三十八話真似る、捨てる、遊ぶ

今年、生誕300年を迎えた、江戸時代の画家、伊藤若冲。
21世紀から始まった若冲人気はとどまるところを知らず、さまざまな場所で展覧会が開かれ、連日多くのひとが訪れています。
彼は京都の中心地、錦小路の青物問屋に生まれました。
京のひとが「錦」と呼ぶ錦市場には、今もたくさんのお店が連なっています。
彼の生まれた家は、青物問屋でした。
青物問屋とは、各地の生産者から野菜や果物を買い取り、それを仲買人に売るという商いです。
錦市場ではかなり大きな店でした。
錦小路の先の錦天満宮。石畳の商店街は、不思議な静けさが漂っています。
かつて若冲も、この通りを歩き、この静寂の中にいたのかと想像すると、まるでタイムスリップしたような気分になります。
京都の路地には、そんな特別な空気が流れているのです。
美術史家、辻惟雄は若冲を、奇妙、奇抜の奇に、想像力の想と書いて『奇想の画家』と呼びました。
ひたすら絵を画くことに一生をささげた若冲は、その画法において、先鋭的でした。
中国絵画を真似る。そこに彼独自の手法や視点を入れ込み、やがて今までの対象を捨て去る。
そうしてたどり着いた、遊びにも似たユーモアあふれる境地。
なぜ彼の絵画が時代を超え、こんなにも愛されるのか?
そこには彼が悟った明日へのyesがありました。
「真似て、捨てて、遊んだ」彼の生き方と絵画への思いとは?

今年、生誕300年を迎える画家、伊藤若冲は、1716年3月1日、京の街、青物問屋「枡屋」に生まれた。
小さいころから暇さえあれば絵を画いた。
23歳のとき、一家を支えていた父が亡くなり、いきなり家業を継いだ。
しかし、若冲は絵を画くこと以外に興味を持たなかった。
商売はもちろん、芸事にも関心はなく、酒も飲まず、生涯妻をめとることもなかった。
仕事をせずに、2年間、丹波の山奥にひきこもって絵を画いたという、実しやかな逸話まである。
40歳のとき、弟に家督をゆずった。
家は裕福だったので、アトリエを2軒かまえた。
いわゆる隠居生活が始まる。
彼は誰はばかることなく絵画に没頭した。

当時の絵画の画法の主流は、模倣、模写だった。
原画を模写した本をもとに、それをまた模写する。
若冲は、それに飽き足らなかった。
まずは原画が観たい。
あちこちの寺をめぐり、本物の色、筆遣いを感じた。
「真似る」ことにも命を注いだ。
44歳の若さにして大きな仕事を受ける。
鹿苑寺、いわゆる金閣寺の大書院の襖絵を画いた。
若冲の水墨画の代表作になった。
やがて彼は真似ながら、捨てていく。
ひとの模倣をしても、自分の模倣はしなかった。
彼は自らの絵で、見るものに伝える。
「成長を止めるのは簡単だ。昨日と同じことをすればいい」。

江戸時代の画家、伊藤若冲。
彼には、画僧、絵を画く僧侶という側面もあった。
頭を剃り、肉は食べない。絵を画く前に、水をかぶり、体を清めた。
幼い頃から学問もせず、字も満足に書けない。
旦那衆と遊ぶこともなければ、酒も飲まず、女性とつきあうこともなかった。
ただ、絵と向き合うことだけに真剣だった。
「今の絵は、教本を真似ているだけで、まったく物が画けてないんだと思う」。
そんな言葉が残っている。
若冲にとって物を画くとは、どういうことだったのか?
そこに仏教の思想があった。
彼が画く、色とりどりの動物や植物たち。
それは「この世に存在するものは全て仏の姿である」という思いに裏打ちされている。
さらに彼の絵の根底に漂うのが「諸行無常」とでもいうべき、教え。
命の躍動感、生き生きとした色彩と、水墨画に映し出されるもの、
「この世の全ての形あるものは、やがて、失われる」。
極彩色と、白黒の世界。
その対比こそ、彼の精神性であり、彼が見つめた人生だった。
「私は仏さまに向かって画くんです。だから目が濁っていてはいけない。いや、目だけではありません。心が濁っていては、画けないのです」

経済的には、ほとんど困らなかった伊藤若冲に転機が訪れたのは、彼が73歳のときだった。
天明の大火。
京都の町、およそ8割が焼けた大火事だった。
錦市場の実家も焼け、アトリエも失った。
若冲は、京都伏見の寺、石峰寺に身を寄せた。
60歳を過ぎた頃から、この寺と縁があり、自ら下絵を描いた五百羅漢像を寄進していた。
石段の先にある赤い門。
生い茂った竹やぶの中には、今もさまざまな表情の石仏が顔をのぞかせている。
彼は亡くなるまでの時間をここで過ごした。
通常で考えれば完全な隠遁生活。
それなりに名も売れ、数えきれない数の絵を画いてきた。
ここで余生を…。いや、若冲にかぎってそれはなかった。
彼はまるで水を得た魚のように、旺盛な創作欲で以前よりも挑戦を続けた。

長さ11メートルの絵巻に昆虫や両生類を画いた。
燃え盛る鶏のとさか、その頭の上にカマキリを画いた。
まるでコミックのような大胆な構図、動き。
遠目には模様に見えるが、そこに描かれる顔。
80歳を超えて画いたとされる、象とクジラが描かれた屏風の絵。
陸にいる象は、鼻をかかげ、海のクジラは真上に潮を吹く。
ユーモラスであり、スケールが大きい。
彼は進化を続けた。
絵の中で遊ぶように、画き続けた。
真似る、そしてあるとき捨てる。
全て、捨て去る。
そうして得られるもの。
それは本当に遊べる自由。
若冲は、万物の移ろいの中の尊さがわかっていた。
やがて消えていくものだからこそ、とことん愛しぬく。
とことん関わり、澄んだ目で見つめる。
彼の絵からこんな声が聴こえる。
「なにを小さなことでこだわっているんだよ。みんな消えちまうんだ。くよくよしなさんな。ただね、オレの絵が300年経った今も残っている理由が何かと尋ねられればこういうよ。オレは、真剣に真似た。真剣に捨てた。真剣に…遊んだ」

【ON AIR LIST】
Pictures Of Lily / The Who
色彩のブルース / EGO-WRAPPIN'
Heima / Sigur Ros

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけとサーモンのバターポン酢炒め

色とりどりの動物や植物をユーモラスに描く、伊藤若冲。今回は、そんな若冲の絵のように色鮮やかな、この料理をご紹介します。

霜降りひらたけとサーモンのバターポン酢炒め
カロリー
238kcal (1人分)
調理時間
15分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • 生サーモン
  • 2切れ
  • パプリカ(黄・赤)
  • 各1/8個
  • ほうれん草
  • 1株
  • サラダ油
  • 小さじ1
  • バター
  • 20g
  • ポン酢
  • 大さじ2
  • 黒こしょう
  • 適宜
  • わさび
  • 適宜
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすい大きさにほぐす。赤、黄パプリカは一口大に切る。
  • 2.
  • ほうれん草は食べやすい大きさに切る。
  • 3.
  • フライパンにサラダ油を熱し、中火でサーモンを皮目からこんがり両面焼く。
  • 4.
  • (1)を加えて強火で焼きつけてから、弱火にし、ほうれん草・バターを加えてフタをする。
  • 5.
  • バターが溶けたところでフタを取り、中火にしてフライパンを揺すりながらポン酢を絡める。
  • 6.
  • 皿に盛りつけ、黒こしょうをかけ、わさびを添える。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる