yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第四十五話 絶望の隣にある希望 -【高知篇】 漫画家 やなせたかし-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第四十五話絶望の隣にある希望

高知県の東、香美市にある「やなせたかし記念館」。
ここにはやなせたかし自身が画いたタブローや貴重な絵本原画などを通して、「アンパンマン」の世界を体感できるアンパンマンミュージアムがあります。
訪れるたくさんの家族連れ。子供たちの笑い声が、興奮する声が、館内に響いています。
やなせたかしの父方の実家は、高知県香美市に300年続く旧家でした。
幼くして父を亡くした彼は、高知県の南国市で開業医をしている伯父の世話になります。
幼少期から多感な青春時代を自然豊かな高知で過ごしたことは、彼にとって、かけがえのない財産になりました。

やなせたかしがアンパンマンの作者として有名になるのは、彼が60歳をとうに越えた頃でした。
それまで彼は、「自分は何をやっても中途半端、二流だ」と自分を責めてばかりいました。
何より漫画家として代表作がないことが、コンプレックスだったといいます。
「もうきっと売れることなんかない、そろそろ引き際だ」
そんなとき、やってきたアンパンマンのヒット。
彼が漫画を続けてくれたおかげで、どれほどのひとが勇気づけられ、明日に希望を見出すことができたか。
2011年3月11日の東日本大震災のとき、ラジオから流れるアンパンマンの歌に涙し、生きる思いを胸にしたひとがどれほどたくさんいるでしょうか。
あきらめないこと。続けること。
それこそが、夢への、希望への唯一の道であることを、生涯をかけて教えてくれたひと、漫画家、やなせたかし。
彼が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

やなせたかしは、1919年2月6日高知県香美市に生まれた。
子煩悩だった父は、幼いたかしに、蓄音機で音楽を聴かせた。
『赤い靴』『歌を忘れたカナリア』。
富士山にも、日光にも連れていってくれた。
かすかな記憶に父の笑顔があった。
新聞記者として中国に渡った父は、突然、32歳の若さで亡くなってしまう。病死だった。
たかしは、5歳。弟は3歳だった。
母は父について中国に行かなかったことを終生、悔やんだ。
葬儀の日のことを覚えている。
晴れだった。
母がひどく泣いていた。
田んぼのわきの道を、お墓まで歩いた。たかしが先頭だった。
山肌の色、若葉の輝きを覚えている。

南国市にいる伯父の世話になった。
そのころ、よく母に言われた。
「お前はねえ、真っ正直すぎるんだよ。そんなに馬鹿正直じゃ、生きていけないよ。もっとずるくならないと世間を渡っちゃいけないからね」
でも、ずるく生きるという意味がわからない。
やがて母は再婚して、たかしは伯父夫婦に預けられることになった。
父を亡くし、母を失った。
それでもぐれなかったのは、絵があったからだ。
暇さえあれば、絵を画いた。
クレヨンさえあれば、大人しくひとりでいられた。
こうして夢が育まれた。
「いつか、漫画家になりたい」
彼はのちにこう語った。
「私の夢への道は決して順風満帆ではなかった。でも、夢は達成することが大事なのではない。夢に向かう一歩一歩が尊いのだ」。

やなせたかしは、中学生のとき、自分の天賦の才を感じた。
絵も、どんなひとよりうまいと錯覚した。
社会に出て、自分以外のひとが頭角を現す。
追い抜かれる。焦った。
世間に見る目がないと恨んだ。
やがて自分の居場所を見失い、失意の中にいた。
仕事でもないのに、徹夜で詩を書く。絵を画く。
むなしい。
取り残されているような思い。

ある夜のこと。
壁の時計が3時を告げる。
妻はとっくに休んでいる。
静まり返った家の中。
何気なしに、机の傍の懐中電灯を手にとり、自分の手にあててみた。
すると、血の色が透けて見えた。
驚いた。見とれた。
こんなにも落ち込んでいる自分なのに、体はしっかり生きている。
涙ぐみそうになった。
ふと口からフレーズが出た。
「手のひらを太陽にすかしてみれば」。
こうして生まれた『手のひらを太陽に』は、NHKの「みんなのうた」で放映され、大ヒットになった。
ミミズだって、オケラだって、アメンボだって。
光の当たらない生き物に自分を重ね合わせた。
絶望が、彼にあたたかいまなざしをくれた。
すぐそばに、希望があった。

やなせたかしが、最初に絵本に画いたアンパンマンは、ボロボロのつぎはぎだらけのマントを着ていた。
正義のために戦う人は、おそらく貧しいに違いない。
新しいマントは買えないと思ったからだ。
お腹をすかせている子供に自分の顔を食べさせる。
飢え死にしそうなひとに顔を食べさせる。
一切れのパンをあげるということ。
自分の身を犠牲にしても、ひもじい思いをしているひとに食べ物をあげ続けるということ。
それこそがやなせたかしが考えるヒーローだった。
「さあ、僕の顔をかじりなさい。アンパンだから、甘くてとびきりおいしいよ。さあ、はやく!」

やなせには戦争の記憶があった。
正義という名のもとに突き進んだ戦争。
どの国も正義をかかげる。
いったい正義とはなにか?
彼は思った。
「まずは飢えているひとを助けましょう。罪もなく死んでいくひとを助けましょう。正しいとか正しくないかは、そのあとで考えればいいんです」
まずは、食べること。
戦争の体験はそのありがたさ、幸せを心に刻んだ。

顔を食べさせるシーンは大人たちから反発を浴びた。
でも、子供たちはわかってくれた。
図書館の絵本は、子供たちが何度も読むのでボロボロになった。
絵本はじわじわと人気が出て、やがてアニメになった。
「なんのために生まれて なにをして生きるのか こたえられないなんて そんなのは いやだ!」
やなせは、テーマソングに子供向けとは思えない歌詞を書いた。
子供向けに合わせる必要はない。
ちゃんと伝えれば子供に伝わる。
そう確信していた。
さらに彼は敵役に「ばいきんまん」を選んだ。
ばい菌は敵かもしれないけど、パンは菌で発酵する。
「大切なのは、共に生きる、共生です」。

世界は光と影でできている。
影の傍には光がある。
絶望のそばに、必ずある希望。
アンパンマンは、永遠に生き続ける。

※参考文献『絶望の隣は希望です!』やなせたかし著(小学館)


【ON AIR LIST】
アンパンマンのマーチ / SUEMITSU & THE SUEMITH KIDS
空がまた暗くなる / RCサクセション
手のひらを太陽に / UA
LAY YOUR HANDS ON ME / BOOM BOOM SATELLITES

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけとニラのナムル

やなせたかしの生まれ故郷、高知県香美市。この地に建てられた「やなせたかし記念館」は、今もたくさんの家族連れで賑わっています。今回は、その高知県香美市の特産品であるニラを使った、こちらの料理をご紹介します。

霜降りひらたけとニラのナムル
カロリー
91kcal (1人分)
調理時間
10分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • ニラ
  • 1/2束
  • にんじん
  • 20g
  • もやし
  • 50g
  • 【A】塩
  • 小さじ1/3
  • 【A】おろしにんにく
  • 小さじ1/2
  • 【A】ごま油
  • 小さじ2
  • 【A】白ごま
  • 小さじ1
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすくほぐす。ニラは4cm幅に、にんじんは4cm長さの細切りに切る。
  • 2.
  • フライパンに1cm水をはって霜降りひらたけ、ニラ、にんじん、もやしを入れて火にかけ、さっと蒸し茹でする。火が通ればよく水気を切る。
  • 3.
  • ボウルに【A】を合わせて具材を和え、器に盛りつける。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる