yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第八十九話 誰のための人生か -【日光篇】 建築家 フランク・ロイド・ライト-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第八十九話誰のための人生か

栃木県日光市にある、『日光金谷ホテル』は、1873年開業。
現存する最古のリゾートクラシックホテルと言われています。
そのホテルに宿泊した名立たる有名人は、アインシュタイン、ヘレン・ケラー、そして、建築家・フランク・ロイド・ライト。
再建した本館は、フランク・ロイド・ライトが造った旧帝国ホテルを模したそうです。
ル・コルビジエ、ミース・ファン・デル・ローエとともに、「近代建築の三大巨匠」と呼ばれる、フランク・ロイド・ライト。
彼の92年の生涯は、真実と虚構が入り混じり、スキャンダルにまみれました。
不倫、駆け落ち、殺人、絶望と失墜。
でも、彼が造った建造物は、今もその姿をリアルに留めています。
彼はよく、こんな言葉を口にしていました。
「あなたが本当にそうだと信じることは、必ず、起こります」。
彼の建築スタイルは、型破りでした。
新しく何かを産みだす力は、90歳を超えても、こんこんと湧いていたのです。
新しいものに、ときに人は反感や違和感を覚えます。
ライトは、何度も非難の対象になりました。
でも彼は、どんな苦難に落とされても、そこから這い上がる強さを持っていたのです。
もしかしたら、それは強さではなく、弱さだったのかもしれません。
弱いと自覚しているから、強く願い、懸命に努力する。
類まれなる精神とは、結局のところ、強さに根差すのではなく、弱さの上にたちあがるものなのでしょう。
アウトサイダーであることを厭(いと)わず、いつも境界線上を歩き続けた男、建築家・フランク・ロイド・ライトが、その数奇な人生でつかんだ明日へのyes!とは?

近代建築の巨匠、フランク・ロイド・ライトは、1867年アメリカのウィスコンシン州に生まれた。
父・ウィリアムは、芸術を愛する教会の牧師。母・アナは学校の教師だった。
ウィリアムはシングルファザー、連れ子があった。
アナは、自分のお腹を痛めて産んだ息子、ライトを心底可愛がった。
他の子どもとあきらかに差をつけた。
音楽や文学を好むが全く生活能力がない夫、ウィリアムに辟易(へきえき)していたアナは、自分の持てる全ての愛情をライトに注いだ。
「この子を、絶対、有名な建築家にするの」
アナはライトがお腹にいるときから、建築の本を読み、イギリスの大聖堂の絵を額に入れて、育児室に飾った。
いつも貧乏だった。父が家にお金を入れない。
本当は自分も音楽や文学の世界にひたりたいのに、家事育児に翻弄(ほんろう)される母は、ときにヒステリックになったりした。
唯一、幸せな瞬間があったとすれば、19世紀の音楽家、ギルバート・アンド・サリヴァンの楽曲を家族みんなでピアノを囲んで歌うときだった。
楽しかった。ことさら大きな声で歌った。
そこには、父がいて、母がいた。
ピアノがライトにとって、終生手放せない生活の一部になったのは、もしかしたら、この体験があったからかもしれない。
ライトが18のとき、両親は離婚。
父はヴァイオリンと数冊の本だけ持って、家を出ていった。
以来、母アナは、ライトを愛し続けた。
世間がどんなに彼を悪く言っても、そばにいた。
絶対的な愛を手に入れた人間は、奔放になれる。
フランク・ロイド・ライトは、母の愛を盾に、世界に飛び出した。

母の願いどおり世界的な建築家になったフランク・ロイド・ライトは、知っていた。
「全くのゼロから何かを産みだせるやつなんて、いるもんか。全ての芸術は、自分が見たもの聞いたものの、集積、貯えの中から生まれるものなんだ」。
古今東西、過去から全世界まで、あらゆる芸術に興味を持ち、取り入れられるものは全て取り入れた。
中国、日本、東洋の作品には特に心ひかれた。
1893年のシカゴ万博。26歳のときに観た日本の浮世絵に衝撃を覚えた。
「なんだこれは、本質をとらえているのに、簡潔だ。スピリットがあるが、美意識を失っていない」。
初めての海外旅行。多くのアメリカ人がヨーロッパに向かったのに、ライトは日本を訪れた。
日光の金谷ホテルに宿泊。東照宮に心うたれた。
日本を「地球上でもっともロマンティックで芸術的な国」と表現した。
建築物は、評価を得ていく一方で、その浪費癖や女性問題で悪評を得た。
ほしいと思ったものは、金に糸目をつけずに購入。
女性も、好きだと思えば一直線。
妻と子どもを捨て、建築を依頼してきた施主の妻と駆け落ちしてしまう。
無茶苦茶だった。倫理も道徳もない。
でも、どんなに失墜しても、必ず建築界に戻ってきた。
「好きな気持ちに歯止めをかけるのは、感性を鈍らせる」

世界的な建築家、フランク・ロイド・ライトは、家に放火され、家族を殺されるという試練も味わった。
失意と絶望。精神的に追い込まれる。
背中や首に腫物ができて、視力が落ち、失明するのではないかという危機が続く。
そんな彼がやったこと。
それは焼け落ちた家、タリアセンを再建することだった。
石、一個。板、一枚。
灰の中から、少しずつ新しいタリアセンができていった。
でも、本当の意味で、彼を激しいトラウマから救ったのは、日本からの依頼だった。
帝国ホテルの建設。
このプロジェクトのために、ライトはおよそ4年間、東京で過ごした。
ただ、予算がどんどんかさみ、日程も大幅に遅れた。
帝国ホテルの完成を見ることなく、本国に戻った。
フランク・ロイド・ライトの人生には常に欺瞞(ぎまん)がつきまとい、彼が決して褒められた人間ではなかったことがうかがえる。
だが、それらを差し引いても、彼が残した建造物に嘘はない。
遠慮がない男、恥を恥と思わない男。
彼はきっとこんなふうに言うかもしれない。
「自分の人生なんだろ?なんで他人に気をつかってばかりいるんだ。オレは関係ないね。誰に何を言われたって、いいんだ。だっていいものを創ろう、残そうって思ったら、みんなにいい子ではいられないよ」。
フランク・ロイド・ライトの醜聞(しゅうぶん)は消え、今、彼の造った建物に、風が吹き抜けていく。

【ON AIR LIST】
You Belong To Me / Bryan Adams
Butterfly / Corinne Bailey Rae
1979 / The Smashing Pumpkins
Bitter Sweet Symphony / The Verve

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけのしょう油バター炒め

近代建築の巨匠 フランク・ロイド・ライトが生まれたのは、酪農が盛んなアメリカ・ウィスコンシン州。そこで今回は、ウィスコンシン州の特産である、バターを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけのしょう油バター炒め
カロリー
388kcal (1人分)
調理時間
20分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • じゃがいも
  • 1個
  • ブロッコリー
  • 30g
  • 人参
  • 1/4本
  • れんこん
  • 30g
  • 豚バラ肉
  • 50g
  • しょう油
  • 大さじ1
  • バター
  • 20g
  • 大さじ1
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは小房にほぐす。じゃがいも、ブロッコリー、れんこん、人参は食べやすい大きさに切り、豚肉は1口大に切る。
  • 2.
  • じゃがいも、人参は600Wのレンジで硬さをみながら3~5分、ブロッコリーは30秒程度加熱する。
  • 3.
  • フライパンに油を熱し、強火ですべての具材をさっと炒める。
  • 4.
  • 最後にしょう油とバターで味を調える。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる