yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第八十一話 幸せは好きの傍にある -【仙台篇】 小説家・精神科医 北杜夫-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第八十一話幸せは好きの傍にある

小説家にして精神科医の北杜夫は、東北大学の医学部を卒業しました。
彼が4年間過ごした仙台。
当時の仙台は、戦後間もない頃で、綺麗な並木道も、ひとびとが集うデパートもありません。
彼は『どくとるマンボウ青春記』にこうしるしています。
「いざやってきた仙台は、空爆で中心部があらかたやられていて、砂埃の多い、殺風景な、木の香りなどほとんどない、都会とも、田舎ともつかぬ場所であった」。
でも、北は、ここでの暮らしを満喫します。
大学の講義にはほとんど出ずに、昼は卓球をして、夜は仙台銀座で飲み歩きました。
街中には市電が走っていて、最初は乗り方にとまどったそうです。
仙台市電保存館には、今も、当時の市電が展示されています。
ケヤキ並木が美しい定禅寺通りも、北が大学に通っていた頃は、何もない、ただの広い道でした。
そんな風景も、やがて愛おしく思えてくるほど、彼にとって仙台という町は、決して忘れることができない大切な心のふるさとになったのです。
北杜夫は、躁うつ病を抱えていました。
それを隠さず、むしろその病状をユーモラスに描くことで、世間のイメージを変えたと言われています。
気性の激しい、歌人で医師の斎藤茂吉を父に持ち、船の医者として世界中をめぐるなど、ひとが容易に体験できないことをやってのけて、それを文章にしてきた、北杜夫。
彼が抱えた光と闇、そして明日へのyes!とは?

小説家にして精神科医・北杜夫は、1927年5月1日、東京・青山に生まれた。
父は、歌人として名をなした斎藤茂吉。父のもうひとつの顔は、青山脳病院の院長だった。
小学生時代の北は、病弱だった。性格も内向的で、運動が苦手。
5年生のときに、急性腎炎で3学期をまるまる休んだ。
勉強はなんとか追いついたが、体力は低下した。
彼自身、この休みでさらに性格がひねくれてしまったと振り返っている。
自分の存在に自信が持てない。その劣等感こそが彼に弱者に寄り添う心を育てた。
病の床で彼を慰めたのが、一冊の昆虫図鑑だった。
色鮮やかな虫たち。どうしてこんなにも多くの種類が必要なのか。
そんなことを考えているのかいないのか、彼らはひたすら自らの短い生を生き抜く。
何も言葉を発することもなく。
麻布中学に入ると、昆虫採集に熱をあげた。
青山墓地が遊び場だった。
昆虫図鑑を擦り切れるほど、読み込む。原色写真の形態は、暗記した。
名前も憶え、しまいにはラテン語名まで言えるようになった。
ファーブルのような昆虫学者になりたい。
そんな夢を抱き、長野県松本市の旧制松本高校に入学した。
そこで彼は衝撃的な出会いをする。
トーマス・マンという作家の『トニオ・クレーゲル』という作品だ。
文学に初めて触れ、初めて父の偉大さを知った。
「作家になりたい」。そう思うようになった。
たったひとことが人生を変えるときがある。たった一冊の本が、ひとの一生を左右することがある。

どくとるマンボウこと、作家の北杜夫は、父のいいつけを守り、医者になるべく宮城県仙台市の東北大学に通う。
でも、医者に興味が持てない。
ひたすら小説を読み、自分でも書いた。
さまざまな懸賞に応募する。それはことごとく落選。
やっとひとつだけ、詩が入選するが、その出版社がつぶれてしまい、日の目を見ることはなかった。
大学3年のとき、同人誌に小説が採用された。
このとき初めてペンネーム、北杜夫と名乗る。
大学を出ると、慶應義塾大学医学部神経内科教室に助手として入局。
「まあ、小説は売れそうもないし、しばらく医者をやっていようか」
軽い気持ちだった。
忙しい医局勤めの中、睡眠をけずり、執筆にあてた。
コツコツ、ただ書く。書いて書いて、書き続ける。
そのことでしか、自分が生きているという手ごたえが持てなかった。
30歳を過ぎて、ようやく芥川賞候補にまでなった。
でも、焦る。
「このままでいいのか、オレはすっかり老け込み、文学老年のような気がしてきた」。
人生の岐路。才能がないと思って、諦めるのか…。
でも彼は知っていた。
たった一度の人生を味わい尽くすには、好きなことを手放してはいけない。

北杜夫が、ようやく作家への突破口を開いたその年。
彼はなぜか、マグロ調査船「照洋丸」に、船の医者として乗り込むことを決める。
5か月にも及ぶ、航海。
アジア、アフリカ、ヨーロッパ。
熱帯の地で出会った、昆虫たちに狂喜乱舞した。
「少年時代に夢見て、穴が開くほど眺めた図鑑にのっている虫たちが、現実にそこにいる。あの色鮮やかな蝶が、目の前にいる。こんな幸せがあるだろうか!」
ドイツでは、自分の一生を変えたトーマス・マンの故郷を訪れた。
ドイツではのちに妻となる喜美子にも出会っている。
各地をめぐった体験は『どくとるマンボウ航海記』としてまとめられ、これがベストセラーになった。
ユーモア読み物の書き手という称号は彼に経済的な恩恵と、彼自身思ってもみなかった新境地を開いて見せた。
さらに戦争の悲劇を描いた『夜と霧の隅で』で、芥川賞を受賞。
軽妙なエッセイと純文学の両方で成功をおさめた。
その二つを書かせたもの、それは、彼の弱者に寄り添う心だった。
かつて病弱だった自分。劣等感にさいなまれ、しかも心の病を持っている自分。
その屈折を彼は優しさに変換した。
彼は、編集者にも「北先生」と呼ばせなかった。
「北さんと呼んでください」。そう告げた。
「先生なんて呼ばれるとね、自分が偉いって勘違いしてしまうからねえ」。
決していばらない。決してカッコつけない。
彼の文体そのものが、彼自身だった。
人生は、こちらが構えなければ、様々なメニューを用意してくれる。
あとはそれをゆっくり選び、味わい尽くせばいい。
彼のメッセージが聴こえてくる。
「焦らなくていい、何度でも、人生はやり直せる」。

【ON AIR LIST】
Northern Sky / Nick Drake
Turn Back Time / The Feelies
流動体について / 小沢健二
サルビアの花 / 早川義夫+佐久間正英+HONZI

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけのポトフ

マグロ調査船に船の医者として乗り込み、自分の一生を変えたトーマス・マンの故郷であるドイツを訪れた、北杜夫。ドイツでは、のちに妻となる喜美子にも出会いました。そんなドイツの名物として有名な、ソーセージを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけのポトフ
カロリー
153kcal (1人分) ※マスタード、塩、こしょうは含まず
調理時間
30分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • にんじん
  • 中1/2本
  • 玉ねぎ
  • 1/2個(100g)
  • ソーセージ
  • 4本
  • キャベツ
  • 2枚
  • チキンコンソメ
  • 1個
  • 2カップ
  • バター
  • 小さじ1
  • マスタード、塩、こしょう
  • 適量
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけはたべやすくほぐす。
  • 2.
  • にんじんは大きめの乱切りにする。玉ねぎは縦に4つに切る。キャベツは食べやすく切る。
  • 3.
  • 鍋にチキンコンソメと水、(1)、にんじん、玉ねぎを入れ、火が通るまで煮る。そこにキャベツとソーセージを加えて、火が通るまで煮る。
  • 4.
  • 汁の味をみて足りなければ、塩、こしょうを加える。
  • 5.
  • 盛る直前にバターを入れて香りを出し、汁ごと器に盛る。お好みでマスタードを添える。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる