yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第三話 想いは、届く -イギリス人宣教師 アレクサンダー・クロフト・ショー-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第三話想いは、届く

旧軽井沢の森に、ひっそりと建つ、白い十字を掲げた教会があります。
『軽井沢ショー記念礼拝堂』。

イギリス人宣教師、アレクサンダー・クロフト・ショーが建てた、軽井沢最初の教会です。
深い緑の香り。木々の下には、色鮮やかな苔が夜露を受けて、光っています。
深呼吸するだけで、癒され、浄化されたような気分になる、独特の空気感。小川のせせらぎも聴こえてきます。
足をさらにすすめると、木造二階建ての素朴な建物が姿を現します。
『ショーハウス記念館』。
軽井沢の父と言われるショーが別荘として利用した家。
さまざまな経緯をたどり、別荘第一号が建てられたこの地に、移築、復元されました。
石碑には、こう刻まれています。
「尊敬する大執事アレクサンダー・クロフト・ショー氏を記念して。
師は、夏の居住者として初めて村民と共に暮らし、彼らの永年の誠実な友人であった。軽井沢の村民がこの石碑を建てた」。
ここに暮すひとびとに愛され、受け入れられた初めての外国人。

彼がいなければ、西欧と日本が融合した今の軽井沢はなかったのかもしれません。
別荘地という位置づけも、彼が根付かせたと言っても過言ではありません。
ショーは軽井沢をこう呼びました。
『屋根のない病院』。
清廉な風が、木の葉を、ささやかに揺らしていきました。

アレクサンダー・クロフト・ショーは、1846年、カナダのトロントに生まれた。
祖国は、スコットランド。
24歳で司祭になった。三年後、宣教師として海を渡った。
横浜に着く。慶応義塾の近くに滞在し、やがて福沢諭吉に見出された。彼の子供達の家庭教師や、慶応義塾で英語を教えた。
キリスト教を伝え、祈るためにやってきたのに、先生をやっている自分。どこか、本国の仲間に後ろめたさがあった。
なんとか地道に布教をした。
何人か、日本人の洗礼にもたずさわった。
その中には、軽井沢を愛した政治家、尾崎行雄もいた。
ショーは、体が丈夫なわけではなかった。リウマチに苦しんだ。
おまけに日本の夏は、堪えた。
蒸し暑い。風の湿り気に、息をするのが苦しくなった。
40歳の頃、友人のディクソンと旅の計画を立てた。
歩いて、春の日本海を目指す。
ディクソンは大学教授で、夏目漱石は教え子だった。
まだ外国人が自由に日本を行き来できない時代。
ひっそりと、ひとめを避けて、歩く。
ひとりより、二人のほうが、心強かった。
それは、長野県と群馬県の県境、和美峠に差し掛かったときだった。
遠く望む、浅間山。その圧倒的な存在感。そして地平には、どこまでも続く、湿原が見えた。
吹き抜ける風の、心地よさ。体の細胞が息を吹き返す。
思わず深呼吸した。懐かしい。そうだ、この香りは、祖父のいたスコットランドだ。
アレクサンダー・クロフト・ショーが、初めて軽井沢に出会った瞬間だった。
風は、彼に告げた。
「yes、ようこそ。あなたのイエスは、ここにいます」

アレクサンダー・クロフト・ショー。
彼は軽井沢に、強く魅かれた。
春に出会い、夏にはもう、別荘を借りていた。
別荘族第一号。家族とともに、森に触れ、静寂の中で身を清め、祈った。
当時の軽井沢は、鉄道や新道ができて、宿場町としての役割を終えようとしていた。
このまま、かくれ里になっていくのか、そんな分岐点。
ショーは、この地の素晴らしさを知人、友人に伝えた。
この場所で、布教活動をしたいと思った。
最初は、村人も、とまどった。突然の外国人。
いきなりのキリスト教。でも、ショーは、思った。
想いは、伝わる。世界中、どこに行き、どこに暮らし、誰と出会い、誰に関わっても、想いさえあれば、きっと伝わる。
祈りは、想い。つながるということ。触れ合うということ。
『ひとは、心で動く』。
ショーは、地元のひとたちに、パンの焼き方を教えた。
水泳を、教えた。自分が知っている西洋の良さを、笑顔で教えた。
でもいちばん伝えたいことは、この地の素晴らしさだった。
そこに暮すひとが見逃している、素晴らしさだった。
くじけそうになると、いつも風が背中を押してくれた。
日本に来て初めて自分に『yes』と言ってくれた、軽井沢の風。

以来、彼は亡くなるまでの、16年間あまり、軽井沢を愛し、軽井沢を、日本中どこを探してもない、別格な街にした。
別荘地、リゾート地として、息を吹き返したこの土地は、今も西欧の文化を独自に取り入れ、伝統を守りつつ、発展し続けている。
『軽井沢ショー記念礼拝堂』の前のショーの銅像。
彼は、誇りに思っているだろう。
讃辞が刻まれた石碑が、村人から贈られたことを。
どんなに権威や名誉を持っているひとより、この場所に暮す村人に受け入れられたことが、うれしかった。
今も同じように、風が吹く。
浅間山から、湿原を抜ける、スコットランドの風が、吹く。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる