yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第七十五話 一秒がいとおしい -【函館篇】 歌人 石川啄木-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第七十五話一秒がいとおしい

北海道の函館といえば、何を想像するでしょうか?
港、赤レンガ、異国情緒、夜景、五稜郭。
本州に通じる北海道の玄関口として、さまざまな文化や芸術が花開きました。
函館は、横浜、長崎とともに、1859年に日本初の国際貿易港として栄え、そこで最初に営業倉庫を開業したのが、金森レンガ倉庫です。
バカラコレクションもあるレンガ倉庫の一角にあるのが、函館市文学館。
その2階フロアーを占めるのが、歌人、石川啄木の常設展示です。
啄木の直筆原稿は、日本全国からそれを見るためだけに訪れる人もいるくらい、今も人気ですが、実は、彼が函館に滞在したのは、たったの132日間でした。
それでも、啄木の妻、節子は、彼の死後、遺骨を函館の立待岬に葬りました。
啄木一族の墓がある岬からは、函館の港が一望できます。
函館は啄木にとって、生涯で唯一、幸せで穏やかな日々を送ることができた場所だったのです。
彼が詠んだ歌が、記念碑に刻まれています。
『砂山の砂に腹這い 初恋のいたみを遠く おもひ出づる日』
『潮かをる 北の浜辺の砂山の かの浜薔薇よ 今年も咲けるや』
『函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢車の花』
作家 井上ひさしは、石川啄木を「嘘つき、甘ちゃん、借金王、生活破綻者」などと語りつつ、「日本史の上で五指に入る日本語の使い手」と称賛しています。
ふるさとを追われ、流れ着いた函館で、歌人、石川啄木が見つけたものは何だったのでしょうか?
26歳で亡くなった彼が、人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

歌人、石川啄木は、1886年、岩手県日戸村に生まれた。
父は寺の住職だった。
父はもともと農家の息子だったが、寺に預けられ、そこで茶道や和歌を習い、文化や芸術に触れた。
その才覚が啄木に受け継がれることになる。
啄木は、生まれつき体が弱かった。
痩せて小さく、いつも泣いていた。
兄弟は三人、姉 トラに、妹 光子、そして啄木。
たったひとりの男の子は大切にされた。
両親は、彼の健康をいつも祈り、薬を欠かさなかった。
特に母親は溺愛。姉の嫉妬をかった。
「母さんは弟ばかり可愛がる。真夜中に何か食べたいと泣き出せば、わざわざ面倒な手間をかけて、お茶餅をつくる。せっかくつくった餅も、ひとくちも食べずにまた愚図ると、よしよしとなだめる。放っておけばいいのに」。
父も何か道具を作っては、彼だけに与えた。
こうした環境は、啄木のわがままを助長させ、いたずらっ子にしてしまう。
ただ、もしかしたら、彼の中にあったのかもしれない。
なぜ、こんなにも大事にされるのか。
それはきっと自分が長く生きられないからではないか。
脆弱な自分の命の炎。
彼は瞬間瞬間に生きることを選ぶようになる。
好きなことは、とことんやる。
負けたくない相手には、絶対に勝つ。
ひとより蝋燭の長さが短くても、その炎を強くすることはできるはずだ。

石川啄木は、小学校に入ると勉学に励んだ。
同じクラスに、2歳年上の工藤という生徒がいた。
成績は彼がいつもトップ。どうしてもイチバンになれない。
猛勉強した。彼に負けるのは、嫌だ。
尋常小学校最後の年。
ついに啄木は首席を取る。彼は村の神童になった。
工藤は家が貧しかったので、小学校を出ると進学せず、家業を継いだ。
その無念さを啄木は知っていただろうか。
彼はひたすら前へ前へ進むことだけ考えた。
盛岡の高等小学校に入学。10歳の啄木は親元を離れ寄宿生活をおくることになった。
背は相変わらず低く、笑うと糸切り歯が見えた。右頬にはえくぼができる。
愛くるしい少年だった。
学業は優秀な成績を残しつつ、文学に傾倒していく。
中学に入ったとき、のちに妻になる節子に出会う。
文学と恋愛。啄木は、我慢を知らない。のめりこむ。
学業はおろそかになり、成績は急降下。
それでも歌を詠み続けた。
『わが恋を はじめて友にうち明けし 夜のことなど思ひ出づる日』
なぜ学校に行くのかがわからなくなった。
文学と恋愛は、人生を教えてくれる。
今、一秒を生きているひりひりした感覚を与えてくれる。
文学で身を立てたい。
彼はもう少しで卒業というのに、中学を辞め、東京に上京した。

石川啄木を常に苦しめていたのが、病魔だった。
生まれつき弱い体は治ることもなく、いつもここぞというときに、彼を奈落に突き落とし、ふるさとに帰ることを余儀なくさせた。
いつしか一家の大黒柱になっていた啄木は、代用教員として、働くようになっていた。
歌も詠みたい、小説も書きたい。それでも稼がねばならぬ。
ただ、働いて稼ぐことは彼に新しい手ごたえを用意していた。
彼は、こんな歌を詠んだ。
「こころよき疲れなるかな 息もつかず 仕事をしたる後の疲れ」。
しかし、運命は彼をじっと落ち着かせてはくれない。
ふるさとでの暮らしも長くは続かず、明治40年5月5日。
22歳の啄木は、心機一転、北の大地を目指す。
追われるように、逃げるように流れ着いた先は、北海道、函館。
当時函館は、東京以北で最も人口の多い、近代化の進んだ街と言われていた。
ハイカラな空気。文化的な雰囲気。
そしてそこには文学仲間がいた。
みんなで大森浜の海岸を歩く。
遥か向こうに見える、函館山、立待岬。海鳥の鳴き声、青い海。
大きな砂山も、歌の題材になった。
代用教員の職を得て、のちに函館日日新聞の記者になる。
家族、妹、母を呼び寄せ、一家五人の暮らしが始まった。
「ああ、僕は今、ようやく書くことと、生活が追い付いた気がする。ここなら書ける、生活をしながら、書ける」
そう思った矢先、8月25日夜10時半。函館が炎に包まれた。
4時間にもわたって燃え続け、街の3分の2は焼失した。
新聞社も、書いたばかりの原稿も焼けてしまった。
函館も、彼を留めることができなかった。
しかし、彼はここで多くの歌を詠み、多くの幸せな時間を過ごした。
彼はのちに語った。
「歌はいいです。短いからいいんです。一生に二度とない一秒を留めるには、歌がちょうどいいんです。僕は命を愛するから歌をつくるんです」。

【ON AIR LIST】
Frozen River / Everything But The Girl
ホームにて / 中島みゆき
Find The River / R.E.M.

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけとたけのこの炊き込みご飯

歌人 石川啄木にとって、生涯で唯一幸せで穏やかな日々を送ることができた場所が、北海道の函館でした。今回はそんな函館の特産物、昆布を使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけとたけのこの炊き込みご飯
カロリー
329kcal (1人分)
調理時間
50分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【4人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • 2合
  • 筍(水煮)
  • 100g
  • にんじん
  • 1/3本
  • 【A】酒
  • 大さじ2
  • 【A】みりん
  • 大さじ2
  • 【A】しょうゆ
  • 大さじ1
  • 【A】塩
  • 小さじ1/5
  • 昆布
  • 5cm
  • 三つ葉
  • 適量
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすくほぐす。たけのこは細切りに、にんじんは短冊切りにする。
  • 2.
  • 鍋に(1)と【A】を入れて蓋をし、火にかける。3、4分煮て具材に火を通す。
  • 3.
  • 炊飯器にといだ米、(2)の煮汁を入れ、水を2合の目盛りに合わせる。
  • 4.
  • 昆布、(2)の具材をのせて普通に炊き、炊き上がったら食べやすく切った三つ葉を散らす。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる