yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第七十九話 劣等感を武器にする -【仙台篇】 武将 伊達政宗-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第七十九話劣等感を武器にする

杜の都、仙台。この地の初代藩主となり、今も市民に愛される武将がいます。
伊達政宗。
今年、生誕450年を迎え、さまざまなイベントが予定され、50年後の生誕500年に向けて、仙台城を復元しようという計画もあります。
幼いときにかかった病気がもとで、右目を失った彼は『独眼竜』の異名をとり、大河ドラマにもなりました。
世は、豊臣秀吉、徳川家康という天下人たちが生き残りをかけて戦った激動の時代。
そんな中、独自の哲学と知恵を駆使して生き抜いた、東北の英雄です。
政宗を祀った霊廟(れいびょう)、瑞鳳殿(ずいほうでん)は、仙台市の郊外にあります。
最近の発掘調査で、彼の遺骨が出てきました。
それによれば、彼の身長はおよそ、158センチ。血液型はB型だったそうです。
再現された声は、意外に甲高く、ナイーブで女性的だったという結果が出ています。
瑞鳳殿に祀られている木の像は、右目を開いています。
これは、独眼竜が真ではない、ということではなく、政宗の願いが込められているという説が有力です。
コンプレックスを抱え、繊細で傷つきやすい性格だったからこそ、20歳そこそこで、東北、奥州を治めることができたのかもしれません。
思えば、豊臣秀吉も、生まれや容姿に激しいコンプレックスを持っていました。
政宗は、小田原の陣で、わざわざ死に装束で秀吉に会いに行ったり、大崎・葛西一揆のときは、金箔のはりつけ柱をかかえて持っていったりしました。
そんな派手で、目立つパフォーマンスを最も気に入っていたのは、秀吉だったと言われています。
己のコンプレックスとどう対峙するのか。
武将・独眼竜政宗が、戦乱の世で手に入れた明日へのyes!とは?

伊達政宗は、今から450年前の1567年、現在の山形県米沢市に生まれた。
幼名は、梵天丸。
元気で威勢のいい声で産声をあげた。
目鼻立ちが整う、可愛らしい赤子だった。
彼が生まれた時代は、応仁の乱から100年がたち、織田信長による全国統一で、ようやく戦乱の世が終わろうという兆しが見えた。
幼い梵天丸は、あるとき、乳母と一緒に近くの寺に行った。
そこで彼はぶるぶるとふるえ、涙を目に浮かべる。
乳母が「いかがなさいました、若君」と尋ねると、彼は指をさした。
「怖い…」。
指先の向こうには、恐ろしい形相で歯をむき出した不動明王があった。
「若君、あれは不動明王、ほとけさまなのでございます」
と乳母が言うと、
「どうして、ほとけさまが、あんなに怖い顔をしているのですか?」
と訊いた。
「人間には、弱い心がございます。それを諌め、見守るために、あのようなお顔をなさっているのです」
乳母は答えた。
梵天丸は、幼いながらに思った。
人間の弱い心とは、こうして睨まれなければどうにもならないものなのか。
自らの弱さを知ったとき、ひとは本当に強くなる。

伊達政宗は、幼い時、疫病にかかり右目の視力を失った。
醜くただれた右目。
屋敷中の鏡は隠されたけれど、彼の目に犬が吠え、初めて会ったひとが驚いた表情をして、やがて眼を伏せる。
ある雨が降った翌日。
庭にできた水たまりに映った我が身を見て、梵天丸は、絶望する。
彼は部屋に引きこもり、誰とも会おうとしなかった。
心配した父は、梵天丸と遊べる兄のような存在を探し、小十郎という優しい男の子を連れてきた。
梵天丸は、少しずつ小十郎になついていき、やがて野山を泥だらけになって遊べるまでになった。
でも、常にひとの視線が気にかかる。
ちょっとした相手の態度で傷つく癖は、治らなかった。
そんな時、小十郎にこんなふうに説教をされた。
「若君、それほどその右目がお嫌ですか?ならば死んでおしまいなさい。人間、生きるか死ぬかです。でも、もし生きたいと望まれるのであれば、くよくよするのはやめてください。若君は、米沢城主の跡継ぎなのです。弱みを見せては、誰もついていきません」。
弱みを、むしろ強みに変える。
そんな葛藤が、伊達政宗の根っこをつくった。

伊達政宗は、独眼竜政宗として開花した。
コンプレックスゆえ弱気になるといつも、幼い頃見た不動明王が現れ、こう言った。
「おまえの中の悪魔を追い払え!ほんとうの敵は、おまえの弱さだ!」
政宗は、自分の弱さとキチンと向き合うことで、強さを手に入れた。
ときに派手に、必要以上に強気に出てしまうことがあったが、本当の強さが優しさに裏打ちされていることを知っていた。
幼い頃、どんなときも励ましてくれた小十郎。
彼のあったかい思いが、政宗を支え続けた。
仙台の地に築城するとき、青葉山に決めた。
東に広瀬川、西は山林、南には渓谷が拡がり、北には深い山がある。
もともと仙台という土地は、雑木林に囲まれた荒れ地だった。
そこに、立派な城下町をつくりたい。
そう願った政宗は、道路を整備した。
金の発掘や蚕を育て、塩を精製し、産業の発展に骨身をけずった。
民あってこその、町。
そこにも、彼の優しいまなざしがあった。
町づくりや川の整備、全てに自ら足を運んだ。
幼い頃からの劣等感を優しさに変え、勇気に昇華した、伊達政宗。
当時としては長命の、69歳でこの世を去った。
辞世の句。
『曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照らしてぞゆく』。
見えなかった右目こそが、闇を照らす光だった。

【ON AIR LIST】
Grapefruit Moon / Tom Waits
Visions / Stevie Wonder
Sweetest Thing / U2
Avalon / Roxy Music

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけと海老の塩炒め

仙台の地に築城するとき、「仙台に立派な城下町をつくりたい」と願った伊達政宗は、道路を整備し、金の発掘や蚕を育て、塩を精製し、産業の発展に骨身をけずりました。そんなエピソードにちなみ、今回は、塩を使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけと海老の塩炒め
カロリー
134kcal (1人分)
調理時間
15分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 2パック
  • むき海老
  • 16本
  • 長ねぎ
  • 1/2本
  • しょうが
  • 1かけ
  • サラダ油
  • 適宜
  • 少々
  • 片栗粉
  • 少々
  • 【A】
  • 小さじ1/5
  • 少々
  • こしょう
  • 少々
  • 片栗粉
  • 大さじ1
  • 卵白
  • 小さじ1
  • 【B】
  • 小さじ1/3
  • 砂糖
  • 小さじ2/3
  • 大さじ1
  • 大さじ3
  • 片栗粉
  • 小さじ1
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすい大きさにほぐす。
  • 2.
  • 海老は塩・片栗粉でもんで水洗いをし、よく水気を切った後【A】で下味をつける。
  • 3.
  • 長ねぎ、しょうがは薄切りにする。
  • 4.
  • 140℃の油で、(1)の香りが出るまで強火で揚げる。 更に(2)を揚げ、別皿に置いておく。
  • 5.
  • フライパンにサラダ油を熱し、(3)を軽く炒めてから、(4)と、混ぜ合わせた【B】を加えて炒める。
  • ※中華料理は強火、弱火と火力を調整して手早くさっと仕上げてください。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる